【 下赤阪の棚田201307】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

金剛山が育む棚田の生き物 下赤阪の棚田2013年7月その2


 梅雨明けの大阪府千早赤阪村の棚田。

 日本の棚田百選にも選ばれた下赤阪の棚田。

 稲も育ち水面も見えなくなって太陽の光を独り占めしているようです。



2013年7月の下赤阪の棚田
※画像スライドできます ⇒⇒



 そんな7月の棚田で出会った生き物の植物編です。

 文一総合出版の『ポケット図鑑 田んぼの生き物400』を中心に調べてみました。



田んぼの生き物400 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,050から
(2013/7/22 20:58時点)


掲載ページ数は文一総合出版『ポケット図鑑 田んぼの生き物400』初版第1刷のものです。




被子植物門
双子葉植物綱

アジサイ(紫陽花)

ミズキ目
アジサイ科
アジサイ属

用水路に生えていました。
全体が装飾花ですから園芸用のアジサイでしょう。


ウメ(梅)

バラ目
バラ科
サクラ属

棚田にできない斜面には里山としていろいろな役に立つ木が植えられています。
もちろん食用でしょう。


カキノキ(柿の木)

カキノキ目
カキノキ科
カキノキ属


まだ小さい柿の実。
緑色なので目立ちません。

地面に落ちていた柿の実。
実よりも大きい萼(がく)の形は確かに柿。
甘柿か渋柿かはわかりません。


クヌギ(櫟、椚、橡)

ブナ目
ブナ科
コナラ属


幹を切り取りシイタケを育てる榾木(ほだぎ)や木炭の原料などに使います。
下赤阪の棚田のクヌギは太い幹が人の背丈ほどで途切れ細いひこばえがいっぱい出ています。
これは枝を切り取った後にはえた新しい幹で、10年くらいでまた原料になります。
この変わった姿のクヌギを「台場クヌギ」と呼ぶ地域もあります。

まだイガイガの殻斗(かくと)ばかり目立つクヌギのどんぐり。
里山に多い樹木です。


チャノキ(茶の木)

ツバキ目
ツバキ科
ツバキ属

今でこそペットボトルでかんたんにかえますが、昔のお茶は高級品。
そこで家のまわりに植えて自家用の番茶を作ってたりしました。
今でも農家の垣根や、昔集落があった山間部などではお茶の木をよく見かけます。
下赤阪の棚田のお茶は今は雑草のような感じですが、むかしは自家用の番茶になっていたのでしょう。


カラムシ(苧)

イラクサ目
イラクサ科
カラムシ属

現在は雑草ですが、江戸時代には繊維をとるためにあちこちに植えられていたのかもしれません。


コマツナギ(駒繋)

マメ目
マメ科
コマツナギ属

掲載:P241

実は落葉小低木。
草のように見えているのは毎年刈り込まれているためかもしれません。


シロツメクサ(白詰草)

マメ目
マメ科
シャジクソウ属

掲載:P242

まるで在来種のようによく見かけますが、外来植物です。


ノアザミ(野薊)

キク目
キク科
アザミ属

掲載:P301

アザミは種類が多いので、ちょっと自信がありません。


ヒメジョオン(姫女苑)

キク目
キク科
ムカシヨモギ属

掲載:P302

よく似た植物にハルジオンがありますが、蕾が上を向いていて、葉の付け根が茎を巻いていないのでヒメジョオンとしました。
蕾が下を向いて葉の付け根が茎を巻いていたらハルジオンです。




単子葉植物綱

ヤブカンゾウ(藪萱草)

キジカクシ目
ススキノキ科
ワスレグサ属

ユリ科だとは思いますが、花が枯れていたのでまちがっているかもしれません。




シダ植物門

スギナ(杉菜)

トクサ綱
トクサ目
トクサ科
トクサ属

掲載:P176

山菜で有名なツクシの本体です。
そして根絶が難しい雑草としても有名です。


オシダ科のシダ?

シダ綱
ウラボシ目
オシダ科

オシダ科のシダだと思いますが、シダの区別はまだまだ苦手です。




 ざっと歩いただけでこれだけ見つかりました。

 注意深く歩いていると、もっとたくさんの草花や木が見つかったことでしょう。

 平らな田んぼと畦だけの平地の田んぼとちがい、斜面がいっぱいあるので棚田ビオトープには生き物いっぱいです。



◆タグ 下赤阪の棚田 田んぼ ビオトープ ◆

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部



動物から植物まで
田んぼの生き物大集合!

田んぼの生き物400 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,050から
(2013/7/22 21:03時点)


シダ専門の図鑑

シダハンドブック

新品価格
¥1,260から
(2013/7/22 22:40時点)


炎天下の棚田では
水分補給が必須

ZOJIRUSHI ステンレスマグ 340ml ライム SM-PA34-GR

新品価格
¥2,073から
(2013/7/22 22:49時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 7月の下赤阪の棚田の植物果実/SA-tanadaシダ/SA-tanadaシロツメクサカキノキコマツナギノアザミヒメジョオン下赤阪の棚田2013下赤阪の棚田201307

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

金剛山が育む棚田の生き物 下赤阪の棚田2013年7月その1


 梅雨も開けた7月の下赤阪の棚田。

 日本の棚田百選の棚田です。

 稲もよく育ち、分げつも進んで、もう田んぼの水面が見えなくなっていました。



2013年7月の下赤阪の棚田
※画像スライドできます ⇒⇒



 ということで、梅雨明けの棚田で出会ったいきものたち。

 文一総合出版の『ポケット図鑑 田んぼの生き物400』を中心に調べてみました。

 その動物編です。



田んぼの生き物400 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,050から
(2013/7/22 20:58時点)


掲載ページ数は文一総合出版『ポケット図鑑 田んぼの生き物400』初版第1刷のものです。




節足動物門
昆虫綱
オオシオカラトンボ(大塩辛蜻蛉)
トンボ目
トンボ科
シオカラトンボ属

掲載:P127

棚田でなくてもいろんな所で見かけるトンボです。


アカトンボ(赤蜻蛉)
トンボ目
トンボ科

「アカトンボ」は赤いトンボの総称で、特定の種類を指すものではありません。
主にアカネ属のトンボを指しますが、それ以外でも赤くなれば「アカトンボ」と呼ばれることがあります。
遠くで赤い色以外よくわからなかったので「アカトンボ」としました。




鰓脚綱
カブトエビ(兜蝦)
背甲目
カブトエビ科
カブトエビ属

掲載:P145

無農薬・減農薬田んぼの象徴のカブトエビも外来種という説があります。
カブトエビが多い田んぼはオタマジャクシが少なく、オタマジャクシが多い田んぼではカブトエビはみかけません。
また、カイエビやホウネンエビはみかけませんでした。
このように田んぼの水の中に住む生き物の偏りはいろんな田んぼで目にする不思議です。




脊索動物門
両生綱
ツチガエル(土蛙)
無尾目(カエル目)
アカガエル科
アカガエル属

掲載:P34


ツチガエル? ブルーシートについているのはカブトエビの卵?
ヌマガエルかもしれません。


トノサマガエル(殿様蛙)
無尾目(カエル目)
アカガエル科
アカガエル属

掲載:P27

ピントが手前のコンクリートに合ってしまいました……


ニホンアマガエル(日本雨蛙)
無尾目(カエル目)
アマガエル科
アマガエル属

掲載:P26

「カエル」と聞けばまず想像するカエルの姿かもしれません。


オタマジャクシ(御玉杓子)
無尾目(カエル目)

上の三種類のカエルのどれかだと思うのですが、オタマジャクシを見分ける図鑑がないのでいまはわかりません。




鳥綱
モズ(百舌,百舌鳥)
スズメ目
モズ科
モズ属

言わずと知れたスズメ目の猛禽。
ちゃんと上の嘴(くちばし)の先は鉤型(かぎがた)に曲がっています。
棚田ではネズミや青虫を食べてくれることでしょう。




 かんたんに田んぼの周りを見回るだけでもこれだけの動物と出会いました。

 ほかにも写真を写せなかったホオジロとかいました。

 稲の間やまわりの草むらなどをじっくり見ると、もっとたくさんの動物たちがいることでしょう。



 植物はまた次の機会に。



◆タグ 下赤阪の棚田 田んぼ ビオトープ ◆

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部



動物から植物まで
田んぼの生き物大集合!

田んぼの生き物400 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,050から
(2013/7/22 21:03時点)


オタマジャクシ
専門図鑑

カエル・サンショウウオ・イモリのオタマジャクシハンドブック

新品価格
¥1,470から
(2013/7/22 21:02時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 7月の下赤阪の棚田の動物昆虫/SA-tanada虫/SA-tanada鳥/SA-tanada両生類/SA-tanada無尾目/SA-tanadaトンボ目/SA-tanadaニホンアマガエル下赤阪の棚田2013下赤阪の棚田201307

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS