【 ヒガンバナ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

リコリス・ラジアータ

 そろそろ秋のお彼岸。
 今年もヒガンバナが咲き始めているようです。

ヒガンバナ

 キジカクシ目ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。
 まず秋に突然花を咲かせ、その後に葉を伸ばし冬の間も枯れずにいますが、春には他の草と入れ替わるように見えなくなってしまいます。

 和名のヒガンバナは漢字で書くと「彼岸花」。
 別名は曼珠沙華。
 学名はLycoris radiata、カタカナで書けば「リコリス・ラジアータ」。

彼岸花

 花言葉は「悲しき思い出」「あきらめ」「独立」「情熱」「再会」「転生」「悲しい思い出」「思うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」など。

 中国原産ですが日本には歴史が始まる以前に持ち込まれたと思われ、まるで日本在来種のように身近でみられます。
 ただ、日本にあるのはタネができない種類なので地面の下にできる鱗茎でしか増えることができません。
 人の手で広げられたようです。

Lycoris radiata

 鱗茎には毒がありユリのようには食用にされませんが、農作物が不作のときには毒抜きをして食べられることもあったようです。
 アク抜きが大変な栃の実が栃餅のような民俗食として残っているのに対して、ヒガンバナを食べるという話は聞かないので、おいしくないかもしれません。

 そのヒガンバナの別名リコリスがキーワードになっている作品『リコリス・リコイル』。
 人知れず日本の治安を守る組織と、それを潰そうとする敵。
 わかりやすい善悪の対立の物語のように見えて、様々な謎が散りばめられています。
 作品の考察は専門的な方におまかせするとして、タイトルにもなり、主人公たちが所属するチームの名前でもあるのがリコリス。
 ヒガンバナのどの属性が物語に関係しているのか。
 それとも、深い意味はないのか。
 残るは、あと2話。

ヒガンバナ
彼岸花
Lycoris radiata
単子葉類 キジカクシ目ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草

リコリス・リコイル Ordinary days (電撃文庫)

新品価格
¥663から
(2022/9/14 00:50時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒガンバナ秋の花赤い花リコリスリコリス・リコイル

関連記事
スポンサーサイト



theme : 山野草
genre : 趣味・実用

彼岸花畑と黒い揚羽蝶

 9月。
 秋のお彼岸。
 まっかなヒガンバナが一面咲いていました。

 そこに真っ黒で大きなチョウ。
 カラスアゲハの仲間。

紋黄揚羽

 翅の白い模様などから、モンキアゲハのおそらく夏型のオス。

モンキアゲハ

 赤い色の中に、黒。
 それが見ている間にひらひらと移動していきます。
 きれいです。

ヒガンバナ

 しかし、どこが黄色なんだと思ったら、どうやら、白く見るところが黄色がかっているようです。
 でも、白にしか見えません。

モンキアゲハ
紋黄揚羽
Papilio helenus
チョウ目 アゲハチョウ科 アゲハチョウ属
日本最大級のチョウ

ヒガンバナ
彼岸花、石蒜
Lycoris radiata
キジカクシ目 ヒガンバナ科 ヒガンバナ属の多年草
別名:曼珠沙華(マンジュシャゲ)

ときめくチョウ図鑑

新品価格
¥1,408から
(2021/9/30 23:51時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: モンキアゲハアゲハチョウ秋のチョウヒガンバナ赤い花秋の花

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 11月上旬のその他植物等編

 植物で目を引くのは、やっぱり花や実。
 緑色の葉はが目を引くことはあまりありません。
 でも、緑色の葉がいろいろ教えてくれることもありますし、花を咲かさない植物もいろいろあります。
 そして植物でも動物でもない生き物もいます。

 ということで、下赤阪の棚田ビオトープのそういった生き物たちを集めてみました。

まだ草も生えていない11月の下赤阪の棚田

その他植物等
植物界
被子植物門 単子葉植物綱

ヒガンバナ(彼岸花)Lycoris radiata

クサスギカズラ目 ヒガンバナ科 ヒガンバナ属
多年草
タグ:ヒガンバナ

ヒガンバナというと赤い花ばかり目立ちますが、こちらが本体?

花が枯れてから葉を伸ばし、他の草が枯れた冬の間に葉を伸ばします。
そして春になると枯れて、秋に花が咲くまでまるで何もなかったかのように地面の下にもぐっています。

被子植物門 単子葉植物綱
植物界
シダ植物門 シダ綱 タグ:下赤阪の棚田のシダ

カニクサ(蟹草)Lygodium japonicum

フサシダ目 フサシダ科 カニクサ属
夏緑性

カニクサは他の木などに絡みつくツル性のシダ。

絡みつくものが無いコンクリート壁の隙間から生えているので、カニクサのようには見えません。

“茎”が細くて葉が2種類。
左が光合成専門の栄養葉、左が胞子をつくる胞子葉。
芽を出したものの絡みつくものがないので、クシャクシャになっているようです。

草のようなシダは地面の上に出ている部分は葉。茎は地面の下。

ということで、カニクサのツルは葉柄。
中には2メートルをこす“長い葉”もあります。

不思議なシダです。

シダ植物門 シダ綱
植物界
コケ植物門 蘚類綱 タグ:下赤阪の棚田のコケ

ネジクチゴケ(捻口蘚)Barbula unguiculata

センボンゴケ目 センボンゴケ科 ネジクチゴケ属

コケの分類は難しいところがあります。
胞子をつくる蒴(朔/サク)があればわかりやすくなるのですが。

コンクリートの上にも生えるありふれたコケで葉の形が一番近そうなのが、ネジクチゴケでした。

コケ植物門 蘚類綱
植物界
真正細菌(藻類) 藍色細菌門 藍色細菌綱

イシクラゲ(石水母)Nostoc commune

ネンジュモ目 ネンジュモ科 ネンジュモ属

恐竜より古い時代から地球にいたシアノバクテリアの一種。

光合成をしてさんをを作り出す藍藻の陸上版。

雨上がりの公園などで地面で目にする、何やらグネグネとしたキクラゲみたいな不気味な塊のあれです。

食用にされることあるそうですが、ちょっと不気味です。

真正細菌 藍色細菌門 藍色細菌綱
その他植物等

 初登場もいますが、実はありふれた生き物。
 目立つ花や実ばかり追いかけていたので、見過ごしていた生き物たちです。
 地球表面の環境は、様々な生き物が互いに影響しあって成り立っています。
 環境を考えるときは、目立たない生き物や、目に見えない生き物も大切にしなければなりません。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次
■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田2015/1111月の下赤阪の棚田の植物ヒガンバナカニクサネジクチゴケイシクラゲシダ/SA-tanada蘚苔類/SA-tanada藻類/SA-tanada

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

秋のお彼岸の彼岸花

 秋分の日。
 お彼岸です。
 お彼岸は、秋分と春分の日を中心に、その前後3日をふくめて、それぞれ7日間のこと。
 秋のお彼岸のころに咲くのが、ヒガンバナ。
 結構あちこちで目にする花でもあります。


下赤阪の棚田のヒガンバナ

 たとえば、田んぼのまわりによくうえられています。
 ヒガンバナの毒は食べないと効かないのですが、モグラは基本肉食。
 ヒガンバナを食べることはないでしょう。
 それにスイセンなど毒がある植物はほかにたくさんあります。


錦織公園河内の里のヒガンバナ

 ヒガンバナの鱗茎は毒がありますがデンプンが豊富で、不作の時に食料とする救荒植物として使われたこともあります。
 食べるとき、水にさらす毒抜きが不十分で被害があり、それで「毒」のイメージが強くなったのかもしれません。


錦織公園河内の里のヒガンバナ2

 ただ、ヒガンバナの毒は食べて初めて影響があるもの。
 近づいたり触ったりしても問題はありません。
 安心してください。

【6か月枯れ保証】【球根】ヒガンバナ P10.5cm

新品価格
¥1,300から
(2015/9/22 22:54時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒガンバナ秋の花赤い花秋分二十四節気

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 1月中旬の果実・その他植物・地衣類編


 大阪唯一の村、千早赤阪村の棚田ビオトープ。

 1月になって鳥に食べられたのか、目立つ実が減ってきました。

 残っているのは、鳥に見向きもされないものばかり?




棚田が休みの間にちゃっかり生えてる雑草で緑色の下赤阪の棚田




すでに紹介している生き物については、一部画像や説明等を省いていますので、
画像や説明等のあるページへのリンクをつけています。
タグ:1月の下赤阪の棚田の植物



植物界
果実 〉乾果 かんか:汁気の少ない果実
〉〉裂開果 れっかいか:熟すと割れる乾果
〉〉〉蒴果 さくか:熟すと放射状に分かれる裂開果
被子植物門
単子葉植物綱
ジャノヒゲ(蛇の髭)Ophiopogon japonicus
クサスギカズラ目 クサスギカズラ科 ジャノヒゲ属
多年草
別名:リュウノヒゲ(竜の髯)
タグ:ジャノヒゲ
瑞々しい液果のように見えますが、これは種。

“実”の部分は早々に取れて種だけが残ったものです。

普通、種は実や皮に覆われていますが、ちょっと変わった実(種)です。
単子葉植物綱
被子植物門 果実〉乾果〉〉裂開果〉〉〉蒴果
双子葉植物綱
ソシンロウバイ(素心蝋梅)
Chimonanthus praecox
 f. concolor
クスノキ目
ロウバイ科
ロウバイ属
落葉低木
壺状果
タグ:ソシンロウバイ
双子葉植物綱
被子植物門
〉〉〉蒴果
〉〉裂開果
果実〉乾果
〉〉閉果 へいか:熟しても割れない乾果
〉〉〉痩果 そうか:皮と種がわかれない閉果
被子植物門 双子葉植物綱
セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)Taraxacum officinale
キク目 キク科 タンポポ属
多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
環境省 要注意外来生物
日本生態学会 日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:セイヨウタンポポ
被子植物門 双子葉植物綱
〉〉〉痩果
〉〉閉果
〉乾果
植物界 被子植物門 果実
〉液果 えきか:汁気の多い果実
〉〉漿果 しょうか:種が硬い殻に覆われていない液果
被子植物門 双子葉植物綱
ウンシュウミカン(温州蜜柑)Citrus unshiu
ムクロジ目 ミカン科 ミカン属
常緑低木
日本原産と思われる果樹
タグ:ウンシュウミカン
被子植物門 双子葉植物綱
〉〉漿果
果実 >液果
植物界



植物界
その他植物
被子植物門
双子葉植物綱
クヌギ(櫟)Quercus acutissima の台場切り
ブナ目 ブナ科 コナラ属
落葉高木
タグ:クヌギ
人の胸の高さあたりで切られたクヌギ。
よく見ると、同じようなところに古い切り跡があります。

このような伐られ方をしたクヌギを「台場(だいば)クヌギ」といいます。

木炭やしいたけのホダ木の材料等として利用するときの切り方です。

このような切り方をすると、切り株から何本も枝(ひこばえ)が出てまたたくさんの材料を採ることができます。
里山のクヌギやコナラ林のよくある切り方です。

ただ、ここのクヌギは本数が少ないので全部切っても大した量ではないでしょう。
ということで、台場切りをした理由は定かではありません。
双子葉植物綱
その他植物 植物界 被子植物門
単子葉植物綱
ヒガンバナ(彼岸花)
Lycoris radiata の葉
クサスギカズラ目
ヒガンバナ科
ヒガンバナ属
多年草
タグ:ヒガンバナ
メダケ(雌竹)Pleioblastus Simonii
イネ目 イネ科 メダケ属
水路沿いに生えているササ。
あまりにも当然のように生えているので今までスルーしていました。
花も咲きませんし。

メダケかネザサか悩むところです。

この場所は尾根の棚田から漏れてきた水が染み出していて湿り気があるので、メダケとしました。
双子葉植物綱
被子植物門
その他植物
植物界



菌界
地衣類
子嚢菌門 チャシブゴケ菌綱
ヒメジョウゴゴケ(姫漏斗木毛)
Cladonia humilis var. humilis
チャシブゴケ目 ハナゴケ科 ハナゴケ属
コケのように見えますが、カビの仲間に藻類(そうるい)が共生したもの。

生えるところもコケとよく似ていますが、とんでもなく成長が遅い生き物です。
ですから年中同じような姿で、まったく成長しているようには見えません。

種類によっては環境の変化に敏感なものもあり、どのような地衣類があるかで空気の汚れ具合のおおまかな目安にもなります。

コケなどの植物とちがって少し灰色っぽく見えるのは、葉緑体を持たないから。
タグ:地衣類
子嚢菌門 チャシブゴケ菌綱
地衣類
菌界



 花も実も少ない冬の1月。

 でも、その分日頃目が向かないものに気づいたりします。



タグ♦ 下赤阪の棚田の2015年

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田2015011月の果実/SA-tanadaジャノヒゲクヌギヒガンバナメダケヒメジョウゴゴケ1月の下赤阪の棚田の植物地衣類/SA-tanada

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2014年 12月中旬の花・その他植物編


 収穫祭も終えた真冬の下赤阪の棚田。

 12月になると棚田ビオトープも大分静かになってきました。




半年のお休みに入った12月の下赤阪の棚田




すでに紹介している生き物については、一部画像や説明等を省いていますので、
画像や説明等のあるページへのリンクをつけています。
タグ:12月の下赤阪の棚田の植物



植物界
黄色い花
被子植物門 双子葉植物綱
オニノゲシ(鬼野芥子)Sonchus asper
キク目 キク科 ノゲシ属
越年草
ヨーロッパ原産
タグ:オニノゲシ
名前のように葉や茎がトゲだらけ。

でも舌状花(花弁が片側に集まった小さな花)がいっぱい集まった花は、きれいです。
カンサイタンポポ(関西蒲公英)Taraxacum japonicum
キク目 キク科 タンポポ属
多年草
タグ:カンサイタンポポ
セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)Taraxacum officinale
キク キク科 タンポポ属
多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
環境省 要注意外来生物
日本生態学会 日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:セイヨウタンポポ
花(頭状花序)の下につく総苞片(そうほうへん)が反り返っているのでセイヨウタンポポ。
在来種のタンポポは反り返りません。

ただし、同じ外来種のアカミタンポポも反り返らないので、セイヨウタンポポでない可能性もあります。

また、在来種のタンポポとの交雑がすすんで、見た目では区別できなくなっているそうです。
コウゾリナ(剃刀菜)Picris hieracioides ssp. japonica
キク目 キク科 コウゾリナ属
越年草
タグ:コウゾリナ
被子植物門 双子葉植物綱
黄色い花
植物界
白い花
被子植物門 双子葉植物綱
ヒメジョオン(姫女苑)Erigeron annuus
キク目 キク科 ムカシヨモギ属
一年草
北アメリカ原産の帰化植物
要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:ヒメジョオン
被子植物門 双子葉植物綱
白い花
植物界
紫色の花
被子植物門 双子葉植物綱
ハルジオン(春紫苑)Erigeron philadelphicus
キク目 キク科 ムカシヨモギ属
多年草
北アメリカ原産の帰化植物
要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:ハルジオン
ヒメジョオンに混ざってハルジオンも咲きはじめていました。

どちらもよく似ていますが、白い花のヒメジョオンに対して少し紫がかっているハルジオン。
花弁もハルジオンのほうが細くて糸のよう。

わかりやすいのは葉の付け根。

すぼまって葉柄(ようへい)が茎につくのがヒメジョオン。

すぼまらず茎を巻くようにつくのがハルジオン。
被子植物門 双子葉植物綱
紫色の花
植物界
赤紫色の花
被子植物門 双子葉植物綱
ホトケノザ(仏の座)Lamium amplexicaule
シソ目 シソ科 オドリコソウ属
越年草
タグ:ホトケノザ
被子植物門 双子葉植物綱
赤紫色の花
植物界



植物界
その他植物
被子植物門
双子葉植物綱
ヒサカキ(姫榊)Eurya emarginata のつぼみ
ツツジ目 モッコク科 ヒサカキ属
常緑高木
タグ:ヒサカキ
11月に黒い実がついていたヒサカキも、小さな蕾だらけになっていました。

3月から4月頃咲きますが、雌雄異株で雌花はちょっと地味です。
双子葉植物綱
その他植物 植物界 被子植物門
単子葉植物綱
ヒガンバナ(彼岸花)
Lycoris radiata の葉
クサスギカズラ目
ヒガンバナ科
ヒガンバナ属
多年草
タグ:ヒガンバナ

秋に赤い花を咲かせていたヒガンバナの冬の姿です。

花が終わってから葉を出すのでついつい忘れがちですが、こんな感じなのです。
双子葉植物綱
被子植物門
その他植物
植物界



 花はこの1回で終わり。

 ということで、12月は回数も減ってしまう予定です。



タグ♦ 12月の下赤阪の棚田の植物 下赤阪の棚田の2014年

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田の2014年下赤阪の棚田20141212月の下赤阪の棚田の植物オニノゲシヒサカキヒガンバナセイヨウタンポポハルジオン下赤阪の棚田12月の花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

いきなり質問。これはなんの草? その2


いきなり質問です
 これはなんの草でしょう?



これはなんの草でしょう?
これはなんの草でしょう?




 といっても、特徴がなさそうな単子葉植物を思わせる線形の葉。

 見当がつかないかもしれません。

 ということで。



ヒント1
 見ての通り単子葉植物で、線形の葉を地面から生やす根出葉。



ヒント2
 緑の葉を茂らせたまま冬を越しますが、春には花もさかさずに枯れてしまいます。



ヒント3
 都市部では見かけないかもしれませんが、郊外の住宅地や田園地では珍しくないと思います。



ヒント4
 秋に咲く花が有名です。



冬。こんな感じでまとまって生えていました
冬。こんな感じでまとまって生えていました




こたえ
 ヒガンバナです。

 普通イメージするヒガンバナは花だけ。

 花の枯れた後、このような葉が生えてきて、秋から冬の間に栄養を土の中の鱗茎にためます。

 土の中から葉を出さずにいきなり花を咲かせる面白い植物です。

 ヒガンバナの花は見たことがあっても、ヒガンバナの葉を見たことがある人は少ないかもしれません。

 毎年ヒガンバナが咲くところなら、冬の間はこのような葉が茂っているはずです。



秋。上の画像と同じ所で咲いていたヒガンバナ
秋。上の画像と同じ所で咲いていたヒガンバナ




 冬に機会があれば、ヒガンバナが咲いていた場所に立ち寄ってください。

 濃い緑の細長い葉がたくさん生えているはずです。



タグ♦ いきなり質問 ヒガンバナ

ヒガンバナ 八重咲き(花なし)

価格:1,296円
(2014/12/8 00:16時点)

ヒガンバナ (花球5個と来年用1球)

価格:756円
(2014/12/8 00:17時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: いきなり質問ヒガンバナ

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS