【 フユノハナワラビ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

新しいハナワラビとの出会い 大花蕨?

 オオハナワラビらしきシダと出会いました。

オオハナワラビ?
オオハナワラビ

 オオハナワラビ(大花蕨)は、ハナヤスリ科ハナワラビ属のシダ植物。
 細かく分かれた葉を数枚出し、胞子嚢がたくさんついた穂を1本。
 高さは高くても40~50センチくらいのこじんまりとしたシダです。
 秋から冬、熟した胞子嚢穂が金色に見えるのが特徴。

 でも、ちょっとびっくりしました。
 ここには生えていないと思っていましたから。

 オオハナワラビによく似たシダにフユノハナワラビ(冬の花蕨)があります。
 そっくりです。

フユノハナワラビ
フユノハナワラビ

 今までの経験では、生える場所が違っていました。
 オオハナワラビは、低山の林内。
 フユノハナワラビは平地の林内。
 ここはフユノハナワラビがあちこちで生えている場所。
 ですからオオハナワラビはないと思っていました。

 フユノハナワラビをオオハナワラビと勘違いしていないか、同じところに生えているオオハナワラビ(仮)とフユノハナワラビを比べてみます。
 わかりやすい違いは、葉の縁のギザギザ、鋸歯。
 オオハナワラビは鋭頭、というか、先が尖ったギザギザが連続しています。

鋸歯の先が針のようにとがったオオハナワラビ?

 フユノハナワラビは鈍頭、というか、葉の縁がところどころで切れ込むような形。

鋸歯の先がつぶれたようになっているフユノハナワラビ

 たしかにオオハナワラビとフユノハナワラビのようです。

 ほかには、オオハナワラビは茎に毛が生えています。

茎に毛が生えているオオハナワラビ?

 フユノハナワラビは毛がありません。

茎に毛がほとんどないフユノハナワラビ

 また、オオハナワラビの葉とによく似たアカハナワラビも毛がありません。

 くらべてみるとたしかにオオハナワラビのようです。

だいぶ金色に近づいてきたオオハナワラビ?の胞子嚢穂

 実は、オオハナワラビから数メートル離れたところにフユノハナワラビがあります。
 もしかすると、オオハナワラビと思っている中に、両方の雑種のアイフユノハナワラビがあるかもしれません。

 いったい、どっちなんでしょうか。
 いきものはややこしい!

日本産シダ植物標準図鑑2

新品価格
¥21,722から
(2019/12/6 22:01時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オオハナワラビフユノハナワラビハナワラビハナヤスリシダ冬のシダ

関連記事
スポンサーサイト



theme : 山野草
genre : 趣味・実用

冬になったんだなあと思う ふゆのはなわらび

 11月。

 ちっちゃいフユノハナワラビ。

フユノハナワラビ

 ちっちゃくてもちゃんとフユノハナワラビ。

 水平にギザギザいっぱいの葉を伸ばして、真ん中から小さな花がついた柄をのばす変な形の植物。


 実は、シダ植物。
 花のように見えるのは、胞子が詰まった胞子嚢がたくさん並んだ胞子嚢穂。
 胞子が熟すと金色に見えます。

 冬が楽しみな植物。

 今年の立冬は11月8日。
 冬が来たと実感します。

シダハンドブック

新品価格
¥1,320から
(2019/11/2 23:58時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: フユノハナワラビシダハナワラビ冬緑性シダ錦織公園のシダ錦織公園

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

この冬のフユノハナワラビはちょっと遅かった

 好きなシダ。
 フユノハナワラビ。
 ワラビやゼンマイのように伸び上がってたくさんに分かれた葉をつけるシダではありません。
 もっと小さなシダ。
 そして金色の花を咲かせます。


 シダは花が咲かないので、正しくは胞子を作る胞子嚢穂(ほうしのうすい)。
 花のようなものですが。
 普通、植物というと春から秋にかけて成長するもの。
 冬は枯れて地面の下やタネで春を待つか、葉を残しつつもじっと春が来るまで待ちます。
 ところが、このシダは夏はあまり目立たず、秋から成長して冬に胞子をつける冬緑性。

 1月。  それがちょっと遅れて黒くなってしまいました。



 それはそれでいいですね。

山野草:フユノハナワラビ 7.5cmポット苗

価格:712円
(2019/1/28 22:48時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: フユノハナワラビハナワラビハナヤスリシダ錦織公園のシダ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

いきなりしつもん。どっちがシダ?

いきなり質問です。どっちがシダでしょう?
どっちがシダ?

 二つの植物が並んでいます。
 どちらかがシダで、どちらかがシダではありません。

どちらもシダっぽくない葉です。
複葉1 複葉2

 シダの特徴というと、葉が切れ込んで鳥の羽のようになっている羽状複葉。
 そしてそれを同じようなパターンで繰り返すフラクタルな模様で、葉の全体が三角形のようになります。
 すべてのシダがそうではありませんが、特徴の一つです。
 ところがどちらもシダのようですが、羽状というほど葉の切れ込みは深くありません。

これが1枚の葉です。
1枚の葉1 1枚の葉2

 右は同じような形の葉が三角形に並んでいます。
 ところが、左はちょっとへんです。
 一つの茎から大小4つの葉が出ているようですが、全部合わせて一つの葉。
 シダかどうか以前に、なんかへんです。

これが“花”です。
花? 花

 最後のヒント。
 左は花弁はもちろんオシベやメシベも見えず、小さなタネができているようです。
 右は花弁がないようですが、オシベやメシベが飛び出した花のようです。
 でも、それが一番のヒントになります。

答えは 左がシダです。

 といっても、よくあるシダとはちょっとちがいます。
 フユノハナワラビといって、マツバラン綱のシダ。
 普通のシダはシダ綱。
 葉の形がちがうのは、ちょっと離れた種類のため、かも。

 地面から生えるシダは、地面の上に出ているところは、葉。
 茎は地面の下です。
 ですから、茎からたくさんの葉が生えているように見えても、1枚の葉が分かれているだけ。
 これはフユノハナワラビも同じ。

フユノハナワラビの全体はこんな感じ
フユノハナワラビ

 そして左は、セリバオウレン。
 キンポウゲ科の多年草。
 葉が細かく分かれる3出複葉で、茎が地面の下にある根出葉。
 ちょっとシダっぽい種子植物。

 ちょいっと変わったシダのフユノハナワラビは、すでに紹介したように錦織公園でみつけたもの。
 何年も通って今ごろ見つけた理由は、一番上の画像のように、セリバオウレンの群落の中に埋もれていたからにちがいありません。
 シダ植物と種子植物。
 結構間が離れた植物ですが、意外と似ているところがあるのが、おもしろいとおもいます。

タグ♦ いきなり質問

■参考外部リンク■
錦織公園 | 大阪府富田林市 大阪府営公園

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: いきなり質問フユノハナワラビセリバオウレンシダ

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

初冬の公園で見つけた金色の花 フユノハナワラビ

好きなシダってありますか?

 好きな草花や好きが樹木がある人は少なく無いと思います。
 でも、好きなシダがある人はどうでしょうか。

 好きなシダがあります。
 それがハナワラビ。


草本でもないシダでもないちょっとかわったハナワラビ

ハナワラビ

 ハナヤスリ科ハナワラビ属のシダ植物。
 細かく枝分かれを繰り返す羽状複葉の葉はシダらしいのですが、全体で多角形っぽい形にまとまっています。
 さらに葉は1枚だけ。羽状複葉なのでたくさんあるように見えますが、葉柄はひとつ。
 このようにちょっとかわったシダ。

 そしてシダが多く含まれるシダ綱ではなく、マツバラン綱に含められています。それもとりあえず。
 そんなちょっとかわったシダです。
 そして一番の特徴は、胞子葉の先についた胞子嚢(ほうしのう)が、まるで金色の花が咲いているように見えます。


まるで金色の花が咲いているようなハナワラビの胞子嚢

里のハナワラビ

 今までは高野山などの山で見ていましたが、ついに公園で出会うことができました。
 場所はお馴染みの錦織公園。
 丘陵地帯に残った里山を利用した公園です。
 生えていたのはフユノハナワラビ(冬の花蕨)。
 高野山などの山で出会ったオオハナワラビよりもちょっと小さく、里のような人手の入ったところに生えるハナワラビです。


フユノハナワラビの鋸歯
鋸歯の先が針のようになっていたらオオハナワラビかも

 それがいつも通っているとことに生えていました。
 狭い範囲ですが何箇所も。
 群生しているところもありました。
 今まで気づかなかったのに驚きです。


ちょっと大きめのフユノハナワラビ

フユノハナワラビ

 フユノハナワラビは、冬の間だけ葉を広げ、夏の間は枯れてしまう冬緑性のシダ。
 胞子葉が枯れてしまったら地面に張り付くような低い丈。
 そして同じような葉のセリバオウレンの中に埋もれたいたりしたら、胞子葉が出ていなければ気づかないのも当然。
 それでも見逃したのは、観察力が足りなかったかも。
 残念です。
 でも、今気付けたのはうれしいことです。

■参考外部リンク■
錦織公園 | 大阪府富田林市 大阪府営公園

[ シダ ] フユノハナワラビ

新品価格
¥648から
(2015/11/15 23:57時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: フユノハナワラビハナワラビシダ錦織公園

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

オオハナワラビの大群落 さすが100年の京都府立植物園


 京都の下鴨神社(しもがもじんじゃ)上賀茂神社(かみがもじんじゃ)の中間にあるのが京都府立植物園。

 100年近い歴史がある植物園です。


京都府立植物園のオオハナワラビ
京都府立植物園のオオハナワラビ

 植物園の北側にある「なからぎの森」は京都盆地の昔の面影を残す植物が生える自然林となっています。

 11月の終わりころ、そこで出会ったのがシダ植物のオオハナワラビ。

 金色の胞子嚢(ほうしのう)をつける姿が、金色の花を咲かせているように見える植物です。



 植物園だけに植えられているのか思いますが、藪の中に群落をつくっています。

 自然のハナワラビを見たことがあるのは山の中だけ。

 しかし、人間が開拓する前には、平地にも生えていたのかもしれません。



京都府立植物園で群生しているオオハナワラビ
京都府立植物園で群生しているオオハナワラビ




 「ハナワラビ」にはいくつか種類がありますが、よく似ているものにオオハナワラビとフユノハナワラビがあります。


この状態だとオオハナワラビと区別がつかないフユノハナワラビ[トエンティクロス(六甲山地)]
この状態だとオオハナワラビと区別がつかないフユノハナワラビ
[トエンティクロス(六甲山地)]



 本当によく似ていますが、見分けるポイントの一つが葉。

 オオハナワラビは葉の縁のギザギザ(鋸歯(きょし))が細かくとがっています。

 それに対してフユノハナワラビはギザギザは目立ちません。


鋸歯が細かいオオハナワラビ[京都府立植物園]
鋸歯が細かいオオハナワラビ
[京都府立植物園]
鋸歯が目立たないフユノハナワラビ[トエンティクロス(六甲山地)]
鋸歯が目立たないフユノハナワラビ
[トエンティクロス(六甲山地)]



■外部リンク■
京都府立植物園-京都府ホームページ

六甲砂防 - 六甲山ハイキングガイド | トゥエンティクロス


シダハンドブック

新品価格
¥1,320から
(2020/2/16 13:57時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オオハナワラビ京都府立植物園シダハナワラビフユノハナワラビ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS