【 初夏の花】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

2023年、ネジバナ界に激震走る?

 最も身近な蘭のネジバナの花の季節です。
 今年は今までとちょっとちがいます。

 2023年3月に日本のネジバナの新種が発表されました。
 といっても新しく見つかったのではなく、今までネジバナと思っていたのがちがう種だと分かったと発表されたのです。


 その名はハチジョウネジバナ。
 漢字では八丈捩花。
 学名はSpiranthes hachijoensis
 ネジバナ(学名:Spiranthes sinensis var. amoena)の亜種でも変種でもなく、別の種です。
 名前は八丈ですが、関東から九州にかけて分布しています。

 見た目そっくりのようですが、幸い遺伝子を見なくても見分ける方法があります。
 小さい花が螺旋状に(まっすぐのこともありますが)並んでいる花茎に短い毛がたくさん生えていれば、ネジバナ。
 毛がなければハチジョウネジバナ。
 ただ、奄美群島から南はナンゴクネジバナ(学名:Spiranthes sinensis var. sinensis)という亜種の可能性があります。


これはネジバナ

 ネジバナを見かけたら、ぐっと顔を近づけるか、マクロ撮影してみてください。
 花茎に毛がなければハチジョウネジバナかもしれません。
 そして、その地域で最初の発見かもしれません。

日本のランハンドブック (1) 低地・低山編

新品価格
¥1,760から
(2023/6/20 00:18時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ネジバナハチジョウネジバナ初夏の花梅雨の花赤い花赤紫色の花

関連記事
スポンサーサイト



theme : 山野草
genre : 趣味・実用

ねじばな 咲いています。

 ネジバナが咲く季節がやってきました。

Spiranthes sinensis var. amoena

 ネジバナはよく草刈りされるような場所に咲くランの仲間。

捩花

 マクロで見ると、ちゃんとランの花の特徴を持っています。
 ちょっと控えめなところが、かわいい。

ネジバナ

 ランというと絶滅危惧種が多い貴重な植物。
 というイメージですが、ネジバナについては、雑草。
 ランのイメージを一新させる植物です。

 もっとも、人の生活の場の外では見たことがないので、自然の中ではとても貴重なランかもしれません。

日本のランハンドブック (1) 低地・低山編

新品価格
¥1,760から
(2023/6/18 00:13時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ネジバナ赤い花初夏の花梅雨の花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

小さくてもあなどれない? いちやくそう

 イチヤクソウがひっそりと咲いていました。

一薬草

 下向きに咲く小さな白い花。
 葉は地面に広がり、花の茎も20センチほどとそれほど高くありません。
 さらに雑木林の中で咲くのでなかなか気づかれないかもしれません。

 偶然見つけた場所。
 毎年見に来ます。

イチヤクソウ

 イチヤクソウはツツジ科 シャクジョウソウ亜科 イチヤクソウ属の多年草。
 担子菌の菌類と外生菌根を作り、土の中の栄養の少ない場所に適応しているそうです。

 しかしここは雑木林。
 落ち葉が積もり、栄養が少ないと言うよりも、栄養を取り合う大きな樹木に負けないように、すきまで生きていくしたたかな方法でしょうか。
 自分の持てる武器を最大限活用し、隙間にするりと入り込む。
 雑木林は植物の静かな戦いの場、のようです。

イチヤクソウ
一薬草
Pyrola japonica Klenze ex Alefeld
ツツジ目 ツツジ科 シャクジョウソウ亜科 イチヤクソウ属
多年草

持って歩きたい 里山・山地の身近な山野草図鑑

新品価格
¥1,069から
(2023/6/12 00:06時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: イチヤクソウ白い花初夏の花梅雨の花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

六枚輪生ムグラの車葎(牧野富太郎さん) と思ったら!

 タニギキョウと同じ日、ちがう種類の小さな白い花と出会いました。

奥車葎

 今度は10センチこえるくらいの高さがあるでしょうか。
 目立つ特徴は、数枚の葉が茎を囲むようにつく輪生。
 この特徴はムグラ(葎)。
 リンドウ目アカネ科の仲間。

 これは6枚の葉が茎を囲んでいます。
 ということで、クルマムグラ?
 学名はGalium japonicum Makino。
 朝ドラらんまんの主人公のモデル牧野富太郎さんの命名です。

オククルマムグラ

 と思ったら、クルマムグラによく似たオククルマムグラがあるようです。
 ちがいは、茎に下向きのトゲの有無。
 なければクルマムグラ、あればオククルマムグラ。
 ほかにも葉の形が葉先の方へ細長く尖っていくのがクルマムグラ、楕円形で先がトゲのようになっているのがオククルマムグラ。
 これは?

 画像を拡大してみてみると。

Galium trifloriforme Kom.

 小さなトゲ? それとも荒毛? が生えています。
 さらに葉の縁にも毛が生えています。
 そしてなにより葉の形が楕円形で主脈の先だけが針のように飛び出しています。
 ですから、オククルマムグラのようです。

 学名はGalium trifloriforme Kom.。
 命名はウラジーミル・レオンテヴィッチ・コマロフ(Kom.)さん、牧野さんではありません。

オククルマムグラ
奥車葎
Galium trifloriforme Kom.
リンドウ目 アカネ科 ヤエムグラ属
多年草

新装版 野草 見分けのポイント図鑑

新品価格
¥632から
(2023/6/5 00:27時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オククルマムグラ白い花初夏の花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

春に咲く小さな小さな白いキキョウ 谷桔梗(牧野富太郎さん)

 梅雨入り直前の大阪の低山。
 まだまだいろいろな花が咲いています。

 小さな白い花。
 タニギキョウ。

Peracarpa carnosa var. circaeoides

 秋の七草のキキョウ(桔梗)と同じキキョウ科ですが、花は小さく、高さも数センチほどなので気付かれにくいかもしれません。
 名前は谷桔梗ですが、谷ではあまり見かけないように思います。

谷桔梗

 学名はPeracarpa carnosa (Wall.) Hook. fil. et Thomon
var. circaeoides (Fr. Schm.) Makino。

 やたらとアルファベットが並んでややこしいですが、命名者・変更者の名前をはずすと、Peracarpa carnosa var. circaeoides
 Peracarpa carnosaという植物の変種(var.)がタニギキョウ(circaeoides)です。

タニギキョウ

 そしてタニギキョウを命名した人がフリードリッヒ・カール・シュミット(Fr. Schm.,F.Schmidt)さんで、その分類を変更したのがMakinoさん。
 朝ドラらんまんの主人公のモデル、牧野富太郎さんです。
 牧野さんが見つけて命名したのではありませんが、こんな身近な植物の学名にも名前が残っています。
 本当にすごい人です。

タニギキョウ
谷桔梗
Peracarpa carnosa (Wall.) Hook. fil. et Thomon var. circaeoides (Fr. Schm.) Makino
キキョウ目 キキョウ科 タニギキョウ属 種carnosa 変種タニギキョウ
多年草

持って歩きたい 里山・山地の身近な山野草図鑑

新品価格
¥1,069から
(2023/5/31 23:47時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: タニギキョウ白い花初夏の花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

カマズミがさいていました。アジサイに雰囲気は似ていますが、

 梅雨の足音が聞こえてきそうな曇の日。
 ガマズミが咲いていました。

莢蒾

 アジサイのようにたくさんの花が円くあつまって咲いていますが、ミズキ目アジサイ科ではなく、マツムシソウ目ガマズミ科の落葉低木。
 秋には赤い実がなります。
 小さいので鳥用のまずい実かと思ったら、甘酸っぱく食用にもされるようです。

ガマズミ

 このガマズミは子供くらいの高さなので、実を食べた鳥が運んできたタネから育ったものでしょうか。
 または実に甘みがあるのでタヌキやイタチなどの哺乳類が広げたものかもしれません。

ガマズミ
莢蒾
Viburnum dilatatum
マツムシソウ目 ガマズミ科 ガマズミ属
落葉低木

花木・公園の木 (わかる!図鑑)

新品価格
¥1,320から
(2023/5/28 21:49時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ガマズミ白い花初夏の花

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

見上げて花見 えごの木

 エゴノキが咲いていました。

Styrax japonica

 たくさんの花やツボミが枝から下がっています。

えごの木

 まだツボミが多いですが、みんな開いたら一面真っ白になりそうです。

エゴノキ

 すぐ上を葉が覆っているので見上げる花見の木です。

エゴノキ
えごの木
Styrax japonica
ツツジ目 エゴノキ科 エゴノキ属
落葉小高木

増補改訂版 葉っぱで調べる身近な樹木図鑑

新品価格
¥300から
(2023/5/15 00:17時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: エゴノキ白い花初夏の花

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS