【 ミヤマシキミ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

食べてもらいたいのに有毒!ヘンな植物 深山樒

 10月末の低山、旗尾岳。


 登山道の脇に真っ赤な実がなっていました。
 これはミヤマシキミ(深山樒)。
 ちょっと早めですが、真っ赤です。

ミヤマシキミ

 いかにも食べてくださいと言わんばかりによく目立っていますが、実は有毒。
 植物体全体が有毒で、食べてしまうと痙攣を起こします。
 ということは、量が多いと命にかかわるでしょう。
 ましてや、山ならば毒が命にかかわらなかったとして、動くことができなければ間接的に命を失うことになるかもしれません。

 薄暗い林床でもよく目立つ赤い色、そして水分の多い果肉を持つちょっと小さい液果。
 この2つがそろっているのは食べてもらうための果実のはず。
 でも、有毒。
 ふしぎです。


 赤い色は哺乳類じゃなくて鳥向けの色。
 なぜなら基本的に哺乳類は赤い色を見分けることができません。
 人間が赤い色も見分けることができるのは、特別に手に入れた能力なのです。
 人間が見える世界は、多くの哺乳類とはちがう色をしています。

 ということは、鳥には効かない毒なのでしょうか。
 それはわかりません。
 ただ、果実の中で毒があるのは中のタネ。
 果肉には毒はないようです。
 それなら、食べても鳥は死なないでしょう。

 植物が作り出す「毒」は、動くことができない植物の数少ない身を守る方法。
 そして食べられる果実は、動くことができない植物の数少ない「移動」方法。
 その両方ともを兼ね備えたミヤマシキミの果実。
 とても興味深い生き物です。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ミヤマシキミ赤い実秋の赤い実液果核果旗尾岳

関連記事
スポンサーサイト



theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

数百兆円のおめでたい木があった!和泉葛城山


 大阪と和歌山にまたがる和泉葛城山。

 山頂から大阪側には天然記念物のブナ林が広がります。



 初冬の葛城山。

 山頂ブナ林とヒノキ植林帯の境あたり。

 薄暗い斜面に赤いものが。

 丈の低い常緑樹のてっぺんに赤い実がいくつもなっています。

 それが林床一面に。



林床に広がる赤い実の小さな木
林床に広がる赤い実の小さな木




 赤い実の小さな木は、金剛山でも出会ったミヤマシキミ(深山樒)

 ムクロジ目ミカン科ミヤマシキミ属の常緑低木。

 別名「億両(おくりょう)」。

 ツツジ目サクラソウ科ヤブコウジ属のマンリョウ(万両)の1万倍。



ミヤマシキミ
ミヤマシキミ




 マンリョウは縁起物の木として好まれますが、その1万倍。

 しかも数十株、いや100株を超えるような大群落。

 百億両!

 「両」は江戸時代のお金の単位。

 今のお金に換算すると6万円とも言われます。

 とすると、なんと600,000,000,000,000円!

 600兆円!

 とてつもなくお目出度い縁起物を見ることができました!



縁起物ですが実は……
縁起物ですが実は……




 ちなみに、全体が有毒。
 もちろん赤い実も。

 じゃあ、何のために目立つ実をつけているのか?

 ふしぎな木です。



タグ♦ ミヤマシキミ 赤い実 冬の実 和泉葛城山

ミヤマシキミ・実橘(タチバナ)億両 雄株

価格:2,376円
(2014/11/21 22:27時点)

ミヤマシキミ 3.5号(10.5cmポット)

価格:2,160円
(2014/11/21 22:27時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ミヤマシキミ赤い実冬の実小判シリーズ縁起物和泉葛城山億両

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

金剛山で出会ったものすご~く縁起がいい(にちがいない)木


 秋の金剛山。

 標高差1000m、7km以上続く長い道。

 桐山・二河原辺(にがらべ)道が青崩(あおげ)道に合流するちょっと前。

 縁起物の植物と出会いました。



多くが針葉樹の植林の中を通る二河原辺道
多くが針葉樹の植林の中を通る二河原辺道




 枝分かれせず真っ直ぐ伸びた、でも腰までもない低い木。

 葉は先が尖った長楕円形。
 厚ぼったい濃い緑色は、ひと目で常緑樹とわかります。

 そして木の天辺には空に向かった赤い実が幾つもついています。



見るからに「縁起物」っぽい木
見るからに「縁起物」っぽい木




 常緑樹の低木、赤い実というと「縁起物の木 小判シリーズ」。

 有名なのはマンリョウ(万両/ツツジ目サクラソウ科ヤブコウジ属)。
 そしてセンリョウ(千両/センリョウ目センリョウ科センリョウ属)。

 ほかにもヒャクリョウ(百両/カラタチバナ ツツジ目サクラソウ科ヤブコウジ属)、ジュウリョウ(十両/ヤブコウジ ツツジ目サクラソウ科ヤブコウジ属)、イチリョウ(一両/アリドオシ リンドウ目アカネ科アリドオシ属)があります。

 この中で低木で木の上に実がなるのはセンリョウだけ。

 でも、センリョウの葉の縁にはギザギザの鋸歯(きょし)があります。

 でもこれは鋸歯がない全縁(ぜんえん)。



 実は、これはどれよりも縁起がいい(にちがいない)植物。

 オクリョウ(億両)です。

 標準和名は「ミヤマシキミ(深山樒)」。

 なんと、よく植えられているマンリョウの10,000倍!
 センリョウの100,000倍!!
 イチリョウだと100,000,000倍!!!

 それだけ縁起がいい(にちがいない)植物。



ミヤマシキミ(深山樒)Skimmia japonica
ムクロジ目 ミカン科 ミヤマシキミ属





 でも、どんないいことがあったのか、いまだにわかりません……



タグ♦ 赤い実 金剛山の植物

ミヤマシキミ 3.5号(10.5cmポット)

価格:2,160円
(2014/10/8 22:11時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 億両ミヤマシキミ小判シリーズ金剛山の植物二河原辺道赤い実秋の赤い実縁起物オクリョウ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS