【 ハムシ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

年を越してしまったお腹の大きなキラキラ紺色のハムシ

 1月。
 冬の田んぼの草刈りのあと。
 小さな紺色の虫が歩いていました。

この記事にはの画像があります。


 キラキラしています。
 どうやらハムシの仲間のようです。
 丸い体に、鞘翅からはみ出すような大きなお腹。
 多分ヨモギハムシ。


 名前のようにヨモギを食べる昆虫。
 ヨモギは公園や空き地、道端にも生える雑草。
 だからヨモギハムシも珍しくはありません。
 越冬は卵なのでもう成虫はいない、はず。
 でも産卵がまだ終わっていなようです。


 この冬は温かいの、でまだ12月くらいの気持ちでいたのかもしれません。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヨモギハムシハムシ甲虫冬の虫紺色の虫

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

アミガサタケにくっついていた小さい小さい謎の虫


 先日紹介した春のキノコ、トガリアミガサタケ

 写真をよく見ていると、小さな虫がついていることに気づきました。

 大きさは、5ミリもないと思います。

 小さな虫です。



この記事にはの画像があります。





キノコの上の方についている虫
キノコの上の方についている虫




 写した時には気づかなかったので、一方向からの写真だけ。

 しかもあまり接写していません。

 キノコを食べる虫もたくさんいます。

 ハネカクシやシデムシの仲間、そのものずばりのキノコムシという種類もあります。

 さあ、どの虫でしょうか。



甲虫のようです
甲虫のようです




 どんな虫が確認するために拡大してみると、丸い体の甲虫のようで、ハネカクシやシデムシではないようです。

 キノコムシの仲間のようですが、よく見ると触角の先はふくらんでなく、足の先のほう(符節)が大きくなっています。

 どちらもキノコムシの仲間にはあまりない特徴です。

 この特徴にあうのは、ハムシの仲間。

 特に腹部が鞘翅(硬い翅)から飛び出ているところは、いかにもハムシっぽい。



見るからにハムシっぽい姿
見るからにハムシっぽい姿




 大きさを考えると小さなノミハムシの仲間。

 しかしハムシは偏食で特定の植物の葉しか食べません。

 そもそも、ハムシは「葉虫」。

 名前のように葉っぱを食べるものがほとんど。



 じゃあ、この虫は一体どんな虫なのでしょうか。

 そこで発想を転換して、ハムシがたまたまキノコで休んでいるところに出会った。

 確かにキノコ食べているような格好ですが、キノコには食べられた痕は見えません。

 ということで、見つけた中で一番それっぽいのが「オオアカマルノミハムシ」。

 これが現時点での結論です。



タグ♦ 甲虫

昆虫の食草・食樹ハンドブック

新品価格
¥1,296から
(2015/4/15 22:26時点)

ポケット図鑑 日本のキノコ262

新品価格
¥1,296から
(2015/4/15 22:26時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 甲虫ハムシトガリアミガサタケ昆虫

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

きらきらぴかぴか 今度はハムシ



キラキラピカピカ虫


 背中(せなか)(かた)(はね)(おお)われている甲虫(こうちゅう)仲間(なかま)には、キラキラ(かがや)くきれいな種類(しゅるい)がいくつかあります。

 有名なのはタマムシ。そして、このブログで最初に取り上げたセンチコガネ
 ほかにもそういう甲虫(こうちゅう)はいますが、今回はハムシです。
 その名のとおり植物(しょくぶつ)の葉を食べる甲虫(こうちゅう)で、農家(のうか)植物(しょくぶつ)栽培(さいばい)している人にとっては害虫(がいちゅう)です。

 ハムシにもいろいろあって、ウリ()植物(しょくぶつ)によくつくウリハムシは体は四角く黄色で、なんとなく(やわ)らかそうです。見た目もきれいとはいえません。


その名はヨモギハムシ


 今回見つけたきれいなハムシは、ヨモギハムシ。
 体はセンチコガネよりも小さく、テントウムシをちょっとだけ大きくしたくらいの大きさです。

キクとヨモギハムシ
キクとヨモギハムシ



 ハムシの中でもその名のとおりヨモギの葉を食べる虫です。
 そこらへんに生えている雑草(ざっそう)のヨモギですが、キク()ですのでヨモギ以外にキクの葉も食べます。

 もう秋。11月後半(こうはん)で夜には()()みますが、まだ見かけます。
 数は()っていますが。

卵で腹部がふくれたヨモギハムシのメス
卵で腹部がふくれたヨモギハムシのメス




きれいでも害虫


 遠くから見ると黒い点ですが、近くでよく見てみると、黒の中に()藍色(あいいろ)(かがや)いています。
 小さいのでわかりにくいですが、見る角度(かくど)によって色も変わるきれいな虫です。

ヒスイ色に輝くヨモギハムシ
ヒスイ色に輝くヨモギハムシ



 といっても害虫(がいちゅう)ですので、畑や花壇(かだん)で見つけたときは退治(たいじ)したほうがいいかもしれません。

 でもきれいですので、その前に近くで見てみてください。

 え? きれいだと退治(たいじ)しにくいって?

 (むずか)しい問題(もんだい)です。

キッズ スペース
甲虫(こうちゅう)」は(さなぎ)になる昆虫(こんちゅう)(なか)で、背中(せなか)(かた)(はね)(おお)われている種類(しゅるい)です。



関連記事
きらきらぴかぴか センチコガネ
カテゴリ「甲虫



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヨモギハムシ構造色キク害虫ハムシ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる