【 ヘビ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

ツツジの上で固まっている? シマヘビ

 公園の切りそろえられたツツジの上にヘビがいました。

この記事にはヘビの画像があります。


 黄土色の体に黒い筋。
 シマヘビです。

 写真を撮ろうと近づいても、動きません。
 普通、これくらいの距離ならヘビは逃げていきます。
 そうでなければ威嚇してきます。
 なぜでしょう?

縞蛇

 人間のように活動しやすい体温を維持できない爬虫類。
 活動しやすい体温に上げるために日向ぼっこをすることがあります。
 でも、今は暦の上では夏。
 暑い。

シマヘビ

 ヘビは体温調節が苦手なので体温が高いときには冷たいところの上で涼むこともあるそうです。
 植物は葉の裏の気孔から水を蒸発させることで温度を下げることがあるようです。
 曇りなので直射日光があたらず、ツツジが気温を下げるので、シマヘビは涼んでいるのでしょうか。

 謎です。

シマヘビ
縞蛇
Elaphe quadrivirgata
爬虫綱 有鱗目 ヘビ亜目 ナミヘビ科 ナメラ属

野外観察のための日本産爬虫類図鑑 第3版

新品価格
¥3,080から
(2022/6/26 22:28時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: シマヘビヘビツツジ

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

林道で出会ったヘビは隙間に潜り込んでいくヘビでした。

 低山の林道を歩いていると、細い長いものが道を横切りました。
 ヘビです。

この記事にはヘビの画像があります。


 日本には30種類以上のヘビが生息していますが、本州と四国と九州にいるのはたった8種類。
 覚えるのがかんたん。
 と思いますが、それぞれ色や模様のバリエーションがいくつもあり、小さい頃はマムシに似ているものもあってまぎらわしい。
 意外と一筋縄には行きません。

 このヘビは濃い黄土色かくらい茶色。
 するすると道を横切り舗装の下へ。


 刺激しないようにそっと覗くと、向こうもこちらを見ているようです。
 隙間で薄暗くてコンパクトデジカメのピントがなかなか合いませんが、ズームしてみると。

ジムグリ

 頭は鼻先がスパッと切れたような感じの長方形に近い台形。
 あごの後ろのエラはあまり張っていなくて、頭からそのまま胴へつながっているよう。
 黒いまだら模様がなんとなくヤマカガシのような気もしますが、あごから首にかけての白い筋がありません。
 そして、頭に黒いV字模様が。

地潜

 頭の模様と形などから、このヘビはジムグリ。
 名前の由来は、穴に入るところから。
 ネズミやモグラなど、穴に住む小型の哺乳類を食べるとか。

 この日も舗装の下の隙間に潜り込んでいきました。

Elaphe conspicillata

ジムグリ
地潜
Elaphe conspicillata
爬虫綱 有鱗目 ヘビ亜目 ナミヘビ科 ジムグリ属

山溪ハンディ図鑑 増補改訂 日本のカメ・トカゲ・ヘビ

新品価格
¥3,080から
(2021/9/28 23:46時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ジムグリヘビ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

ヘビはいつも突然現れて、あっという間に消えていく。 マムシの幼蛇

 ヒバカリの子供と思しきヘビと出会って数時間後。
 登山道を歩いているとまたガサッ。
 ヘビだ!

この記事にはヘビの画像があります。


 今度は、茶色系の薄い色から濃い色まで楕円形の市松模様のように並んでいます。
 これは!
 マムシだ!
 子供のマムシ。

 マムシは北海道から九州まで分布する毒蛇。
 その毒はときには死に至ることも。

ニホンマムシ
子供の間マムシそっくりになるヘビが数種いますが
目の瞳孔が縦長になっているのでマムシ
日本蝮

 ここは、山の中。
 マムシに噛まれたときには安静といわれますが、登山道で安静にしていたら死が訪れるだけ。
 とりあえず、助けを呼べるところ、できれば車が来られるところまで行かなければなりません。
 そしてなにより、電話の通じるところ。
 このまま下れば林道がありますが、手入れされていないので車は入ってこれません。
 なによりも携帯電話が通じません。
 ここの尾根には林道があるので車は上がってこれますが、携帯電話が通じるかどうかは微妙。
 噛まれて、腫れて、痛みを感じる状態で、下るほうが楽か、登るほうが楽か。
 一体どっちを選ばべいいのだろうか!

 と考えているうちにマムシは藪の中へ消えていきました。

ニホンマムシ
日本蝮
Gloydius blomhoffii
爬虫綱 有鱗目 ヘビ亜目 クサリヘビ科 マムシ属

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニホンマムシマムシヘビクサリヘビ科毒蛇

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

ヘビはいつも突然現れて、あっという間に消えていく。 ヒバカリの幼蛇

 登山道を歩いていると、ガサッ。
 ヘビです。

この記事にはヘビの画像があります。


 小さなヘビ。
 子供のヘビ。
 幼蛇です。

 全体が赤茶色っぽい。

日量

 首から頭にかけて逆ハの字型に白くなっている。

日計

 画像を拡大してみると、顎はどうやら白。

ヒバカリ

 ということは、ヒバカリの子供?

 スギの枯れ枝の中でこちらの様子をうかがってから、スギの落ち葉の中へ消えていきました。

ヒバカリ
日計,日量
Hebius vibakari vibakari
爬虫綱 有鱗目 ヘビ亜目 ナミヘビ科 ヒバカリ属

野外観察のための日本産爬虫類図鑑 第2版

新品価格
¥2,640から
(2020/8/12 22:27時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒバカリヘビナミヘビ科幼蛇

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

初夏の低山でいきなりヘビさんを驚かせてしまいました。ジムグリさん?

 新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が解除されましたので府県境を越えないよう、大阪府内の低山に登りました。

 落葉樹の下を歩いていると、いきない「ガサッ!」。

 音の大きさ、方向、距離からすると、ヘビ?

この記事にはヘビの画像があります。


Elaphe conspicillata

 そろりそろりと音のした方を見ると、やっぱりヘビ。
 黄土色っぽい色はシマヘビのようですが、肝心の黒い縞がない!

 えーと、ジムグリ?
 ジムグリの特徴の一つは、首がないこと。
 正しくは、首のクビレがないこと。
 ヘビは顎の付け根あたりが広がり、三角形っぽい頭をしていることがよくあります。
 毒のあるマムシは目立ちますが、毒のないシマヘビもちょこっと飛び出しています。
 ところがジムグリは、頭からそのまま胴へと流れるようにつながっています。

ジムグリ

 さて、そろりそろりと頭を上から見える位置に移動して、写してみると。
 首はないようです。
 それに薄っすらと頭に「Λ」模様。
 ジムグリのようです。

地潜

 ちょうど写真を写し終わった頃、森の中へ消えていきました。

 ジムグリ。
 地潜。
 Elaphe conspicillata
 爬虫綱 有鱗目 ヘビ亜目 ナミヘビ科 ナメラ属の固有種。

山溪ハンディ図鑑 増補改訂 日本のカメ・トカゲ・ヘビ

新品価格
¥2,464から
(2020/6/7 22:59時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ジムグリヘビナミヘビ科固有種

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

錦織公園で3匹目のヘビと出会いました。今度は生きてたの

 たくさんのネタをくれる錦織公園。
 里山をもした、樹木に覆われた公園です。
 でも、なぜかヘビがいません。
 何年も、何十回も来ているので、いまだ出会ったのは2匹だけ。
 しかも1匹は生きていませんでした。

この記事にはヘビの画像があります。


 そして、なんと、3匹目の錦織公園のヘビと出会いました。
 7月のとても暑い日。
 公園の南の入口。
 石水苑という小さな池と小さな滝がある庭がつくられています。
 木陰があり、テーブルつきのベンチがあるので休憩にはいいところ。

石水苑

 そこで池を眺めていると、岩の陰からなにか棒のようなものが流れてきました。
 と思ったら、岩陰に戻っていきました。
 変だな、と思ったて見に行ったら、ヘビでした。

泳ぐヘビ

 緑色のような、褐色のような、それで全体は黒っぽいような微妙な色。
 よく見ると黒い斑が規則的に並んでいます。
 画像を拡大してみると、目のところに太くて黒い線が入っています。
 おそらく、アオダイショウ。
 毒は持っていません。

アオダイショウ
アオダイショウ

 たいていヘビは人間を見ると逃げていくのですが、何故かこのアオダイショウは微妙に逃げ腰になるのですが、逃げていきません。
 頭を反対に向けているのですが、体は池の中。
 出ようとしません。


 記録的な暑さのため体温が上がりすぎ、池の水で冷やしたかったのでしょう。
 とはいえ、自分で体温を上げることはできないので、水に浸かりすぎると体温がさがりすぎて、動けなくなることもあるので、いつまでもつかっているわけにはいかないでしょうが。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アオダイショウヘビ錦織公園のヘビ錦織公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

シロマダラはどこで死んだのか?

 金剛山の二河原辺(にがらべ)道に次いで、また死んでいるシロマダラと出会いました。
 大阪では準絶滅危惧種のヘビです。

この記事にはヘビの画像があります。


 その公園はこのブログにとって重要な生き物フィールドの一つ。
 里山に植林して作られ、端から端まで歩くと20分あまり結構広い上に起伏に富み、木々に覆われ遠くが見えないため、道に迷っている人によく出会います。
 低山の森を好むシロマダラがこの公園にいてもふしぎじゃないように思えます。


 頭から尾の先までの全長は30センチ足らず。


 後頭部が白いので子供。


 ヘビとしての形はきれいに残っていますが、体の所々の皮膚が破れ、中は骨と皮だけ。内蔵も筋肉もなく、ぺらぺら。
 おそらく、シデムシのような小型の肉食昆虫に食べられたのでしょう。


 しかし、見つけた場所が、ちょっと問題です。
 実は、この公園はちょっと変なところがあるのです。
 それは、ヘビが極端に少ないこと。
 何年も公園に通って蛇を見かけたのは、実は2回め。
 ずっと回数が少ない金剛山のほうがもっともっとヘビと出会っています。
 公園で働いている方に聞いても、見かける回数は極端に少ないようです。

 はっきりとした理由はわかりませんが、少ない原因の一つとして考えられるのは、カエルが極端に少ないこと。
 大小の池があり、森があり、周囲に田んぼがあるので、トノサマガエル、アマガエル、ツチガエル、ヌマガエル、ヒキガエルなどがいても不思議はありません。
 しかし、公園で見かけるのは、外来種のウシガエルと、絶滅危惧種のニホンアカガエルのみという両極端。
 さらに、ネズミ類の姿も巣穴も見かけません。
 つまり、ヘビの食べ物になる生き物が極端に少ないのです。
 ですから、おのずとヘビも少なくなります。

ニホンアカガエル 大阪府レッドリスト 絶滅危惧II類(VU)

 なぜ、公園にカエルやネズミが極端に少ないのでしょうか。
 公園では動植物の調査が本格的に行われたことはないようですので、理由は想像するしかありません。
 想像できるもっとも単純な理由は、ネコ。
 公園にはノラネコがいます。
 総数はわかりませんが、決して少なくありません。
 捨てられたものとその子供と考えられています。
 公園の名前を書かないのも、捨て場として検索されにくくするため。

 それだけたくさんのネコは一体何を食べているのでしょう。
 禁止されている餌やりをする人もいますが、ただただ餌をおいているだけ。
 きっちりとネコを管理しているようには見えません。
 実際、カラスがネコを押しのけ食べているところを見たこともあります。
 常識的に考えれば、人間から食べ物がもらえない序列が低いネコがいるでしょう。
 そういったネコは何を食べるのか。
 それは公園にいるもの。
 飼い猫ばかり見ていると信じられないかもしれませんが、ネコはネズミや鳥はもちろん、カエルやヘビに昆虫も食べます。

 そんな公園ですから、シロマダラのような準絶滅危惧種のヘビがいることには、ちょっとびっくりしてしまいます。
 誰かが捨てた可能性もありますが、公園の入口から10分は歩かなければなりません。
 それにシロマダラは夜行性で、捕まえるのも簡単ではないでしょう。
 カラスがくわえてきたものをここに落としたことも考えられます。
 しかし、シロマダラがいそうな森は近くても1キロくらい離れています。
 やはり公園に住んでいると考えるのがもっとも納得がいきます。

 このシロマダラがどこに住んでいたのか、はっきりとしたことはわかりません。
 もし、この公園に住んでいたとするのなら、もっとヘビがたくさんいる環境になれば、いや戻れば、いいなと思います。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: シロマダラヘビノラネコノネコニホンアカガエル絶滅危惧種大阪NT

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS