【 初春の金剛山】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

金剛山の凍った滝の氷漬けの植物の5 モミジ谷第六堰堤2015


 立春を過ぎた2月の金剛山。

 大阪と奈良の間にある標高1000メートル余の低山です。

 この時期限定の見どころができます。

 氷瀑(ひょうばく)。

 滝が凍ります。



 もちろん北国ではあたりまえのことでしょうし、もっとすごい氷瀑もあるでしょう。

 でも、よほどのことがなければ真冬日(最高気温が0度未満)にならず、郊外に行っても高山がない大阪では、滝が凍るところはほとんどありません。

 ですから、貴重な場所なのです。



 金剛山の氷瀑で有名な場所の一つ、北面のモミジ谷本流第六堰堤(えんてい)。



雪が少ないので氷が強調されたモミジ谷第六堰堤氷瀑
雪が少ないので氷が強調されたモミジ谷第六堰堤氷瀑




 今年の金剛山は、雪が少ないだけでなく、時々雨が降って雪がなくなってしまいます。

 1月末から何とかとけずに残っているのですが、温かい日ばかり。

 それを考えると、なかなか凍っているのかもしれません。



 滝だけでなく一面氷に覆われています。

 1000メートルあまりの金剛山には森林限界はありません。

 もちろん氷の下には植物が。

 花崗岩(かこうがん)の岩場なのでコケやスゲの仲間が中心ですが、毎年氷漬けになっても生きています。



意外と厚い氷でコケもスゲも見えません
意外と厚い氷でコケもスゲも見えません




 冬。

 植物は凍らないように糖分を増やします。

 寒くなると野菜や果物が甘くなることがあるのも、このため。

 ということは、ここのコケやスゲはおもいっきり甘くなっている?

 試したくありません……



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: モミジ谷(金剛山)氷瀑初春の金剛山金剛山

関連記事
スポンサーサイト



theme : 山登り
genre : 趣味・実用

金剛山の凍った滝の氷漬けの植物の4 モミジ谷第六堰堤2013


 金剛山の氷瀑(ひょうばく)で有名なモミジ谷の第六堰堤(えんてい)

 堰堤というのは人工的に作られた水をせき止めるもの。
 小さなダム。

 ですから、名前からすると小さなコンクリートの壁が凍っているだけのような気がします。

 しかしここは第六堰堤の下にある天然の滝が凍るのです。



氷よりも雪が目立つモミジ谷大六堰堤の氷瀑2013
氷よりも雪が目立つモミジ谷大六堰堤の氷瀑2013




 冷え込みが今ひとつだったので、2月半ばに行ったときは去年よりも凍っていませんでした。

 それでもあいかわらず滝の右隣には滝以上の氷の壁が。
 どういうわけか滝があるのに岩を伝い流れる水が凍ったもののようです。



凍った滝の隣のもっと凍った崖
凍った滝の隣のもっと凍った崖




 今年もコケや小さな種子植物が氷に飲み込まれています。
 そしてスゲ(菅)も。

 厚そうな氷は、ここ数日の冷え込みで固まったように見えません。
 つまり何日も氷の下にいるにちがいありません。



左半分氷の中のスゲの仲間
左半分氷の中のスゲの仲間




 こんな過酷な状況でも生き延びる植物。

 地球を何度も襲った氷河時代でも生き物が絶滅しなかったのもうなづけます。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 氷瀑初春の金剛山金剛山モミジ谷(金剛山)金剛山の植物雪の金剛山

関連記事

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

金剛山の雪の滝


 雪が積もってはすぐ解けを繰り返していた今年の金剛山(こんごうざん)

 雪が積もったタイミングをねらって向かったモミジ谷。



 大阪と奈良の府県境にある金剛山。
 そのモミジ谷は小さな狭い谷ですが、緑が生い茂り、四季を通して楽しめるきれいなところです。

 木々が真っ白です。

 霧氷(むひょう)ではありません。
 雪が積もったのです。



雪が積もって真っ白になったモミジ谷道
雪が積もって真っ白になったモミジ谷道




 空気中の水分が凍りつた霧氷とちがい、枝の上に雪が積もっただけなので近くで見るとなんだかもっちゃりとしているのですが、離れてみると山が白く覆われて、霧氷とはまたちがった美しさを感じます。



 杉林の中、ほんの数メートルの高さしか無い小さな落葉樹の集まりにに雪がつもり、まるで山の斜面を激しく流れ落ちる滝のようです。



金剛山のモミジ谷の雪の滝
金剛山のモミジ谷の雪の滝




 氷の滝で有名なモミジ谷ですが、雪の降ったあとには、雪の滝があちこちに現われていました。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 雪の滝雪の金剛山初春の金剛山金剛山モミジ谷道

関連記事

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

金剛山の凍った滝の氷漬けの植物の3 ツツジオ谷二ノ滝2013


 もうすぐ立春だというのにまだまだ寒かった1月下旬の金剛山。

 滝が凍り始めたらしいとい噂を聞いて行ってきました。

 金剛山で凍る滝(氷瀑(ひょうばく))で有名なのはツツジオ谷の二ノ滝と、紅葉谷本流第六堰堤(えんてい)



 行ったのはツツジオ谷の二ノ滝。

 凍り始めているものの、「氷瀑」というにはまだ遠い二ノ滝。



凍りはじめの二ノ滝
凍りはじめの二ノ滝




 滝はまだ凍ってないものの、左右の壁には厚い氷が。

 今年も植物が氷の下に。

 名前はわかりませんが、種子植物と(こけ)のようです。



氷の下の植物
氷の下の植物




 一日や二日では融けそうにない氷。

 その下で何日も耐えることができる植物。
 すごい生き物です。


 でも、今年は去年とちがい、冬になっても何度も雨が降っています。
 滝の氷結はどこまで進むのか気になります。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 氷瀑初春の金剛山金剛山ツツジオ谷(金剛山)金剛山の植物雪の金剛山

関連記事

theme : 山登り
genre : 趣味・実用

雪でも元気な金剛山の冬の鳥たち(もう立春はすぎてるけど)

路面が完全に雪に覆われた念仏坂
路面が完全に雪に覆われた念仏坂

 雪の金剛山。

 季節はずれの大雪で真っ白になっています。

 氷点下でないとはいえ、雪が溶けないくらいの気温。

 昆虫など節足動物をはじめとする、まわりの温度に体温が左右される変温動物(外温動物)は姿を消してしまいました。

 でもそんな雪の金剛山にも、動物は元気に動き回っています。

 鳥たちです。


スズメくらいの大きさの鳥(約15センチ前後)


カヤクグリ(茅潜)
イワヒバリ科カヤクグリ属
スズメくらいの大きさ(約14cm)
漂鳥
撮影場所:山頂広場
眼が特徴的なカヤクグリ
眼が特徴的なカヤクグリ
比叡山でも見かけた鳥です。
色は地味ですが、なんともいえない鋭い眼光のカッコいい鳥です。
野鳥の餌場周辺にいましたが、もちろんドバトのように近寄ってくることはありません。


ヤマガラ(山雀)
シジュウカラ科シジュウカラ属
スズメくらいの大きさ(約14cm)
留鳥
撮影場所:山頂広場
エサ台のヤマガラ
エサ台のヤマガラ
山頂広場の餌場の主人公でしょう。きっと。
餌場のピーナッツを食べに2羽が交互に飛んできていました。
ここだけでなく、帰りの伏見峠からの念仏坂にもいましたので、山中あちこち飛び回っているのでしょう。


シジュウカラ(四十雀)
シジュウカラ科シジュウカラ属
スズメくらいの大きさ(約14cm)
留鳥
撮影場所:念仏坂
ピントが合っていないけど背中がちょっと緑色なのがシジュウカラ
ピントが合っていないけど背中がちょっと緑色なのがシジュウカラ
住宅街から金剛山まで。
本当に住むところを選ばない鳥たちです。


コゲラ(小啄木鳥)
キツツキ目キツツキ科
スズメくらいの大きさ(約15cm)
留鳥
撮影場所:念仏坂
普通の鳥っぽく木にとまるキツツキのコゲラ
普通の鳥っぽく木にとまるキツツキのコゲラ
シジュウカラと一緒にいましたので、混群かもしれません。
これも住宅街と同じです。
もしかして、シジュウカラと一緒に行動していたらいつの間にか住宅街や山に来ていたりして?




ハトくらいの大きさの鳥(約33cm前後)


キジバト(雉鳩)
ハト科キジバト属
ハトくらいの大きさ(約33cm)
留鳥
撮影場所:山頂広場
なんかドバトと変わらないキジバト
なんかドバトと変わらないキジバト
山頂広場とその周辺、とにかく人が集まるところでしか見かけません。
エサがもらえるので人間に近寄ってくるのはドバトと同じです。


カケス(懸巣)
カラス科カケス属
ハトくらいの大きさ(約33cm)
漂鳥
撮影場所:山上ブナ林
こちらの様子をうかがっている?カケス
こちらの様子をうかがっている?カケス
金剛山で出会うのは2度目です。
すぐ逃げてしまいますので、写真を撮るのは短期決戦です。




謎の鳥


謎の鳥(ビンズイ?アトリ科?)
スズメより大きい?
撮影場所:山上杉林
謎の鳥の横
謎の鳥の横
謎の鳥のお腹
謎の鳥のお腹
離れた杉の木にとまっていた謎の鳥。
遠目ですが、感じとしてはスズメよりもちょっと大きいか大きくてもヒヨドリよりは小さいくらいの大きさ。
頭の方は写っていないものの、たたんだ羽の先の方にある白い帯とお腹の黒い縞模様で名前もある程度は絞れると思います。
この特徴からアトリ科の鳥ではないかと思いますが、決定に欠けました。




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 金剛山雪の金剛山初春の金剛山金剛山の鳥カヤクグリヤマガラコゲラキジバトカケス初春の鳥

関連記事

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS