【 下赤阪の棚田】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·ヤコンオサムシ  ·オサムシ  ·甲虫  ·下赤阪の棚田  ·ミヤマアカネ  ·赤とんぼ  ·下赤阪の棚田  ·秋の下赤阪の棚田  ·秋の昆虫  ·ナツグミ  ·偽果  ·グミ  ·夏の果実  ·5月の下赤阪の棚田の植物  ·下赤阪の棚田  ·ノビル  ·下赤阪の棚田  ·下赤阪の棚田の植物  ·白い花  ·夏の花  ·珠芽  ·山菜  ·野菜  ·オオスズメノカタビラ  ·ネズミムギ  ·ネズミホソムギ  ·果実/SA-tanada  ·乾果/SA-tanada  ·閉果/SA-tanada  ·穎果/SA-tanadaa  ·イネ科/SA-tanada  ·下赤阪の棚田の植物  ·下赤阪の棚田  ·イオウイロハシリグモ  ·下赤阪の棚田  ·下赤阪の棚田の動物  ·虫/SA-tanada  ·クモ/SA-tanada  ·いきもの目次/SA-tanada  ·下赤阪の棚田2015  ·下赤阪の棚田  ·棚田  ·棚田の生き物  ·田んぼの生き物  ·ビオトープ  ·棚田の動物  ·棚田の植物

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

地面の上を走り回るはずのオサムシがなぜかひっくりかえってじたばたしていました。

 黄金色に染まる秋の下赤阪の棚田。
 そこで出会った昆虫。

この記事にはの画像があります。


 ヤコンオサムシ。
 多分。
 オサムシの種類は多く、そして同じ種でも地域差があったりと難しい昆虫です。


 それでも、色が黒いこと、大阪にいること、背中(鞘翅)の鎖模様が3本ということで、ヤコンオサムシとしました。
 オサムシは肉食の甲虫ですが、後翅、つまり甲虫が飛ぶときに使う翅が退化し、飛ぶことができません。
 そのため、同じ地域の同じ種でも川を越えれば姿が変わると言われるほど多様性がある昆虫です。


 このオサムシ、なぜかすぐひっくり返ってジタバタしています。
 真っすぐ走れません。
 病気かな、と思いましたが、よく見るとお腹がパンパン。
 卵をたくさん抱えているのでしょう。


 しかし、オサムシ類の多くは成虫で越冬するようです。
 それから産卵は春から初夏。
 ということは、このお腹が膨れたオサムシは、何なのでしょうか。

 オサムシの習性の一つは夜行性。
 それが昼間の陽の光が当たるところに現れてくる。
 もしかして、寄生虫?
 でも、内部寄生の寄生虫が食べるのは体ですから、食べられる虫より大きくなるのはヘンです。
 ということは、オサムシが食べた栄養の横取り?

 それとも、大食漢のオサムシがたくさん食べすぎておなかがふくれただけなのでしょうか。
 謎です。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤコンオサムシ  オサムシ  甲虫  下赤阪の棚田 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

体だけでなく翅まで赤い赤とんぼ 深山茜

 黄金に染まりつつある9月下旬の下赤阪の棚田。
 イネ以外にも秋を告げる生き物がいました。
 赤とんぼ。

赤とんぼ

 黄金色の田んぼの上を飛んでいますが、それを写すのは難しいのが残念。

黄金色の秋の下赤阪の棚田

 赤とんぼは特定のトンボを指すのではなく、秋になると体の大部分が赤くなるトンボの総称です。
 種類が多く、ただ赤いというだけではどのトンボかわかりません。
 このトンボのわかりやすい特徴は、翅の帯。
 透明な翅の先の方に赤茶色の帯があります。
 前翅と後翅の両方に。
 そして翅の網目模様(翅脈)もなんだか赤いようです。

ミヤマアカネ

 それはミヤマアカネの特徴。
 日本の赤とんぼで、翅に赤茶色の帯がある赤とんぼはミヤマアカネだけ。

深山茜

 漢字では「深山茜」。
 ふつう名前に「深山」がつく動植物は、山に住むのですが、ミヤマアカネは低地の田んぼにも現れます。

 真っ赤なお腹だけでなく、透明な翅の真っ赤な翅脈も美しい赤とんぼです。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ミヤマアカネ  赤とんぼ  下赤阪の棚田  秋の下赤阪の棚田  秋の昆虫 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

ナツグミ(夏茱萸)―下赤阪の棚田の偽果

 真っ赤に熟したナツグミの果実は、見たとおりの味?

 偽果 ぎか 子房や果皮以外が大きくなった果実 タグ:偽果
 〉グミ状果(仮) 萼筒の基部が子房を包み漿果状になった偽果

ナツグミ(夏茱萸)Elaeagnus multiflora

被子植物門 双子葉類 バラ目 グミ科 グミ属
落葉小高木
花期:4~5月
果熟期:5~7月 偽果
自生地:福島~静岡の太平洋側の平地~丘陵地


2017年下旬

真っ赤な実がたくさんなっているのに、いつものコースからちょっと離れているので気付きませんでした。

よく似ている植物にトウグミがあります。
悩みましたが、実が熟しても葉の白点(毛)がたくさん残っていること。
5月末に熟していたことからナツグミとしました。


2017年下旬

果実は食用可。
アキグミやナワシログミとちがって強めの甘味があります。
ただ渋みもありますので、人によっては美味しくないと感じるかもしれません。

ハシブトガラスが食べていました。
鳥は甘みを感じないと言われますので、甘いから食べたのではないでしょう。

甘い実は、甘味を感じる哺乳類向けの進化と言われています。


2017年下旬

汁気が多く液果のようですが、子房を包む萼筒が大きくなったものなので、偽果。
ただ、グミ科のような偽果の名前を見つけることはできなかったので、「グミ状果」と仮名をつけました。

 〉グミ状果(仮)

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ナツグミ  偽果  グミ  夏の果実  5月の下赤阪の棚田の植物  下赤阪の棚田 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

ノビル(野蒜)-下赤阪の棚田の植物

 野草で野菜で山菜の植物です。

植物界 被子植物門 単子葉類

ノビル(野蒜)Allium macrostemon

クサスギカズラ目 ヒガンバナ科 ネギ属
多年草
花期:5~6月 散形花序
草丈:60cm(花茎)
山菜
タグ:ノビル

野草で山菜で野菜の植物。

花を見ているとニラに似ていますが、同じネギ属。

花柄が長く、根元に瘤があります。
この瘤は珠芽(しゅが)。またはムカゴ。
種子ではありませんが、ここから芽を出し成長して増えていきますので、その意味では種子と同じものです。

珠芽から花がつかないネギっぽいものが生えていますが、これは新芽。
地面に落ちる前にもう成長を始めています。

ノビルには珠芽がたくさんできるものとそうでないものがあります。
このノビルはたくさんできる方のようです。

ノビルは花が咲いても種子ができなものが多いようですので、この珠芽と地下の鱗茎(りんけい)で増えることになります。

ノビルはネギやニラのように葉などを食べることができます。
ニラは有毒のスイセンと間違われて食中毒を起こすことがよくあります。

ノビルはニラよりも細く真ん中が厚くなる半月形。
よく見れはわかりますが、知識がないとスイセンと間違うかもしれません。

山菜採集は知識と注意が必要です。

植物界 被子植物門 単子葉類

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ノビル  下赤阪の棚田  下赤阪の棚田の植物  白い花  夏の花  珠芽  山菜  野菜 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の5月の穎果

 穎果(えいか)はイネ科特有の果実。
 イネ科なら穎果、穎果ならイネ科と思って、多分間違いないです。
 と思います。
 身近なものだと、秋の田んぼの稲の穂。
 そこについている一粒一粒が穎果。
 お米と籾殻の1セットで穎果です。

果実 タグ:下赤阪の棚田の果実5月の果実
 単果 たんか 一つの雌蕊を持つ花からできた果実
 〉乾果 かんか 汁気の少ない果実 タグ:乾果
 〉〉閉果 へいか 熟しても割れない乾果 タグ:閉果
 〉〉〉穎果 えいか 痩果よりも皮と種が密着した閉果 タグ:穎果

オオスズメノカタビラ(大雀の帷子)Poa trivialis

イネ目 イネ科 イチゴツナギ属
多年草
ヨーロッパ~西アジア原産

かなり自信がないのですが、4個くらいの小花が集まったちいさな小穂を分岐した穂にいくつもつける特徴があいそうな。

ただ、花期は夏ということで、なんかちがうような気もします。
イチゴツナギかも?

今まであえて避けてきたイネ科に注目し始めたのですが、なかなか難しい。

まだまだ勉強が必要です。

ネズミムギ(鼠麦)Lolium multiflorum

単子葉植物 イネ目 イネ科 ドクムギ属
1~2年草
ヨーロッパ原産

名前と同じようにネズミホソムギと似ています。

種子を包む殻(穎)についた1本の毛(禾)が長いのがネズミムギ。

下の画像では、緑色の小さいのがネズミムギ。

上から垂れている淡茶色が十分熟したネズミホソムギ?

外来種ですが、すでにありふれた雑草になっています。

ネズミホソムギ(鼠細麦)Lolium × hybridum ?

単子葉植物 イネ目 イネ科 ドクムギ属
1~越年草
ホソムギとネズミムギの雑種?

ホソムギとネズミムギの人為的に交配してできた品種と考えられています。

禾がないか短いのがネズミホソムギ。

牧草などに利用され、世界中に広がっています。
その一つが日本。
ですから、外来生物とされています。

 〉〉〉穎果

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

イネ科ハンドブック

新品価格
¥1,728から
(2017/6/28 23:22時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オオスズメノカタビラ  ネズミムギ  ネズミホソムギ  果実/SA-tanada  乾果/SA-tanada  閉果/SA-tanada  穎果/SA-tanadaa  イネ科/SA-tanada  下赤阪の棚田の植物  下赤阪の棚田 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

イオウイロハシリグモ(硫黄色走蜘蛛)―下赤阪の棚田のクモ

 棚田は稲が密集して生えるので、食べようと草食の虫たちが集まってきます。
 そうなると、虫を食べようとクモもやってきます。
 巣を張るクモもいれば、このように走り回って捕らえるクモもいます。

この記事にはの画像があります。


動物界 節足動物門 鋏角亜門
クモ綱 クモ目 タグ:下赤阪の棚田のクモ

イオウイロハシリグモ(硫黄色走蜘蛛)Dolomedes sulfueus

クモ目 キシダグモ科 ハシリグモ属
タグ:イオウイロハシリグモ


2016年10月上旬

クモというと、巣を張るイメージがありますが、巣を張らず、走り回って餌を捕らえるタイプ。

水田から草地や林など広い範囲に住むよくいる普通のクモ。

ただ、色や模様にいくつものタイプがあり、ちがう種とされていたこともあります。

名前の由来は、硫黄のような黄褐色だからですが、もはや名は体を表していません。
よくいるクモなのに、よくわからないクモになっています。

ということで、このクモもちがう種類の可能性があります。


2016年10月上旬

今まで下赤阪の棚田で出会ったイオウイロハシリグモと思われるクモ


2015年11月上旬

2015年10月上旬

2015年6月上旬

2014年9月下旬
動物界 節足動物門 鋏角亜門 クモ綱 クモ目

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: イオウイロハシリグモ  下赤阪の棚田  下赤阪の棚田の動物  虫/SA-tanada  クモ/SA-tanada 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田のいきもの目次 2015年版

 下赤阪の棚田ビオトープの2015年版の目次です。
 これは、たんくさんの下赤阪の棚田の生き物を少しでも見つけやすくするためのものです。

下赤阪の棚田の花の色目次
赤紫青紫
白緑黄橙赤褐色赤紫紫青紫青

花の色について

下赤阪の棚田の果実の目次
乾果
汁気が少ない
液果
汁気が多い
集合果
果実が集まる
偽果
子房・果皮以外が肥大
裂開果
割れる
閉果
割れない
漿果
殻がない種
核果
殻がある種
下赤阪の棚田のロゼットの目次
丸い葉
円形・楕円形
披針形・卵形
長い葉
線形
分裂した葉
円分裂形
羽状分裂形
下赤阪の棚田の隠花植物の目次
シダ植物 コケ植物 藻類 地衣類 変形菌
下赤阪の棚田の2015年の目次と月別の動植物の目次
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
植物植物植物植物植物植物植物植物植物植物植物植物
動物動物動物動物動物動物動物動物動物動物動物動物

2014年の目次 2013年の目次
2016年の下赤阪の棚田

下赤阪の棚田の動物目次
脊椎動物
哺乳類鳥類両生類魚類
節足動物その他の動物
昆虫類甲殻類クモ類貝類

下赤阪の棚田について

 下赤阪の棚田は、大阪の南河内地方の千早赤阪村、金剛山の麓にある、日本の棚田百選にも選ばれた棚田です。
 山と町の中間にあるような場所。
 町の生き物と山の生き物の両方を見ることができます。
 また、標高は100メートルほど。
 地理的条件によって変わりますが、概ね日本の中緯度の平地から山地の麓なら、生き物の種類も出会える時期も大きく変わらないと思います。

10月の下赤阪の棚田ビオトープ

下赤阪の棚田の花の色目次について

 花の色で分類したタグのリンクです。
 ただし、図鑑用に編集はしていませんので、他の色も混ざります。
 また色はその時の光の具合や、カメラ等の機能によっても変わります。
 色検索はある程度の幅を持って選んでください。
 たとえば、紫色の花を探そうと思った場合は、赤紫から青紫まで探してみるように。

 花の色は、基本的に地の色にしています。
 たとえば、白地に紫の斑点がたくさんあるホトトギスは、「白い花」になります。
 また、花弁がなかったり小さかったりして、苞(ほう)や萼(がく)が花弁のようになっているものは、その色としています。
 花弁がないだけでなく、苞や萼も花弁のようになっていないものは、オシベやメシベなど目立つ部分の色としています。
 ただしこれは原則で、花序(花の集まり)全体の目立つ色の場合もあります。
 そのため、同じ花でもちがう色に分類されていることもあります。

 各色のカラーコードは次のサイトを参考にさせていただきました。
 ただし、レイアウト等の関係上、一部変更しているものもあります。
日本の伝統色 和色大辞典 - Traditional colors of Japan

下赤阪の棚田の生き物全体について

 今まで数年の間、棚田で出会った生き物たちを月ごとにグループ分けをしてきました。
 そのタグを元にした索引になっています。
 タグの数は1記事あたり10個となっていますので、多くの場合、掲載した生き物の一部にしかタグがありません。
 したがって、特定のタグで今までのすべての関連する記事が表示されるわけではありません。
 また、図鑑サイトのように種類ごとの編集にはなっていませんので、目的の分類以外のものも含まれます。

さいごに

 書いているのは動植物の専門の研究者ではありません。
 誤りがあるとおもいますので、ヒントや参考等に。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次
■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
全国棚田(千枚田)連絡協議会

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: いきもの目次/SA-tanada  下赤阪の棚田2015  下赤阪の棚田  棚田  棚田の生き物  田んぼの生き物  ビオトープ  棚田の動物  棚田の植物 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる