【 モンシロチョウ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

棚田のいきもの 2016年4月中旬のチョウ目

 晩春の下赤阪の棚田ビオトープ。
 昆虫もどんどん増えてきました。
 とはいえ、昆虫から切り離したからといってチョウがものすごく多いわけではありません。

この記事にはの画像があります。



動物界 節足動物門 六脚亜門 昆虫綱 タグ:棚田の昆虫
新生類 雄の交尾器がより進化した昆虫
完全変態亜節 蛹になる新生類昆虫
チョウ目 タグ:下赤阪の棚田のチョウ目

モンシロチョウ(紋白蝶)Pieris rapae

チョウ目 シロチョウ科 モンシロチョウ属

スジグロシロチョウとも思いますが、筋があまり黒くないようなので、とりあえずモンシロチョウ。

ベニシジミ(紅小灰蝶)春型
Lycaena phlaeas

チョウ目
シジミチョウ科
ベニシジミ属
タグ:ベニシジミ

幼虫はスイバやギシギシを食べるので、人の生活範囲ではわりと見かけるシジミチョウ。

小さなチョウです。

ウリキンウワバ(瓜金上翅蛾)Anadevidia peponis

チョウ目 ヤガ科 Anadevidia属

幼虫はウリ科やシソ科などどこにでもあるような葉を食べます。

これは若齢幼虫のようです。

成長するともっと角だらけになります。

クワゴマダラヒトリ
(桑胡麻斑灯蛾)
Lemyra imparilis

チョウ目
ヒトリガ科
Lemyra属

幼虫が食べるのはブナ科広葉樹等と書かれていますが実は広食性。

色んなところで目にします。

チョウ目
完全変態亜節
新生類 
動物界 脊索動物門 脊椎動物亜門 昆虫綱

 意外とイモムシや毛虫が少なかったような気がしますが、実はイモムシのシーズンは5月から6月。
 里山では落葉樹が葉を広げきったくらいがほんとうに嫌というほどイモムシ・毛虫が現れます。
 うっかりすると、ぶら下がっているのにぶつかってしまいます。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法

田んぼの生き物400 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,080から
(2016/6/5 23:31時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016下赤阪の棚田2016/44月の下赤阪の棚田の動物ウリキンウワバクワゴマダラヒトリモンシロチョウベニシジミチョウ目/SA-tanada昆虫/SA-tanada

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 8月中旬の節足動物編

 暦の上ではすでに秋になった8月中旬の下赤阪の棚田ビオトープ。
 秋の虫、アカトンボが棚田の上を飛びまわっていました。

この記事にはの画像があります。



ぐるりと階段状の下赤阪の棚田

動物界
節足動物門
昆虫綱 タグ:下赤阪の棚田の昆虫
旧翅節 トンボ目
シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)
Orthetrum albistylum speciosum
トンボ目 トンボ科 シオカラトンボ属
タグ:シオカラトンボ
長い腹部が白と黒に分かれたよく見かけるトンボ。

白と黒にわかれているのは成熟したオス(上の画像)です。

成熟したメスは黄色と黒の縞のような模様(下の画像)になります。

未成熟のオスもメスのような模様ですが、目が薄茶色になります。
童謡「とんぼのめがね」にあるように、大きな複眼が青空のような色をしていいます。

メスは少し緑がかった青い色(上の画像)です。

また、オスの羽のつけは透明になっていて(下の画像)、よく似たオオシオカラトンボとのちがいになります。


また、シオカラトンボのほうが腹部の黒い部分が長くなります。
オオシオカラトンボ(大塩辛蜻蛉)
Orthetrum triangulare melania のオス
トンボ目 トンボ科 シオカラトンボ属
タグ:オオシオカラトンボ
名前ほどシオカラトンボより大きいとは感じません。

オスはシオカラトンボとそっくりですが、翅の付け根が黒くなっているところと、腹部の黒いところが短いところがちがいます。
アカトンボ(赤蜻蛉)
トンボ目 トンボ科
タグ:アカトンボ
秋を象徴する「アカトンボ」は、特定の種類のトンボのことではなく、秋に赤くなるトンボの総称です。

この時期のアカトンボはつねに飛び回っていて、とまることがないのではっきりとした写真が撮れません。

ということで、どの種かはわかりません。
旧翅節 トンボ目
動物界 節足動物門 昆虫綱
新翅節
多新翅上目
カマキリ目
チョウセンカマキリ(朝鮮蟷螂)
Tenodera angustipennis
カマキリ目 カマキリ科 Tenodera属
大型のカマキリにはオオカマキリとチョウセンカマキリがあります。

どちらもよく似ていますが、成虫なのに細身なのでチョウセンカマキリじゃないかと思います。
カマキリ目
動物界 節足動物門 昆虫綱 新翅節 多新翅上目
バッタ目
ショウリョウバッタ(精霊蝗虫)Acrida cinerea
バッタ目 バッタ科 ショウリョウバッタ属
タグ:ショウリョウバッタ
細長い大型バッタ。

緑色や褐色型、茶色い模様が入るものなど色にはいくつかのバリエーションがあります。

この時も2種類のショウリョウバッタがいました(下の画像)。

2匹の距離感が微妙なことと、体の大きさがちがうので、オスとメスのように思います。

ところがオスはメスの半分くらいしかありませんので、どちらもとメスのようです。
バッタ目
多新翅上目
動物界 節足動物門 昆虫綱 新翅節
内翅上目 チョウ目
モンシロチョウ(紋白蝶)Pieris rapae のオス
チョウ目 シロチョウ科 モンシロチョウ属
タグ:モンシロチョウ
有名なチョウです。

全体が白いのに「紋白」は変だと思っていたら、翅にある黒っぽい点を「紋」と見立てたためと言われています。

つまり、「紋が白いチョウ」じゃなくて、「紋があるシロチョウ」。

「モンシロ+チョウ」ではなくて、「モン+シロチョウ」のようです。
モンキチョウ(紋黄蝶)Colias erate
チョウ目 シロチョウ科 モンキチョウ属
黄色いチョウの代名詞となるチョウ。

翅の裏に白い紋があります。

キタキチョウもよくいる黄色い蝶ですが、黒い点が散らばっているところがちがいます。

モンシロチョウと同じ由来と考えると、「モン+キチョウ」なのでしょう。
ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)Argyreus hyperbius
 のオス
チョウ目 タテハチョウ科 ツマグロヒョウモン属
タグ:ツマグロヒョウモン
ベニシジミ(紅小灰蝶)Lycaena phlaeas
シジミチョウ科 ベニシジミ亜科 ベニシジミ属
タグ:ベニシジミ
内翅上目 チョウ目
新翅節
昆虫綱
動物界 節足動物門
クモ綱 タグ:下赤阪の棚田のクモ
ナガコガネグモ(長黄金蜘蛛)Argiope bruennichi ?の幼体
クモ目 コガネグモ科 コガネグモ属
タグ:ナガコガネグモ
成虫になると、ちょっと細めの腹部が黄色地にクロの横縞という名前のように「細いコガネグモ」のような大型クモ。

個性的な模様なのに見つからないとおもっていたら、幼体に似ていました。
ジョロウグモ(女郎蜘蛛)Nephila clavata
クモ目 ジョロウグモ科 ジョロウグモ属
タグ:ジョロウグモ
オオシロカネグモ
(大銀蜘蛛)
Leucauge magnifica
クモ目
アシナガグモ科
Leucauge属
タグ:オオシロカネグモ
クモ綱
節足動物門
動物界

 珍しくもない普通のトンボ、シオカラトンボ。
 じっくり見ると、青い目がとてもきれいです。
 空が青かったから、ですね、きっと。

タグ♦ 下赤阪の棚田の昆虫 下赤阪の棚田の2015年
■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田2015/088月の下赤阪の棚田の動物シオカラトンボオオシオカラトンボチョウセンカマキリモンキチョウナガコガネグモモンシロチョウショウリョウバッタ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2014年 4月上旬の動物編


 続いてきた4月の下赤阪の棚田の生き物も、これで最後。

 暖かくなってきましたが、棚田ビオトープのいきものにとっては冬と春の間のような時期。

 動物も少し増えてきました。




スポーツ公園から見た4月の棚田




動物界
脊索動物門
鳥綱
スズメ目
モズ(百舌,百舌鳥,鵙)Lanius bucephalus のオス
スズメ目 モズ科 モズ属
スズメより大きい
漂鳥

スズメ目の猛禽。
※「猛禽」には諸説あり。

季節で住む場所を変える漂鳥ですす。
百舌鳥太郎も畑に来るのは子育ての間だけ。

ここでは一年中見かけます。
同じモズなのかどうかはわかりませんが。
ツグミ(鶇)Turdus naumanni
スズメ目 ツグミ科 ツグミ属
ハトより小さい
冬鳥

愛称「つぐみん」。

冬鳥ですが、晩春までいるのんびり屋さんです。
ムクドリ(椋鳥)Sturnus cineraceus
スズメ目 ムクドリ科 ムクドリ属
スズメより大きい
留鳥

なんかかっこよく写ったムクドリ。

なんか顔が白っぽい。
スズメ目
動物界 脊索動物門 鳥綱
キジ目
キジ(雉子,雉)Phasianus versicolor のオス
キジ目 キジ科 キジ属
カラスより大きい
留鳥

よく鳴き声を聞きますが、めったに姿は見せません。

メスはもっと姿を見せません。
キジ目
鳥綱
動物界 脊索動物門
哺乳綱
ネズミ目
ハタネズミ(畑鼠)Microtus montebelli の巣穴?
ネズミ目 ネズミ科 ハタネズミ属

大きさからネズミが作った穴かな、と思います。

田んぼなのでハタネズミにしました。
大きさもそれくらいですし。
ネズミ目
哺乳綱
脊索動物門
動物界
節足動物門
昆虫綱 ここからは虫の画像があります。【虫の部分をとばす】
チョウ目

嶽山方向の棚田

モンシロチョウ(紋白蝶)Pieris rapae
チョウ目 シロチョウ科 モンシロチョウ属

蝶の代名詞のようなチョウ。

菜の花も咲いていたのでたくさん飛んでいましたが、じっとしてくれないのでなかなか写真が取りにくい蝶です。
ベニシジミ(紅小灰蝶)Lycaena phlaeas
チョウ目 シジミチョウ科 ベニシジミ属

アカタテハに似ていますが、シジミチョウですので、親指の爪くらいの小さい蝶です。
テングチョウ(天狗蝶)Libythea celtis の幼虫
チョウ目 タテハチョウ科 テングチョウ属

成虫の頭が尖っているのが名前の由来。

その幼虫のイモムシです。

タグ♦ テングチョウ
チョウ目
動物界 節足動物門 昆虫綱
甲虫目
ナナホシテントウ(七星天道)Coccinella septempunctata
甲虫目 テントウムシ科 コッキネラ属

テントウムシを代表する虫。

背中に「●」が7つあるので「七星」ですが、一番頭に近いところの一つが左右の翅に分かれているので本当は「八星」?

緑の葉っぱに赤い体なのでよく目につきます。
甲虫目
動物界 節足動物門 昆虫綱
ハチ目
ニホンミツバチ(日本蜜蜂)Apis cerana japonica
ハチ目 ミツバチ科 ミツバチ属

普通のはちみつを集めるのはセイヨウミツバチ。
外来種です。

これは体が黒っぽいのでニホンミツバチだと思います。
在来種です。
ハチ目
昆虫綱
節足動物門
動物界



 田んぼにはまだ水が入っていませんので、田んぼの動物の多くはまだ姿を見せていません。

 昆虫も越冬してきたもの中心で、まだまだ本番ではないようです。



タグ♦ 2014年4月の下赤阪の棚田 下赤阪の棚田

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 4月の下赤阪の棚田の動物ハタネズミモンシロチョウテングチョウニホンミツバチ下赤阪の棚田の2014年下赤阪の棚田201404鳥/SA-tanada哺乳類/SA-tanada昆虫/SA-tanada

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

あおむしが蝶になって大空を舞う日〈七十二候 第九候〉


七十二候 第九候


 「菜虫化蝶(なむし、ちょうとなる)」。
 「菜虫(なむし)」とは菜、つまりダイコンやキャベツ、ブロッコリなどアブラナ科の葉を食べる虫。アオムシのことといわれています。

 アオムシは、菜を食べる虫のうち、長い毛が生えてなくて葉と同じ緑色をしているチョウの幼虫のことです。
 うちの畑の菜を食べていたのはほとんどがモンシロチョウの幼虫だったと思います。


大空を舞う


 モンシロチョウは大阪平野部ではサナギや幼虫で冬を越します。
 サナギで冬を越したものが羽化するのがちょうど今頃、ということです。

 しかし暖かくなってきたといっても、まだまだ冷え込む日もあります。
 本当にモンシロチョウが飛んでいるのかな、と思っていたら、いました。
 飛んでいました。

 さすが七十二候(しちじゅうにこう)

葉の上でひとやすみのモンシロチョウ
葉の上でひとやすみのモンシロチョウ



■記事リンク
 〔モンシロチョウ〕 【七十二候表】



Yahoo! JAPAN



Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索



キッズgoo


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 菜虫化蝶七十二候モンシロチョウ

関連記事

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

再会、百舌鳥太郎



電線の上のモズ


 畑のモズはどうやらいつもいるようです。
 畑と畑の間に()っている電線(でんせん)のうえによくとまっています。
 やっぱり百舌鳥太郎(もずたろう)かもしれません。

 百舌鳥太郎(もずたろう)ならすぐ近くに()ってくるはずです。

こちらが気になる電線の上のモズ
こちらが気になる電線の上のモズ




モズのえさを探す


 とりあえず、畑を見回(みまわ)してえさを(さが)します。

 冬は虫がいません。いや、いないことはありませんが、極端(きょくたん)に少なくなります。
 だから畑にやってくるのでしょうが、言い()えればモズが来たからといってすぐに(えさ)が見つかるわけではないということです。

 とりあえず一番見つけやすそうな場所(ばしょ)、ブロッコリーの葉を調(しら)べていたら、いました。
 アオムシが。

下のボタンをクリックするとアオムシが表示されます
ブロッコリーの葉の上のアオムシ(モンシロチョウの幼虫)
 




合図を送ると


 モズは電線(でんせん)の上に止まったままですが、こちらを見ています。
 しかし、飛んできそうな気配(けはい)はありません。

 そこで、手を()ってみました。
 遠くにいる百舌鳥太郎(もずたろう)に、(えさ)をあげるよ、という合図(あいず)です。

 さあ、モズは飛んでくるでしょうか。
 飛んできたら、彼こそ百舌鳥太郎(もずたろう)です。


モズのためらい


 (みょう)な間があります。
 こちらを見ています。

 そして。

 飛んできました!
 そばの畑のエンドウの支柱(しちゅう)にとまりました。
 こちらを見ています。


再会


 アオムシをぽいと土の上にほりました。

 するとモズはそれをめがけて飛んできて、くわえるとすぐ飛び立ちました。
 ちょっと(はな)れた(ぼう)の上に止まって、食べています。

 百舌鳥太郎(もずたろう)です!
 まちがいなく百舌鳥太郎(もずたろう)です!

 元気です。
 この冬も来てくれました。
 うれしい。


モズ3歳


 モズの寿命(じゅみょう)は知りません。
 百舌鳥太郎(もずたろう)が畑に来るようになって、はっきりしているのは3回目の冬ということだけです。
 ということは、少なくても3(さい)

 まだまだ元気そうです。
 来年3月ころには百舌鳥太郎(もずたろう)ジュニアを見ることができるでしょう。


「百舌鳥太郎」については 記事命名“百舌鳥太郎”
ほかのモズの記事は カテゴリーモズ
ほかの鳥の記事は カテゴリー〔



キッズgoo


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: モズ百舌鳥太郎アオムシモンシロチョウ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS