【 ロゼット】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

花がない冬だっていろんな植物がいます!『野草のロゼットハンドブック』亀田龍吉 著 文一総合出版 刊

 暦の上で春になり、少しずつ暖かくなってきましたが、春の花の季節にはまで少し。
 そんな時の楽しみ方のひとつ。
 ロゼット・ハント。
 ロゼットとは、植物が茎を伸ばさず、地面から葉を四方八方に伸ばした状態のこと。
 寒い冬の間、地面にひっついてできるだけ寒さから葉を守り、それでいて太陽の光を効率よく浴びる事ができます。

ロゼットハンドブックの表紙にもあるキュウリグサのロゼット
キュウリグサ

 すでに成長しているので、暖かくなったとき、種から育ってくる植物より何歩も先を行くことができます。
 平らな姿は草刈りにも強く、注意してみると結構あちこちで、いろいろな姿のロゼットを見かけます。
 ところが花が咲く頃にはまったくちがう姿になっているものも少なくありません。
 さらに、図鑑は花が咲くころの姿しか載ってないことがけっこうあります。
 ですから、出会ったロゼットがどういう名前なのか、わからないものも少なくありません。

野草のロゼットハンドブック

新品価格
¥1,296から
(2017/2/18 20:53時点)

 そんなときにあると助かるのが、この1冊。
 『野草のロゼットハンドブック』。
 書かれたのは亀田龍吉さん。
 出版は文一総合出版。

 巻頭にロゼットの葉の形から探せる索引がついているのが探しやすくなっています。
 説明のページには、花や茎につく葉などもあるのもいいところ。
 そして厳密には「ロゼット」と言いにくい地面に広がるように葉や茎を伸ばす植物も同じように載っていますので、花が咲いていない冬の時期の植物探しにはぴったり。

見るからに防御形態のオニノゲシのロゼット

 雪の積もらない地域の冬。
 花が咲くまでは地面に広がる葉っぱの花、ロゼットを探してみると、意外と身近にいろんな野草があることを発見できると思います。
 ロゼットが気になっていた人はもちろん、ロゼットを知らなかった人もこの本で身近な植物さがし、ロゼットハントをはじめてみるのもおもしろいはず!

■参考外部リンク■
野草のロゼットハンドブック(文一総合出版)

野草のロゼットハンドブック

新品価格
¥1,296から
(2017/2/18 21:02時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ロゼットハンドブックロゼットハンドブック(文一総合出版)文一総合出版キュウリグサオニノゲシ

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

靫草 赤く縮かむ蓮座草 (七十二候第六十四候「乃東生」を過ぎて)


 1年を72に分けて季節を表す七十二候(しちじゅうにこう)。

 12月下旬、冬至の最初の七十二候が「乃東生」。

 よみは「なつかれくさしょうず」。

 乃東(なつかれくさ)が生える時期、という意味です。



 夏枯草(かごそう)の古い呼び名が「乃東」。

 夏枯草は、シソ科のウツボグサ(靫草)の花穂の漢方生薬としての呼び名です。

 ということで、「乃東生」は、ウツボクサが芽吹く頃、という意味になります。



 ところが。

 ウツボグサは多年草。

 多年草でも冬に地上部分が枯れる植物もありますが、ウツボグサはロゼットの状態で冬を越します。

 芽吹いたようには見えないでしょう。



1月中旬の下赤阪の棚田の赤く焼けてるウツボグサのロゼット 1月中旬の下赤阪の棚田の赤く焼けてるウツボグサのロゼット




 「ロゼット」は、植物が茎を伸ばさず、地面の上に貼り付くように四方八方に葉をのばした状態のこと。

 中国語では「蓮座叢(リェヌゾゥツォン))」。

 「蓮座」は「蓮華座(れんげざ)」のことで、仏像が座っている蓮の花を模した台座のこと。

 何重にも葉を重ねる様子を見立てたものでしょう。



 ということで、この七十二候の「乃東」は、ウツボグサではないとする説もあります。

 しかし、今のところ、ウツボグサ以外に「これだ!」というのは見つかっていないようです。



6月中旬の下赤阪の棚田のウツボクサの花
6月中旬の下赤阪の棚田のウツボクサの花




 七十二候は、1年を24に分ける二十四節気(にじゅうしせっき)と同じように中国が発祥。

 中国のものをそのまま使っている二十四節気とちがい、七十二候は日本オリジナルのものが少なくありません。

 「乃東生」も日本オリジナル。

 明治時代の暦(こよみ)の要約に書かれていたものですが、わずか百年ちょっとでなにかわからなくなってしまったというのは、おもしろいですね。



タグ♦ ウツボグサ 七十二候

夏枯草[内容量:250g]玉[原産国:中国]

新品価格
¥800から
(2015/1/27 22:33時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 乃東生ウツボグサロゼット七十二候1月の下赤阪の棚田の植物下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田201501

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

冬至のはかない雪とロゼット


冬至の雪に埋もれそうなロゼット
冬至の雪に埋もれそうなロゼット




 冬至の朝、雪がうっすらと積もっていました。

 しかし、それもほんのわずかの間だけ。

 あっという間にとけてしまいました。



 冬至は一年で最も昼の時間が短い日。
 北半球に限りますが。

 つまり、北半球が太陽から受ける熱が一番少ない日。

 でも、寒くなるのはこれから。

 温まるのと冷えるのに時間がかかるのが地球の特徴です。



タグ♦ 冬至

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 冬至ロゼット

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

『野草のロゼット ハンドブック』を買ったので錦織公園でロゼットハント。略して「ロゼ・ハン」 その3 日当たりが悪そうで乾燥しにくそうな場所


 もたもたしている間に春がやってきたので一時的にお休みしていた錦織公園(にしこおりこうえん)のロゼットハント

 「ロゼット」は、植物が茎を伸ばさず地面に葉を広げている状態です。
 秋に芽生えた植物が冬の寒い期間を乗り切るときによくこの状態になります。

野草のロゼットハンドブック [ 亀田竜吉 ]

価格:1,260円
(2013/12/15 23:31時点)

 暖かくなると同時に茎を伸ばせるので、春に芽生える植物より先に大きく育つことができるのです。

 中にはオオバコのようにロゼットのままの植物もあります。



 大阪の里山を利用した錦織公園には、いろいろな環境、ビオトープがあります。
 特徴的なビオトープに生えるロゼットを調べたロゼットハント。

 その最後、湿気の多いところの様子です。



ページ数は文一総合出版『野草のロゼット ハンドブック』(「RHB」と略)の初版第一刷のものです。
名前・科属以外の説明は『野草のロゼット ハンドブック』以外を参考にしている場合もあります。
植物の素人が判別しているため間違っている可能性があります。




日当たりが悪そうで乾燥しにくそうな場所

 小さな山が連なり池が多い錦織公園。

 山に降った水がしみだし、山に囲まれ光が当たらなさそうなところです。



しゃくなげの谷

 湿気が多く日当たりの悪そうなところは数カ所ありますが、選んだのはしゃくなげの谷の一番底の部分。

 東西と南という光が差してくる3方を山に囲まれ、残りの北には池があるという、湿気を貯めるために出来たような場所です。




ロゼハンしたしゃくなげの谷

大きな地図で見る
しゃくなげの谷のロゼハン場所



 しゃくなげの谷は名前の通谷一面にシャクナゲが植えられています。

 シャクナゲは光が強くないところで成長する陰樹です。

 というわけで、光が差し込まないこの場所が選ばれたのかもしれません。
 また他にもすぼまり風の抜けも悪そうで、一年中湿り気の多いところです。




切れ込みのある葉


オニタビラコ(鬼田平子)
RHB:P81
キク科 オニタビラコ属
一年草

分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄,

生育場所:畑,土手,庭,空き地,道端,




楕円形の葉


オオバコ(大葉子)
RHB:P52
オオバコ科 オオバコ属
多年草

分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄,

生育場所:空き地,グラウンド,道端,

別名:車前草(しゃぜんそう)



 日当たりが悪くても雑草は一面生えていますが、調べてみるとここではたった2種類。

 日当たりのいいところでは、乾燥気味でも湿り気が多くても10種類以上あります。



 参考までに、今まで紹介した日当たりの良い場所のロゼットです。


日当たりがよさそうで乾燥しにくそうな場所
キク科 オニタビラコ属 オニタビラコ(鬼田平子)
アザミ属 ノアザミ(野薊)
ヒレアザミ属 ヒレアザミ(鰭薊)
ヨモギ属 ヨモギ(蓬)
コウゾリナ属 コウゾリナ(剃刀菜・顔剃菜)
チチコグサモドキ属 ウラジロチチコグサ(裏白父子草)
タンポポ属 セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)
ノボロギク属 ノボロギク(野襤褸菊)
イズハハコ属 ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)
ムカシヨモギ属 ハルジオン(春紫苑)
ハハコグサ属 ハハコグサ(母子草)
オオバコ科 オオバコ属 オオバコ(大葉子)
タデ科 ギシギシ属 スイバ(蓚,酸い葉)



日当たりがよさそうで乾燥しやすそうな場所
キク科 オニタビラコ属 オニタビラコ(鬼田平子)
タンポポ属 セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)
ブタナ属 ブタナ(豚菜)
アキノキリンソウ属 セイタカアワダチソウ(背高泡立草)
ハハコグサ属 チチコグサ(父子草)
チチコグサモドキ属 ウラジロチチコグサ(裏白父子草)
ムカシヨモギ属 ハルジオン(春紫苑)
イズハハコ属 オオアレチノギク(大荒地野菊)
ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)
コウゾリナ属 コウゾリナ(剃刀菜・顔剃菜)
ムラサキ科 キュウリグサ属 キュウリグサ(胡瓜草)
オオバコ科 オオバコ属 オオバコ(大葉子)
タデ科 ギシギシ属 スイバ(蓚,酸い葉)
イネ科 エノコログサ属 アキノエノコログサ(秋の狗尾草)



 どうやら踏まれても踏まれてもへこたれない雑草にとっては、水分よりも日当たりのほうが大切なようです。



◆ ロゼット 錦織公園のロゼット 錦織公園 ◆

■外部リンク■
文一総合出版
大阪府営 錦織公園


野草のロゼットハンドブック [ 亀田竜吉 ]

価格:1,260円
(2013/12/15 23:31時点)

身近な雑草の芽生えハンドブック [ 浅井元朗 ]

価格:1,470円
(2013/12/15 23:33時点)

ひと目でわかる!おいしい「山菜・野草」の見分け方・食べ方 [ 金田洋一郎 ]

価格:1,575円
(2013/12/15 23:35時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ロゼットロゼットハンドブック錦織公園のロゼット錦織公園オニタビラコオオバコ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

『野草のロゼット ハンドブック』を買ったので錦織公園でロゼットハント。略して「ロゼ・ハン」 その2 日当たりがよさそうで乾燥しやすそうな場所


 文一総合出版の『雑草のロゼット ハンドブック』を買ったので、錦織(にしこおり)公園へ「蓮座叢狩=ロゼットハント」へ行った続きです。


野草のロゼットハンドブック

新品価格
¥1,260から
(2013/3/17 00:22時点)


 「ロゼット」は植物が茎を伸ばさずはだけを四方八方に伸ばした状態のことです。
 生涯その状態の植物もいますが、春に一気に成長するために冬の間地面に張り付くようにして寒さを凌ぎつつ、効率よく太陽の光をうけるためにそういう状態になるものも少なくありません。


 錦織公園は、人工的に切り開かれて遊具が置かれた場所から、里山の植生が残されている場所までいろいろある大阪府営の公園です。



ページ数は文一総合出版『野草のロゼット ハンドブック』(「RHB」と略)の初版第一刷のものです。
名前・科属以外の説明は『野草のロゼット ハンドブック』以外を参考にしている場合もあります。
植物の素人が判別しているため間違っている可能性があります。




日当たりがよさそうで乾燥しやすそうな場所


 丘の頂上で周囲から光はよく当たるものの雨水は下へしみていきすぐ乾燥しそうなところを集めてみました。



展望台東峰


 公園のほぼ中央、展望台への分かれ道で、公園内で高い場所の一つ。

 北向きに開けたところですが、日当たりもいい。
 頂上になるので雨が降らないと乾燥しそう。

 公園の地図などにも名前が書かれていないので展望台の東側にあるので勝手に名付けました。



ロゼハンした展望台東峰

大きな地図で見る
展望台東峰のロゼハン場所


 公園のほぼ中央で高いところにありながら、綺麗に草が刈られた斜面ということで雑草も育ちやすいようです。

 環境省指定要注意外来生物も多数見つかりました。




切れ込みのある葉


オニタビラコ(鬼田平子)
RHB:P81
キク科 オニタビラコ属
一年草

分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄,

生育場所:畑,土手,庭,空き地,道端,

セイヨウタンポポ
(西洋蒲公英)

RHB:P80
キク科 タンポポ属
多年草

帰化植物 ヨーロッパ原産

生育場所:空き地,芝地,グラウンド,道端,

環境省指定要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100

ブタナ(豚菜)
RHB:P70
キク科 ブタナ属
多年草

帰化植物 ヨーロッパ原産

生育場所:空き地,芝地,グラウンド,道端,




楕円形の葉


オオバコ(大葉子)
RHB:P52
オオバコ科 オオバコ属
多年草

分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄,

生育場所:空き地,グラウンド,道端,

別名:車前草(しゃぜんそう)




披針形の葉


セイタカアワダチソウ
(背高泡立草)

RHB:P77
キク科 アキノキリンソウ属
多年草

帰化植物 北アメリカ原産

生育場所:空き地,土手,荒地,

環境省指定要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100




線形の葉


チチコグサ(父子草)
RHB:P68
キク科 ハハコグサ属
多年草

分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄,

生育場所:田畑,山地,河原・渓流,草原,道端,




ハート型・へら形の葉


ウラジロチチコグサ
(裏白父子草)

RHB:P65
キク科 チチコグサモドキ属
多年草

帰化種 南アメリカ原産

生育場所:芝地,空き地,造成地,グラウンド,道端,

ハルジオン(春紫苑)
RHB:P63
キク科 ムカシヨモギ属
多年草

帰化植物 北アメリカ原産

生育場所:田,畑,荒地,空き地,

別名:春女苑(はるじょおん)春紫苑(はるじおん)

環境省指定要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100



梅の里峰


 梅の里の西側の小さな峰の頂上広場。
 まわりをエノキや柿に覆われ日当たりもいい場所。

 こちらも名前がついていないようなので、とりあえずつけてみました。



ロゼハンした梅の里峰

大きな地図で見る
梅の里峰のロゼハン場所


 展望台東峰とちがい、周りにエノキや柿などの樹木に覆われているものの、平らな頂上には風通しがいいのか、ロゼッタの種類もちょっと少なめでした。

 その分、環境省指定要注意外来生物も少なめでした。




切れ込みのある葉


オオアレチノギク
(大荒地野菊)

RHB:P60
キク科 イズハハコ属
一年生

帰化植物 南アメリカ原産

分布:本州,四国,九州,

環境省指定要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100

オニタビラコ(鬼田平子)
RHB:P81
キク科 オニタビラコ属
一年草

分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄,

生育場所:畑,土手,庭,空き地,道端,

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)
RHB:P61
キク科 イズハハコ属
2年草

帰化種 北アメリカ原産

生育場所:空き地,畑,草原,道端,




披針形の葉


コウゾリナ(剃刀菜・顔剃菜)
RHB:P74
キク科 コウゾリナ属
2年草

分布:北海道,本州,四国,九州,

生育場所:林縁,荒地,土手,草地,




線形の葉


チチコグサ(父子草)
RHB:P68
キク科 ハハコグサ属
多年草

分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄,

生育場所:田畑,山地,河原・渓流,草原,道端,




円形・卵形の葉


キュウリグサ(胡瓜草)
RHB:P50
ムラサキ科 キュウリグサ属
2年生

分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄,

生育場所:田畑,道端,



パークセンター


 錦織公園の南端のメインゲートにあります。
 南向きて広場があり日当たりの良さそう。
 頂上ではなく平らに整地されているので上の二箇所よりは乾燥しにくいかもしれません。


ロゼハンしたパークセンター

大きな地図で見る
パークセンターのロゼハン場所


 国道や住宅街に近いので、公園外からの種もやってきそうな感じがします。

 しかしロゼッタの種類は少なく、意外でした。




切れ込みのある葉


オオアレチノギク
(大荒地野菊)

RHB:P60
キク科 イズハハコ属
2年草

帰化植物 南アメリカ原産

分布:本州,四国,九州,

環境省指定要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100

セイヨウタンポポ
(西洋蒲公英)

RHB:P80
キク科 タンポポ属
多年草

帰化植物 ヨーロッパ原産

生育場所:空き地,芝地,グラウンド,道端,

環境省指定要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
花の下の萼が反り返っているのでセイヨウタンポポとしました。
日本の在来種(大阪なのでカンサイタンポポ)は反り返っていません。
ということになっていますが、遺伝子を調べてみると、必ずしも萼の反り返りだけでは区別できないようです。
でも、一般人が道端で見かけたタンポポの遺伝子調べられませんもんね。




楕円形の葉


オオバコ(大葉子)
RHB:P52
オオバコ科 オオバコ属
多年草

分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄,

生育場所:空き地,グラウンド,道端,

別名:車前草(しゃぜんそう)

スイバ(蓚,酸い葉)
RHB:P41
タデ科 ギシギシ属
多年草

分布:北海道,本州,四国,九州,

生育場所:野原,土手,田,道端,

別名:ギシギシ,スカンポ,スカンボ,ソレル,




線形の葉


アキノエノコログサ
(秋の狗尾草)

RHB:P15

イネ科 エノコログサ属
1年草

分布:北海道,本州,四国,九州,

生育場所:田畑,道端,空き地,




ハート型・へら形の葉


ウラジロチチコグサ
(裏白父子草)

RHB:P65
キク科 チチコグサモドキ属
多年草

帰化種 南アメリカ原産

生育場所:芝地,空き地,造成地,グラウンド,道端,



 「ロゼット」は英語では「rosette」。
 元々はバラの花のことだったそうです。

 転じてバラの花のように薄片がいくつも円形に重なったもののことを指すようになりました。



 漢字では「蓮座叢(れんざそう)」。
 「蓮座」は「蓮華座(れんげざ)」のことで、仏像の下にある花のような台のことです。
 「蓮華」は仏教で大切にされるハスの花のことです。

 バラの花とハスの花。

 おもしろいですね。



 ということで、つぎは日当たりが悪く湿気が多そうな場所編です。



◆ ロゼット 錦織公園のロゼット 錦織公園 ◆

■外部リンク■
文一総合出版
大阪府営 錦織公園
要注意外来生物リスト[外来生物法]環境省へようこそ!
外来種ハンドブック地人書館


野草のロゼットハンドブック

新品価格
¥1,260から
(2013/3/17 00:23時点)

野外観察ハンドブック 校庭の雑草

新品価格
¥2,520から
(2013/3/17 00:25時点)

日本の野草・雑草―低山や野原に咲く471種 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,365から
(2013/3/17 00:26時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ロゼットロゼットハンドブック錦織公園のロゼットブタナセイタカアワダチソウチチコグサオオアレチノギクヒメムカシヨモギキュウリグサアキノエノコログサ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

『野草のロゼット ハンドブック』を買ったので錦織公園でロゼットハント。略して「ロゼ・ハン」 その1 日当たりがよさそうで乾燥しにくそうな場所


 文一総合出版の新刊、『雑草のロゼット ハンドブック』を買ったので、さっそく錦織(にしこおり)公園へ「蓮座叢狩=ロゼットハント」へ行きました。

野草のロゼットハンドブック [ 亀田竜吉 ]

価格:1,260円
(2013/2/7 00:08時点)

 錦織公園は大阪府営の公園で南河内(みなみがわち)地域の里山を整備して残したもののようで、人工的に切り開かれて遊具が置かれた場所から自然のままの植生が残されている場所まで色いろある公園です。



 ロゼットは、草がに茎を伸ばさず地面に葉を平たく広げた状態のことです。
 特に冬場にはよく目にします。

 人工に整地されたところから山の小道までいろいろなところでロゼットは目にします。

 そこで日当たりと水気で分類して、どういう植物のロゼットが生えているか比べてみました。



ページ数は文一総合出版『野草のロゼット ハンドブック』(「RHB」と略)の初版第一刷のものです。
名前・科属以外の説明は『野草のロゼット ハンドブック』以外を参考にしている場合もあります。
植物学の素人が判別しているため間違っている可能性があります。




日当たりがよさそうで乾燥しにくそうな場所


南側に開けて日当たりが良く、北側には丘があって雨水が蓄えられそうなところをまとめてみました。



桜木の里東


 よく手入れされた南に開けているところ。
 春にはスミレがいっぱい咲きます。
 日当たりはいいですが後ろに大きな丘があるので程よい湿り気がありそうな場所です。

 日当たりのよさそうな桜の根元でロゼットハントしました。



ロゼハンした桜木の里の桜

大きな地図で見る
桜木の里のロゼハン場所


 丈の高い草がきれいに刈られ、水分が得やすく日当たりがいい場所ということを考えると、外来種も少なく全体の種類もそれほど多くないように感じます。
 よく手入されているのはもちろんですが、公園の中心部に近いので外から帰化植物などの種が飛んできにくいのかもしれません。




切れ込みのある葉


オニタビラコ(鬼田平子)
RHB:P81
キク科 オニタビラコ属
一年草

分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄,

生育場所:畑,土手,庭,空き地,道端,

ノアザミ(野薊)
RHB:P58
キク科 アザミ属
多年草

分布:本州,四国,九州,

生育場所:畑,田,草地,

ヒレアザミ(鰭薊)
RHB:P57
キク科 ヒレアザミ属
一年草

史前帰化植物? ヨーロッパから東アジア原産

分布:本州,四国,九州

生育場所:道端,野原,土手,

ヨモギ(蓬)
RHB:P56
キク科 ヨモギ属
多年草

分布:本州,四国,九州,小笠原諸島,

生育場所:草地,林縁,畑,空き地,道端,




楕円形の葉


オオバコ(大葉子)
RHB:P52
オオバコ科 オオバコ属
多年草

分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄,

生育場所:空き地,グラウンド,道端,

別名:車前草(しゃぜんそう)




披針形の葉


コウゾリナ(剃刀菜・顔剃菜)
RHB:P74
キク科 コウゾリナ属
一年草

分布:北海道,本州,四国,九州,

生育場所:林縁,荒地,土手,草地,




ハート型・へら形の葉


ウラジロチチコグサ
(裏白父子草)

RHB:P65
キク科 チチコグサモドキ属
多年草

帰化種 南アメリカ原産

生育場所:芝地,空き地,造成地,グラウンド,道端,



河内の里水田



 夏は水がはられますが,冬は何も植えられません。
 田んぼのミニチュアのような場所です。

 田んぼを囲む(あぜ)でロゼットハントしました。



カカシもいる河内の里の田んぼ


大きな地図で見る
河内の里のロゼハン場所


 日当たりがよく水も肥料も豊富ということだからでしょうか、よく手入れされているもののロゼットの種類はかなり多いようです。
 また公園の入り口にあり住宅街にも近いからでしょうか、外来種、特に侵略的外来種が目立ちました。




切れ込みのある葉


オニタビラコ(鬼田平子)
RHB:P81
キク科 オニタビラコ属
一年草

分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄,

生育場所:畑,土手,庭,空き地,道端,

セイヨウタンポポ
(西洋蒲公英)

RHB:P80
キク科 タンポポ属
多年草

帰化植物 ヨーロッパ原産

生育場所:空き地,芝地,グラウンド,道端,

環境省指定要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100

ノボロギク(野襤褸菊)
RHB:P76
キク科 ノボロギク属
一年草

帰化植物 ヨーロッパ原産

生育場所:田,畑,空き地,道端,

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)
RHB:P61
キク科 イズハハコ属
多年草

帰化種 北アメリカ原産

生育場所:空き地,畑,草原,道端,




楕円形の葉


オオバコ(大葉子)
RHB:P52
オオバコ科 オオバコ属
多年草

分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄,

生育場所:空き地,グラウンド,道端,

別名:車前草

スイバ(蓚,酸い葉)
RHB:P41
タデ科 ギシギシ属
多年草

分布:北海道,本州,四国,九州,

生育場所:野原,土手,田,道端,

別名:ギシギシ,スカンポ,スカンボ,ソレル,




ハート型・へら形の葉


ウラジロチチコグサ
(裏白父子草)

RHB:P65
キク科 チチコグサモドキ属
多年草

帰化種 南アメリカ原産

生育場所:芝地,空き地,造成地,グラウンド,道端,

ハハコグサ(母子草)
RHB:P67
キク科 ハハコグサ属
一年草

史前帰化植物? 東アジアから南アジア原産

分布:北海道,本州,四国,九州,沖縄,

生育場所:畑,田,空き地,庭,道端,

別名:御形(ごぎょう)春の七草

ハルジオン(春紫苑)
RHB:P63
キク科 ムカシヨモギ属
多年草

帰化植物 北アメリカ原産

生育場所:田,畑,荒地,空き地,

別名:春女苑(はるじょおん)

環境省指定要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100



 以前からロゼットを調べてみたいと思っていたところ出版された文一総合出版の『野草のロゼット ハンドブック』。

 さっそく使ってみましたが、すごいの一言。

 さすがにすべてのロゼットを簡単に見つけることができたわけではありませんが、それでもいろいろな画像と見比べていればなんとか見つけることができます。

 雑草好きには大切な一冊です。



 ということで、「その2」へ続きます。



タグ♦ 錦織公園のロゼット ロゼット 錦織公園 雑草

■外部リンク■
文一総合出版
大阪府営 錦織公園
要注意外来生物リスト[外来生物法]環境省へようこそ!
外来種ハンドブック地人書館


野草のロゼットハンドブック [ 亀田竜吉 ]

価格:1,260円
(2013/2/7 00:08時点)

身近な雑草の芽生えハンドブック [ 浅井元朗 ]

価格:1,470円
(2013/2/7 00:17時点)

日本の野草300(冬・春) [ 鈴木庸夫 ]

価格:1,050円
(2013/2/7 00:41時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ロゼットロゼットハンドブック錦織公園のロゼット錦織公園オニタビラコノアザミオオバココウゾリナウラジロチチコグサノボロギク

関連記事

theme : 花と生活
genre : 趣味・実用

小寒。冬至より一陽起るが故に陰気に逆う故、益々冷ゆる也



寒の入り


 読みは「しょうかん」。毎年1月6日ころです。

 このころは「(かん)()り」と呼ばれて寒中見舞いを出す時期。

 年賀状がまだ配達されてくるのにおかしいと思うかもしれませんが、本来のお正月が来るのは大寒(だいかん)から春分(しゅんぶん)を挟んで雨水(うすい)までのまでの1か月ほどの間です。今の暦で言うと1月22日ごろから2月19日ごろまで。
 冬至の後に新年が来る今のグレゴリオ暦とちがい立春基準の旧暦との差でしょう


まだまだ寒さが小さい?


 「小寒」は寒さがまだ大きくなっていないという意味から付けられたそうですが、実際は一年で一番寒さが厳しくなるのは小寒のころと言われています。

 厳しい寒さの中生きている昆虫を目にする機会はめっきり減ってしまいました。
 落葉樹もすっかり葉を落としてまるで枯れているようです。

新芽を準備して春を待つヤドリギのポプラ
新芽を準備して春を待つヤドリギのポプラ



 しかし落葉樹もよく見ると枝の先では新年を目指して新芽が丸い塊となって芽吹く日を待ち遠しく思っているようです。


春を準備して待っています


 そして地面をよくみるとタンポポなどが茎をまったく伸ばさず葉を地面に張り付け「たロゼット」という状態で春を待っています。

 よく見ると、もう春への準備が着々と進んでいます。

ロゼット状態で春を待つ植物(カンサイタンポポ?)
ロゼット状態で春を待つ植物(カンサイタンポポ?)




二十四節気のほかの記事は タグ二十四節気


●二十四節気の日付がわかります
二十四節気および雑節 平成22年 (2010)




キッズgoo




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 小寒二十四節気ポプラヤドリギロゼットカンサイタンポポ

関連記事

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS