【 下赤阪の棚田201408】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

下赤阪の棚田の2014年 8月中旬の動物編


 8月の棚田ビオトープは動物もたくさん。

 おなじみの動物に混じって、かわった動物もいました。



この記事にはの画像があります。






運動公園から見た8月の棚田




下赤阪の棚田の生き物の追いかけも季節を一巡りしました。
すでに紹介している生き物については、画像や説明等を省いているものもあります。
画像や説明等のあるページのタグリンクを名前につけていますので、そちらをご覧ください。



動物界
節足動物門
六脚亜門 昆虫綱
有翅下綱
トンボ目 トンボ科 シオカラトンボ属

トンボ目 トンボ科 シオカラトンボ属

有翅下綱
動物界 節足動物門 六脚亜門 昆虫綱
新翅節
多新翅上目
バッタ目 バッタ科 Gastrimargus属

ふくらんだ首の後のところと目の下に伸びる線はクルマバッタ。

成虫にはこの緑色のバッタと、焦げ茶色のバッタがいます。

バッタ科 ショウリョウバッタ属

イボバッタ(疣飛蝗)Trilophidia japonica
バッタ目 バッタ科 Trilophidia属

小さい上にコンクリート迷彩でついつい見逃してしまいがちな? バッタ。

実は家庭菜園から未舗装の路地までいろんなところにもいます。

多新翅上目
動物界 節足動物門 六脚亜門 昆虫綱 新翅節
外翅上目
ミンミンゼミ(みんみん蝉)Hyalessa maculaticollis
の抜け殻
カメムシ目 セミ科 ミンミンゼミ属

画像を拡大してみると、触角の2節目と3節目が同じくらいの長さのように見えたので、ミンミンゼミとしました。

外翅上目
動物界 節足動物門 六脚亜門 昆虫綱 新翅節
内翅上目
甲虫目
甲虫目 テントウムシ科 コッキネラ属

甲虫目
動物界 節足動物門 六脚亜門 昆虫綱 新翅節 内翅上目
チョウ目
ウラギンシジミ(裏銀小灰蝶)Curetis acuta paracuta
チョウ目 シジミチョウ科 ウラギンシジミ属

名前のとおり、翅の裏側が銀色のシジミチョウ。

少し広げているのでわかりますが、表は焦げ茶と赤茶の結構渋い色です。

チョウ目
ヤママユガ科
Saturnia属

6月には白かった繭も茶色になってしまいました。

もう中にクスサンはいないでしょう。
シャチホコガ(鯱蛾)Stauropus fagi ?の卵
チョウ目 シャチホコガ科 Stauropus属

クスサンがいたクヌギの木にあったのでクスサンの卵かと思ったのですが、ちがっていました。

シャチホコガという自信はありませんが、昆虫の卵なのは確かだと思います。
チョウ目
動物界 節足動物門 六脚亜門 昆虫綱 新翅節 内翅上目
ハエ目
コガタノミズアブ(小型水虻)Odontomyia garatas の幼虫?
ハエ目 ミズアブ科 Odontomyia属

これもちょっと自信はありませんが、水中に棲むハエ目の幼虫ではないかと思います。
ハエ目
動物界 節足動物門 六脚亜門 昆虫綱 新翅節 内翅上目
ハチ目
クヌギハマルタマバチ(椚葉丸玉蜂)
Aphelonyx acutissimae
の虫嬰(虫こぶ)「クヌギハマルタマフシ」
ハチ目 タマバチ科 Aphelonyx属

クヌギの葉にできていた丸いもの。

中には小さな虫が寄生しているもので、「虫嬰(ちゅうえい)」や「虫こぶ」と呼ばれます。

寄生した虫の作用で植物の葉が異常に成長したもの。

寄生する虫によって虫こぶの色や網様も変わってきます。

そしてこの虫こぶは「クヌギハマルタマフシ」とも呼ばれます。

中の生き物と違う名前が付いているのは、虫こぶを色素として使ったからでしょう。

ハチ目
内翅上目
新翅節
六脚亜門 昆虫綱
動物界 節足動物門
鋏角亜門 蛛形綱
クモ目
ジョロウグモ科
ジョロウグモ属

ジョロウグモのメスの腹部の模様は、近くで見るとなかなかおもしろいデザインです。
シロカネイソウロウグモ(白銀居候蜘蛛)
Argyrodes bonadea
クモ目 ヒメグモ科 イソウロウグモ属

ジョロウグモの巣にいた小さなクモ。

オスのクモは小さいので、ジョロウグモのオスかと思いましたが、ジョロウグモのオスはメスと同じように細長い腹をしています。

イソウロウグモは他の大型クモの巣にいて、食べ残しや小さすぎて巣の主に見向きもされない小さな虫などを食べると言われます。

巣の主を食べたり食べ物を横取りしたりしないようなので、寄生ではなく共生、片方だけが得をする片利共生でしょう。

シロカネイソウロウグモ

下がジョロウグモのメス
鋏角亜門 蛛形綱
節足動物門
動物界
軟体動物門 腹足綱
有肺目 モノアラガイ科 モノアラガイ属

軟体動物門 腹足綱
動物界
脊索動物門 両生綱
カエル目 アカガエル科 アカガエル属

カエル目 アカガエル科 アカガエル属

脊索動物門 両生綱
動物界



 今回登場した虫こぶ。

 いろいろな植物にいろいろな昆虫がつくります。

 予想もせず偶然見つけたのですが、もっと注意していろいろ見つけていけたらいいな、と思います。



タグ♦ 下赤阪の棚田の2014年 下赤阪の棚田

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部


繭ハンドブック

新品価格
¥1,512から
(2014/9/30 22:04時点)

虫の卵ハンドブック

新品価格
¥1,728から
(2014/9/30 22:04時点)

虫こぶハンドブック

新品価格
¥1,296から
(2014/9/30 22:05時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 8月の下赤阪の棚田の動物下赤阪の棚田の2014年下赤阪の棚田201408イボバッタシャチホコガコガタノミズアブクヌギハマルタマバチシロカネイソウロウグモ昆虫/SA-tanadaクモ/SA-tanada

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2014年 8月中旬の果実・植物編


 8月の棚田ビオトープの生き物。

 冬はまだ先ですが、もう実をつけはじめている植物もあります。




雲と空と山と下赤阪の棚田




下赤阪の棚田の生き物の追いかけも季節を一巡りしました。
すでに紹介している生き物については、画像や説明等を省いているものもあります。
画像や説明等のあるページのタグリンクを名前につけていますので、そちらをご覧ください。



植物界
果実
被子植物門
単子葉植物綱 イネ目
カヤツリグサ科
イネ目 カヤツリグサ科 カヤツリグサ属
一年草

イネ科に似ています。

古い分類体系のクロンキスト体系ではイネ科はカヤツリグサ目に含まれますが、今のAPG体系ではイネ目にカヤツリグサ科が含まれていますので、近い植物のようです。

イネ科との違いは、茎の断面が三角形になっていること。

ということで、葉の配列も“3”になるものが多いのが特徴です。
カヤツリグサ科
果実 被子植物門 単子葉植物綱 イネ目
イネ科
カゼクサ(風草)Eragrostis ferruginea
イネ目 イネ科 スズメガヤ属
多年草


まるで花火のように果実が広がっています。

風が吹くと大きくゆれます。

名前の由来はそこから?
イネ目 イネ科 エノコログサ属
一年草

イネ目 イネ科 ヒエ属
一年草

イネ科
単子葉植物綱 イネ目
果実 被子植物門
双子葉植物綱
マメ目
マメ科
シャジクソウ属
多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物

実の見た目はあまりマメ科っぽくありません。
ブドウ目
ブドウ科
ノブドウ属
蔓性落葉低木

まだまだ熟していません。

熟すときれいな青紫色になります。
双子葉植物綱
被子植物門
果実
植物界
その他植物
被子植物門
双子葉植物綱
スベリヒユ(滑莧)Portulaca oleracea
ナデシコ目 スベリヒユ科 スベリヒユ属
多年草

人間の生活圏の土があるところならどこでも生えるような雑草の一つ。

ベンケイソウ科の多肉植物のようなちょっと厚ぼったい葉が特徴。

でもナデシコ目スベリヒユ科。

双子葉植物綱
その他植物 被子植物門
単子葉植物綱
ヤマノイモ科 ヤマノイモ属
多年草

もうむかごがついていました。

単子葉植物綱
被子植物門
その他植物
植物界



 イネ目の雑草が盛んに実をつけています。

 まだ温かいうちに種を落とし、秋に芽を出し、春になると一気に成長する気なのでしょう。

 さすがプロの雑草です。



タグ♦ 下赤阪の棚田の2014年 下赤阪の棚田

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部


カヤツリグサ科ハンドブック

新品価格
¥1,350から
(2014/9/27 21:53時点)

イネ科ハンドブック

新品価格
¥1,728から
(2014/9/27 21:54時点)

日本の野草300 夏・秋 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,080から
(2014/9/27 21:56時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田の2014年下赤阪の棚田201408カヤツリグサカゼクサスベリヒユシロツメクサノブドウ棚田下赤阪の棚田夏の実

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2014年 8月中旬の花編


 まだまだ暑い8月下旬の下赤阪の棚田。

 主役のイネが花を咲かせはじめた棚田ビオトープには、おなじみの花がたくさん咲いていました。




イネが風になびく8月の下赤阪の棚田




下赤阪の棚田の生き物の追いかけも季節を一巡りしました。
すでに紹介している生き物については、画像や説明等を省いているものもあります。
画像や説明等のあるページのタグリンクを名前につけていますので、そちらをご覧ください。



植物界
白い花
被子植物門
双子葉植物綱

センニンソウ(仙人草)Clematis terniflora

キンポウゲ目 キンポウゲ科 センニンソウ属
蔓性多年草

キンポウゲ科のツル植物。

属名(学名の左側)をよく見ればわかるように園芸植物のクレマチスの仲間です。

西洋で品種改良されたクレマチスがとにかく派手な色や形になったのに対して、派手ではなくても地味でない日本的な花だと思います。

よく似た植物に ボタンヅルがありますが、葉に大きな鋸歯があるので見分けられます。

アキノタムラソウ(秋の田村草)
Salvia japonica

シソ目
シソ科
アキギリ属
多年草

アキノタムラソウの花は薄紫色ですが、これはかなり白っぽく見えましたので、「白い花」にしました。

ミゾカクシ(溝隠)
Lobelia chinensis

キキョウ目
キキョウ科
ミゾカクシ属
多年草

稲渕の棚田では6月咲いていました

ヒメジョオン(姫女苑)Erigeron annuus

キク目 キク科 ムカシヨモギ属
越年草
北アメリカ原産
日本の侵略的外来種ワースト100

シロツメクサ(白詰草)Trifolium repens

マメ目 マメ科 シャジクソウ属
多年草
ヨーロッパ原産

ヘクソカズラ(屁糞葛)Paederia scandens

リンドウ目 アカネ科 ヘクソカズラ属
蔓性多年草

双子葉植物綱
白い花 被子植物門
単子葉植物綱

ヤマノイモ(山の芋)Dioscorea japonica の雌花

ユリ目 ヤマノイモ科 ヤマノイモ属
多年草

オニドコロとよく似ていますが、ヤマノイモのほうが小さい雌花。

葉も幅もヤマイモの方が狭いのでよく見ればわかります。
単子葉植物綱
被子植物門
白い花
植物界
黄色い花・橙色の花
被子植物門 双子葉植物綱

マリーゴールド(英:marigold)Tagetes

キク目 キク科 コウオウソウ属
一年草
メキシコ原産の園芸植物のコウオウソウ属の総称

葉には独特の香りがあり、根に線虫の予防効果があると言われ、作物の間に植えコンパニオンプランツにされます。
葉も土に鋤きこむと虫除けになると言われます。

そのために植えられているのかどうかはわかりません。

クサノオウ(瘡の王)Chelidonium majus

ケシ目 ケシ科 クサノオウ属
越年草

双子葉植物綱
黄色い花 被子植物門
単子葉植物綱

ノカンゾウ(野萱草)Hemerocallis fulva var. longituba

ユリ目 ユリ科 ワスレグサ属
多年草

去年も咲いていたユリの仲間。

ということで、正面から見ると6枚の花被片は太いのと細いのが交互に並んでいます。
被子植物門 単子葉植物綱
黄色い花・橙色の花
植物界
紫色の花
被子植物門 双子葉植物綱

ハナウリクサ(花瓜草)Torenia fournieri

シソ目 アゼナ科 ツルウリクサ属
一年草
インドシナ半島原産の園芸植物
別名:トレニア

園芸植物。

用水路のコンクリート面で咲いていました。

どこからか飛んできた種から芽生えたのでしょうが、こんな厳しい状況でも咲くのですから、園芸植物といえども侮れません。

将来の特定外来生物の予備軍?

アキノタムラソウ(秋の田村草)Salvia japonica

シソ目 シソ科 アキギリ属
多年草

ヨメナ(嫁菜)Aster yomena

キク目 キク科 シオン属
多年草

被子植物門 単子葉植物綱
紫色の花
植物界
赤紫の花
被子植物門 双子葉植物綱

キツネノマゴ(狐の孫)Justicia procumbens

シソ目 キツネノマゴ科 キツネノマゴ属
一年草

コマツナギ(駒繋)Indigofera pseudotinctoria

マメ目 マメ科 コマツナギ属
落葉小低木

被子植物門 単子葉植物綱
赤紫の花
植物界
緑色の花
被子植物門
単子葉植物綱

イネ(稲,稻,禾)Oryza sativa

イネ目 イネ科 イネ属
多年草(日本では一年草的栽培)
インドから中国南部原産と言われる食用作物

棚田の主人公、イネも咲いていました。

といっても、画像は咲き終わったもの。
白いのは外に出たままのオシベです。

稲の花は朝に咲き、わずか数時間で閉じてしまいます。

それでも受粉してお米ができるのですから、なかなか効率がよく出来ているのでしょう。

咲き終わってもオシベが外に出たままというのも、そのためかもしれません。

オヒシバ(雄日芝)
Eleusine indica

イネ目
イネ科
オヒシバ属
越年草

どこにでもある雑草。

メヒシバよりも花穂が太いのが特徴です。

オニドコロ(鬼野老)Dioscorea tokoro

ユリ目 ヤマノイモ科 ヤマノイモ属
蔓性多年草

単子葉植物綱
緑色の花 被子植物門
双子葉植物綱

メヤブマオ(雌薮苧麻)Boehmeria platanifolia の雌花

バラ目 イラクサ科 ヤブマオ属
多年草
互生

双子葉植物綱
被子植物門
緑色の花
植物界



 1年たってお馴染みの花も増えてきましたが、意外なところに意外な花がさいていたりするのが、またおもしろいですね。

 まだまだ新しい出会いがありそうです。



タグ♦ 下赤阪の棚田の2014年 下赤阪の棚田

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部


日本の野草300 冬・春 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,296から
(2014/9/21 20:26時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 8月の下赤阪の棚田の植物下赤阪の棚田の2014年下赤阪の棚田201408ハナウリクサイネセンニンソウ白い花/SA-tanada紫色の花/SA-tanada橙色の花/SA-tanada緑色の花/SA-tanada

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS