【 古生代】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

年代層序表〈顕生代〉β2 動物と植物


 前回作ってから時間がたちましたので、新たに作りました。

 今回は植物に関する時代区分も追加しています。

 一般的な時代の大きな区切りは、動物の絶滅や発展と関係している事が多いのですが、実は植物の変化は動物とちょっとズレがあります。

 大雑把ですが比べてみると、なかなおもしろいことが見えてきます。



前回とは参考にしている資料がちがいますので、年代などがかわっていることがあります。
今回も直感的に時代の長さがわかるように概ね時代の長さと同じ比率で表の高さを設定しています。
ただし一部の極端に短い時代については、最低限度幅に固定しています。
名称と年代は国際年代層序表を参考にしています。



万年前 累代 植代 出来事・生物
0 顕生代 新生代 第四紀
新植代 被子植物の時代 人類の出現
250 新第三紀 鮮新世 スミロドン
530 中新世 デスモスチルス
2300 古第三紀 漸新世
3390 始新世 バシロサウルス
5600 暁新世 被子植物の繁栄
6600 中生代 白亜紀 後期 白亜紀末の大量絶滅
ティラノサウルス
プテラノドン
1億 50 前期 中植代 裸子植物の時代 被子植物の出現
ステゴサウルス
有胎盤類の出現
1億4500 ジュラ紀 後期 アーケオプテリクス
アロサウルス
1億6350 中期
1億7410 前期
2億 130 三畳紀 後期 三畳紀末の大量絶滅
哺乳類の出現
2億3700 中期 恐竜の出現
2億4720 前期
2億5220 古生代 ペルム紀 後期 ペルム紀末の大量絶滅
2億5980 中期 裸子植物の繁栄
2億7230 前期 古植代 シダとシダ種子植物の時代
2億9890 石炭紀 後期 爬虫類の出現
メガネウラ
3億2320 前期 木性シダ類の繁栄
完全変態昆虫の出現
3億5890 デボン紀 後期 原始陸上植物の時代 デボン紀後期の大量絶滅
シダ種子植物の出現
3億8270 中期 両生類の出現
3億9330 前期 アンモナイトの出現
硬骨魚類の出現
昆虫の出現
4億1920 シルル紀
シダ植物の出現
4億4340 オルドビス紀 後期 オルドビス紀末の大量絶滅

4億5840 中期 地上植物の出現
4億7000 前期 太古植代 海生藻類の時代
4億8540 カンブリア紀

4億9700

5億 900
節足動物の繁栄
5億2100
バージェス澄江動物群
カンブリア爆発
5億4100
先カンブリア時代
原生代 エディアカラン紀 エディアカラ動物群
万年前 累代 植代 出来事・生物



 タイトルにもある「顕生代(けんせいだい)」は、古生代から現在までを含み、地球の歴史の9分の1ほどの時代です。

 複雑な生物が現れて、瞬く間に海に広がり、少し遅れて陸上にも広がり、地球環境を大きくつくりかえることになります。

 顕生代は「古生代」「中生代」「新生代」の3つの時代に分かれます。

 古生代は複雑な生物が現れて、地球上に広がっていった時代です。

 中生代は爬虫類が多様化して、陸・海・空に広がっていった時代です。人気がある恐竜もその中の一つ。

 新生代は恐竜をはじめ多様化した爬虫類の多くが絶滅し、かわりに鳥と哺乳類が多様化した時代です。



ちっちゃいアノマロカリス・ナトルスティ〈橿原市昆虫館〉
ちっちゃいアノマロカリス・ナトルスティ〈橿原市昆虫館〉




 以上は動物を中心とした時代区分です。

 植物も同じように「古植代」「中植代」「新植代」の3つに分けることができます。

 古植代はコケのような原始的な植物が陸上に進出した時代と、シダ植物が繁栄した時代に分かれます。

 水辺を植物が覆うことで、動物の陸上進出がはじまりました。

 シダは巨大化し、地球上にはじめて森林を作りました。

 そして腐ることもなく地中に埋もれ、大量の石炭を作り出すと同時に、大気中の二酸化炭素の量も減ることになります。



 中植代は裸子植物が繁栄を始めた時代です。

 裸子植物は種を作る植物で、シダ植物よりも乾燥に強くなります。

 この時代に植物が内陸へ進出をはじめたのでしょう。

 中生代の恐竜の繁栄の基礎がつくられたのかもしれません。



 新植代は被子植物がシダ植物や裸子植物にかわって繁栄した時代です。

 被子植物は、胚珠が外に出ていた裸子植物とちがい子房で胚珠をすっぽりと覆う植物です。

 また受粉を風まかせにしていた裸子植物とちがい、動物を呼び寄せるための花を作り花粉を運ばせ、子房を食べられるようにして動物に種を運んでもらうという、繁殖に動物を利用するようになりました。

 現在植物の多くは被子植物で、シダ植物で残ったものはほとんどが草。裸子植物に至っては、大きく種の数を減らしています。




この表に書かれていない20億年前のいきものの化石〈橿原市昆虫館〉




 この植物の変化を動物の変化を比べてみると、動物の多様性が大きく変わる大絶滅の前に、すでに新しい植物の繁栄が始まっています。

 植物が原因となって大絶滅が起きるわけではないと思いますが、植物によって作られた新しい環境に、新しい動物たちが多様化して対応していったかのようです。

 植物は陸上の環境と大きく関係し、そして直接的・間接的に動物の食べ物になります。

 植物の進化がわかると、陸上の動物の進化もわかりやすくなることもあります。

 動物に興味がある人も、植物の進化を知ると絶滅した動物たちが生き生きと動き回る姿を想像できるようになるかもしれません。



タグ♦ 地質年代表

■参考外部リンク■
日本地質学会 - 地質系統・年代の日本語記述ガイドライン

橿原市/橿原市昆虫館


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 年代層序地質時代地質年代地質年代表顕生代古生代中生代新生代

関連記事
スポンサーサイト



theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

地質年代表〈顕生代編〉β

顕生代の地質年代表


 地層から出てくる化石などの種類の移り変わりを元につくられた時間のものさし。
 それが地質年代(ちしつねんだい)です。

 地球ができて46億年のなかで、生き物の化石が多く現れるようになる時代を顕生代(けんせいだい)といいます。
 カンブリア紀で有名な5億7000万年前の古生代(こせいだい)から現在までつながる時代です。

 その顕生代をおおよそ2000万年ごとに区切った年表です。
 ただし、ある程度地質年代の区分にあわせていますので、2000万年ちょうどに区切られているわけではありません。

顕生代以前を含む地球の地質年代表はこちら
【地質年代表〈地球全史編〉β】



※表は上が現在。下に行くにつれて時代が古くなっていきます。
 時代区分ごとに色分けしていますが、一番下の紫色の部分は原生代(げんせいだい)で顕生代ではありませんが、カンブリア紀の急激な生物多様化(カンブリア爆発)につながると考えられるエディアカラ生物群が出現した時代ですので付け加えました。
 表の中の語句の末尾に「……」がついているものは、それ以降にも語句が続きます。カーソルをその語句に合わせると全体が表示されます。


地質年代表 顕生代編


万年前 累代 世・期 代表的な
生き物
出来事
氷河時代
顕生代 新生代 第四紀   人類 新生代後期氷河時代
259 ネオジン   スミロドン  
2302 パレオジン      
3400        
4千       ◆霊長類の出現
白亜紀-第三期(K-T)…… 70%の生物種が絶滅、恐竜やアンモナイト……
6千5百   中生代 白亜紀 後期 ティラノサウルス
8千       プテラノドン  
9960     前期 スピノサウルス
1億2千       ディノニクス
1億4550   ジュラ紀 後期 ブラキオサウルス
1億6120     中期    
1億7560     前期   ◆パンゲアの分裂
三畳紀末の大量絶滅 76%の生物種が絶滅、アンモナイトの多く……
1億9960     三畳紀 後期    
2億2千            
2億2870       中期    
2億4590       前期   ◆恐竜の出現
ペルム紀-トリアス紀(P…… 90~95%の生物種が絶滅、三葉虫が絶滅
2億5100   古生代 ペルム紀 ロビンキアン    
2億6040     ガダリュービアン  
2億7060     キスラリアン   ゴンドワナ氷河時代
2億9900   石炭紀 ペンシル… メガネウラ  
3億1810     ミシシッピ紀   ◆石炭ができはじめる
3億2千         ◆昆虫の出現
3億4千         古生代後期氷河時代
デボン紀末の大量絶滅 82%の生物種が絶滅
3億5920     デボン紀 後期 イクチオステガ
3億8530       中期    
3億9750       前期    
4億1600     シルル紀 プリドリ アンモナイト
4億1870       ラドロウ    
4億2290       ウェンロック    
4億2820       ランドベリ    
オルドビス紀末の大量絶滅 85%の生物種が絶滅、三葉虫の種が半減
4億4370     オルドビス紀 後期 ウミサソリ オルドビス紀氷河時代
4億6090       中期 直角貝  
4億7180       前期   ◆植物の陸上進出
4億8830     カンブリア紀 フロンギアン    
4億9900       第3世 ピカイア  
5億1100       第2世 アノマロカリス
5億2100       テレニュービアン  
※原生代末の大量絶滅 エディアカラ生物群の大量絶滅
5億4200 原生代 新原生代 エディアカラ紀 エディアカラ生物群
5億6千        
5億8千       ガスキアス氷河時代
6億        
6億2千        
6億3500 クリオジェニアン   マリノアン氷河時……
 : : :          


氷河時代


 表を見る上でのポイントとなるところの一つは、一番右で水色に塗られているところです。
 これは氷河時代を表しています。

 氷河時代というのは簡単に言えば地球上に氷河がつくられるほど冷えた時代のことです。

 氷河時代は地球全体が氷河に覆われるようなイメージがあるかもしれませんが、表の中では一番下の濃い水色のマリノアン氷河時代を最後に地球全体が氷に覆われる「全球凍結(ぜんきゅうとうけつ)」ことはなかったと思われています。

 現在も高い山や南極などには氷河がありますので、氷河時代の暖かい時期「間氷期(かんぴょうき)」とよばれ、広い意味では今も氷河時代ということができます。

地質年代表へ


大絶滅


 そしてもう一つのポイントとなるのは灰色の行です。
 これは「大絶滅」を表しています。
 見つかる化石の量が大きく減る時代で、実際に多くの生き物が滅亡したと考えられています。
 このような大量絶滅は地質年代を通して頻繁に起こっていますが、中でも大量に絶滅したと考えられているのが5回あり、「ビッグファイブ」と呼ばれています。

 ビッグファイブは新しい順に並べると次のようになります。

●  約6550万年前 白亜紀(はくあき)末(K-T境界)
●約2億1200万年前 三畳紀(さんじょうき)
●約2億5000万年前 ペルム紀末(P-T境界)
●約3億6000万年前 デボン紀後期
●約4億3500万年前 オルドビス紀末

 以上の5つに表ではもう一つ、エディアカラ生物が絶滅した約5億4500万年前の原生代末の大絶滅も加えています。


地質年代表をながめてみれば


 地質年代表を見ているとおもしろいことがいくつかあります。

 5大絶滅のうち、3つが古生代に関係していること。
 その大絶滅で地球上を繁栄している生き物が大きく変わってきました。

 氷河期が一度もなかった中生代には、三畳紀末の大量絶滅があったものの恐竜が長期間にわたって繁栄したこと。
 その恐竜が絶滅した白亜紀末の大量絶滅は今にもっともちがい大絶滅です。

 現在も人間の環境破壊などで急速に生き物が絶滅しているとしてビッグファイブに相当する「完新世(かんしんせい)の大量絶滅」と言う人もいます。

 今のところビッグファイブの大量絶滅には遠く及ばないと思いますが、将来「ビッグシックス」にならないという保障はありません。

 しかし「ビックシックス」にはならないと思います。
 なぜならそれだけの大絶滅になったとすれば、人間も生きてはいないでしょうから。

地質年代表へ

顕生代以前を含む地球の地質年代表はこちら
【地質年代表〈地球全史編〉β】



◆記事ナビ◆ 〔地質年代表〕



Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 地質年代表地質年代顕生代大絶滅ビッグファイブ新生代中生代古生代

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS