【 下赤阪の棚田2015】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

下赤阪の棚田のいきもの目次 2015年版

 下赤阪の棚田ビオトープの2015年版の目次です。
 これは、たんくさんの下赤阪の棚田の生き物を少しでも見つけやすくするためのものです。

下赤阪の棚田の花の色目次
赤紫青紫
白緑黄橙赤褐色赤紫紫青紫青

花の色について

下赤阪の棚田の果実の目次
乾果
汁気が少ない
液果
汁気が多い
集合果
果実が集まる
偽果
子房・果皮以外が肥大
裂開果
割れる
閉果
割れない
漿果
殻がない種
核果
殻がある種
下赤阪の棚田のロゼットの目次
丸い葉
円形・楕円形
披針形・卵形
長い葉
線形
分裂した葉
円分裂形
羽状分裂形
下赤阪の棚田の隠花植物の目次
シダ植物 コケ植物 藻類 地衣類 変形菌
下赤阪の棚田の2015年の目次と月別の動植物の目次
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
植物植物植物植物植物植物植物植物植物植物植物植物
動物動物動物動物動物動物動物動物動物動物動物動物

2014年の目次 2013年の目次
2016年の下赤阪の棚田

下赤阪の棚田の動物目次
脊椎動物
哺乳類鳥類両生類魚類
節足動物その他の動物
昆虫類甲殻類クモ類貝類

下赤阪の棚田について

 下赤阪の棚田は、大阪の南河内地方の千早赤阪村、金剛山の麓にある、日本の棚田百選にも選ばれた棚田です。
 山と町の中間にあるような場所。
 町の生き物と山の生き物の両方を見ることができます。
 また、標高は100メートルほど。
 地理的条件によって変わりますが、概ね日本の中緯度の平地から山地の麓なら、生き物の種類も出会える時期も大きく変わらないと思います。

10月の下赤阪の棚田ビオトープ

下赤阪の棚田の花の色目次について

 花の色で分類したタグのリンクです。
 ただし、図鑑用に編集はしていませんので、他の色も混ざります。
 また色はその時の光の具合や、カメラ等の機能によっても変わります。
 色検索はある程度の幅を持って選んでください。
 たとえば、紫色の花を探そうと思った場合は、赤紫から青紫まで探してみるように。

 花の色は、基本的に地の色にしています。
 たとえば、白地に紫の斑点がたくさんあるホトトギスは、「白い花」になります。
 また、花弁がなかったり小さかったりして、苞(ほう)や萼(がく)が花弁のようになっているものは、その色としています。
 花弁がないだけでなく、苞や萼も花弁のようになっていないものは、オシベやメシベなど目立つ部分の色としています。
 ただしこれは原則で、花序(花の集まり)全体の目立つ色の場合もあります。
 そのため、同じ花でもちがう色に分類されていることもあります。

 各色のカラーコードは次のサイトを参考にさせていただきました。
 ただし、レイアウト等の関係上、一部変更しているものもあります。
日本の伝統色 和色大辞典 - Traditional colors of Japan

下赤阪の棚田の生き物全体について

 今まで数年の間、棚田で出会った生き物たちを月ごとにグループ分けをしてきました。
 そのタグを元にした索引になっています。
 タグの数は1記事あたり10個となっていますので、多くの場合、掲載した生き物の一部にしかタグがありません。
 したがって、特定のタグで今までのすべての関連する記事が表示されるわけではありません。
 また、図鑑サイトのように種類ごとの編集にはなっていませんので、目的の分類以外のものも含まれます。

さいごに

 書いているのは動植物の専門の研究者ではありません。
 誤りがあるとおもいますので、ヒントや参考等に。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次
■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
全国棚田(千枚田)連絡協議会

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: いきもの目次/SA-tanada下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田棚田棚田の生き物田んぼの生き物ビオトープ棚田の動物棚田の植物

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 6月上旬の昆虫編

 6月上旬の下赤阪の棚田ビオトープ。

 田植えが始まったところなので、ムシはまわりの雑草野草を食べるものがたくさんいました。

この記事にはの画像があります。



空の雲が映った6月上旬の下赤阪の棚田

動物界
節足動物門 昆虫綱 新翅節
外翅上目
カメムシ目
ナガメ(菜亀)Eurydema rugosa の幼虫
カメムシ目 カメムシ科 Eurydema属
菜の花につくカメムシが名前の由来。

食べるのはアブラナ科の植物。

タネツケバナやナズナのような野草から、ダイコンやハクサイのような野菜も食べるので、害虫扱いされることもあります。

カメムシっぽくないコロコロした感じですが、成虫になるとカメムシっぽくなります。
ホシハラビロヘリカメムシHomoeocerus unipunctatus
カメムシ目 ヘリカメムシ科 Homoeocerus属
ちょっと細めなので肉食のサシガメのようですが、カメムシ。

似たようなカメムシがいくつもいますが、前翅の黒い点点が特徴。

マルカメムシと同じようにクズが好きなようです。
ヒメアメンボ(姫水黽)
Gerris lacustris latiabdominis
カメムシ目 アメンボ科 Gerris属
名前のようにちょっと小さめのアメンボ。

小さい以外は普通のアメンボによく似ています。

幼虫じゃない証拠にちゃんと翅があります。
カメムシ目
外翅上目
動物界 節足動物門 昆虫綱 新翅節
内翅上目
甲虫目
マルガタゴミムシAmara chalcites
甲虫目 オサムシ科 Amara属
里山のゴミ虫。

ゴミムシの仲間は前胸と羽の間にくびれがあり細長い体ですが、名前の通りくびれがない丸い体。
マメコガネ(豆黄金)
Popillia japonica
甲虫目
コガネムシ科
マメコガネ属
タグ:マメコガネ
甲虫目
動物界 節足動物門 昆虫綱 新翅節 内翅上目
ハエ目
ニッポンクロハナアブ(日本黒花虻)?
Cheilosia japonica
ハエ目 ハナアブ科 クロハナアブ属
黒くて肉食っぽい雰囲気ですが、ハナアブですので食べ物は花の蜜や花粉。

ほかのアブの可能性もありますが、花にいたので花アブはまちがいないと思います。

ニッポンクロハナアブなら日本固有種です。
ハエ目
動物界 節足動物門 昆虫綱 新翅節 内翅上目
チョウ目
クスサン(樟蚕,楠蚕)
Saturnia japonica の幼虫
チョウ目
ヤママユガ科
Saturnia属
タグ:クスサン

本州最大級のガの幼虫。

もちろん幼虫も最大級ですが、これはまだ「最大」まで成長していないようです。

終齢幼虫の大きさは10センチほど。
チャバネセセリ(茶羽挵)
Pelopidas mathias
チョウ目
セセリチョウ科
チャバネセセリ属
タグ:チャバネセセリ
モンシロチョウ(紋白蝶)
のメス
Pieris rapae
チョウ目
シロチョウ科
モンシロチョウ属
タグ:モンシロチョウ
ルリシジミ(瑠璃小灰蝶)
Celastrina argiolus
チョウ目
シジミチョウ科
ルリシジミ属
タグ:ルリシジミ
チョウ目
動物界 節足動物門 昆虫綱 新翅節 内翅上目
ハチ目
カブラハバチ(蕪葉蜂)Athalia rosae の幼虫
ハチ目 ハバチ科 Athalia属
蝶や蛾の幼虫の芋虫に見えますが、ハチの幼虫。

なんかミツバチとかの幼虫とは大分雰囲気がちがいますが、葉を食べるハバチの幼虫はイモムシ型。

小さめのまるい頭とつや消し風のぷにぷにの体はハバチの幼虫の特徴。

黒い体でアブラナ科の植物を食べますので幼虫の別名は「ナノクロムシ」。
イヌガラシを食べていました。
ハチ目
内翅上目
節足動物門 昆虫綱 新翅節
動物界

 稲が育っていなくても、いろんな虫たちがいるのも、緑が豊富な棚田ならでは。

 でも、稲がどんどん育ってくると、バッタの仲間も増えてくるでしょう。

 稲大丈夫かな。

 カマキリや鳥たちがいるから大丈夫?

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田2015/066月の下赤阪の棚田の動物ナガメホシハラビロヘリカメムシマルガタゴミムシニッポンクロハナアブカブラハバチクスサンチョウ目/SA-tanada

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

空のための鏡がたくさんできました!

 6月を迎えた下赤阪の棚田。

 5月下旬には田起こしを終え、入水を待つばかりでした。

 6月上旬。

 ほとんどの田んぼに水が入り、田植えが終わっているところもあります。

 棚田の2015年がはじまりました。

青空と雲が棚田に映っています

 棚田の周りではもうたくさんの花が咲いています。

 それなのに、イネの成長はこれから。

 どうして田んぼのはじまりがこんなに遅いのでしょうか。

水を張った棚田は空専用の鏡のようです

 一番の理由は、イネは日本よりももっと暖かいところの植物だからでしょう。

 多年草ですが、日本では冬に枯れてしまいます。

いろいろな姿を見せてくれる棚田

 それから、イネがお米を作るのには、一定の温度と日照が必要です。

 イネが温度や光がほしい時期に足りないと、お米がたくさんできません。

 梅雨や台風など天気の変化と深い関わりがあります。

 ですから、その土地の気候や植える品種の性質にあわせて植える時期を調整します。

下から見る棚田もいつもとちがいます

 すでに花が咲いて蝶や蜂が飛び交っているといっても、棚田の主役はイネ。

 半年もない短い間ですが、これから棚田が賑やかになってきます。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田201506下赤阪の棚田棚田

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 2月下旬の鳥編


 暦と合わせるかのように植物が動き始めた2月下旬の下赤阪の棚田ビオトープ。

 ところが、動物となるとちょっと腰が重いようです。

 まだまだ鳥だけ。

 虫たちにはまだまだ寒いようです。




遠くに球場や山が見える下赤阪の棚田




すでに紹介している生き物については、一部画像や説明等を省いていますので、
画像や説明等のあるページへのリンクをつけています。
タグ:2月の下赤阪の棚田の動物



動物界
脊索動物門 脊椎動物亜門
鳥綱
モズ(百舌,百舌鳥,鵙)
Lanius bucephalus のオス
スズメ目 モズ科 モズ属
スズメより大きい
漂鳥
タグ:モズ

なぜかオスしか出会いません。

地面の食べ物を狙っているようです。
ヒヨドリ(鵯)Hypsipetes amaurotis
スズメ目 ヒヨドリ科 ヒヨドリ属
ハトより小さい
留鳥
人が生活す量な場所ならどこにでもいるような鳥ですが、意外と近寄ってくれません。

警戒心が強いようですが、鳴き声がうるさいのでいることはすぐにわかります。

ただ、なかなか撮影しやすい場所に出てきてくれませんので、ここではこれが最初の写真です。
ホオジロ(頬白)
Emberiza cioides のメス
スズメ目
ホオジロ科
ホオジロ属
スズメより大きい
留鳥
タグ:ホオジロ

人影を見るとすぐ離れていってしまうホオジロですが、下にいる人ので気付くのが遅れたようです。

顔の白い部分が少し茶色がかっているようなので、メスでしょう。
鳥綱
脊索動物門 脊椎動物亜門
動物界



 冬で暖かければ小さなハエやハチたちが動き出すのです、この日はちょっと寒かったようで、虫は「0」。

 鳥も写真を撮れたのは、これだけ。

 動いているのは、体温を維持できる恒温動物の鳥ばかり。

 動物は植物よりも動き始めるのが遅いようです。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田2015/022月の下赤阪の棚田の動物ヒヨドリモズホオジロ野鳥

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

靫草 赤く縮かむ蓮座草 (七十二候第六十四候「乃東生」を過ぎて)


 1年を72に分けて季節を表す七十二候(しちじゅうにこう)。

 12月下旬、冬至の最初の七十二候が「乃東生」。

 よみは「なつかれくさしょうず」。

 乃東(なつかれくさ)が生える時期、という意味です。



 夏枯草(かごそう)の古い呼び名が「乃東」。

 夏枯草は、シソ科のウツボグサ(靫草)の花穂の漢方生薬としての呼び名です。

 ということで、「乃東生」は、ウツボクサが芽吹く頃、という意味になります。



 ところが。

 ウツボグサは多年草。

 多年草でも冬に地上部分が枯れる植物もありますが、ウツボグサはロゼットの状態で冬を越します。

 芽吹いたようには見えないでしょう。



1月中旬の下赤阪の棚田の赤く焼けてるウツボグサのロゼット 1月中旬の下赤阪の棚田の赤く焼けてるウツボグサのロゼット




 「ロゼット」は、植物が茎を伸ばさず、地面の上に貼り付くように四方八方に葉をのばした状態のこと。

 中国語では「蓮座叢(リェヌゾゥツォン))」。

 「蓮座」は「蓮華座(れんげざ)」のことで、仏像が座っている蓮の花を模した台座のこと。

 何重にも葉を重ねる様子を見立てたものでしょう。



 ということで、この七十二候の「乃東」は、ウツボグサではないとする説もあります。

 しかし、今のところ、ウツボグサ以外に「これだ!」というのは見つかっていないようです。



6月中旬の下赤阪の棚田のウツボクサの花
6月中旬の下赤阪の棚田のウツボクサの花




 七十二候は、1年を24に分ける二十四節気(にじゅうしせっき)と同じように中国が発祥。

 中国のものをそのまま使っている二十四節気とちがい、七十二候は日本オリジナルのものが少なくありません。

 「乃東生」も日本オリジナル。

 明治時代の暦(こよみ)の要約に書かれていたものですが、わずか百年ちょっとでなにかわからなくなってしまったというのは、おもしろいですね。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 乃東生ウツボグサロゼット七十二候1月の下赤阪の棚田の植物下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田201501

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

一番寒い時期ですが、春が近づいていることを教えてくれる香りと花


 1月の下赤阪の棚田。

 大阪で唯一の村の棚田。

 もちろんイネもなく、田んぼもそのまま休ませていますので、ちょっと寂しい棚田です。

 その中で咲いていたソシンロウバイ。



葉より先に花が咲く落葉樹
葉より先に花が咲く落葉樹




 漢字では「素心蝋梅」。

 クスノキ目 ロウバイ科 ロウバイ属のロウバイの園芸品種。

 薄く透けて見えるような花びらは、天気のいい日に見るとほんとうに綺麗です。



曇りだったのにソシンロウバイのそばに来た時だけ青空が
曇りだったのにソシンロウバイのそばに来た時だけ青空が




 そしてなにより独特な香り。

 遠くからでも咲いているのがわかります。



まだまだつぼみもいっぱい
まだまだつぼみもいっぱい




 梅もまだつぼみが固い1月に、春がくることを教えてくれる花です。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ソシンロウバイ冬の花黄色い花下赤阪の棚田下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田2015/01

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS