【 ブナ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·ブナ  ·大鳥居の墓碑守山毛欅  ·金剛山  ·金剛山の植物  ·金剛山の樹木  ·霧氷  ·巨樹・古樹・老樹  ·ブナ  ·コケ  ·霧氷  ·樹氷  ·金剛山の植物  ·冬の金剛山  ·ブナ  ·大鳥居の墓碑守山毛欅  ·金剛山  ·金剛山の植物  ·金剛山の樹木  ·霧氷  ·巨樹・古樹・老樹  ·巨樹・古樹・老樹  ·ブナ  ·金剛山  ·金剛山の樹木  ·金剛山の植物  ·巨樹・古樹・老樹  ·ブナ  ·金剛山  ·金剛山の樹木  ·金剛山の植物  ·どんぐりハンドブック  ·どんぐり  ·コナラ  ·シラカシ  ·クヌギ  ·ブナ  ·秋の実  ·冬の実  ·ハンドブック(文一総合出版)  ·文一総合出版  ·ブナ  ·どんぐり  ·金剛山  ·千早本道

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

巨樹・古樹・老樹 その69 金剛山の葛木神社の大鳥居の墓碑守の山毛欅 其ノ貮

 金剛山の山頂から少し離れた大鳥居の近くにある小さなブナ林。
 山頂周辺のブナ林から離れた杉林の中。
 どうしてここだけブナが残されたのかはわかりません。
 ブナ林の中には墓碑がいくつも並んでいます。
 その墓碑を守るためでしょうか。

金剛山の葛木神社の大鳥居の墓碑守の山毛欅(2018年1月)

 ここのブナ林にはよく来ます。
 霧氷の季節に惹かれます。
 ほかの植物に邪魔されることなく、真下から、離れたところから、いろいろなところからブナを見ることができる場所です。

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自基準で選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ブナ  大鳥居の墓碑守山毛欅  金剛山  金剛山の植物  金剛山の樹木  霧氷  巨樹・古樹・老樹 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

大きなブナとコケの秘密の関係?

 冬の金剛山。
 山の大部分が大阪と奈良にある山。
 標高が1000メートル余りの低山ですが、日本で3番目に最高峰が低い大阪では、低くても霧氷が見られる貴重な場所です。


 尾根道。
 山頂が近いのでブナの大木があちこちにあります。
 霧氷がついたブナの幹。


 でも、よく見ると霧氷がついているのは、コケ。
 名前はわかりませんが、蘚類のコケが幹をぐるりと覆っています。
 なんだかブナがコートを着ているようです。


 木の幹にコケや地衣類が張り付いていることは、よくあります。
 それは木から栄養を盗む寄生ではなく、足場として利用しているだけの着生。
 木にどういう影響を与えているのかわかりませんが、街路樹によく使われるケヤキやナンキンハゼは古い樹皮ごとコケや地衣類を落としてしまいます。
 それを見ると、木にとっては邪魔なんだろうな、と思います。
 しかし、ブナは樹皮をボロボロ落としません。
 幹のコケや地衣類はひっついたまま成長していきます。
 ですからブナの太い幹には大きな地衣類がよくついています。


 地衣類は1年で数ミリしか成長しないとてものんびりした生きもの。
 それが10センチも20センチも育つのにはそれだけの時間が必要。
 それを許しているブナの大木は、なんておおらかなんだろう。
 そう思っていました。


 しかし、幹についたコケが霧氷で覆われているところを見ると、そうか、これが真の目的だったんだな。
 そう思ってしまいます。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ブナ  コケ  霧氷  樹氷  金剛山の植物  冬の金剛山 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その55 金剛山の葛木神社の大鳥居の墓碑守の山毛欅

 修験道の開祖が開いたといわれる金剛山。
 山頂には転法輪寺と葛木神社がある、神仏習合の雰囲気を今も残す場所です。

 神社から少し下ったところに大きな鳥居が立ち、その近くに大きなブナの林があります。
 ブナ林には小さな石碑がいくつも並んでいます。
 「阿闍梨」と書かれたものがあり、今でも花などが供えられているので、高僧の墓碑のようです。
 神社から離れ、杉林の中に大きなブナが残ったのは、墓碑があるからなのかもしれません。

 墓碑のすぐそばに立っている大きなブナがあります。
 まるで墓碑を守っているようです。

金剛山の葛木神社の大鳥居の墓碑守の山毛欅(2017年2月)

 すべての葉が落ち霧氷がついた冬のブナ。
 葉が落ちたからこそその大きさがよくわかります。


 ブナの前にもお供え物があり、まるで神様のようです。
 普通、仏教では木を仏として扱うことはないと思うのですが。
 神仏習合としてはじまった修験道ですから、年老いた木に神を見ることもあるのかもしれません。
 それとも、ブナが墓碑がわりなのでしょうか。

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自基準で選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ブナ  大鳥居の墓碑守山毛欅  金剛山  金剛山の植物  金剛山の樹木  霧氷  巨樹・古樹・老樹 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その49 金剛山遊歩道の寺谷出会い東の山道覆い山毛欅

 日本でも千葉県、沖縄県に次いで最高峰が低い大阪のすぐそばにある大きなブナ林。
 金剛山のブナ林。
 金剛山は大阪と奈良の境にある山。
 大阪と奈良・和歌山の府県境は、金剛山地や紀伊山脈の府県分水嶺となる稜線ですが、なぜか金剛山山頂付近は八合目あたりをぐるりとまわって、ブナ林がある山頂付近はほとんど奈良県。

 数カ所あるブナ林。
 その中の金剛山遊歩道の文殊岩近くの寺谷出会い東の谷張り出しブナ。
 その近くの山側に枝を遊歩道を覆うように広げたブナがあります。

金剛山遊歩道の寺谷出会い東の山道覆い山毛欅(2016年11月)

 山側斜面に生えているので、近づくと見上げなければ見えません。
 地衣類が着いた樹皮、四方に伸ばした枝がいかにもブナ。
 ただ、黄葉も終わりかけ、葉が散りかけなのが残念。


 歴史の古い神社に守られた金剛山のブナは、大きな木がたくさんあります。
 新緑の初夏、黄葉の初冬、樹氷の冬。
 それぞれ季節の顔があります。
 お気に入りのブナを見つけ季節のうつりかわりを感じるのもいいかもしれません。

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自基準で選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 巨樹・古樹・老樹  ブナ  金剛山  金剛山の樹木  金剛山の植物 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その48 金剛山遊歩道の寺谷出会い東の谷張り出し山毛欅

 スギやヒノキに囲まれるように、ブナ林が残る金剛山山頂付近。
 大きなブナを見ることができる場所は、千早本道八合目~九合目、葛木神社裏参道、一の鳥居付近などがあります。
 そして金剛山遊歩道の細尾谷付近。
 もちろん、それ以外にも所々でブナの大きな木を見かけます。

金剛山遊歩道の寺谷出会い東の谷張り出し山毛欅(2016年11月)

 ブナらしくまっすぐ伸びていますが、左の谷側ばかりに枝が張り出しています。
 右の山側はもっと上の方に多くの木々が枝を広げています。
 ライバルがいなくて光がやってくる谷側に枝を伸ばしたのでしょう。


 11月中旬。
 平地でもあちこちで紅葉が見頃になっていました。
 この日は多くのブナが落葉していたのですが、ここのブナはまだ黄葉が残っていました。

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自基準で選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 巨樹・古樹・老樹  ブナ  金剛山  金剛山の樹木  金剛山の植物 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

秋になると欲しくなる1冊。実は一年中使えます!『どんぐりハンドブック』いわさゆうこ 著 文一総合出版 刊

 秋になると、子どもたちがなぜか集めはじめるのがどんぐり。
 みんな同じように見えるどんぐりにも、いろいろと種類があります。
 日本に自生しているどんぐりを集めた図鑑。
 それが『どんぐりハンドブック』。

どんぐりハンドブック

新品価格
¥1,296から
(2016/9/28 20:51時点)

 どんぐりの説明から、どんぐりができる樹木の特徴も載っています。
 そんな本ですから、どんぐりだけでなく葉っぱからもどんぐりの木が探せるようになっています。
 ですから落ちていたどんぐりが、どの木から落ちたのかもわかるかもしれません。

近畿では里山の定番コナラのドングリ

 どんぐりの定義にはいろいろありますが、この本ではブナ科樹木の堅果のこととしています。
 そすると、実はどんぐりにも思ってもいないような形があり、なんと、クリもどんぐりになってしまいます。
 ほかにも花が咲いてから数ヶ月でできるどんぐりから、1年以上かかって次の年になってやっと熟すものまで。
 形も丸いのから細長いの、三角のものまで様々。

まとまってできるシラカシのどんぐり

 この本でどんぐりのことを勉強して近所を歩いてみると、実に色んな所にどんぐりの木があることがわかります。
 公園はもちろん、道端や垣根まで。
 特に垣根のどんぐりの木は毎年刈り込まれどんぐりができないので、まったく気づきませんでした。

できるのに2年かかるクヌギの若いどんぐり

 そんなどんぐりのできない木には葉の形の索引がついています。
 解説ページには、花の写真もありますから、どんぐりの無い季節でもだいじょうぶ。
 一年中、どんぐりの木のことがわかります。

中身が出てしまったブナのどんぐりの殻斗

 ということで、山から雑木林に、公園街路に、垣根まで。
 いたるところに生えている、そして植えられているどんぐりの木の世界。
 『どんぐりハンドブック』で1歩踏み出してみると面白いかもしれません。

■参考外部リンク■
文一総合出版

どんぐりハンドブック

新品価格
¥1,296から
(2016/9/28 21:02時点)

日本どんぐり大図鑑

新品価格
¥5,184から
(2016/9/28 21:05時点)

どんぐりの図鑑―フィールド版

新品価格
¥1,296から
(2016/9/28 21:07時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: どんぐりハンドブック  どんぐり  コナラ  シラカシ  クヌギ  ブナ  秋の実  冬の実  ハンドブック(文一総合出版)  文一総合出版 

関連記事

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

2015年の金剛山のブナは豊作?

 ちょっと遅れた初詣に登った金剛山。
 毎年最初の登山は最も登山者が多いと言われる千早本道。
 標高差600メートル。
 延々と続く階段は「登山者」におもしろくないと敬遠され、小学校が耐寒登山に使う道でもあり「登山者」にバカにされることもあります。
 でも、8合目直前からブナ林がひろがり、金剛山の中でも多くのブナを間近に見られる屈指の登山道です。

葉が落ちた千早本道八合目の冬のブナ林
ブナ林
ヤドリギがたくさん付いているのがわかります

 東北のひとにとって、ブナという木はそれほど大騒ぎするほどではないかもしれません。
 しかし、暖かいところではほかの木々に負けてしまうブナは、大阪近辺では標高800メートル以上で、神社やお寺に守られスギやヒノキの植林を免れたところだけにしか見られない樹木です。
 最も高い金剛山以外は、すべて1000メートル以下という大阪周辺の山では、ブナが残っているところは数えるほどしかありません。

特徴的なブナの葉
ブナの葉
中心の主脈から左右に伸びた側脈の先が凹んでいるのが特徴
普通側脈の先は飛び出してます

 8合目からブナ林の中を歩いていると、いつもとちがうことに気付きました。
 殻斗(かくと)があちこちに落ちています。
 「殻斗」はどんぐりの帽子のような部分。
 クリのイガイガのところも殻斗です。
 落ちているのはもちろんブナの殻斗。

ブナのどんぐりの殻斗
ブナの殻斗
カシやナラのどんぐりのような帽子型ではなく
ブナはクリのように全体を覆うタイプ
登山道で何度も踏まれたようでトゲがなくなっています

 ブナ林ですから落ちていて当然と思うかもしれません。
 ところが、ブナはほかのどんぐりの木とちがい、どんぐりはあまりなりません。
 実際、金剛山のブナ林では秋から冬にかけてブナのどんぐりを見ることはほとんどありません。
 それが、あちこちに落ちているのです。

ブナのどんぐり
ブナのどんぐり
でっぱりが3つある三角錐のような変わった形のどんぐり
これが殻斗の中に二つ入っています

 今落ちているのは、そんなに古いものではありません。
 去年の秋に熟して落ちたものでしょう。
 ブナは7~8年おきに豊作になると言われます。
 ということは、2015年は金剛山のブナの豊作の年だったのかもしれません

【中苗】 ブナ「P23Jan16」

価格:1,620円
(2016/1/24 23:16時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ブナ  どんぐり  金剛山  千早本道 

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる