【 ミクソプテルス】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

天井高くてもちょっと狭そうな恐竜がいた!「メガ恐竜展2017-巨大化の謎にせまる-」〈大阪南港ATCホール〉

 大阪南港のATCホールで夏の間開かれている恐竜博。
 夏のATCホールのmandai presentsとなると、対象がちっちゃな子供。
 今まで何度か恐竜展がありましたが、どちらかと言うとイベントの要素が強く、恐竜の学術的展示を見たい人にはちょっと残念でしたが、今回はちがいます。
 恐竜好きの子供はもちろん、恐竜の学術的展示を見たい人もや楽しめる恐竜博です。
 なぜなら、ベースが幕張メッセで行われた「メが恐竜展2015」で、毎年春に恐竜など古生物展を開催している大阪市立自然史博物館が主催メンバー。
 今回もブロガー招待が行なわれ、運良く当選しました。

 会場は9つのテーマに分けられ、恐竜の巨大化を中心に、生物巨大化の謎が解かれていきます。

メガ恐竜展2017

01 地球には巨大生物がくらしていた

 入るといきなり生きていたときの姿に復元された生体復元の恐竜が出迎えてくれます。
 おなじみのティラノサウルスは羽毛なし。
 最近、羽毛があったかもしれないと言われていたのが、今年やっぱりなかったかもしれないとなったので、ちょうどいいかもしれません。
 それに合わせた展示かどうかはわかりませんが。

ティラノサウルス生体復元

 奥に行くと、恐竜以外の「巨大生物」がたくさん出てきます。
 最大の魚竜とも言われるショニサウルスの頭。
 頭だけでもこんなにもでかい!

ショニサウルス

 天井からは首長竜のタラソメドン。
 頭は恐竜よりも小さいですが、体よりも長い首を持っています。

タラソメドン

 そして恐竜より昔の古生代に生きていた大型節足動物ウミサソリの仲間、ミクソプテルス。
 化石とよく似た格好をした生体復元が展示されています。

ミクソプテルス

 化石から得られる情報はどれも不完全で、そこから生きていた姿を作るのは、ほとんど骨しか見つからない恐竜の場合はほとんどが想像にならざるを得ません。
 そういうものの展示を嫌う人もいますが、等身大の生体復元モデルがたくさんというのは、生きていたときの姿が想像しやすく大歓迎です。

02 地球史上、最も大きな陸上動物「竜脚類」

 化石を中心に竜脚類がたくさん。
 それだけでなく、竜脚類の巨大化の秘密がパネルで展示されています。
 それを読んで、化石で確認できます。

竜脚類

03 竜脚類の起源「三畳紀」

 大きというイメージが強い恐竜ですが、誕生した三畳紀には小さい恐竜も当たり前だったようです。
 奥からプタテオサウルス(頭部)、コエロフィシス、エオラプトル、パンファギア。
 コエロフィシスですら、中型犬くらいの大きさ。
 重さならもっと軽いはず。

コエロフィシス、エオラプトル、パンファギア

04 竜脚類が大繁栄した「ジュラ紀」

 竜脚類が竜脚類らしくなったジュラ紀。
 竜脚類だけでなく、肉食の獣脚類や鳥盤類も展示。
 ディプロドクス、アロサウルス、ステゴサウルスなどの化石でジュラ紀の世界を再現しています。

ディプロドクス、アロサウルス、ステゴサウルス

 恐竜自体だけでなく、うんちの化石も。
 恐竜が巨大化したので、うんちも巨大。
 もちろん、文字通りに石になっていますので、汚くありません。
 そのはずです。
 化石の中には石英のようなものが見え、石になったことがわかります。

恐竜の糞化石

05 世界中に放散、そして絶滅した「白亜紀」

 アルゼンチンにいたアマルガサウルス。
 首から背中の長い骨が特徴です。
 ほかにもいろいろ展示されています。

アマルガサウルス

06 巨大化した獣脚類

 もちろん、最強の肉食恐竜と言われるティラノサウルスの骨格もあります。
 人が少なければ、最初に戻って生体復元と見比べると、おもしろそう。

ティラノサウルスの骨格

07 新生代の巨大動物

 恐竜絶滅後、恐竜に替わって地上で繁栄した哺乳類。
 コウガゾウのような大きな種類も生まれましたが、竜脚類の恐竜ほど巨大化はできませんでした。
 その理由が解説されます。

コウガゾウ

08 大きくなれなかった竜脚類

 信じられないほど巨大な獣脚類ばかりでしたが、エウロパサウルスのように「ちっちゃい」獣脚類もいました。
 なぜ「ちっちゃいのか」も解説されます。
 といっても人間よりずっと大きいですが。

エウロパサウルス

09 巨大化の謎にせまる

 そして、関西初公開の恐竜。
 ヨーロッパ最大の竜脚類トゥリアサウルス登場。
 前半身だけですが、ほんとでかい!
 前にある陸上哺乳類最大級のコウガゾウとくらべても、圧倒的な差。
 そして、どうしてここまででっかくなったかの総まとめ。

トゥリアサウルス

 最後はお約束のグッズコーナー。
 オリジナルグッズもたくさんで、そのほか恐竜グッズもいろいろ。
 子供でなくてもつい買ってしまいそうです。

 と、今年は今までとちがって恐竜の学術的展示を見たい人にとっても見どころ満載。
 博物館とちがい天井が高い見本市会場なので巨大恐竜たちもゆったり。
 一頭をのぞいてですが。

 もちろん、小さい子供にとっても巨大恐竜の化石や生体復元はおもしろいものばかりでしょうし、展示場の外にはいつものように巨大遊具や飲食コーナーもたくさん。
 ゆっくり見て、遊んで、食べて、もう一度見て、と一日楽しめます。
 そして、会場は駅に直結し、屋内駐車場完備、レストランやショップがたくさんのショッピングエリアもあって、外に出ればそこは海が見えるテラス。
 隣にはフェリーが停泊しているときもあります。
 恐竜展を見終わっても、いろいろ楽しむこともできるATCホールのメガ恐竜展2017です。

■参考外部リンク■
メガ恐竜展2017-巨大化の謎にせまる- 大阪開催【公式サイト】
大阪市立自然史博物館

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: メガ恐竜展2017  MegaKyouryuu2017  ティラノサウルス  ショニサウルス  タラソメドン  ミクソプテルス  アマルガサウルス  コウガゾウ  エウロパサウルス  トゥリアサウルス 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

サソリと「萬」とミクソプテルス


 先日、ある書道家の作品を見て気づきました。
 その作品は古代の甲骨文(こうこつぶん)甲骨文字(こうこつもじ))と呼ばれる今わかっている中で最も古い漢字を使った作品です。



この記事にはサソリ虫の化石の画像があります。





 先がちょっと尖った楕円形の中には模様のような×印。

 下には伸びた線は、シッポのように先が曲がっています。

 楕円の先からは左右にカニのハサミのように線が飛び出し先は内側に向かって何本も線が生えています。

 全体の雰囲気はサソリですが、手の爪が二本のサソリに対してまるでクシのようで、サソリというにはちょっと違和感があります。



ダイオウサソリの拡大模型 橿原市昆虫館常設展示(2011年)
ダイオウサソリの拡大模型 橿原市昆虫館常設展示(2011年)




 サソリのようでちょっとサソリとちがう生き物は、います。
 いや、いました。

 そうです。

 ウミサソリ。



ウミサソリのユーリプテルス(OCEAN! 海はモンスターでいっぱい2012年)
ウミサソリのユーリプテルス(OCEAN! 海はモンスターでいっぱい2012年)




 ウミサソリはいまから4億年くらいから2億年くらい前の古生代の海にいた節足動物の仲間です。
 名前に「サソリ」とついていますが、サソリの先祖というわけでもないようで、古生代に絶滅していまい、今はいません。

 そのウミサソリの中でも人間よりも大きい大型の種類の一つ。

 ミクソプテルスにそっくりです。



人間くらい大きいウミサソリのミクソプテルス(OCEAN! 海はモンスターでいっぱい2012年)
人間くらい大きいウミサソリのミクソプテルス
(OCEAN! 海はモンスターでいっぱい2012年)




 甲骨文(甲骨文字)というのは、百年くらいまえに見つかった数千年前の中国で使われていた文字で、今私達が使っている漢字の祖先です。

 甲骨文は2000年前の漢の時代にはすでに存在が忘れられていたことは間違いなく、失われていた文字です。

 古代エジプトのヒエログリフとよく似ていますが、ロゼッタストーンが見つかるまで数百年の間まったく解読できなかったヒエログリフに対して、見つかってわずか20年くらいで解読できるようになったのは、現在の漢字につながる文字だったから。

 形こそまるで絵のようですが、すでに漢字と同じ構造を持っていた立派な文字なのです。

甲骨文字小字典 [ 落合淳思 ]

価格:1,995円
(2014/1/20 23:59時点)




 よく漢字は「象形文字(しょうけいもじ)」と言われます。

 これは「六書(りくしょ)」と言われる漢字の分類のひとつですが、実は正しくなく、漢字のほとんどが複数の漢字パーツを組み合わせてできた形成文字(けいせいもじ)や会意文字(かいいもじ)で、象形文字はそれほど多くありません。

 それでも物の形を象った象形文字は漢字の基本。

 甲骨文ですらすでに「絵」というにはかなり簡略化されていますが、まだまだ元の形の雰囲気を残しています。



 そこで巨大ウミサソリのミクソプテルスそっくりの甲骨文です。

 もしかすると、実は2億年前に絶滅したと思われたウミサソリが4000年前の中国で生きていたのでしょうか!

 なんと漢字はオーパーツだったのでしょうか?!



甲骨文の「萬」殷(商)時代その1
甲骨文の「萬」殷(商)時代その1
甲骨文の「萬」殷(商)時代その2
甲骨文の「萬」殷(商)時代その2
殷(いん)は今から3000年以上前の中国の王朝です。
現在確認されている中で最も古い中国王朝になります。
中国では「商(しょう)」とされます。
甲骨文字は王朝の吉凶の占いなどに使われたシカの骨やカメの甲羅に刻まれていました。
※甲骨文字は四川辞書出版社の『甲金篆隷大字典』を参考にしました。



 この文字は「萬(まん)」。「万」の旧字。
 残念ながらサソリを象った象形文字と考えられています。

 草冠の「艸(そう)」は草のことではなく、サソリのハサミを表していたのです。

 実は「屮(さ)」は象形文字で、それが並んだ「艸」は両手をかざしている状態になります。

 それが時間を経て字体が変わっていくうちに草冠と同じ形になってしまったのです。

 草と関係がなさそうなのに草冠が付いている文字は、手を表していることもあります。



 ということで「萬」はウミサソリではなく、普通のサソリ。

 ウミサソリは中国ができるはるか以前に絶滅していたようです。



◆タグ ウミサソリ ミクソプテルス 六書 ◆

■参考外部リンク■
橿原市/橿原市昆虫館


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ:   甲骨文字  ウミサソリ  サソリ  ダイオウサソリ  ミクソプテルス  ユーリプテルス  六書  象形文字 

関連記事

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

「ぞわぞわ系」のルーツを探る!『ぞわぞわした生きものたち 古生代の巨大節足動物』金子隆一 著


 サイエンス・アイ新書『ぞわぞわした生きものたち 古生代の巨大節足動物』。

 この本は「ぞわぞわ」した生き物について書かれた本です。

 「ぞわぞわ」になんとなく嫌な予感がした人はこの本は手にしないほうがいいかもしれません。

 そうです。

 この本は、虫の本です。



この記事にはさまざまな虫の画像があります。





 著者は金子隆一さん。

 一般向けの科学関係の本を多く書かれてるのいで肩書きはサイエンスライターとなっていますが、英語の論文も読んでしまうという研究者のような方です。



ぞわぞわした生きものたち
古生代の巨大節足動物
サイエンス・アイ新書

金子 隆一
税込価格:1,000円
出版社:ソフトバンククリエイティブ
 「虫」というのは漠然とした言葉で、昔はヘビなども含まれていました。
 というか、「虫」という文字自体がヘビの象形文字で、本来「ムシ」は「蟲(小さいムシが集まっているさまを表す文字)」と書いていました。

 この本で扱っているのは無脊椎動物(むせきついどうぶつ)の中の節足動物(せっそくどうぶつ)と呼ばれる昆虫だけでなくクモやムカデなど(から)で覆われた体を持つ生きものたちで、ヘビやミミズなどは登場しません。

 この本は珍しい節足動物ばかりを集めたよくあるインターネット的な「イカモノ本」のように見えるかもしれませんが、そうではありません。



 節足動物というのは、動物の種類が爆発的に増えた約5億年前のカンブリア紀に登場し、現在に至るまで環境に合わせて変化し繁栄を続けている動物です。
 はじめて陸上に上がった動物でもあり、はじめて空を飛んだ動物でもあり、海や陸で食物連鎖の頂点に立ったこともある動物です。


カンブリア紀の次のオルドビス紀のホエカスピス(三葉虫・古生代オルドビス紀)の化石[大化石展・2011年]
カンブリア紀の次のオルドビス紀のホエカスピス
(三葉虫・古生代オルドビス紀)の化石[大化石展・2011年]



 多くの場所で食物連鎖の頂点を脊椎動物に譲った今でも、深海から空中、砂漠から雪の中までどこにでもいます。

 そういった節足動物の分類をして、それぞれ巨大化した種類を中心に虫たちの解説が続きます。



 といっても、基本的に節足動物が巨大化したのは大昔。
 みんな化石になっています。

 そして、大きな生き物ほど完全な化石はなかなか出ないという現実が立ちはだかります。

 さらに骨や貝殻のような化石になりやすい部分を持たない多くの節足動物の化石に残りにくいのです。

 そんな悪条件の中、著者は世界中の関連する論文の中から最新の巨大生物の情報を探し出します。



 現在の最大の節足動物は甲殻類のタカアシガニと言われています。
 幅は3メートルを超えますが、そのほとんどは細い脚。
 体そのものは40センチほど。


タカアシガニ(現代)の標本[OCEAN! 海はモンスターでいっぱい・2011年]
タカアシガニ(現代)の標本[OCEAN! 海はモンスターでいっぱい・2011年]



 超巨大ダンゴムシとして有名なダイオウグソクムシでも長さが50センチくらい。


ダイオウグソクムシ(現代)の標本[ナンダーランド~ふしぎで遊ぶ夏休み~・2010年]
ダイオウグソクムシ(現代)の標本
ナンダーランド~ふしぎで遊ぶ夏休み~・2010年]



 これが現在の大きな節足動物です。



 タカアシガニもダイオウグソクムシもサワガニやダンゴムシと比べるととてつもなく大きいですが、大昔にはそれをはるかに超える「ぞわぞわ系」がいました。

 たとえば、海には2m50cmのウミサソリや陸の上には2mのヤスデがいたと考えられています。

 ただし、それがその頃の最大の動物ということになりますから、クジラやゾウがいるいる現在よりも「ちっちゃな生き物だらけ」なのかもしれませんが。



2mはないけど結構大きなミクソプテルス(ウミサソリ・古生代シルル紀)の化石[OCEAN! 海はモンスターでいっぱい・2011年]
2mはないけど結構大きなミクソプテルス(ウミサソリ・古生代シルル紀)
の化石[OCEAN! 海はモンスターでいっぱい・2011年]



 生き物が大きくなるためにはいろいろな無視できない制約が立ちふさがります。

 巨大化のキーワードの一つが酸素の量。

 節足動物の体は、大きくなりすぎると酸素が足りなくなるようなつくりになているのです。
 だからクジラやゾウのように大きくなれないのです。

 それでも人間以上に巨大化できたのにはひみつがあり、それをわかりやすく解説してくれています。



 以前このブログで紹介した『恐竜はなぜ鳥に進化したのか』では恐竜の誕生、つまり爬虫類の二足歩行化には酸素が薄くなったことが関係したとありましたが、虫の巨大化にも酸素がかかわっていたというのは、とても興味深ことです。

 酸素が多ければ、巨大化が苦手な虫だって巨大化できる。

 生物の絶滅・繁栄・進化と酸素。
 これからも目が離せないテーマだと感じさせてくれます。



 この本はイカモノっぽい虫を集めながらも節足動物の栄枯盛衰を通して地球と生き物の歴史を書いています。

 それと同時に節足動物全般についても解説してくれている、ムシ好きにはたまらない一冊です。



◆関連タグ◆ 〔化石〕 〔地質年代表〕


絶滅した生き物を中心に
節足動物大集合の一冊!

ぞわぞわした生きものたち
古生代の巨大節足動物
サイエンス・アイ新書

金子 隆一
税込価格:1,000円
出版社:
ソフトバンククリエイティブ

【感謝価格】節足動物の比較 樹脂封入標本【マラソン201211_食品】

価格:7,350円
(2012/11/5 22:59時点)

(020)パプアキンイロクワガタ

価格:23,100円
(2012/11/5 23:08時点)


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 化石  節足動物  ぞわぞわした生きものたち  三葉虫  タカアシガニ  ダイオウグソクムシ  ミクソプテルス  ウミサソリ 

関連記事

theme : 読書感想
genre : 小説・文学

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる