【 六甲山】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

六甲山のさまざまな生き物と、地理もちょっとわかる1冊『六甲山ネイチャーウォーキングガイド』山と渓谷社

 名前の通り六甲山の本です。
 といっても、六甲山の登山道や観光地などの本ではありません。

六甲山ネイチャーウォーキングガイド

新品価格
¥1,080から
(2017/2/20 20:49時点)

 もちろん、そういうページもありますが、メインは六甲山で出会える生き物たち。
 小鳥や小さな草花。
 そして巨樹「マザーツリー」もどこにあるか緯度経度も載っています。
 それだけでなく、六甲山の歴史や地理の話もあるので、今、目にする六甲山がどうしてそのようになったのかもわかります。

花崗岩がむき出しのロックガーデン ロックガーデン

 六甲山は登山の山として人気はあるものの、一度禿山になり、特に登山口が集中する南面は乾燥気味の植林地で、正直植物相もわりと単純。
 さらに山頂尾根には舗装道路が走り、別荘地や観光地が連なり、ゴルフ場もあったりで湧き水も飲めない。
 いくつかの植物園と、牧場があること以外、生き物関係ではあまり良いイメージがありませんでした。
 ところが、この本を見ると意外と生き物が豊富なことがわかります。

六甲山のホタルカズラ ホタルカズラ

 禿山からの回復に100年。
 明治神宮の森の造営にも関わった本多静六博士の指導のもと西の再度山(ふたたびさん)付近で大規模な植林が行われました。
 布引の滝の上流、トエンティクロスは、水辺ということもあり様座な景観が楽しめ、様々な生き物を目にします。
 有馬温泉へと続く北斜面は少ないですがブナが残るような場所。
 山頂には準平原と呼ばれる平地があり、池や湿地があるのも六甲山の特徴。

南側ではめずらしい?谷筋のトエンティクロス トエンティクロス

 六甲山を歩くときは、地図と一緒にこの本を手にして、様々な生き物を探してみるとおもしろそうです。

■参考外部リンク■
六甲山ネイチャーウォーキングガイド | 山と溪谷社

六甲山ネイチャーウォーキングガイド

新品価格
¥1,080から
(2017/2/20 20:49時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 六甲山ネイチャーウォーキングガイド  六甲山  ホタルカズラ 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 本の紹介
genre : 本・雑誌

初夏の六甲山のハチボール


 ゴールデンウイークの六甲山の尾根の道路。

 最高峰のちょっと南西。

 有馬温泉へ抜ける紅葉谷道に入った所で、ぶんぶんと虫の羽音、それも蜂の羽音が聞こえました。
紅葉谷道の六甲側入り口
紅葉谷道の六甲側入り口



この記事にはミツバチの画像があります。





 スズメバチだとちょっとやっかいかも、と思ったら、飛んでいるのは小さな蜂。
 ミツバチ?

 よく見ると道の脇の木の幹が膨らんでます。

 数多くのミツバチが集まって団子になっているのです。
 いや、団子というよりボールです。

 色がちょっと黒っぽ感じがする野生のミツバチ。
 このミツバチはニホンミツバチ(日本蜜蜂)。
 昔から日本にいる在来種です。

 普通、花の蜜を集めるために飼われているのは外来種のセイヨウミツバチ(西洋蜜蜂)。



ハチでふくらんだ木
ハチでふくらんだ木




 このニホンミツバチの塊は、女王蜂を守るために働き蜂がボールになっているもので、「分封蜂球(ぶんぽうほうきゅう)」と言います。
 どうしてそんなことになっているかというと、新しい女王蜂が誕生したので、女王蜂が働き蜂を引き連れて巣から出てきたのです。
 これを「分封(ぶんぽう)」といいます。

 巣から出てきたのは古い女王。
 およそ半分の働きバチを連れて出てくるそうです。

 今は働き蜂を四方八方へ派遣して、新しい巣になる場所を探しているところ。



集まっているニホンミツバチ
集まっているニホンミツバチ




 たくさんのミツバチが集まっている様子を怖く感じる人も少なくないと思いますが、ニホンミツバチは自分から人を刺すことはほとんどないと言われます。

 ですから道端でミツバチの塊を見つけてもそっとしておいてあげてください。
 新しい巣の場所が見つかるまでの短い間のことですから。



◆タグ ニホンミツバチ 六甲山の昆虫 六甲山 ◆

■外部リンク■
神戸・六甲山系の森林(神戸市と六甲山系の自然のHP)


最高級天然100%、ニホンミツバチの蜂蜜「百花の恵」 和蜂蜜 270g(あづみ)

価格:3,000円
(2013/5/19 00:54時点)

巣箱:石田式 ニホンミツバチ捕獲箱(兼飼育箱)【本格派向け】

価格:8,400円
(2013/5/19 00:55時点)

ニホンミツバチの飼育法と生態 [ 吉田忠晴 ]

価格:2,100円
(2013/5/19 00:57時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニホンミツバチ  六甲山の昆虫  六甲山  ミツバチ  ハチ 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

たった1,000,000歳の若い山 六甲山


 兵庫県の南。
 大阪湾に立ちふさがるように海抜0メートルから一気に900m以上盛り上がっている山。

 六甲山(ろっこうさん)



 ただ、「六甲山」という頂上は存在せず、一つながりとなった山々を合わせて「六甲山」と呼ばれます。

 実際、大阪から眺めてみても、真ん中あたりが一番盛り上がっているように見えますが、金剛山のようにわかりやすい頂上はみあたりません。



金剛山から見た六甲山
金剛山から見た六甲山




 六甲山は花崗岩(かこうがん)でできた山。
 花崗岩は地中深くで作られる岩石です。

 つまり、六甲山は地中深くの岩盤が地上900mまで盛り上がってできた山なのです。

 どうして地面の下でできた岩盤が盛り上がったのかというと、地面のずれです。
 地面がずれて断層ができるとき(断層運動)には地震が起きます。

 六甲山は地震のときに盛り上がってできた山、いや六甲山が盛り上がるときには地震が起きたのです。



 断層運動で盛り上がってできたことや花崗岩でできているところは近くの金剛山と同じです。

 しかし金剛山と六甲山にはいろいろなちがいがあります。
 その一つが盛り上がるスピード。

 六甲山ができ始めたのは100万年ほど前と考えられています。

 100万年前というと、人類(ホモ・サピエンス)はまだ登場していなくて、「原人(げんじん)」と呼ばれやっと二本足で歩きはじめたくらいのころです。

 人間の一生と比べられないほど長い時間ですが、それでも山としてみればまだまだ若い山。

 今でも百年に30センチずつ高くなっていると言われています。




断層が見える布引貯水池の布引断層(中央の縦の筋)

地層がずれたたところが変質してもろくなったため他よりも風化されるのでへこんで見えます。




 六甲山の中央付近にある「六甲山最高峰」。

 そこには平成5年7月の日付が記された一枚のプレートが置かれ、その地点の標高「931.13メートル」が記されています。

 ところがその下に平成7年3月の日付が記された新しいプレートが貼られています。
 そこには「931.25m」。
 阪神・淡路大震災を引き起こした兵庫県南部地震後に更新された高さです。

 もちろんこれは計測間違いではなく、地震後標高が12センチ高くなったのです。



六甲山最高地点の一等三角点にあるプレート
六甲山最高地点の一等三角点にあるプレート

その三角点のプレートのアップ
その三角点のプレートのアップ

そこに追加されたプレートのアップ
そこに追加されたプレートのアップ




 これを繰り返して六甲山は大きくなってきたのです。

 いや。六甲山だけでなく、日本の山の多くが断層運動や火山噴火という「災害」で出来上がったものなのです。

 地震や噴火という地球の活動によってできあがった日本の豊かな自然。

 地球の時間と人間の時間は尺度がちがいます。
 一生のうちに地震災害や火山災害に何度も遭うかもしれませんし、一度も遭わないかもしれません。

 美しい自然の日本に住む限りは、そういう自然災害はあるものとして、日頃の備えが大切なのかもしれません。



◆ 六甲山地 阪神・淡路大震災 ◆

◆参考外部リンク◆
六甲・淡路島断層帯地震調査研究推進本部
神戸・六甲山系の森林(神戸市と六甲山系の自然のHP)


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 六甲山地  六甲山  阪神・淡路大震災  大震災  断層  六甲・淡路島断層帯  兵庫県南部地震  断層運動 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

六甲山でもカタクリ咲いてます。六甲高山植物園


六甲高山植物園の場所

 日本の近代登山発祥の地の六甲山(ろっこうざん)でもカタクリが咲いています。

 場所は六甲高山植物園。

 2年後に80歳になる植物園です。


 その名の通り最高地点が900mを超える六甲山にあり、植物園自体の標高はおよそ860m。
 平均気温が北海道並ということで、高山植物を中心に多くの植物が植えられています。


 ちょうど今はカタクリの季節。

 園内のあちこちで咲いています。


カタクリは発芽したその年は細い葉、翌年から7~8年は楕円形の葉一枚だけという状態で、葉が二枚になったところでやっと花を咲かせます。

 小さい草ですが、花を咲かせるまでは結構時間がかかるようです。


六甲高山植物園のいちめんのカタクリ
六甲高山植物園のいちめんのカタクリ

やっと花を咲かせた二枚葉のカタクリ
やっと花を咲かせた二枚葉のカタクリ
まだ花は咲かない一枚葉のカタクリ
まだ花は咲かない一枚葉のカタクリ



 もちろんカタクリ以外の植物も咲いています。


ご存知ミズバショウ
ご存知ミズバショウ
梅に似ている?バイカオウレン
梅に似ている?バイカオウレン



 ほかにもいろいろ咲いています。


■外部リンク■
六甲高山植物園|六甲山ポータルサイト ROKKOSAN.COM


◆タグナビ◆ 〔カタクリ〕 〔春の花〕 〔植物園〕


カタクリ
(球根3球入りポット植え)

二色咲きカタクリ「佐保姫」
(1球入りポット)


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カタクリ  六甲高山植物園  春の花  紫色の花  六甲山  ミズバショウ  バイカオウレン  六甲山地  六甲山地の植物 

関連記事

theme : 草花
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる