【 保護色】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

ヘビだって身を守るためにがんばってます。じむぐり

 晴天でも薄暗い低山の登山道を類ていると、突然道の上をにょろと動くものが。
 ヘビ!

この記事にはヘビの画像があります。


 濃いめの肌色というか、黒い黄土色というか。
 体は細長いしとりあえずマムシではないような。
 ジムグリ?

 するすると落ち枝の中に入っていき、ちょっと離れたところこちらの出方を伺うようにとまっていました。

画像で見るとスギの落ち葉の中では保護色になっています

 体の色が違っています。
 赤地に黒くて短い筋。
 見るからにやばそうな色と模様です。
 薄暗い上に動いていたので赤と黒が混ざって見えたようです。

アップで見るとやっぱり派手
Elaphe conspicillata

 毒があるようにしか見えない派手なヘビですが、本州にいる毒ヘビはたった2種。
 マムシとヤマカガシ。
 マムシは薄い茶色期で人を死に至らしめるほどの毒がありながら、かなり地味。
 ヤマカガシは色使いは似ていますが、このヘビほどいかにもってほどではありません。

地潜

 いったい、このヤバそうなヘビは?

 それはジムグリの子供。
 親になれば黒っぽい黄土色の地味なヘビですが、子供はまるで別の種類ような派手さ。
 ジムグリに限らず、本州のヘビの子供の頃は派手な模様だったり、マムシのような模様だったりします。
 いかにも毒があるように見せて捕食者から逃れるため、とも言われます。

別の機会に出会った大人のジムグリ
ジムグリ

 とはいえ、ヘビが自分の意志で体の模様を決めるわけではないので、気が遠くなるような試行錯誤の結果と考えると、とても尊い模様に思えてきます。

ジムグリ
地潜
Elaphe conspicillata (Boie, 1826) 爬虫綱 有鱗目 ヘビ亜目 ナミヘビ科 ナメラ属

スマホで読めるヘビ図鑑 スマホで読める爬虫類図鑑

新品価格
¥1,250から
(2023/9/28 23:20時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ジムグリヘビ保護色

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

林縁がガサゴソすると思ったら ひさしぶりのとらつぐみん

 住宅街の中の里山公園。
 錦織公園。
 梅を見に行った時のこと。

 途中、林の縁のところでなにやらガサゴソと音がします。
 冬の林でこういう音を聞くときは、たいていシロハラ
 ツグミ科の鳥で、冬になると渡ってきて林床で落葉の中をごそごそしながら食べ物を探します。
 ガサゴソしていたのは、全身ウロコ模様の鳥。
 それも黄色地に黒のウロコ模様。
 派手なようで林床では迷彩。


 シロハラは薄い褐色の体に褐色の羽。名前ほど白くは見えません。
 よく似たツグミの体は黒いウロコ模様に褐色の羽。
 どちらでもありません。
 黒と黄色のトラ模様は、トラツグミ。


 シロハラやツグミと同じツグミ科の冬鳥。
 大阪では絶滅しそうな絶滅危惧II類(VU)に指定されています。
 錦織公園では毎年のように見ていましたが、去年一昨年と出会っていないので、錦織公園レッドリストにEX(絶滅)と書かなければならないか、と思っていました。
 今年は無事やってきてほっとしました。
 きっとこの2年間は運悪くトラツグミとすれ違っていたのでしょう。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: トラツグミ冬鳥錦織公園絶滅危惧レッドリスト大阪VU保護色

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

保護色? 警告色? ヒロヘリアオイラガの幼虫


蛍光黄緑色のいがいが

 道を歩いていると歩道の上に蛍光黄緑の物体が。

 大きさは2~3センチくらい。
 なんとなくイモムシ、いや毛虫のようにも。

 体をイガイガで覆いながらもきれいな蛍光黄緑でついついさわりたくなってしまいます。

 でもイガイガがなんだか毒をもった毛虫のようにも見えます。
 なんだかさわらないほうがよさそうな予感です。



この記事にはケムシの画像があります。








毒です危険!

 調べてみるとやっぱりさわらなかってよかったようです。
 があります。

 名前はヒロヘリアオイラガ。漢字で書くと「広縁青刺蛾」。
 イラガの仲間の幼虫です。

 イラガを漢字で書くと「刺蛾」。
 文字通りのガです。
 幼虫のイガイガには毒があり、刺されると激しい痛みがあるそうです。

 ひどい場合は皮膚科に行かなければらないかもしれません。



毒があるヒロヘリアオイラガの幼虫
毒があるヒロヘリアオイラガの幼虫



保護色? 警告色?

 体を毒トゲで覆いよく目立つ蛍光黄緑色。
 この派手な色はもしかすると毒をもっていることを知らせる警告色なのでしょうか。

 でも、一見派手に見えるカワセミが草むらに入ると目立たなくなるように、この蛍光黄緑も木の葉の上では見つけにくい保護色になるかもしれません。

 もしそうだとすると、保護色と警告色の一石二鳥の蛍光黄緑なのかもしれません。
 幼虫にとっては。



危険生物ファーストエイドハンドブック 陸編

新品価格
¥1,760から
(2020/8/12 23:43時点)

危険生物 (小学館の図鑑NEO POCKET)

新品価格
¥1,045から
(2020/8/12 23:44時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒロヘリアオイラガ警告色保護色毒虫害虫毒性物ケムシ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

派手なNINJAカワセミ


ここでは久しぶりのカワセミです


 キタナイ川のカワセミです。

背中がきれいなカワセミ
背中がきれいなカワセミ


 時々(ときどき)様子(ようす)を見に行っています。
 川の両側(りょうがわ)は道になっていますので、人や車が川に落ちないようにつけられている(さく)隙間(すきま)からそっとのぞくと……
 運がよければ、きれいな青い鳥を見ることができます。

 しかしそんなことはめったにないので、見かけるまで川の(まわり)りを歩くか、川を見渡(みわた)せるところで待つことになります。

 カワセミには川に沿()って移動(いどう)するので、時間をかければ川面(かわも)を飛んでいくカワセミを見ることができるでしょう。


輝く青は実は保護色


 構造色(こうぞうしょく)瑠璃色(るりいろ)に輝く(はね)にきれいなオレンジ色の(はら)

 目立(めだ)ってしかたないような格好(かっこう)なのですが、草むらに入ると、これがまったくわからなくなります。
 きれいに(かがや)く青い(はね)(あざ)やかなオレンジ色の(はら)は、派手(はで)に見えても実は保護色(ほごしょく)なののです。
 さらに体が小さいので草むらでじっとしているカワセミを見つけるのはとても難しく、見つけるのはたいてい飛んでいるときです。


カワセミはどこにいるでしょうか?
カワセミがいると思うところをクリックしてください。







 しかし、飛んでいるカワセミを()っていっても、見失(みうしな)うことは少なくありません。
 まるで忍者(にんじゃ)です。


縄張800m


 ここのカワセミの目撃場所(もくげきばしょ)は、川に沿()ってだいたい800(メートル)範囲(はんい)になります。
 といってもここ数ヶ月の目撃場所(もくげきばしょ)範囲(はんい)で、1日の間に800(メートル)(はし)から(はし)まで動いているわけではありません。
 最初に目撃(もくげき)した場所から250(メートル)くらいの範囲(はんい)を右へ左へ移動(いどう)する程度(ていど)です。
 この250(メートル)範囲(はんい)がそのときどきで(ちが)い、それが800(メートル)範囲(はんい)(おさ)まるということなのです。

 この800(メートル)がカワセミのゆるい縄張(なわばり)で、250(メートル)がそのときの行動(こうどう)するはっきりした縄張(なわばり)のような気がします。


川には二羽カワセミがいた


 ここでは2()のカワセミを見たことがあるので、もう1()がどこにいるのか気になっています。
 ときおり川の上流(じょうりゅう)下流(かりゅう)探索(たんさく)しますが、いまのところまだ見つけていません。

 なら、この800(メートル)を2()で分けている可能性(かのうせい)も無いわけではありませんが、いまのところこの範囲内(はんいない)で2()見たことはありません。
 縄張争(なわばりあらそ)いに負けたもう1()はどこへ行ったのでしょうか。

 2()性別(せいべつ)がちがっていたなら、子育(こそだ)ての時期(じき)に帰ってくるかもしれません。

 そうだとしても、もう少し先のことになるでしょう。


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カワセミ木田内川構造色保護色

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS