【 プランター稲の乾燥】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

実は2020年もやっていたプランター稲 その結果は?

 遅れましたが2020年のプランター稲の収穫結果。


 モミの総量はたったの50グラム!

 発芽がうまくいかず苗の元気がなかった2019年は90グラム。
 肥料を控えカブトエビの餌を入れた2018年は72グラム。
 シリカ以外の肥料を使わなかった2017年はたったの16グラム。
 苗を2本しか植えなかった2016年は100グラム。
 病気の影響が大きかった2015年は65グラム。
 スズメの大群に襲われた2014年は40グラム。
 出穂前に葉が病気になった2013年は150グラム。
 有機肥料を使いすぎた2012年は30グラム。
 肥料が調節された土を使った2011年はなんと250グラム。

 50グラムは普通に見えますが1年めの250グラムからすると1/5。
 その原因は。
 トビイロウンカ。
 梅雨頃、中国や台湾からジェット気流に乗って日本にやってきて、爆発的に増え、秋の稲に大きな被害を出す害虫。
 どんな被害かというと、花は咲いても実がならない。
 たくさんのもみがついても中身がないぺたんこで軽いもみばかりになるそうです。
 2020年のもみはそんな感じ。
 これを唐箕(とうみ)などで空のもみを飛ばせばもう少し減るでしょう。
 もちろん、トビイロウンカは確認しています。


なんか軽そうでぺたんこに見えるのがトビイロウンカのもみ

 トビイロウンカにはじめて気がついたのは2019年。
 このとき、大発生は稲刈り後だったので被害はありませんでした。
 2020年もそれほど多くはないと思っていたのですが、被害が出ました。


色が薄く見えるのがトビイロウンカのもみ

 2021年はトビイロウンカ対策が必要でしょう。
 1センチもない成虫を防ぐには、目の細かい網で覆う?
 それとも用心棒をスカウトする?
 今年の課題です。

 いまのところ、ハエトリグモをスカウトしようかと思っていますが、一体どこにいるのか。
 まだいい方法が見つかりません。

プランター稲・バケツ稲の索引2015

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: プランター稲2020プランター稲プランター稲ビオトープ2020プランター稲の害虫プランター稲の収穫プランター稲の稲刈プランター稲の乾燥

関連記事
スポンサーサイト



theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

戦いの長い道のり その2 バケツ稲プチビオトープ2014


 葉の色が薄くなって成長が悪くなる病を乗り越え、だんだん穂が垂れてくるプランター稲。

 もちろん、そうなると「あいつ」がやってくる。

 小さな「あいつら」が。

 スズメ。

 最初の年こそやってこなかったのですが、翌年から毎年やってくるようになりました。



 スズメはいつも熟す前にやって来ます。

 ということで、今年もイネを網でまくことにしました。

 上下は開いていますが、去年までこれで大丈夫でした。

 これで食べらられることはないでしょう。



スズメよけの網を巻いた稲
スズメよけの網を巻いた稲




 と思っていたら、籾殻(もみがら)が転がっていました。

 どうやら、網の上か下から入って食べたようです。

 今までは大丈夫だったのに、スズメが進化しています。

 仕方ないので上から下まで覆いました。



犯人のおとしもの?
犯人のおとしもの?




 しかし掃除したはずなのにまた籾殻が落ちています。

 どうやら、網の隙間から入り込んでしまったようです。

 そういえば、スズメは体が通る隙間があったら簡単に入り込むことを忘れていました。

 しかも羽毛で膨らんでいるので、実際は見た目よりもかなり細い体をしています。

 この進化したスズメの侵入を阻止するのは難しそうです。



スズメに食べられてしまった稲穂
スズメに食べられてしまった稲穂




 とにかくスズメが入りそうな隙間を見つけて埋めていくのですが、旅館を増築するかのごとく、付け足し付け足しをしたうえに、ありあわせのものでつくったので、完全に隙間を埋めることはできなかったようです。

 しかたがないので、ちょっと早めに収穫しました。



収穫時のかなり悲惨の稲穂
収穫時のかなり悲惨の稲穂




 2014年の結果。脱穀した状態での重さ。

 プランター 40g
 バケツ 65g
 ペットボトル 25g

 まず、大きいプランターのほうがバケツより少ないというのは、異常です。

 そして前年、2013年と比べて見ると。

 プランター 150g
 バケツ 90g
 ペットボトル 20g。

 スズメはプランターを集中的に食べたことがわかります。



ちょっとノギがある脱穀が終わった籾
ちょっとノギがある脱穀が終わった籾




 ついでに有機肥料を使いすぎて水が悪くなった2012年は。

 プランター 30g
 バケツ 11g
 ペットボトル 量るほどもなし

 苗を買い、肥料などが調整された苗代用の土を使った2011年は、プランターだけで250g。

 同じプランターで育てたものとはとても思えません。

 有機肥料が多すぎて水が悪くなり、できるだけ水が入れ替わるようにしていたのですが、それがこの惨憺たる結果。

 まだスズメの被害のほうが少ないので、水の管理がいかに大切かということがわかります。

 田んぼに有機肥料というのは珍しい話ではありませんが、プランターという小さな世界では、なかなかいいバランスを保つのは難しいようです。



 ということで、2015年ははじめからきっちりとしたスズメ対策をしたいと思います。

 そうしなければ、年々大胆になってくる進化スズメに対抗できなくなるでしょう。



タグ♦ プランター稲2014年 バケツ稲

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: プランター稲2014プランター稲バケツ稲収穫プランター稲の防鳥プランター稲の収穫プランター稲の乾燥プランター稲の脱穀プランター稲の考察

関連記事

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

やっと稲刈り。プランター稲・バケツ稲・ペットボトル稲2013


 下赤阪(しもあかさか)の棚田ばかりに気を取られている間に、自分の田んぼのほうがおろそかになってしまいました。

 だいぶ遅れましたが、やっと稲刈りです。
 いや、園芸バサミで切りましたから、稲切りです。



稲切り前のプランター稲
稲切り前のプランター稲




 去年とちがい今年はそこそこ実りました。

 ちょうど穂ができるくらいの時期に病気になったため、丈もちょっと低く1年目のような豊作とはいきませんが、ここまで実るとは思っていませんでした。

 去年は不作で、原因は有機肥料のせいで水の質が変わってしまったためではないかと思っていましたが、どうやらそのようです。

 やっぱりプランターやバケツのような小さな環境では、有機肥料ではなく化成肥料のほうがいいようです。



垂れるプランター稲の稲穂
垂れるプランター稲の稲穂




 籾(もみ)が黄色くなり、葉も黄色くなり始めた頃から水を減らしていき……そのままになっていました。

 稲切りは簡単。

 分げつして増えた稲株をむんずとつかみ、ハサミでじょきり。

 そのあとはビニール紐できつく縛って、100円ショップで売ってるS字フックをかけて、物干し竿へ。



組み立ての必要のない稲架(はさ) 別名「物干し竿」
組み立ての必要のない稲架(はさ) 別名「物干し竿」




 スズメ対策の網を巻きつけて、雨がかからないようにして、1ヶ月ほど干したら、いよいよ脱穀(だっこく)籾摺(もみす)りです。



◆タグ プランター稲2013 バケツ稲 プランター稲  ◆

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: プランター稲2013バケツ稲プランター稲稲刈りプランター稲の登熟プランター稲の収穫プランター稲の稲刈プランター稲の乾燥

関連記事

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS