【 ヒサカキ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

春の公園で出会ったなんとも微妙なにおい

 3月の錦織公園を歩いていると。
 ニオイが!
 匂いというより、臭いが!

 芳香剤がちょっと失敗してしまったような臭い。
 こ、これは?!

 ヒサカキの花!

 はたして、咲いていました。

ヒサカキ
姫榊

 ヒサカキは薄暗いところでも平気な木。
 たくさんできる実は鳥に食べられあちこちにタネが運ばれます。
 だから里山にはよくある木。
 薄暗いとこでそんなに大きくならないので目立たないだけ。

 このなんともいえない微妙な臭いがしてきたら、里山に春がやってきた証拠です。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒサカキ白い花春の花錦織公園の樹木春の錦織公園錦織公園

関連記事
スポンサーサイト



theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

ヒサカキ(姫榊)-薄暗い林冠下二傑のもうひとつ〈錦織公園の樹木〉

 照葉樹林ではありふれた木ですが、ほとんど目立ちません。

常緑樹 林冠下の木

ヒサカキ(姫榊)Eurya japonica

被子植物門 真正双子葉類 ツツジ目 モッコク科 ヒサカキ属
別名:ビシャコ,ビシャ,ヘンダラ,ササキ
タグ:ヒサカキ

常緑小高木 半陰樹 林冠下の木
花期:2~4月 雌雄異株(一部両全種) 束生花序
果熟期:9~12月 核果 黒
葉:単葉 互生 楕円形 単鋸歯
樹皮:平滑(皮目)
自生地:本州~沖縄
成長適地:照葉樹林の二次林から極相林
レッドリスト:大阪府2014-記載なし/環境省2017-記載なし
錦織公園内分布:園内林各所(一部を除きほぼ全域)

照葉樹林の林床ならどこでも生えているような陰樹。
陰樹とは、植物の成長に必要なはずの太陽の光が少ない林の中でも成長できるしたたかな樹木。
ただし、成長がとても遅くなります。

錦織公園でも、同じように林床のあちこちに生えいますが、薄暗い林床で、ほかの木よりも低いため目立ちません。
じつは、錦織公園内の林ではどこでも生えているようなありきたりの木です。

上の写真は左が雌花で右が雄花。

花は春先に咲きます。
雌雄異株なので、雄花だけの木、雌花だけの木になりますが、オシベとメシベのそろった両性花がつくこともあります。

クリーム色の花ですが、小さく下向きで、そもそもヒサカキは林床に生えるのであまり目立ちません。
ただ、都市ガスみたいとも、たくあんみたいとも言われる強い匂いを発し、それで咲いていることに気づく場合もあります。
錦織公園でも春の訪れを教えてくれるにおいとなっています。

赤味がかった花もあります。

果実は、晩秋から初冬にかけて黒く熟して花と同じように枝にたくさん並びます。

水分の多い果肉の中に硬い殻に覆われたタネがはいる核果。
核果はタネごと実を食べてもらって、離れた場所で糞と一緒にタネをまいてもらうことを狙った果実。
例外もありますが、ヒサカキはそのタイプ。

大きさは5ミリほどですので、鳥向け。
鳥向けということは、人間が食べても美味しくないということです。

名前も見た目もにているサカキは神仏へのお供えなどに使われます。
ただサカキは暖かいところを好むので、東日本では手に入らないところがあります。
そういう地域では、このヒサカキが代用されることもあります。

公園内の林にはいたるところに生えています。
林床で小さな葉を密生させた枝を傘のように四方に広げるイヌツゲに対して、背は低いながらも上へ上へと伸びるヒサカキはあまり目立ちません。

樹皮は少し赤みを帯びています。
中の材も赤みを帯び、年輪の間隔も詰まり滑らかで綺麗です。
また年輪が詰まっているので乾燥すると硬くなります。
ただ、成長が遅く、人の腕くらいの太さでも樹齢30年ということもあります。
そのため材が家具などに使われることはないようです。

錦織公園にはヒサカキはおそらく1本も植樹されていないと思います。
にも関わらず、植林されて作られた園内の林に広がっているのは、ヒサカキの繁殖力の強さの現れでしょう。

常緑樹 林冠下の木

■参考外部リンク■
錦織公園 | 大阪府富田林市 大阪府営公園

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒサカキ錦織公園の樹木錦織公園樹木/Nishikoori-park陰樹/Nishikoori-park常緑樹/Nishikoori-park少高木/Nishikoori-parkモッコク科/Nishikoori-park林冠下の木/Nishikoori-park

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

里山は春の びみょ~な においでいっぱい!  姫榊

 3月も半ばを過ぎて、春分です。

 里山も春を迎え、いろいろな花が咲きはじめています。
 といっても、咲いているのはまだまだごく一部。
 仲春の里山でにおいを放つ花。
 ヒサカキ。

ヒサカキの花

 日光が当たらないところでも何十年も育つことができる陰樹。
 枝に下向きでクリーム色の小さな花が並んでいます。


 ただこのにおい。
 人によって捉え方は様々。
 都市ガスのようなにおい。
 たくあんのようなにおい。
 インスタントラーメンのにおい。
 公衆トイレのにおい。


 知らない人には想像しにくいでしょう。
 ただひとつ言えることは、多くの人にとっては「いいにおい」ではないということ。
 たしかに、びみょうなにおいだと思います。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒサカキ春の花黄色い花臭う花陰樹

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 3月下旬の赤~紫~青・緑色の花・果実編


 3月下旬の下赤阪の棚田は、植物にとっては春本番という感じ。

 桜をはじめ様々な「春の花」が咲くのはもう少し先ですが、野草雑草ではそんなに待ってられないようです。




日差しも春っぽくなってきたような下赤阪の棚田




すでに紹介している生き物については、一部画像や説明等を省いていますので、
画像や説明等のあるページへのリンクをつけています。
まとめて見るタグ:3月の下赤阪の棚田の植物



植物界
赤・ピンク色の花
被子植物門

スズメノヤリ(雀の槍)Luzula capitata

単子葉植物綱 イネ目 イグサ科 スズメノヤリ属
多年草
タグ:スズメノヤリ
イネ科のようですがイグサ科。

この植物の特徴は、メシベとオシベが熟すのがずれます。

先に熟すのはメシベ。

ちょうどメシベが外に出ているところです。

この後、メシベがしおれて、花被片が開いてオシベが出てきます。

ヒサカキ(姫榊)Eurya emarginata

双子葉植物綱 ツツジ目 モッコク科 ヒサカキ属
常緑高木
タグ:ヒサカキ
近くで見るとクリーム色のようですが、遠くから見ると萼の濃い色が目立って赤っぽく見ました。

左はオシベだけの雄花、右はオシベとメシベがそろった両性花のようです。
被子植物門
赤い花
植物界
赤紫色の花
被子植物門 双子葉植物綱

ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)Vicia sativa ssp. nigra

マメ目 マメ科 ソラマメ属
越年草
別名:カラスノエンドウ (烏野豌豆)
タグ:ヤハズエンドウ
三大雑草の一角、マメ科の登場です。

ヤハズエンドウは、道端でも生えるありふれたマメ科雑草です。

多分別名の「スズメノエンドウ」のほうがわかりやすいと思います。

ゲンゲ(紫雲英,翹揺)Astragalus sinicus

マメ目 マメ科 ゲンゲ属
越年草
中国原産
別名:レンゲソウ(蓮華草),レンゲ
タグ:ゲンゲ
昔の田んぼでは、緑肥にするために春先に種がまかれていました。

マメ科で空気中の窒素を植物が利用できるようにする能力があります。

最近は緑肥を使わなくなったせいか、あまり見ることはありません。

田んぼの隅で咲いていましたので、昔緑肥に使っていた時の名残なのかもしれません。

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)Lamium purpureum

シソ目 シソ科 オドリコソウ属
越年草
ヨーロッパ原産
タグ:ヒメオドリコソウ
ホトケノザほどではありませんが、結構目にする雑草。

ホトケノザは道端でも生えますが、こちらは田畑のような植物が多い場所を好むような気がします。
被子植物門 双子葉植物綱
赤紫色の花
植物界
紫色の花
被子植物門 双子葉植物綱

ハルジオン(春紫苑)Erigeron philadelphicus

キク目 キク科 ムカシヨモギ属
多年草
北アメリカ原産
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:ハルジオン
花びらが細くて糸状、葉の鋸歯が大きい、葉の付け根が茎を巻いているということで、ハルジオン。

図鑑などではよく似たヒメジョオンとは花期がずれると書かれていることがありますが、結構咲いている時期が長くハルジオンとかぶることもあるので注意が必要です。
被子植物門 双子葉植物綱
紫色の花
植物界
青紫色の花
被子植物門 双子葉植物綱

タチツボスミレ(立坪菫)Viola grypoceras

キントラノオ目 スミレ科 スミレ属
多年草
タグ:タチツボスミレ
タチツボスミレっぽいのですが、花柄についている小苞葉の位置が低いのでちがうかもしれません。
被子植物門 双子葉植物綱
青紫色の花
植物界
青い花
被子植物門 双子葉植物綱

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)Veronica persica

シソ目 オオバコ科 クワガタソウ属
越年草
ヨーロッパ原産
別名:瑠璃唐草
タグ:オオイヌノフグリ
どこにでも生える結構強い外来種の雑草ですが、こうやってかたまって咲いているときれいです。

キュウリグサ
(胡瓜草)
Trigonotis
peduncularis

ムラサキ目
ムラサキ科
キュウリグサ属
二年草
タグ:キュウリグサ
被子植物門 双子葉植物綱
青い花
植物界
緑色の花
被子植物門 双子葉植物綱

ヤマネコノメソウ(山猫の目草)
Chrysosplenium japonicum

ユキノシタ目 ユキノシタ科 ネコノメソウ属
多年草
タグ:ヤマネコノメソウ
被子植物門 双子葉植物綱
緑色の花
植物界



植物界
果実 〉乾果 かんか:汁気の少ない果実
〉〉裂開果 れっかいか:熟すと割れる乾果
〉〉〉蒴果 さくか:熟すと放射状に分かれる裂開果
被子植物門 双子葉植物綱

ヤマネコノメソウ
(山猫の目草)
Chrysosplenium japonicum

ユキノシタ目
ユキノシタ科
ネコノメソウ属
多年草
タグ:ヤマネコノメソウ

実が大きくなってきましたが、まだ熟していません。
被子植物門 双子葉植物綱
>>>蒴果
>>裂開果
果実 > 乾果
植物界



植物界
その他植物
シダ植物門 トクサ綱

スギナ(杉菜)Equisetum arvense

トクサ目 トクサ科 トクサ属
夏緑性
タグ:スギナ
スギナの栄養茎。

ふつう「スギナ」というとこの状態を指します。

ツクシが枯れたあとに出てくるのが普通ですが、このように同時に出ることもあります。

こちらは光合成担当なので、緑色をしています。
胞子茎のツクシ(土筆)。

スギナの胞子を飛ばすためだけに出てくる茎。

光合成をする必要がないので緑色はしていません。
シダ植物門 トクサ綱
その他植物
植物界



 秋に咲いた花の実も一段落。

 花も咲き始めたばかりということで、実の方はまだまだ。

 これからどんどん花が増えるように、実もどんどん熟していくでしょう。



タグ♦ 3月の下赤阪の棚田の植物

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田2015/033月の下赤阪の棚田の植物スズメノヤリヒサカキヤハズエンドウタチツボスミレオオイヌノフグリヤマネコノメソウスギナ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

春の里山の匂いを発するちっちゃな花 ヒサカキ


 春は花の季節。

 寒い冬を耐えて、暖かくなると一斉に花が咲き始めます。

 寒さに耐えていたロゼット状態から一気に花柄を伸ばして花を咲かせる草もありますが、葉っぱの陰でひっそりと花を咲かせる常緑樹もあります。



 そんな常緑照葉樹の一つが、ヒサカキ。

 サカキの葉をちょっと小さくして、縁にギザギザをつけたような葉の植物です。

 温帯の常緑樹林の定番で、大きな木々の下でも育つガマン系の樹木。

 里山なんかでは、定番の樹木でしょう。



いかにも照葉樹っぽいヒサカキの葉
いかにも照葉樹っぽいヒサカキの葉




 ヒサカキは雌雄異株(しゆういしゅ)。

 雄花と雌花が別々の株で咲く植物。



これが雄花。

 これが雄花。

 たくさんのオシベがあるので小さいながらも花っぽい。



これが雌花。

 これが雌花。

 実になる子房(しぼう)が萼(がく)より上にある子房上位。

 花の中に丸く見えるのが子房でしょうか。



ヒサカキの雄花はこんな大きさ。

 ヒサカキの雄花はこんな大きさ。

 5ミリもありません。

 よくありそうな常緑樹の上に、小さい花なので里山を歩いていても見過ごしそうです。



 でも、ヒサカキの花にはすごい特徴があります。

 それは臭い。

 香りではなく、臭い。

 あるときは「都市ガス」といわれ、ある時は「たくあん」といわれます。

 青臭いような、生臭いような、多くの人にとっては「いい香り」とは言い難いかもしれません。

 桜が咲き始めるころの里山の臭いです。

 春先、里山を歩いていてなんとも言えない臭がしてきたら、近くでヒサカキが咲いているかもしれません。



タグ♦ ちっちゃい花 春の花

ヒサカキ 15cmポット苗×5本組 P27Mar15

価格:4,740円
(2015/3/31 22:59時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒサカキ春の花白い花ちっちゃい花

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2014年 12月中旬の花・その他植物編


 収穫祭も終えた真冬の下赤阪の棚田。

 12月になると棚田ビオトープも大分静かになってきました。




半年のお休みに入った12月の下赤阪の棚田




すでに紹介している生き物については、一部画像や説明等を省いていますので、
画像や説明等のあるページへのリンクをつけています。
タグ:12月の下赤阪の棚田の植物



植物界
黄色い花
被子植物門 双子葉植物綱
オニノゲシ(鬼野芥子)Sonchus asper
キク目 キク科 ノゲシ属
越年草
ヨーロッパ原産
タグ:オニノゲシ
名前のように葉や茎がトゲだらけ。

でも舌状花(花弁が片側に集まった小さな花)がいっぱい集まった花は、きれいです。
カンサイタンポポ(関西蒲公英)Taraxacum japonicum
キク目 キク科 タンポポ属
多年草
タグ:カンサイタンポポ
セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)Taraxacum officinale
キク キク科 タンポポ属
多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
環境省 要注意外来生物
日本生態学会 日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:セイヨウタンポポ
花(頭状花序)の下につく総苞片(そうほうへん)が反り返っているのでセイヨウタンポポ。
在来種のタンポポは反り返りません。

ただし、同じ外来種のアカミタンポポも反り返らないので、セイヨウタンポポでない可能性もあります。

また、在来種のタンポポとの交雑がすすんで、見た目では区別できなくなっているそうです。
コウゾリナ(剃刀菜)Picris hieracioides ssp. japonica
キク目 キク科 コウゾリナ属
越年草
タグ:コウゾリナ
被子植物門 双子葉植物綱
黄色い花
植物界
白い花
被子植物門 双子葉植物綱
ヒメジョオン(姫女苑)Erigeron annuus
キク目 キク科 ムカシヨモギ属
一年草
北アメリカ原産の帰化植物
要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:ヒメジョオン
被子植物門 双子葉植物綱
白い花
植物界
紫色の花
被子植物門 双子葉植物綱
ハルジオン(春紫苑)Erigeron philadelphicus
キク目 キク科 ムカシヨモギ属
多年草
北アメリカ原産の帰化植物
要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:ハルジオン
ヒメジョオンに混ざってハルジオンも咲きはじめていました。

どちらもよく似ていますが、白い花のヒメジョオンに対して少し紫がかっているハルジオン。
花弁もハルジオンのほうが細くて糸のよう。

わかりやすいのは葉の付け根。

すぼまって葉柄(ようへい)が茎につくのがヒメジョオン。

すぼまらず茎を巻くようにつくのがハルジオン。
被子植物門 双子葉植物綱
紫色の花
植物界
赤紫色の花
被子植物門 双子葉植物綱
ホトケノザ(仏の座)Lamium amplexicaule
シソ目 シソ科 オドリコソウ属
越年草
タグ:ホトケノザ
被子植物門 双子葉植物綱
赤紫色の花
植物界



植物界
その他植物
被子植物門
双子葉植物綱
ヒサカキ(姫榊)Eurya emarginata のつぼみ
ツツジ目 モッコク科 ヒサカキ属
常緑高木
タグ:ヒサカキ
11月に黒い実がついていたヒサカキも、小さな蕾だらけになっていました。

3月から4月頃咲きますが、雌雄異株で雌花はちょっと地味です。
双子葉植物綱
その他植物 植物界 被子植物門
単子葉植物綱
ヒガンバナ(彼岸花)
Lycoris radiata の葉
クサスギカズラ目
ヒガンバナ科
ヒガンバナ属
多年草
タグ:ヒガンバナ

秋に赤い花を咲かせていたヒガンバナの冬の姿です。

花が終わってから葉を出すのでついつい忘れがちですが、こんな感じなのです。
双子葉植物綱
被子植物門
その他植物
植物界



 花はこの1回で終わり。

 ということで、12月は回数も減ってしまう予定です。



タグ♦ 12月の下赤阪の棚田の植物 下赤阪の棚田の2014年

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田の2014年下赤阪の棚田20141212月の下赤阪の棚田の植物オニノゲシヒサカキヒガンバナセイヨウタンポポハルジオン下赤阪の棚田12月の花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2014年 11月下旬の果実〉液果・偽果編


 今回は液果。

 水分が多めの果実です。

 実というよりも種といった感じの乾果とちがい、いかにも「実」って感じのものがあらわれます。

 「くだもの」と呼ばれるものには、液果ともう一つ紹介する偽果がたくさん含まれます。




曲がりながら棚田が続いています




すでに紹介している生き物については、一部画像や説明等を省いていますので、
画像や説明等のあるページへのリンクをつけています。
タグ:11月の下赤阪の棚田の植物



植物界 被子植物門
果実 〉液果 えきか:汁気の多い果実
〉〉核果 かくか:種が硬い殻に覆われている液果
 双子葉植物綱

ヒサカキ(姫榊)Eurya emarginata

ツツジ目 モッコク科 ヒサカキ属
常緑高木
タグ:ヒサカキ
広葉樹の里山の林床ではよくある樹木。

名前の通りサカキに近い樹木ですが、名前に「姫」がついているようにサカキより小ぶりの葉。

サカキは寺社などで神仏への供え物として利用されますが、サカキがないような地域ではヒサカキが使われることもあります。

野鳥が身を食べるようなので、糞と一緒にすれられたものが芽を出したのかもしれません。

ヤマハゼ(山黄櫨)
Toxicodendron
 sylvestre

ムクロジ目
ウルシ科
ウルシ属
落葉小高木
タグ:ヤマハゼ

ウルシほどではありませんが、かぶれることもありますのでご注意ください。

アオツヅラフジ(青葛藤)Cocculus orbiculatus

キンポウゲ目 ツヅラフジ科 アオツヅラフジ属
蔓性落葉木本
果実の多量摂取は有害
タグ:アオツヅラフジ

ヘクソカズラ(屁糞葛)
Paederia scandens

リンドウ目
アカネ科
ヘクソカズラ属
蔓性多年草
異臭あり
タグ:ヘクソカズラ
双子葉植物綱
〉〉核果
果実〉液果
〉〉漿果 しょうか:種が硬い殻に覆われていない液果
植物界 被子植物門 双子葉植物綱

ポンカン(椪柑、凸柑) ?
Citrus reticulata var poonensis

ムクロジ目 ミカン科 ミカン属
常緑低木
中国原産の食用作物
ミカンよりも大きく、頭に膨らみがあることからポンカンとしました。

デコポンににているのは、ミカンとポンカンを交配させたものだから。

ただ、ポンカンは温かいところを好むので、ちがうかもしれません。

ウンシュウミカン(温州蜜柑)Citrus unshiu

ムクロジ目 ミカン科 ミカン属
常緑低木
日本原産と思われる果樹
タグ:ウンシュウミカン

カキノキ(柿の木)Diospyros kaki

ツツジ目 カキノキ科 カキノキ属
落葉低木
未熟な果実は有毒の可能性
タグ:カキノキ

サネカズラ(実葛)
Kadsura japonica

アウストロバイレヤ目
マツブサ科
サネカズラ属
蔓性常緑木本
液果の集合果
タグ:サネカズラ

10月にはまだ緑だった実が赤く熟しました。
双子葉植物綱
〉〉真正液果
果実 〉液果
植物界 被子植物門



植物界 被子植物門
果実 〉偽果 ぎか:子房以外が大きくなった果実
〉〉瓜状果 うりじょうか:果肉の中に種が沢山入っている偽果
 双子葉植物綱

キカラスウリ(黄烏瓜)
Trichosanthes kirilowii var. japonica

ウリ目 ウリ科 カラスウリ属
蔓性多年草
タグ:キカラスウリ
まだ緑色をしている時にはほかのウリ類と同じように漬物などにして食べることもできます。

よく似た植物にカラスウリがありますが、実は朱色になります。
双子葉植物綱
〉〉瓜状果
果実 〉偽果
植物界 被子植物門



 液果と偽果の二大果物が登場ですが、液果の殿様カキはありますが、偽果果物の王様のリンゴはありません。
 残念ですが。



タグ♦ 下赤阪の棚田の2014年 下赤阪の棚田

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田の2014年下赤阪の棚田201411果実/SA-tanada液果/SA-tanada偽果/SA-tanadaキカラスウリヒサカキポンカンサネカズラ11月の下赤阪の棚田の植物

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる