【 ヤマカガシ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

落ち着いて! 猛毒だからって危険じゃないよ! ヤマカガシ

 兵庫県で中学生がヤマカガシにかまれるという事故がありました。
 報道などを見ていると、日本在来のヘビの中で最も強い毒を持つ「毒ベビ」という部分ばかり強調されます。

この記事にはヘビの画像があります。


 動物の毒の強さを表す指標に「LD50」というのがあります。
 その数字が小さいほうが毒が強くなります。
 ヤマカガシは0.27mg/kg。
 マムシは1.5㎎/kg。
 沖縄の毒蛇のハブは3.42㎎/kg。
 この数字で言えば、ヤマカガシの毒はマムシの5倍以上、ハブの12倍以上。
 確かに日本在来の有名毒蛇を遥かに凌駕する毒の強さ。

砂浜のヤマカガシ

 でも、そんな猛毒のヤマカガシがどうして知名度が低かったのでしょうか。
 それどころか、何十年か前までは無毒とされていました。
 ものすごく不思議です。

 まず、毒の強さと毒の作用の強さは必ずしも一致しないのです。
 強い毒でも、量が少なければ影響も弱いですし、弱い毒でも量が多ければ影響が強くなります。
 毒の強さは一つの目安で、実際は強さと量の掛け算になります。
 毒蛇の場合は少量でも安心できませんが、そもそもかまれて毒が注入されなければどんな強い毒でも影響はありません。
 つまり、ヤマカガシは滅多なことでは毒を注入しない、またはできないので、猛毒でも毒蛇と思われていなかったのでしょう。

ヒキガエルを飲み込むヤマカガシ

ヒキガエルの毒を首の毒に再利用

 ヤマカガシは山いけばよく出会うヘビですが、そっとしておけばすぐ逃げていくでしょうし、決して危険なヘビではありません。
 ヤマカガシを捕まえなければならない事情があるのなら別ですが、普通はそんな事情はないでしょう。
 ただ、動物は危険と感じた場合身を守る行動を取ります。
 ヘビの場合、かみつくことも身を守る行動の一つ。
 ですから、いたずらにヘビを刺激してはいけません。
 また、ヘビは人間の気持ちなどわかりませんので、悪意や敵意がないことは伝わりません。
 必要以上に近寄らないことがいいでしょう。

金剛山の登山道で殺されていたヤマカガシ 必要のない殺生です

しかも大阪では準絶滅危惧(NT)です

 また、ヤマカガシは首のあたりにも毒腺があり、捕まえたときなどそこから毒を飛ばすことがあります。
 こちらも目に入ると失明することもある強い毒です。
 牙の毒は攻撃にためというよりも、捉えた獲物をおとなしくさせることが一番の目的と考えられますが、首の毒は完全に防御用。
 つまり、攻撃しなければ、毒を使うこともないはず。
 ヤマカガシに出会っても、なにもしないことがなにより。
 もちろん、噛まれた場合や毒液をかけられ体調が悪くなった場合は、いち早く医療機関へ行くことをおすすめします。

■参考外部リンク■
兵庫:公園で毒ヘビにかまれ小5男児重体 ヤマカガシか  - 毎日新聞

日本の爬虫両生類157 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,080から
(2017/8/1 23:09時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマカガシ  ヘビ  毒蛇  絶滅危惧種  大阪NT 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

山で出会ったヤマカガシとヒキガエル

 金剛山の下山途中。
 林道を歩いていると、突然足下で動きが。
 びっくりしましたが、どうやらヘビのようです。

この記事にはヘビカエルの画像があります。


 体は黒くて太い筋も間がちょっと赤い。
 ということは、ヤマカガシ?
 でも、なんかヘンです。
 頭が異様に大きいような。
 まさかヤマカガシ型のUMA?


 落ち着いてよくみてみると、どうやら食事中のようです。
 くわえているのは、カエル。


 ヒキガエルでしょうか。
 足の方から飲み込んでいます。


 見たとおり、ヤマカガシの頭はヒキガエルよりもずっと小さく、飲み込めるようには思えません。
 無理に飲み込もうとして、ヘビが窒息してしまいそうです。
 しかし。
 ヘビは結構思い切った進化をした動物で、細い体になったものの、自分より大きい生き物を食べることができます。
 さらに歯が内側を向いていて、噛みつかれると逃げられないようにもなってます。


 自分よりも大きな生き物を食べることができる。それも丸呑みで。
 ヘビは結構すごい肉食動物かも!

日本の爬虫両生類157 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,080から
(2017/6/21 22:17時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマカガシ  ヒキガエル  金剛山の動物  金剛山  ヘビ  カエル 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

山でヘビに出会いました。一度に2種類も


 東海自然歩道。
 大阪の箕面(みのお)と東京の八王子(はちおうじ)を結ぶ長距離自然歩道です。
 その奈良県部分は、春日山(かすがやま)原始林を通ります。



この記事にはヘビの画像があります。




 並行している春日奥山遊歩道は春日山の山腹に、車が走れるように広く平らにならされた林道。

 東海自然歩道は川沿いにぐにゃぐにゃでこぼこの歩道が続いています。
 この部分の東海自然歩道は、剣豪柳生(やぎゅう)十兵衛(じゅうべえ)で有名な柳生の里まで続く柳生街道。

 遊歩道とはまた違った趣です。



柳生街道の東海自然歩道
柳生街道の東海自然歩道




 道の端を流れる水の近くを動くものが。

 ヘビです。

 陰になっていて見えにくいですが、なんだか黄色か黄緑色のようです。

 どんなヘビだろうと家に帰って調べてみると、ピタリと合うヘビは見つかりません。

 いろいろとヘビの画像を見ていると、どうやらヤマカガシ(山楝蛇)のようです。



ヤマカガシ(山楝蛇)

ナミヘビ科 ヤマカガシ属
好む環境:低地から山地,水辺,
日本での分布:本州,四国,九州,※日本固有種

多分水辺が好きなヤマカガシ
多分水辺が好きなヤマカガシ
猛毒動物 最強5025位
毒の投与形態噴出,噛みつき,
※毒牙は口の奥にあり、毒が注入されることは稀。
 首から噴出される毒は50cmも飛ぶことがあり、目に入ったり粘膜に触れると危険。



 ヤマカガシというと、黒地に黄色と赤が散った日本のヘビとしては派手な色です。

 ただ色の変異が多く、必ずしもこの取り合わせではないようです。

 よく見ると、ヤマカガシ標準型から赤を取って黒を薄くすると……
 という感じです。

 腹が黄色いタイプは近畿地方でよく見かけるタイプだそうです。



多分ヤマカガシの頭
多分ヤマカガシの頭




 しばらく歩いていくと谷から水が染み出してくる所に別のヘビが。

 こちらを意識しつつも逃げる素振りは見せずマイペースで進んでいます。

 それほど大きくなく、また長くもありません。

 背中には黒っぽい小判型の模様。

 そう、マムシです。

 ただ日本での学問的な名前は「ニホンマムシ(日本蝮)」。
 図鑑などの索引で調べるときは「マ行」ではなく「ナ行」になります。



ニホンマムシ(日本蝮)

クサリヘビ科 マムシ属
好む環境:低地から山地の水辺や湿気の多い所,
日本での分布:北海道,本州,四国,九州,※日本固有種

コケの上のニホンマムシ
コケの上のニホンマムシ
猛毒動物 最強5035位
毒の投与形態噛みつき,



 マムシというと北海道から九州までは恐ろしい毒蛇として有名です。

 と言っても自分から人間を襲いに来ることはなく、不意に間近で出会って驚かさなければ、()みつかれることはそうあることではないようです。
 ということで、しばらく写真を撮った後は、そのままどこかへ行きました。



結構こわいニホンマムシの頭
結構こわいニホンマムシの頭




 こんな短い間に2種類の蛇と出会うとは、流石へび年です。

 どちらも毒蛇ですが、日本には人間を食べるヘビはいません。

 つまり、ヘビが人間に噛みつくのは自分を守るため。
 無理やりつかまえようとしなければ、向こうから噛み付きにやってくることはめったに無いそうです。

 ですから、道端でヘビを見かけても近づかず、怖がらずにそっとその場を離れるのが一番のようです。



「猛毒動物 最強50」の順位は今泉忠明著『猛毒動物 最強50』を元にしました。
これは外部に毒を出す動物を対象としたもので、フグのように食べてから効果を表すもの、植物や菌類等は含まれません。
順位は単純に毒の強さを比べたものです。注入される毒の量や注入の方法などによっても症状は変わってきますので、この順位がそのまま危険度を表すわけではありません。




◆タグ ヤマカガシ ヘビ 春日山原始林 ◆

■参考外部リンク■
奈良県の長距離自然歩道/奈良県公式ホームページ
東海自然歩道連絡協会公式サイト


(爬虫類)邑楽店直送 ボールパイソン FH個体(1匹) 別途送料 北海道・北東北・中国・四国・九州・沖縄・離島不可

価格:6,340円
(2013/5/31 13:35時点)

爬虫類・両生類の飼育環境のつくり方 [ 川添宣広 ]

価格:2,625円
(2013/5/31 13:38時点)

日本の爬虫両生類157 [ 大谷勉 ]

価格:1,050円
(2013/5/31 13:40時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマカガシ  ニホンマムシ  ヘビ  春日山原始林  東海自然歩道  毒蛇  春日山原始林の生き物 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

警告しているので素直に受け取ろう

今回はヘビの記事です。
ヘビの画像もあります。
ヘビが苦手な方は【記事の下へ】をクリックしてください。
記事の下にジャンプします。
【記事の下へ】



5月の海のことでした


 まだ愛媛にいたころ、5月。

 松山市のすぐ近く、瀬戸内海に浮かぶ中島に行きました。

 きれいで小さな砂浜があったので生き物を探していると、波打ち際に細長いものがありました。

 黒っぽい色の中になんとなく派手な赤い色が。見るからに危なそうな感じがします。

 ヘビ? それもウミヘビ?

波打ち際の細長いもの
波打ち際の細長いもの



●中島については 【フィールド〈メモ〉てくてく: 瀬戸内海忽那諸島の中島へ】


魚類か爬虫類か


 ウミヘビは魚類のウミヘビと爬虫類のウミヘビに分かれますが、爬虫類のウミヘビは猛毒を持っています。

 波打ち際ですから、爬虫類のウミヘビ?! ということはドクウミヘビ……

 見るからに毒々しい色です。

 爬虫類のウミヘビはその名の通りヘビなのですが、海で泳ぐのに適しているのでしっぽが少し平べったくなっています。ウツボのようです。

 しかし目の前にいるのは普通の蛇っぽいです。
 ウミヘビでなければ猛毒は持っていないのでしょうか。


警告・警戒


 と言っても気になるのはいかにも危険そうな赤い色。
 まるで警告色のようです。

 「警告色」は「警戒色」とも言って毒を持っている生き物などが自分が危険であることを表すために、体に派手な色をまとっていることです。
 たとえば、ハチなどはそうです。黄色と黒の派手な色で、毒をもっていることをまわりにアピールしています。


意味がない?


 眼に前にいるヘビは真っ赤ではありませんが、なんか全体のデザインにそぐわない赤が気になります。

危険そうな赤い色を持つヘビ
危険そうな赤い色を持つヘビ



 とはいえ、そのまま遠巻きに見ているようではこのブログをやっている意味がありません。

 恐る恐る近づいて行きました。
 すると……


ホッと


 逃げました。
 ホッとしました。
 どうやら気が弱いヘビのようです。

 とはいえ、海岸を探索中に後ろからカプリとやられてしまってもいやです。
 というわけで追い払ってしまおうと思いました。

 どんどんプレッシャーをかけながら近づいていきます。

 しかしネズミですら追いつめられると猫を噛むといいます。ましてや噛みつくのが商売のようなヘビです。
 追い詰めないようにじわじわとプレッシャーをかけます。


小さな実験


 そこで、海のほうへ追ってみました。

 すると、何のためらいもなく水面を泳いでいきます。
 顔は水の上に出したまま、一向にもぐりません。
 どうやらウミヘビではなく、海にいたヘビのようです。

水面を泳いでいくヘビ
水面を泳いでいくヘビ



 そしてヘビはそのまま波間に消えていきました。
 どこか遠く離れたところで陸に戻ったのでしょう。


調べてみると


 部屋に戻ってから画像をもとに調べてみました。

 ヘビはどうやらヤマカガシのようです。
 一応毒ベビです。

 ただし人間にかみついて毒を注入することは少なく、一般的には無毒のヘビと思われているようです。
 このベビにかまれて死亡するような事故は極めて少ないとか。

 でも毒蛇であることに変わりありません。しかも人間を殺すほどの力を持った。

 死者は少ないものの、毒を持っている。
 控え目な警告色どおりの毒蛇のようです。

 やはり警告色を文字通りに受け取ってよかったようです。

キッズgoo



爬虫類のほかに記事は カテゴリ[爬虫類]




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマカガシ  ウミヘビ  毒蛇  中島  警告色  警戒色  ヘビ 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる