【 ヒョウタンゴミムシ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

かっこいいのに「ゴミムシ」はちょっと残念。畑のヒョウタンゴミムシ

 ヒョウタンゴミムシの話題が出たので、2年前のナガヒョウタンゴミムシを。

この記事にはの画像があります。


 ゴミムシの仲間で、翅のない前胸と、鞘翅がある中胸の間がくびれていることが名前「瓢箪(ひょうたん)」の由来のようです。


 ゴミムシといってもゴミを食べるのではなく、ほかの昆虫などの小さな動物や、その死骸などを食べる肉食性の甲虫です。


 目立つ大顎を持っている種類が多いゴミムシの中でも、大きな顎を持つのがヒョウタンゴミムシの仲間。
 まるでクワガタムシのメスか小型のクワガタみたいです。
 というか、チビクワガタよりも大きな顎です。


 ヒョウタンゴミムシの仲間は海岸に住むものと、畑などに住むものがいて、これは畑に住む方。
 図鑑を見ると、畑に住むのはナガヒョウタンゴミムシとホソヒョウタンゴミムシがいるようです。
 ちがいは真ん中の脚、中脚の脛節の外側にトゲが1本ならナガヒョウタンゴミムシ、2本ならホソヒョウタンゴミムシ。


 クワガタムシとちがって動き回るのでなかなかきれいな写真が撮れませんが、どうやら1本のようです。
 ナガヒョウタンゴミムシ。

 また出会えればうれしいな。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ナガヒョウタンゴミムシヒョウタンゴミムシゴミムシ甲虫

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

大顎と自由に動きそうなクビレがカッコいい! ヒョウタンゴミムシ

 ゴミムシ。
 前翅が硬くなった甲虫目のオサムシ亜目の中からオサムシ亜科を除いたグループ。
 ゴミ溜めなどで見かけることが由来と言われますが、それが目立ち、グループ全体の名前になってしまいました。

この記事にはの画像があります。


 石の下とかにいて、チョロチョロと走り回り、あまり好きな見た目ではありません。
 が、例外もあります。

 ヒョウタンゴミムシ。
 名前のように体の真ん中あたりにくびれがあり、他のゴミムシよりも大きく平たい頭部には、他のゴミムシよりも大きな大顎。
 ゴミムシというより、スリムなクワガタ?

 そのヒョウタンゴミムシに会うことができました。

Scarites terricola pacificus

 これが2回目。
 前回と概ね同じ場所。
 前回調べたとき、この場所で出会う可能性があるヒョウタンゴミムシには2種類あったことを思い出しました。
 でも見分けるポイントを覚えていません。
 スマホで探すのも面倒ですので、写真を何枚も撮りました。

ナガヒョウタンゴミムシ

 家でポケット図鑑で調べてみると。
 中脚脛節(真ん中の脚の人間でいうとスネのようなところ)の外側のトゲが1本ならナガヒョウタンゴミムシ、2本ならホソヒョウタンゴミムシ。
 このヒョウタンゴミムシは。

長瓢箪塵虫

 1本のようです。
 ナガヒョウタンゴミムシです。

 カッコいいゴミムシ。
 次会えるのはいつになるでしょう。

ナガヒョウタンゴミムシ
長瓢箪塵虫
Scarites terricola pacificus
昆虫綱 コウチュウ目 オサムシ亜目 オサムシ科 ヒョウタンゴミムシ亜科 ヒョウタンゴミムシ属

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ナガヒョウタンゴミムシヒョウタンゴミムシゴミムシオサムシ亜目

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

絶滅危惧種の大顎のカッコいい昆虫もいます!「いきもの いっぱい 大阪湾 ~フナムシからクジラまで~」

特別展でお馴染みの幟
特別展でお馴染みの幟

 大阪湾の生き物と、それにまつわる人々の文化が展示されている大阪市立自然史博物館の「いきもの いっぱい 大阪湾」。

 タイトルが「大阪湾」ですから、海の生き物ばかり、と思うかもしれません。

 それはちょっとだけ正確ではありません。

 大阪湾に接している海岸の陸側に住んでいる生き物も、虫から植物までいろいろ展示されています。



この記事にはの画像があります。





たとえば海岸の松林に生えるキノコのショウロも展示されています
たとえば海岸の松林に生えるキノコのショウロも展示されています



 そんな中に一度野外で出会ってみたいと思っている生き物がいました。

 ヒョウタンゴミムシ。

 オサムシの仲間の肉食甲虫です。

 ただオサムシよりも大顎(おおあご)が発達していて、小型のクワガタかメスのクワガタくらいの感じです。

 ただクワガタと決定的に違うのは体の形。

 胸のところ(前胸と中胸の間)、つまり翅(はね)のないところと翅のあるところの間でくびれていること。
 それがヒョウタンのようだというのが名前の由来。

 これも普通のゴミムシともちがいます。



ヒョウタンゴミムシの標本
ヒョウタンゴミムシの標本




 オスのクワガタとちがってかみつく顎として役に立つレベルでの大きさと、くびれによる体の自由度の高さがヒョウタンゴミムシに惹かれるところ。

 しかし、まだ生きているもの、海岸で動いているものに出ったことがありません。

 「いきもの いっぱい 大阪湾」では甲子園で採取されたオオヒョウタンゴミムシの標本が展示されています。

 体の大きさはもちろん、顎の大きさも他のヒョウタンゴミムシとはちがいます。
 といっても、コクワガタよりも小さいですが。



オオヒョウタンゴミムシの大顎とくびれ
オオヒョウタンゴミムシの大顎とくびれ




 それなら甲子園へ急げ!

 と思うのですが、標本は80年以上昔のもの。

 確かに工業地帯になった今の甲子園にいるとは思えません。

 現在は兵庫県でも大阪府でも絶滅危惧I類(絶滅の危機に瀕している種)。

 しかも夜行性。



80年前のオオヒョウタンゴミムシ
80年前のオオヒョウタンゴミムシ




 ただ、ヒョウタンゴミムシにはいくつも種類があるので、どれかに出会えることはあるかもしれません。

 海岸に行けば。

 大阪はまだ自然海岸が残っているので、いつか会える日が来ることを信じて。

 それにヒョウタンゴミムシの仲間は海岸以外に住む種類もあるということですから、まだまだ機会はあるかもしれません。



 このように、海の中だけでなく、海岸の陸側に住む生き物もいっぱい展示されているのが「いきもの いっぱい 大阪湾」です。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: いきものいっぱい大阪湾ヒョウタンゴミムシオオヒョウタンゴミムシ44甲虫レッドデータ

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS