【 ハハコグサ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·下赤阪の棚田2016  ·下赤阪の棚田2016/10  ·10月の下赤阪の棚田の植物  ·セイタカアワダチソウ  ·ハハコグサ  ·黄色い花/SA-tanada  ·橙色の花/SA-tanada  ·10月の黄色い花/SA-tanada  ·10月の橙色の花/SA-tanada  ·下赤阪の棚田2016  ·下赤阪の棚田2016/6  ·6月の下赤阪の棚田の植物  ·果実/SA-tanada  ·乾果/SA-tanada  ·閉果/SA-tanada  ·ハハコグサ  ·カモジグサ  ·ノアザミ  ·オニノゲシ  ·下赤阪の棚田2016  ·下赤阪の棚田2016/6  ·6月の下赤阪の棚田の植物  ·ハハコグサ  ·オノマンネングサ  ·コモチマンネングサ  ·コメツブツメクサ  ·イヌガラシ  ·イヌマキ  ·黄色い花/SA-tanada  ·下赤阪の棚田2016  ·下赤阪の棚田2016/2  ·2月の下赤阪の棚田の植物  ·ロゼット/SA-tanada  ·丸い葉rosette/SA-tanada  ·チチコグサモドキ  ·ウラジロチチコグサ  ·セリ  ·オオジシバリ  ·ハハコグサ  ·春の七種  ·セリ  ·ナズナ  ·ハハコグサ  ·コハコベ  ·コオニタビラコ  ·カブ  ·ダイコン  ·山菜  ·錦織公園  ·春の七種  ·セリ  ·ナズナ  ·ハハコグサ  ·コハコベ  ·コオニタビラコ  ·カブ  ·ダイコン  ·山菜  ·春の七草  ·下赤阪の棚田2015  ·下赤阪の棚田2015/03  ·3月の下赤阪の棚田の植物  ·コオニタビラコ  ·キジムシロ  ·ミチタネツケバナ  ·ユキヤナギ  ·ハハコグサ  ·ヒメウズ  ·アブラナ

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

棚田のいきもの 2016年10月中旬の黄~橙色の花


黄色い花 タグ:下赤阪の棚田の黄色い花
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
キク目

アキノノゲシ(秋の野芥子)
Lactuca indica

キク目
キク科
アキノノゲシ属
二年草
タグ:アキノノゲシ

ホソバアキノノゲシ(細葉秋の野芥子)Lactuca indica f. indivisa

キク目 キク科 アキノノゲシ属
越年草
タグ:ホソバアキノノゲシ

コウゾリナ(剃刀菜)
Picris hieracioides
ssp. japonica

キク目
キク科
コウゾリナ属
越年草
タグ:コウゾリナ

セイタカアワダチソウ
(背高泡立草)
Solidago canadensis
var. scabra

キク目
キク科
アキノキリンソウ属
多年草
北アメリカ原産の帰化植物
要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:セイタカアワダチソウ

他の植物の成長を邪魔するアレロパシー作用をもちますが、増えすぎると自らの成長を妨げ、肥料を使いすぎるなどで勢いが衰えるとも言われます。

セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)Taraxacum officinale

キク目 キク科 タンポポ属
多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:セイヨウタンポポ

ハキダメギク(掃溜菊)Galinsoga quadriradiata

キク目 キク科 コゴメギク属
一年草
タグ:ハキダメギク

ハハコグサ(母子草)Gnaphalium affine

キク目 キク科 ハハコグサ属
越年草
別名:ごぎょう
タグ:ハハコグサ

本来は春の花ですが、数は少ないですが、秋にも咲くことがあります。

ヤクシソウ(薬師草)
Youngia denticulata

キク目
キク科
オニタビラコ属
越年草
別名:ニガミグサ
タグ:ヤクシソウ

キク目
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
その他の目

イヌガラシ(犬芥子)Rorippa indica

アブラナ目 アブラナ科 イヌガラシ属
多年草
タグ:イヌガラシ

カタバミ(酢漿草,片喰)Oxalis corniculata

カタバミ目 カタバミ科 カタバミ属
多年草
タグ:カタバミ

その他の目
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
黄色い花
橙色の花 タグ:下赤阪の棚田の橙色の花
植物界 被子植物門 双子葉植物綱

コセンダングサ(小栴檀草)Bidens pilosa var. pilosa

キク目 キク科 センダングサ属
一年草
北アメリカ原産の帰化植物
タグ:コセンダングサ

植物界 被子植物門 双子葉植物綱綱
橙色の花

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016  下赤阪の棚田2016/10  10月の下赤阪の棚田の植物  セイタカアワダチソウ  ハハコグサ  黄色い花/SA-tanada  橙色の花/SA-tanada  10月の黄色い花/SA-tanada  10月の橙色の花/SA-tanada 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

棚田のいきもの 2016年6月初旬の閉果

 熟しても割れない果実、閉果。
 下赤阪の棚田ビオトープでは、キク科やイネ科の綿毛で遠くまで飛んで行く実が目立ちました。


植物界 被子植物門
果実 タグ:下赤阪の棚田の果実
〉乾果 かんか:汁気の少ない果実 タグ:乾果
〉〉閉果 へいか:熟しても割れない乾果 タグ:閉果
〉〉〉痩果 そうか:皮と種が分かれない閉果

ハハコグサ(母子草)Gnaphalium affine

双子葉植物綱 キク目 キク科 ハハコグサ属
越年草
別名:ごぎょう
タグ:ハハコグサ

花弁がない黄色い花が咲くハハコグサ。

葉や茎に短い毛が生えています。
果実にも毛(冠羽)がついていますが、どことなく遠慮気味に感じます。

ノアザミ(野薊)
Cirsium japonicum

双子葉植物綱
キク目
キク科
アザミ属
多年草
タグ:ノアザミ

アザミもタンポポのように果実には毛(冠羽)がついています。

ただ、タンポポのような軸はなく、果実に直接毛が生えています。

オニノゲシ(鬼野芥子)Sonchus asper

双子葉植物綱 キク目 キク科 ノゲシ属
越年草
ヨーロッパ原産
タグ:オニノゲシ

名前のように葉はトゲトゲで見るからに痛そう。

ところが果実につく毛(冠羽)はふわふわです。

〉〉〉痩果
果実 〉乾果 〉〉閉果
〉〉〉穎果 えいか:痩果よりも皮と種が密着した閉果

カモジグサ(髢草)Elymus tsukushiensis var. transiens

単子葉植物綱 イネ目 イネ科 エゾムギ属
多年草
タグ:カモジグサ

よくある雑草ですが、似たのも多かったりします。

果実の割に長くてうねってるノギがあります。

チガヤ(茅萱)Imperata cylindrica

単子葉植物綱 イネ目 イネ科 チガヤ属
多年草
タグ:チガヤ

ホソムギ(細麦)Lolium perenne 花後

単子葉植物綱 イネ目 イネ科 ドクムギ属
多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
タグ:ホソムギ

イヌムギ(犬麦)
Bromus catharticus

単子葉植物綱
イネ目
イネ科
スズメノチャヒキ属
多年草
花期:4~7月
6月の果実
南アメリカ原産
タグ:イヌムギ

〉〉〉穎果
〉〉閉果
〉乾果
果実
植物界 被子植物門

 外来種が半分以上。
 きっと春に咲いていち早く種をたくさんつくり、あちこちに仲間を増やしていこうと言う作戦なのでしょう。
 小さな痩果や穎果が多いのは、荷物など色んな物に紛れ込みやすく、つぶれにくく、乾燥にも強いからかもしれません。
 外来種として長年生き続けているのも、ちゃんと理由があります。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法

棚田学入門

新品価格
¥2,484から
(2016/7/8 23:25時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016  下赤阪の棚田2016/6  6月の下赤阪の棚田の植物  果実/SA-tanada  乾果/SA-tanada  閉果/SA-tanada  ハハコグサ  カモジグサ  ノアザミ  オニノゲシ 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

棚田のいきもの 2016年6月初旬の黄色い花

 田植えが始まった6月の下赤阪の棚田ビオトープ。
 黄色い花は、意外とキク科は少なかったりしました。


黄色い花 タグ:下赤阪の棚田の黄色い花
植物界
被子植物門 双子葉植物綱

ハハコグサ(母子草)
Gnaphalium affine

キク目
キク科
ハハコグサ属
越年草
別名:ごぎょう
タグ:ハハコグサ

花弁のない舌状花だけの小さい花。
咲いているように見えませんが、咲いています。

春の七種の「ごぎょう」です。

セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)Taraxacum officinale

キク目 キク科 タンポポ属
多年草
ヨーロッパ原産
要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:セイヨウタンポポ

オノマンネングサ(雄の万年草)Sedum lineare

ユキノシタ目 ベンケイソウ科 マンネングサ属
多年草
タグ:オノマンネングサ

多肉植物のベンケイソウの仲間。

多肉植物というとサボテンというイメージがあるかもしれませんが、こんな普通っぽい植物もあります。
もちろん多肉植物の特徴は持っています。

コモチマンネングサ(子持ち万年草)Sedum bulbiferum

ユキノシタ目 ベンケイソウ科 マンネングサ属
越年草
タグ:コモチマンネングサ

ベンケイソウ科の特徴は「CAM型光合成」。

夜の間に二酸化炭素をとりこんで炭酸水素イオンにつくりかえて貯めこみ、昼間にそれを使って光合成します。

どうしてこんなめんどくさいことをするのかというと、昼間に二酸化炭素を取り込むと、そのかわりに水がどんどん逃げていってしまうため。
普通の植物は根からどんどん水を吸い上げるのでなんともありませんが、これが砂漠のような乾燥した場所だとたいせつな水がなくなってしまいます。

ということで乾燥地に適応した植物です。

CAM型光合成を行う植物は、「CAM植物」と呼ばれます。

コメツブツメクサ(米粒詰草)
Trifolium dubium

マメ目
マメ科
シャジクソウ属
一年草
ヨーロッパ~西アジア原産の帰化植物
タグ:コメツブツメクサ

小さいので見逃してしまいますが、結構あちこちに生えていたりします。

イヌガラシ(犬芥子)Rorippa indica

アブラナ目 アブラナ科 イヌガラシ属
多年草
タグ:イヌガラシ

十字花と細長い長角果はアブラナ科の特徴。

道端よりも草木が多いところの草地で見かけるような気がします。

被子植物門 双子葉植物綱
植物界
裸子植物門 マツ綱

イヌマキ(犬槇)Podocarpus macrophyllus の雄花

マツ目 マキ科 マキ属
常緑高木
タグ:イヌマキ

垣根代わりに植えられているようです。

西に開けた石垣の上に並んでいるので、稲を西風から守る防風林かもしれません。

裸子植物門 マツ綱
植物界
黄色い花

 ベンケイソウ科の花が咲いてました。
 日本のようなところでは、CAM植物は分が悪いと思います。
 棚田の周りでは、わりと水分が多いので、なかなか生き残るのは難しいように思います。
 それでも生き残っているのですから、なにか理由があるのでしょう。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法

日本の野草300 冬・春 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,296から
(2016/6/25 23:28時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016  下赤阪の棚田2016/6  6月の下赤阪の棚田の植物  ハハコグサ  オノマンネングサ  コモチマンネングサ  コメツブツメクサ  イヌガラシ  イヌマキ  黄色い花/SA-tanada 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

棚田のいきもの 2016年2月上旬のロゼットの丸い葉

 花も実も少なくなった2月上旬の下赤阪の棚田ビオトープ。
 寒い真冬に観察するのは、ロゼット。
 秋に芽を出した草や多年草が、春一番に成長するために茎を伸ばさず葉を地面に貼り付けるように伸ばした状態のこと。
 年中ロゼット状態の植物もありますが、大きく成長してロゼットのときはちがった形をしている植物もあります。


ロゼット > 丸い葉
円形の葉 葉身の長さと幅が同じくらいの葉
双子葉植物綱

タネツケバナ(種漬花)Cardamine scutata

アブラナ目 アブラナ科 タネツケバナ属
越年草
タグ:タネツケバナ

タネをピンピン飛ばすタネツケバナ。

ロゼット状態のまま花柄をのばしてもう花を咲かせています。

シロツメクサ(白詰草)Trifolium repens

マメ目 マメ科 シャジクソウ属
多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
別名:クローバー
タグ:シロツメクサ

茎を地面の這わせますので、正しくはロゼットではないですが、葉が広がっている様子はロゼットそのものです。

双子葉植物綱
円形の葉
ロゼット > 丸い葉
長楕円形の葉 葉身の長さが幅の3~5倍くらいの丸い葉
双子葉植物綱

キュウリグサ(胡瓜草)Trigonotis peduncularis

キク目 ムラサキ科 キュウリグサ属
二年草
タグ:キュウリグサ

楕円形の葉身に長い柄が特徴のキュウリグサ。

春には長い花柄を伸ばして小さな青い花をたくさん咲かせます。

オランダミミナグサ(和蘭耳菜草)Cerastium glomeratum

ナデシコ目 ナデシコ科 ミミナグサ属
一年草
タグ:オランダミミナグサ

丈が小さいのであまり目立ちませんが、結構あちこちに生えています。

この後茎を伸ばして春先には白くて小さい花を咲かせます。

双子葉植物綱
楕円形の葉
ロゼット > 丸い葉
長楕円形の葉 葉身の長さが幅の3~5倍くらいの丸い葉
双子葉植物綱

ウラジロチチコグサ(裏白父子草)Gamochaeta coarctata

キク目 キク科 チチコグサモドキ属
多年草
南アメリカ原産
タグ:ウラジロチチコグサ

春の七種のハハコグサに似ているシリーズのなかでは、ハハコグサに似ていない方。

でも、ここではハハコグサのほうが少ないですから、こちらのほうがよく目にします。

名前のように葉の裏が白っぽくなってます。

双子葉植物綱
長楕円形の葉
ロゼット > 丸い葉
披針形・倒披針形の葉
先か根本が尖り幅の一番広いところが中心からずれている葉
双子葉植物綱

スイバ(蓚,酸い葉)Rumex acetosa

ナデシコ目 タデ科 スイバ属
多年草
披針形
別名:スカンポ
タグ:スイバ

同じタデ科のギシギシに似ていますが、丸い葉の根本がちょっと切れ込んで上に向いているのが特徴。

セリ(芹)Oenanthe javanica

セリ目 セリ科 セリ属
多年草
披針形
タグ:セリ

春の七種のひとつ。

似ている植物いくつかあります。

葉の切れ込みが、鋸歯か分裂が悩むほど粗いのが特徴。

水路のような水が流れるところにも生えます。

オオジシバリ(大地縛り)Ixeris debilis

キク目 キク科 ニガナ属
多年草
倒披針形
タグ:オオジシバリ

暖かくなると花柄を伸ばして黄色い花を咲かせます。

ハハコグサ(母子草)Gnaphalium affine

キク目 キク科 ハハコグサ属
一年草
倒披針形
タグ:ハハコグサ

春の七種の「ごぎょう」。

葉が白っぽく見えるのは細かい毛が生えているため。

ちょっと湿り気のあるところから乾燥気味のところまでいろんな場所に生えます。

ロゼットがうねうねと植物っぽくないのも特徴。

チチコグサモドキ(父子草擬)Gamochaeta pensylvanicum

キク目 キク科 ウスベニチチコグサ属
一年草・二年草
倒披針形
北アメリカを原産

ハハコグサによく似ています。

葉の形がしっかりしていて、毛も少なくのが特徴。

ハハコグサよりよく見かけます。

ハルジオン(春紫苑)Erigeron philadelphicus

キク目 キク科 ムカシヨモギ属
多年草
倒披針形
北アメリカ原産の帰化植物
要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:ハルジオン

春の雑草で有名。

ヒメジョンとよく似ていますが、ロゼットはちがいます。

ヒメジョンのロゼットはもっと幅が広くて浅い切れ込みが入ります。

ヒメジョオン(姫女苑)Erigeron annuus

キク目 キク科 ムカシヨモギ属
越年草
倒披針形
北アメリカ原産の帰化植物
要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:ヒメジョオン

ハルジオンより葉が広くてちょっとしわっとしています。

ちょっとわかりにくいですが、浅い切れ込みがいくつかあります。

双子葉植物綱
披針形・倒披針形の葉
ロゼット > 丸い葉
卵形の葉 幅の一番広いところが中心からずれている丸い葉
双子葉植物綱

オオバコ(大葉子)
Plantago asiatica

シソ目 オオバコ科 オオバコ属
多年草
タグ:オオバコ

丸い卵型のでキュウリグサに似ていますが、こちらのほうがちょっと大きめ。

そして葉脈が根本から葉の形にそってひろがり、先の方に集まっているかわった形になっています(平行脈)。

双子葉植物綱
卵形の葉
ロゼット > 丸い葉

 冬の恒例ロゼットです。
 本来ロゼットは茎が極端に短く、葉だけを伸ばした状態ですが、茎があっても地面に張り付いているように見えるものも含めました。
 葉の形についてもはっきりと定義されてないものもあり、一つの植物でも様々な形があったりします。
 ということで、おおよその目安程度に思っていただければ助かります。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次
■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


野草のロゼットハンドブック [ 亀田竜吉 ]

価格:1,296円
(2016/3/7 20:16時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016  下赤阪の棚田2016/2  2月の下赤阪の棚田の植物  ロゼット/SA-tanada  丸い葉rosette/SA-tanada  チチコグサモドキ  ウラジロチチコグサ  セリ  オオジシバリ  ハハコグサ 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

真実の春の七種を見に行こう! 錦織公園の河内の里

 今日は春の七種の日。
 それは1月7日のこと?
 いやいや、それは偽り?の春の七種。
 今日こそ真実の春の七種。

 春の七種、または春の七草。
 七種類の植物を入れたおかゆ、七草粥を食べて一年の無病息災を願う行事。
 そのような形に落ち着いたのは江戸時代。
 そう。
 旧暦の時代の行事です。
 月の満ち欠けに合わせた旧暦の1月7日。
 2016年は2月14日になります。

 ということでやってきたのはおなじみの錦織公園。
 ここの河内の里では年末から年始にかけて春の七種が展示されています
 正月気分が抜ける頃には展示が終わってしまいます。
 ところが、じつは、河内の里には春の七種が生えていたのです!

芹 せり

和名:セリ
セリ目 セリ科 セリ属
多年草
分布:北海道~九州
適地:湿地や畦道
タグ:セリ

水気の多いところが好きな野草。

それどろこか、水路のような水が流れるところにも生えます。

水田雑草の一つですが、探すのは常に水があるような場所。
それかいつも湿っているような場所。

気に入ったところだと、どんどん成長していく雑草ですが、合わない場所だとすぐ弱ってしまいます。

今年はものすごく弱ってしまったので、探すのに苦労すると思います。

薺 なずな

和名:ナズナ
アブラナ目 アブラナ科 ナズナ属
越年草
分布:北海道~九州
適地:道端,公園,畑
田んぼの畦などにも生える水田雑草。
タグ:ナズナ

別名「ぺんぺんぐさ」。

ハート型の実が三味線のバチににていることが別名の由来。

道端にも生える雑草なので、乾燥した道端から畑のまわりまでいろんなところに生えます。

ロゼットはクシのように細かい葉がたくさん並びますが、茎に生える葉は、細長い葉で形がまったくちがいます。

もう花が咲いているのもあるので、ロゼットよりもハート型の実で探すほうが見つけやすいかもしれません。

御形 ごぎょう

和名:ハハコグサ
キク目 キク科 ハハコグサ属
越年草
分布:北海道~沖縄
適地:人里の道端、田の畦
タグ:ハハコグサ

「おぎょう」とも読みます。

葉の表面に細かい毛が生えていて、白っぽく見えます。

これは葉っぱらしい形のロゼットになっていますが、ときにはキクラゲみたいな植物らしくない形になることもあります。

チチコグサやチチコグサモドキなどよく似たロゼットの植物があります。

下はチチコグサ。

ハハコグサよりも薄い感じで形が整っています。

錦織公園では圧倒的にチチコグサやチチコグサモドキのほうが多いので注意が必要です。

繁縷 はこべら

和名:コハコベ
ナデシコ目 ナデシコ科 ハコベ属
越年草
分布:北海道~九州
適地:道端,公園,畑
タグ:コハコベ

茎が緑色は外来種のミドリハコベ、かもしれません。

メシベの先が5つに分かれていたらウシハコベ

地面を這うように茎を伸ばしますので、緑色のじゅうたんのように見えます。

田畑ではよく見かける雑草。

田んぼや畑で離れたところから緑の絨毯のように見えたら、ハコベかもしれません。

仏の座 ほとけのざ

和名:コオニタビラコ
キク目 キク科 ヤブタビラコ属
越年草
分布:本州~九州
適地:湿地を好む
タグ:コオニタビラコ

「ホトケノザ」という和名の植物がありますが、そちらはシソ科の雑草で、違う種類。

湿り気があって日の当たる場所が好きな雑草。

田んぼのまわりでみかけます。

名前のようにロゼットも小さめ。

錦織公園では、河内の里以外にも日当たりのいい斜面の下の方で見かけることがあります。

赤いのは冬の寒さを凌ぐため糖分を増やしそれが赤い色素になったためです。

菘 すずな

和名:カブ
アブラナ目 アブラナ科 アブラナ属
越年草
分布:アフガニスタン原産
適地:代表的な野菜
タグ:カブ

外来種の野菜。

食用部分は胚軸。胚軸は、簡単に言うと根でも茎でもないところ。

野生化しているものは見たことがありません。

ということで、見かけるのは畑。

普通の田畑では、見かけることができないかもしれません。

蘿蔔 すずしろ

和名:ダイコン
アブラナ目 アブラナ科 ダイコン属
越年草
分布:地中海原産
適地:代表的な野菜
タグ:ダイコン

身近な野菜のダイコン。

カブと同じように外来種の野菜。

食用部分は胚軸と根の一部。このように見た目だけでなくカブとは明らかに違う種類。

こちらも野生化しているのは見かけません。

 すべて錦織公園の河内の里の里の家と園周辺の田畑にありました。
 カブとダイコン以外は勝手に生えたもの。
 河内の里の里の家と園周辺は、河内地方の農家をイメージしたものです。
 とはいえ、5種類の草は勝手に生えたようです。  昔の日本人の生活では、春の七種の7種類の植物は、身近なものだったのです。

■参考外部リンク■
錦織公園 | 大阪府富田林市 大阪府営公園

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 春の七種  セリ  ナズナ  ハハコグサ  コハコベ  コオニタビラコ  カブ  ダイコン  山菜  錦織公園 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

春のななくさは 七種類の草で無病息災

 今日、1月7日は七草粥の日。
 テレビではまるで呪文のように唱えています。

 お正月も一区切り。
 一年の普通の日々がはじまります。
 そんな日に7種類の植物を入れたおかゆを食べて、一年の無病息災を願います。

お正月モードの河内の里の里の家

 「七種(ななくさ)」とも「七草」とも書かれる7種類の植物は、次のように歌われます。

せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ
これぞななくさ

 錦織公園の河内の里では、毎年年末から年始にかけて春の七種が展示されています。

芹 せり

スーパーで売っている野菜ですが、雑草としても生えます。
水辺を好むので、田んぼの畦や水路などでみかけることがります。
タグ:セリ

薺 なずな

別名「ぺんぺんぐさ」。
ハート型の実が特徴。
道端にも生える雑草。
タグ:ナズナ

御形 ごぎょう(ハハコグサ)

「おぎょう」とも。
花弁のない花と短い毛が生えた葉が特徴。
タグ:ハハコグサ

繁縷 はこべら(コハコベ)

茎が緑色は外来種のミドリハコベ
メシベの先が5つに分かれていたらウシハコベ
タグ:コハコベ

仏の座 ほとけのざ(コオニタビラコ)

「ホトケノザ」という植物がありますが、そちらはシソ科の雑草で、普通食べません。
湿り気があって日の当たる場所が好きな雑草。
田んぼのまわりでみかけます。
タグ:コオニタビラコ

菘 すずな(カブ)

外来種の野菜。
自生はできないようで、見かけるのは畑の中。
タグ:カブ

蘿蔔 すずしろ(ダイコン)

身近な野菜のダイコン。
こちらも外来種の野菜で、野生化しているのは見かけません。
タグ:ダイコン

 七種のうち、4種類は雑草。
 1種類はスーパーで売っていますが、雑草としても見かけます。
 野菜は2種類だけ。
 たしかに縁起をかつぐための食べ物のようです。

■参考外部リンク■
錦織公園 | 大阪府富田林市 大阪府営公園

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 春の七種  セリ  ナズナ  ハハコグサ  コハコベ  コオニタビラコ  カブ  ダイコン  山菜  春の七草 

関連記事

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

下赤阪の棚田の2015年 3月下旬の黄色・白い花編


 梅もちりはじめた3月下旬の下赤阪の棚田ビオトープ。

 花もいろいろな種類が咲き始めています。

 ロゼットでじっと我慢していた草から、葉を落として寒さに耐えてきた木まで。

 棚田も本格的に動き始めたようです。




緑の中に黄色やピンクが混ざりはじめた3月下旬の下赤阪の棚田




すでに紹介している生き物については、一部画像や説明等を省いていますので、
画像や説明等のあるページへのリンクをつけています。
まとめて見るタグ:3月の下赤阪の棚田の植物



植物界
黄色い花
被子植物門 双子葉植物綱
キク目
コオニタビラコ(小鬼田平子)Lapsana apogonoides
キク目 キク科 ヤブタビラコ属
越年草
タグ:コオニタビラコ
春の七種のホトケノザ。

名前に「小」が付いているように、小さな花。

自己主張の強いキク科の中にあって、ちょっと地味系ですが、そこがいいところです。
ハハコグサ(母子草)
Gnaphalium affine
キク目
キク科
ハハコグサ属
一年草
タグ:ハハコグサ

こちらも春の七種の「ゴギョウ」。

もともと咲いているように見えない筒状花ですが、これはまだ咲く直前だと思います。
オニノゲシ(鬼野芥子)Sonchus asper
キク目 キク科 ノゲシ属
越年草
ヨーロッパ原産
タグ:オニノゲシ
カンサイタンポポ(関西蒲公英)Taraxacum japonicum
キク目 キク科 タンポポ属
多年草
タグ:カンサイタンポポ
キク目
黄色い花 植物界 被子植物門 双子葉植物綱
その他の目
アブラナ(油菜)Brassica rapa var. nippo-oleifera
アブラナ目 アブラナ科 アブラナ属
越年草
春の花の代表格「菜の花」。

最近はアブラナよりもハナナをよく見かけます。

菜の花の葉っぱがしわしわだったらハナナかもしれません。
キジムシロ(雉莚,雉蓆)
Potentilla fragarioides var. major
バラ目 バラ科 キジムシロ属
多年草
キジムシロの花はヘビイチゴとよく似ています。

実がなればちがいははっきり。

ヘビイチゴは名前の通りイチゴのような赤い実。

キジムシロは茶色いつぶが集まった実。

でも、小葉はキジムシロのほうがイチゴ(オランダイチゴ)のような感じです。
ただ、小葉の集まり方は奇数羽状複葉ですが(オランダイチゴは3出複葉)。
被子植物門 双子葉植物綱
黄色い花
植物界
白い花
被子植物門 双子葉植物綱
ミチタネツケバナ(道種漬花)Cardamine hirsuta
フウチョウソウ目 アブラナ科 タネツケバナ属
越年草
タグ:ミチタネツケバナ
どちらかと言うと湿り気が多くないところに生えるタネツケバナの仲間。

タネツケバナは湿り気の多いところを好む水田雑草です。

暖かくなって慌てたのか、成長するのが待てないのか、ロゼットから短い花柄を伸ばして咲かせていました。
ナズナ(薺)Capsella bursa-pastoris
フウチョウソウ目 アブラナ科 ナズナ属
越年草
別名:ペンペングサ
タグ:ナズナ
こちらも春の七種の「ナズナ」。

タネツケバナと同じアブラナ科でよく似ていますが、葉の形がちょっとちがいます。

タネツケバナは葉軸から小葉がたくさん出ている奇数羽状複葉の形になっていますが、ナズナは細長い葉が深く切れ込んだような形になっています。

よく見ると、小葉の付け根が閉じず、開いたまま葉軸についています。
コハコベ (小繁縷) Stellaria media
ナデシコ目 ナデシコ科 ハコベ属
越年草
北アメリカ原産
タグ:コハコベ
これも春の七種ではありません。

「ハコベラ」は在来種のミドリハコベ。

これは茎が赤いので外来種のコハコベ。
ミドリハコベは名前の通り緑色です。

ただし緑色でないミドリハコベもあるそうなので、ちがうかも?
ヒメウズ(姫烏頭)Semiaquilegia adoxoides
キンポウゲ目 キンポウゲ科 ヒメウズ属
多年草
タグ:ヒメウズ
春に咲くキンポウゲの仲間の小さな花。

花だけでなく、茎も高くて20センチほど。
枝分かれもしませんので、目立ちません。

でも、下向きのかわいい白い花です。
ユキヤナギ(雪柳)Spiraea thunbergii
バラ目 バラ科 シモツケ属
落葉低木
別名:コゴメヤナギ
下赤阪城の碑がある駐車場にはたくさん植えられていますが、これはそこから離れたいつもコスモスが咲いているところ。

種が飛んできたのでしょうか。

まだ小さく、草本と思ったので、ユキヤナギとは思いませんでした。
ウメ(梅)Prunus mume の栽培品種「南高」?
バラ目 バラ科 サクラ属
落葉高木
タグ:ウメ
ソメイヨシノのようにも見えますが、長いオシベがたくさんあることと、花柄が殆ど無いのが特徴。

桜は花柄が長いのが特徴。

花柄は、サクランボの実についた細い枝のことです。

サクランボには長い枝がついてますが、ウメやモモの実にはついていないと思えばわかりやすいかもしれません。
被子植物門 双子葉植物綱
白い花
植物界



 さすがに花が咲き始めるとキク科の天下。

 アブラナ科もがんばっていますが、かないません。

 樹木を含めると、意外とバラ科もあったりします。

 3大雑草の一つ、マメ科の登場は、もう少し先になりそうです。



タグ♦ 下赤阪の棚田 下赤阪の棚田の2015年

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015  下赤阪の棚田2015/03  3月の下赤阪の棚田の植物  コオニタビラコ  キジムシロ  ミチタネツケバナ  ユキヤナギ  ハハコグサ  ヒメウズ  アブラナ 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる