【 ホトケノザ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·下赤阪の棚田2016  ·下赤阪の棚田2016/10  ·10月の下赤阪の棚田の植物  ·ホトケノザ  ·赤い花/SA-tanada  ·赤紫色の花/SA-tanada  ·紫色の花/SA-tanada  ·青紫色の花/SA-tanada  ·10月の赤い花/SA-tanada  ·10月の赤紫色の花/SA-tanada  ·3月の下赤阪の棚田の植物  ·ツクシ  ·ホトケノザ  ·ヒメオドリコソウ  ·カンサイタンポポ  ·セリ  ·下赤阪の棚田の2014年  ·下赤阪の棚田201403  ·春の花  ·シダ/SA-tanada  ·下赤阪の棚田の2014年  ·2月の下赤阪の棚田の植物  ·キュウリグサ  ·ギシギシ  ·スイバ  ·ハハコグサ  ·ホトケノザ  ·下赤阪の棚田201402  ·ロゼット/SA-tanada  ·丸い葉rosette/SA-tanada  ·春の七種  ·春の七草  ·セリ  ·ナズナ  ·ハコベ  ·ホトケノザ  ·ダイコン  ·百舌鳥太郎  ·モズ  ·ホトケノザ

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

棚田のいきもの 2016年10月中旬の赤~青紫色の花

 赤い花にもキク科はいます。
 さすが三大雑草!


赤い花 タグ:下赤阪の棚田の赤い花
植物界 被子植物門 双子葉植物綱

ミゾソバ(溝蕎麦)
Polygonum thunbergii

ナデシコ目
タデ科
タデ属
一年草
別名:牛の額
タグ:ミゾソバ

三角形になっている花は開いていませんが、咲いている花より目立っています。

イヌタデ(犬蓼)
Persicaria longiseta

ナデシコ目
タデ科
ソバカズラ属
一年草
タグ:イヌタデ

ケイトウ (鶏頭)
Celosia argentea

ナデシコ目
ヒユ科
ケイトウ属
一年草
アジア・アフリカ原産?
タグ:ケイトウ

ヨモギ(蓬)
Artemisia indica
var. maximowiczii

キク目
キク科
ヨモギ属
多年草
タグ:ヨモギ

花は小さくて咲いているように見えません。

オオハルシャギク(大春車菊)
Cosmos bipinnatus

キク目
キク科
コスモス属
一年草
別名:コスモス
タグ:オオハルシャギク

11月初旬に行われるライトアップに向けてコスモスが咲きはじめていました。

カナムグラ(鉄葎)Humulus japonicus の雌花

バラ目 アサ科 カラハナソウ属
一年草
タグ:カナムグラ

植物界 被子植物門 双子葉植物綱
赤い花
赤紫色の花 タグ:下赤阪の棚田の赤紫色の花
植物界 被子植物門 双子葉植物綱

キツネノマゴ(狐の孫)
Justicia procumbens

シソ目
キツネノマゴ科
キツネノマゴ属
一年草
タグ:キツネノマゴ

ホトケノザ(仏の座)Lamium amplexicaule

シソ目 シソ科 オドリコソウ属
越年草
タグ:ホトケノザ

公園や道端など色んなところに生える雑草。

オドリコソウのように花が大きくないからか、観賞されることははさそうです。

春の七種のホトケノザとはちがいます。

ゲンノショウコ(現の証拠)
Geranium thunbergii

フウロソウ目
フウロソウ科
フウロソウ属
多年草
タグ:ゲンノショウコ

ノアザミ(野薊)
Cirsium japonicum

キク目
キク科
アザミ属
多年草
タグ:ノアザミ

植物界 被子植物門 双子葉植物綱
赤紫色の花
紫色の花 タグ:下赤阪の棚田の紫色の花
植物界 被子植物門 双子葉植物綱

アキノタムラソウ(秋の田村草)
Salvia japonica

シソ目
シソ科
アキギリ属
多年草
タグ:アキノタムラソウ

植物界 被子植物門 双子葉植物綱
紫色の花
青紫色の花 タグ:下赤阪の棚田の青紫色の花
植物界 被子植物門 双子葉植物綱

ヨメナ(嫁菜)Aster yomena

キク目
キク科
シオン属
多年草
タグ:ヨメナ

植物界 被子植物門 双子葉植物綱
青紫色の花

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016  下赤阪の棚田2016/10  10月の下赤阪の棚田の植物  ホトケノザ  赤い花/SA-tanada  赤紫色の花/SA-tanada  紫色の花/SA-tanada  青紫色の花/SA-tanada  10月の赤い花/SA-tanada  10月の赤紫色の花/SA-tanada 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2014年 3月下旬のアブラナ科・ナデシコ科以外の植物編


 立春を過ぎたころの下赤阪の棚田。

 ツクシが顔を出し、2月の棚田とは比べ物にならないほどの花が咲いていました。

 その春の棚田ビオトープのアブラナ科・ナデシコ科以外の草花と木です。




梅が咲いてる3月の下赤阪の棚田




植物界
被子植物門
双子葉植物綱
シソ目
ホトケノザ(仏の座)
シソ目 シソ科 オドリコソウ属
越年草

花はシソ科特有の5枚の花びらがまとまった唇形花(しんけいか)。

春の七草の一つと同じ名前ですが、こちらではありません。
春の七草の「ホトケノザ」は、キク科のコオニタビラコのこと。

有毒植物ではないようですが、山菜でもありませんので、おいしくないのでしょう。きっと。

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)
シソ目 シソ科 オドリコソウ属
越年草
ヨーロッパ原産の帰化植物

街の公園でも咲いているような帰化植物。

シソ科らしい唇形花でホトケノザに似ていますが、葉のつき方や色が違っているの見分けるのは簡単です。

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)
シソ目 オオバコ科 クワガタソウ属
越年草
別名:瑠璃唐草
ヨーロッパ原産の帰化植物


どこでも咲いている雑草。

外来種ですが、色がきれいなことやあまりにも当たり前過ぎるからでしょうか、日本の自然をイメージする画像に使われることがあります。

シソ目
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
キク目
カンサイタンポポ(関西蒲公英)
キク目 キク科 タンポポ属
多年草


外来種のセイヨウタンポポとよく似ています。
見分け方は、花の根本に付いている緑色の小さな葉(総苞)がピタリと閉じているのが在来種のタンポポ、反り返っているのがセイヨウタンポポ。

ところが遺伝子の調査をしてみると、必ずしもこの見分け方が当てはまるわけではないことがわかってきました。

しかしそういう遺伝子検査をすることもできませんので、見た目で決めています。
セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)
キク目 キク科 タンポポ属
多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
環境省 要注意外来生物
日本生態学会 日本の侵略的外来種ワースト100


在来種のタンポポよりも多くなってきていると言われる外来種のタンポポ。

花の根本にある総苞が反り返っているのが特徴。

環境省の要注意外来生物と日本生態学会の日本の侵略的外来種ワースト100に「外来タンポポ種群」として指定されています。
キク目
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
その他の目 セリ目・バラ目
セリ(芹)
セリ目 セリ科 セリ属
多年草


春の七草にも同じ名前の植物がありますが、ホトケノザとちがってこちらは同じ。

水辺や水の中でも生えますので、田んぼで見かけますが、下赤阪の棚田では一部の水路でしか見かけていません。
ウメ(梅)
バラ目 バラ科 サクラ属
落葉高木

棚田のあちこちに植えられていますが、数はそれほど多くないので自家用でしょうか。

その他の目
双子葉植物綱
植物界 被子植物門
単子葉植物綱
クサスギカズラ目
スイセン(水仙)
クサスギカズラ目 ヒガンバナ科 スイセン属
多年草


田んぼに使われていないところにまとまって植えられていましたので、これも自家用かもしれません。
クサスギカズラ目
単子葉植物綱
被子植物門
植物界
シダ植物門
トクサ綱
トクサ目
スギナ(杉菜)の胞子茎のツクシ(土筆)
トクサ目 トクサ科 トクサ属


春を代表する山菜の一つ。

普通の植物と違う奇妙な姿は、シダ植物のため。

ツクシはシダ植物の胞子を作る部分のこと。
そのため葉緑素を持たないので緑色はしていません。

ツクシが胞子を飛ばしてしおれ始めることに緑色のスギナを出してきます。

スギナは光合成して栄養を作る栄養茎です。
トクサ目
トクサ綱
シダ植物門
植物界



 三大雑草と言われるのがキク科、マメ科、イネ科ですが、秋にはよく見かけていたキク科が咲いているのはタンポポだけ。

 ちょっと意外な感じもしますが、ロゼットではキク科がいっぱいありましたので、もっと暖かくなるとキク科ばかりになることでしょう。



タグ♦ 3月の下赤阪の棚田 下赤阪の棚田の2014年  下赤阪の棚田

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部

要注意外来生物リスト[外来生物法]
日本の侵略的外来種ワースト100 - Wikipedia


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 3月の下赤阪の棚田の植物  ツクシ  ホトケノザ  ヒメオドリコソウ  カンサイタンポポ  セリ  下赤阪の棚田の2014年  下赤阪の棚田201403  春の花  シダ/SA-tanada 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2014年 2月下旬のロゼット/いろいろな形の葉編


 春が訪れてきた2月の下赤阪の棚田。

 地面にへばりつ低目立たないロゼットですが、よく見るといろいろな種類の植物が暖かくなるのを虎視眈々と狙っています。

 そんなロゼット編の続きです。




2月の棚田では土が起こされているところもありました
春野菜を植えるのか、悪い虫などを殺す天地返しでしょうか。




葉の形 » 楕円形・卵形
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
キク目
キュウリグサ(胡瓜草)
キク目 ムラサキ科 キュウリグサ属
二年草

青くて小さな花が咲きます。

名前の由来は葉っぱがキュウリのような臭がするからとか。
青臭いってこと?
ナデシコ目
オランダミミナグサ(和蘭耳菜草)
ナデシコ目 ナデシコ科 ミミナグサ属
一年草

茎が伸びるとハコベみたいになります。

花も白くて小さいのでハコベみたいな感じです。
ギシギシ(羊蹄)
ナデシコ目 タデ科 スイバ属
多年草

スイバと似ていますが、葉の付け根のところの切れ込みが小さくて、たいてい葉が大きく感じます。
スイバ(蓚,酸い葉)
ナデシコ目 タデ科 スイバ属
多年草
別名:スカンポ

棚田で1番目についたロゼット。

ギシギシに似ていますが、葉の付け根の切れ込みが深く、反り返っているのが特徴。
ギシギシほど大きなものはないようです。

冬にはロゼット全体が赤く染まりますが、ここの時は赤いものから緑のものまでいろいろなバリエーションがありました。

もう花が咲きかけているものもありました。
葉の形 » 楕円形・卵形


葉の形 » へら形先がふくらんだ細長い葉
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
キク目
ハハコグサ(母子草)
キク目 キク科 ハハコグサ属
一年草

葉っぱが伸びると植物っぽく見えますが、短い葉が重なって灰色がかっているのでまるで地衣類のようです。

葉の表面に小さな毛がたくさん生えているので、色が白っぽく見えます。
ハルジオン(春紫苑)
キク目 キク科 ムカシヨモギ属
多年草

道端でよく見かけるありふれた雑草。

大きく育つとヒメジョオンと見分けにくくなりますが、ロゼットだとまだ区別しやすいところがあります。
ヒメジョオンは葉の縁のギザギザ(鋸歯)の切れ込みが大きくなります。
葉の形 » へら形


葉の形 » ハート形
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
シソ目
ホトケノザ(仏の座)
シソ目 シソ科 オドリコソウ属
越年草

春の七草のホトケノザではありません。

有毒植物ではないようですが、山菜でもありませんので、おいしくないのでしょう。きっと。
葉の形 » ハート形


葉の形 » 披針形先に向かって細くなっていく長い葉
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
キク目
セイタカアワダチソウ(背高泡立草)
キク目 キク科 アキノキリンソウ属
多年草
北アメリカ原産の帰化植物

昔は喘息の元という汚名を着せられていました。

根から他の種類の植物の成長を邪魔する物質を出す(アレロパシー)ので、一面セイタカアワダチソウだけに占領されることがよくあります。

下赤阪の棚田ではよく手入れされているようで、棚田の中でまとまっているところないようです。

外来生物法の要注意外来生物に指定されていまず。
葉の形 » 披針形


ロゼットの葉の形の分類は『野草のロゼットハンドブック』『日本の野草300』(共に文一総合出版)等を参考にさせていただきました。




 3月に入ると二十四節気の啓蟄を迎え、暖かい日には冬越していた虫たちが動き始めることでしょう。

 もちろん冬を我慢してきた草達も花を咲かせはじめ、田植え前の田んぼも賑やかになってくるでしょう。

 体で感じる温度ではまだ春と言いにくい感じがしますが、生き物たちはちゃんと春を感じ取っているようです。



タグ♦ ロゼット 下赤阪の棚田の2014年  下赤阪の棚田 

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田の2014年  2月の下赤阪の棚田の植物  キュウリグサ  ギシギシ  スイバ  ハハコグサ  ホトケノザ  下赤阪の棚田201402  ロゼット/SA-tanada  丸い葉rosette/SA-tanada 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

春の七種は七種の草


 1月7日は「七草粥(ななくさがゆ)」を食べる日です。

 「七草粥」は「春の七種(ななくさ)」と呼ばれる7種類の植物を入れたお粥です。
 この七草粥をたべると邪気(じゃき)を払い万病(まんびょう)を除くといわれていて、呪術(じゅじゅつ)的な意味合いのある古くからの習慣です。

 「春の七種」を入れますが、草の方は「七」ではなく「七」というところがおもしろいところです。


 この春の七種は次の七つ。

 せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな しずしろ

 聞いたことの無い名前が多いかもしれませんがこれは昔の呼び名、今の呼び名で言うとこうなります。

セリ ナズナ ハハコグサ ハコベ コオニタビラコ カブ ダイコン

 これで知っている植物が増えたことと思います。


 カブとダイコンは野菜で今でもよく食べられます。
 セリも野菜として食べられていますが、残りの4種類は簡単に言うと雑草で、野菜売り場に並ぶのは春の七種の季節くらいです。
 セリは野菜売り場に並びますが、雑草としても生えていますので、ダイコン・カブと雑草4種類の中間の七種かもしれません。


芹(せり)

セリ(セリ)
セリ科
多年草
左側の大きなギザギザのついた葉が先から1枚・2枚・2枚とついているのがセリ
左側の大きなギザギザのついた葉が先から1枚・2枚・2枚とついているのがセリ
まわりにはハコベがいっぱいあります。


薺(なずな)

ナズナ(薺)
アブラナ科
一年草(越年草)
いっぱい生えているナズナ
いっぱい生えているナズナ
ちょうど今咲いているナズナの花
ちょうど今咲いているナズナの花
別名:ペンペングサ、シャミセングサ
実の形が三味線の撥に似ていることから「ぺんぺんぐさ」と呼ばれるようになった、といわれています。


御形(ごぎょう)

ハハコグサ(母子草)
キク科
一年草(越年草)


「ごぎょう」の画像

Yahoo! JAPAN




繁縷(はこべら)

ハコベ(繁縷)
ナデシコ科
一年草(越年草)
ひょろひょろとした感じのハコベの茎
ひょろひょろとした感じのハコベの茎
ちょうど今頃咲いているハコベの花
ちょうど今頃咲いているハコベの花
これもよく見かける雑草です。


仏の座(ほとけのざ)

コオニタビラコ(小鬼田平子)
キク科
一年草(越年草)


「ほとけのざ」の画像

Yahoo! JAPAN



タンポポのような花が春の七草のホトケノザ。
花が紫色のはシソ科のホトケノザ。


こちらは現在「ホトケノザ」と呼ばれる植物。
春の七草の「ホトケノザ」ではありません。

ホトケノザ(仏の座)

シソ科
一年草・越年草
春の七草の「ほとけのざ」とは似ていない新ホトケノザ 春の七草の「ほとけのざ」とは似ていない新ホトケノザ
田んぼから空き地公園、植え込みのところま、であちこちでよく見かける雑草です。


菘(すずな)

カブ(蕪)
アブラナ科
一年草・越年草


「すずな」の画像

Yahoo! JAPAN




蘿蔔(すずしろ)

ダイコン(大根)
アブラナ科
一年草・二年草
まだまだ小さいダイコン
まだまだ小さいダイコン
これはサトイモを収穫したあとの11月の種をまいたのでまだ小さく根もふくらんでいません。
種類によりますが、9月くらいに巻いていれば、今頃は普通の大きさのダイコンに育っているはずです。




 ということで、雪の積もっていない地域では探せばダイコンとカブ以外の「春の五種」は見つけることができるかもしれません。

 ナズナは「ぺんぺん草」と呼ばれるようにわりとどこにでも生える植物ですが、残り4種類をよく目にするところがあります。

 それは、田んぼです。

 もちろん田んぼにもナズナは生えていますので、運がよければ5種類の春の七種を一箇所でみつけることができるかもしれません。


 ポイントは、昔からある古い田んぼ。


 ちなみに、七草粥は本来旧暦(きゅうれき)の1月7日に食べるもの。
 今の1月7日のおよそ1ヵ月後です。

 2011年の今年は2月9日が本来の?春の七種の日です。


◆記事ナビ◆ [草花]



Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索
キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 春の七種  春の七草  セリ  ナズナ  ハコベ  ホトケノザ  ダイコン 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

百舌鳥太郎はやってくるのか?


雑草がいっぱい

 毎年冬から初夏にかけて子育てのために畑にやってくるモズの百舌鳥太郎(もずたろう)
 3年前から毎年やって来ています。

 ところが今まで何度か書いてきましたが、事情により畑がなくなってしまい、今は空き地になっています。

 さて、今年は百舌鳥太郎はやってくるでしょうか。

畑だったところを覆っている雑草のホトケノザ?(春の七草とは違います)
畑だったところを覆っている雑草のホトケノザ?
(春の七草とは違います)




やってくるの?

 百舌鳥太郎がやてくるのはだいたい1月ころ。
去年は早くて12月
つまり一昨年の年末でした。

 ということで去年の年末から、ときおり様子を見に行っていますが百舌鳥太郎どころかいまだ一羽のモズも見かけていませんし、目撃情報もありません。

 はたして今年は百舌鳥太郎はやってくるのでしょうか。


百舌鳥太郎

 そして。

 先日、ありました。
 情報です。目撃情報です。

 畑の近くのお宅、去年の初夏に百舌鳥太郎が二度目の子育てをしたお宅に、先日2羽のモズがやってきました。
 そのうちの1羽のオスが、近づいてきたのでその方があわてて掘り出した虫を地面に置くと、食べたそうです。

 人間に近づいてくる野生のモズは百舌鳥太郎に違いありません。


今年は……

 今年も百舌鳥太郎がやってきてくれたのはうれしいのですが、またえさをやることができるのでしょうか。

 できればいいなぁ。

百舌鳥太郎2009
百舌鳥太郎2009



モズのほかの記事は カテゴリ[モズ]
百舌鳥太郎の記事は タグ〔百舌鳥太郎〕



キッズgoo


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 百舌鳥太郎  モズ  ホトケノザ 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる