【 ハト】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

雪が積もったら足跡いっぱいさがしに行こう! 2014年の金剛山の鳥類編


 山にはなかなか姿を見せてくれない生き物がたくさんいます。

 そんな生き物たちと出会える限られた機会が、冬。

 つもった雪に残される足跡で、どういう動物たちが棲んでいるかがわかります。

 2014年の冬、雪のつもった金剛山で出会った生き物たちの鳥類編です。




低山でも霧氷ができる金剛山




足跡がわかりやすいように画質を調整しています。
画像の上が進行方向にしていますので、実際と上下が逆になっているものもあります。
タグ:雪の足跡



雪の金剛山の足跡
動物界 脊索動物門
鳥綱
キジバト(雉鳩)Streptopelia orientalis
ハト目 ハト科 キジバト属
北海道・本州・四国・九州・沖縄
留鳥
雑食
別名ヤマバト
タグ:キジバト
後ろ向きの第1趾(し)が長いので、地面を歩くだけでなく木にもとまる鳥です。

真ん中の第3趾が3センチと小さくはありません。

この程度の大きさの鳥というと、ハト。

旧国道の木道についていましたので、金剛山にもいるキジバトとしました。
ウスアカヤマドリ(薄赤山鳥)
Syrmaticus soemmerringii subrufus
キジ目 キジ科 ヤマドリ属
関東以西の本州太平洋瀬戸内海沿岸・四国
日本の固有種
植物食よりの雑食
タグ:ヤマドリ
見ての通りキジバトよりもずっと大きな足跡、つまり大きな鳥。

後ろ向きの第1趾が極端に短いのは地面の上を歩く鳥の特徴。

日本で山を歩く大きな鳥というと、ヤマドリ。

ヤマドリの中で近畿に棲む亜種はウスアカヤマドリ。

意外と歩幅が狭いようです。
ヤマドリはなかなか姿を見せないことで有名で、金剛山ではまだ一度しか出会ったことがありません。

しかし、足跡は幾度か見ています。

登山者が少ない道に限りますが。
鳥綱
動物門 脊索動物門
雪の金剛山の足跡



 紹介したのはたった2種類ですが、もちろん、金剛山に棲んでいる鳥はもっとたくさんいます。

 ただ、スズメのような小さい鳥の場合、軽すぎて足跡もはっきり残らないでしょうし、小さいので気が付かないのだと思います。

 小さい鳥たちの足跡もわかるようになると、もっとおもしろいことでしょう。



タグ♦ 雪の足跡 金剛山

■参考外部リンク■
金剛山登山道情報(金剛山のホームページ)


鳥の足型・足跡ハンドブック

新品価格
¥1,728から
(2015/2/5 23:58時点)

アニマルトラック&バードトラックハンドブック

新品価格
¥1,296から
(2015/2/6 00:00時点)

ひと目で見分ける287種 野鳥ポケット図鑑 (新潮文庫)

新品価格
¥680から
(2015/2/6 00:01時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 雪の足跡フィールドサイン金剛山の脊椎動物ハトキジバトヤマドリウスアカヤマドリ金剛山金剛山の鳥バードトラック

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

ハトの刹那の足跡で想像ふくらむ


 暑い夏の長居公園(ながいこうえん)。

 土もカラカラに乾いているので係の方が植木に水やり。

 ところどこにこぼれた水が水たまりを作っています。

 水がほしいのは木だけでないようで、カワラバト(ドバト)が水を飲んでいました。



水たまりから逃げ出したカワラバト
水たまりから逃げ出したカワラバト




 じっと見ているこちらの視線に気づいてのっそのっそと歩いていきます。

 すると乾いた地面の上に足跡が。

 人間の指は5本ですが、多くの鳥は4本。
 鳥は指が1本退化したと考えられています。



地面に残ったカワラバトの足跡
地面に残ったカワラバトの足跡



 目の前でつけたのでカワラバトの(あしゆび)(鳥の指のこと)の跡は前3本、後1本。
 これが鳥の一般的な趾の数です。

 人間に例えると、後ろ向きの趾が第1趾で親指。
 そして内側から順番に第2趾、第3趾、第4趾でそれぞれ人差し指、中指、薬指に相当し、退化しているのが小指ということになります。



カワラバトの足のアップ
カワラバトの足のアップ
前3本と後1本の指がペタリと地面につきます。




 もちろん、哺乳類の指の形や本数にもいろいろあるように、鳥も住む場所や生活の仕方によって色々なパターンがあります。

 例えば地面に住んで木にとまらない鳥は、第1趾が地面につかないところにあって足跡にはめったに残りません。

 鳥の先祖といわれる獣脚類の恐竜も第1趾が上についていて、地面の上に住む鳥と同じです。



ティラノサウルス亜成体「ジェーン」の足(よみがえる地球の覇者!世界大恐竜展)
ティラノサウルス亜成体「ジェーン」の足
(よみがえる地球の覇者!世界大恐竜展)




 そんなことを考えていると、いつの間にか足跡は消えてしまいました。



◆タグ フィールドサイン カワラバト 足跡 ティラノサウルス ◆

■参考外部リンク■
長居公園 - NAGAI PARK -

よみがえる地球の覇者!世界大恐竜展 T-REXジェーン関西初上陸
※既に終了しています。



鳥の足型・足跡ハンドブック [ 小宮輝之 ]

価格:1,680円
(2013/7/21 15:03時点)

フジ鋼業 ハトよけマット とげピー 緑 50cm 2枚★パソコンからエントリーでポイント10倍!7/21(日)20:00~23:59まで★

価格:1,250円
(2013/7/21 15:07時点)

【車やバイク、携帯にもピッタリ!】ワンポイントに!ミニ足跡ステッカー・鳥【選べるカラー6種類】傷隠し/キズかくし/キズ隠し/スノーボード/サーフィン/防水/可愛い/かわいい/楽天/通販/激安/5000円以上で送料無料

価格:210円
(2013/7/21 15:04時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カワラバトハトフィールドサイン足跡ティラノサウルス長居公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

冬季限定! 大人気の自然食レストラン 南京黄櫨


隠れた名店


 近所には人気がある自然食のレストランがあります。
 雨が降らない限りはとても人気があります。
 しかし、冬季限定なのです。
 さらに食材がなくなるともう閉店。次の冬まで店は開きません。

 なんとも見るからに隠れた名店の雰囲気をかもし出しています。

 ただ、一つ変わっているのは……


 お客様は鳥だったのです。


 隠れた名店「南京黄櫨(なんきんはぜ)」。そこで目撃したお客は……


食べているのを目撃した鳥

ムクドリ
ムクドリ

カワラヒワ
カワラヒワ

ヒヨドリ
ヒヨドリ

スズメ
スズメ

キジバト
キジバト

使える写真が写せませんでした
ドバト

モズ
モズ



よく枝に止まっているので食べている可能性のある鳥

使える写真が写せませんでした
カラス
(ハシブトかハシボソかは不明)



枝に止まっているところを見たことは無いが地面に落ちた実を食べていると思われるもの

ハクセキレイ
ハクセキレイ



食べている可能性があるもの

使える写真が写せませんでした
ツグミ



 いやあ、住宅街で見かける鳥のうち、食べているところを見ていないのは、なんとメジロとシジュウカラ、そしてコゲラのみ。
 本当に大人気です。

にしても、小さな猛禽(もうきん)のモズまで食べているのには驚きました。

ナンキンハゼの記事は タグ〔ナンキンハゼ〕
鳥の記事は カテゴリ[鳥]


キッズgoo


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ナンキンハゼムクドリカワラヒワスズメハトモズカラスハクセキレイツグミレストラン南京黄櫨

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

鳥は鳥の人生を生きている。『とりぱん』


今回は本です。もちろん、いきものがテーマの本です。


『とりぱん』。知っているようで知らない鳥の生活


 タイトルは『とりぱん』。
 野鳥たちの生活を描いたマンガです。

 野鳥といっても山奥まで行かないと出会えないような鳥ではなく、庭の餌場にやってくるような身近な鳥たちが中心になっています。

 そこら中にいながらも意外と注意をしていなかった鳥たち。
 見たこともないような野鳥だけでなく、どこにでもいるスズメですらこんな生活を送っていただなんて知りませんでした。


見たままの鳥の姿


 著者は とりの なん子 さん。
 東北地方在住で、庭や近所にやってくる鳥たちとの様々な出会いを4コママンガで描いています。

 特徴はなんといっても鳥たちが個性豊かなこと。
 しかも人間が持っている先入観やイメージに縛られず、見たままのの姿が描かれています。

登場する鳥たち


 絵は4コママンガらしくデフォルメされていますが、鳥たちの特徴がよく描かれ、姿かたちだけでなく行動で鳥の種類がわるというのもなかなかすごいところです。

 現在の最新刊は6巻ですが、出番が多い鳥たちの多くは1巻からの登場です。
 個性豊かな鳥には、ときには名前がつけられます。

 気弱なツグミの「つぐみん」。
 マイペースのアオゲラ「ポンちゃん」。

 そして名前の無い鳥たちも大勢登場します。

 T松の池の凶暴なハクチョウ。
 びっくりメジロに、片足ぶらさがりエナガに、排水溝のシジュウカラ。
 もちろん、エサ台常連のスズメと、よくばりパンクなヒヨドリも。


現在6巻、雑誌『モーニング』にて連載中


 基本的に4コマ完結ということでどの巻から読んでも楽しめますが、やっぱり個性豊かな鳥たちのエピソードは、1巻から読んでいくのがおすすめです。


『とりぱん』1巻~6巻(現在進行中)

とりの なん子著
出版社:講談社(ワイドKCモーニング)
サイズ:A5版
税込価格:各巻¥620


◆記事ナビ◆ 〔とりぱん〕 【本・DVD】
  〔ヒヨ〕 〔スズメ〕 〔メジロ〕 〔ハト〕 〔ツグミ〕


■外部サイト

とりのなん子の謎に迫る!
air BE-PAL」【未来の巨匠発見!? 野鳥観察マンガ家




Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索
キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: とりぱんとりのなん子ヒヨスズメメジロハトツグミ

関連記事

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

ヒゲのモズは畑の人気者



畑に来る鳥


 畑にはいろいろな鳥がやってきます。スズメ、カラス、ハト、ヒヨドリ、ムクドリ。そしてモズ。
 これだけくる中で、人気があるのはモズだけです。ほかは人気がありません。それどころか、カラス、ハト、ヒヨドリは(きら)われています。

遠くを見つめるモズ
遠くを見つめるモズ




鳥の食べ物


 なぜ(きら)われる鳥がいるかというと、簡単(かんたん)です。畑の作物(さくもつ)(たね)を食べるからです。
 (たね)をまいたら(たね)を食べ、葉が(しげ)ると葉を食べ、実がなったら実を食べる。人間が食べるところをよく食べます。
 しかも食べごろまであと少し、そろそろ収穫(しゅうかく)しようかな、というときに食べてしまうので、本当に(きら)われています。

 スズメもムクドリも果実(かじつ)穀物(こくもつ)を食べるのですが、(さいわい)いにも畑には彼らが好きな作物(さくもつ)はないのでしょう。ですのでカラスやヒヨドリのようには(きら)われていないようです。
 それでも人気がないのは人間が近づくと、すぐ()げるからでしょう。
 ()げなければ人気があるかというと、ハトやカラスのように堂々(どうどう)作物(さくもつ)を食べられては、畑で野菜(やさい)を作っている人は好きになれないどころかますます(きら)いになってしまいます。


ヒゲモズ登場


 そして、モズです。ヒゲの生えたモズです。
 モズは(きら)われていないどころか畑のアイドルになっています。
 その最大(さいだい)理由(りゆう)は、近くに()ってくるからでしょう。
 決して手の(とど)くところには来ませんが、畑で作業(さぎょう)をしていると近くに来てじっとこちらを見つめています。
 そして()()こした土の中にミミズでも見つけたのか、畑に()()りて、何かをくわえて()んでいきます。
 時にはこちらの目の前を()んで横切(よこぎ)ることもあります。まるで「やってきたよ。食べ物ちょうだい」と言ってるようです。
 見た目はカワセミのようにきれいというわけでもないモズでも、やはり近寄(ちかよ)ってきてくれるとかわいく思えてきます。


猛禽類?


 そして、モズは野菜(やさい)や実や(たね)は食べません。
 なぜか。
 それは肉食(にくしょく)だからです。植物(しょくぶつ)ではなく、動物(どうぶつ)を食べるのです。
 といってもスズメと()わらない大きさの鳥なので、人間どころかウサギだって(おそ)うことはありません。食べるのは虫やカエル、トカゲなどのような小さな動物(どうぶつ)です。
 ということで、(するど)(つめ)(くちばし)でほかの動物(どうぶつ)(つか)まえて食べる鳥の総称(そうしょう)の「猛禽類(もうきんるい)」には入れられていないようです。

鋭い眼光のちょっと猛禽っぽいモズ
鋭い眼光のちょっと猛禽っぽいモズ



 やっぱり、かわいいモズに「荒々(あらあら)しい肉食(にくしょく)の鳥」を表す「猛禽類(もうきんるい)」は似合(にあ)いません。
 勝手(かって)に「人気鳥類(にんきちょうるい)」に認定(にんてい)しましょう。

モズのほかの記事は カテゴリモズ


キッズ スペース
人気鳥類(にんきちょうるい)」という言葉(ことば)辞書(じしょ)にはありません。ここで勝手(かって)につくった言葉(ことば)です。

キッズgoo



今回取り上げた鳥の画像があるブログ

○スズメ
 MASAOGA さんの「MASA' バードウォッチング」
 スズメ

○カラス
 おぅちゃん&ボス さんの「こふくろぅ風景」
 よけないカラス(-_-;)

○ハト
 「はなさんと仲間たち」
 ハトを手なづける女

○ヒヨドリ
 ひろ さんの「100名山、現在14座制覇 !」
 5日 お山とヒヨドリ

○ムクドリ
 nurikikaku さんの「宮代町散歩日記 」
 ムクドリ




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: モズスズメカラスハトヒヨムクドリ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS