【 ハチ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

古い写真の中からみつけたいきもの ちっちゃいハチはむずかしい! ツノキウンモンチュウレンジ?

 去年の4月。
 タンポポに小さな虫がとまっていました。

この記事にはの画像があります。


 黒い体に透明な翅。
 4枚あるので、ハエではありません。
 精悍な頭部なので、多分ハチの仲間。
 翅の先3分の1くらいのところに黒い帯が特徴になるでしょう。


 調べてみると、ウンモンチュウレンジ?
 ハチの中でも幼虫が葉っぱを食べるハバチの仲間。
 ただ、ウンモンチュウレンジの触覚は黒。


 このハチはオレンジ色?
 ということで、ツノキウンモンチュウレンジ?


 幼虫はバラ科カマツカを食べるようなので、ここにいても不思議はありません。
 多くはありませんが、あちこちにカマツカは生えていますので。

 ウンモンチュウレンジにはいろいろな種が含まれているらしく、分類中だとか。
 このハチの本当の名前はどうなるのでしょう。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツノキウンモンチュウレンジウンモンチュウレンジハバチハチ

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

巨大蜘蛛の受難 あるいは 大きな蜘蛛の憂鬱 その2 スギハラクモバチ

 日本最大級のクモ、アシダカグモ。
 人家周辺に住み、動きが早いことで有名なゴキブリを狩る肉食の益虫としても有名な大型クモ。
 一見、無敵にも思えるアシダカグモを捕らえて幼虫の餌にするハチがいます。
 その一つが、ツマアカクモバチ

この記事にはクモの画像があります。


 しかし。
 それとも、もちろん。
 巨大蜘蛛を狙うハチはそれだけではないのです。

 ツマアカクモバチを見たのと同じ里山。
 その中を抜ける舗装路の上を、同じように麻痺したアシダカグモが狩蜂に引きずられていました。


自分より大きいアシダカグモ(コアシダカグモ)を引きずる狩蜂

 今度は体が黒ですが、翅は茶色。
 そして足の先は黄色。
 頭も黄色いところが多い。
 ツマアカクモバチではありません。


原が黒く足と頭が黄色い狩蜂

 おそらくスギハラクモバチ。
 もちろん、アシダカグモを狩って幼虫の餌にします。
 南方からやってきたといわれるツマアカクモバチと幼虫の食べ物が同じクモバチ。
 朽木に巣を作り、そのためか最近減少しているといわれています。
 まだ大阪ではレッドリストに掲載されていませんが、これからはどうなるかは、わかりません。


おそらくスギハラクモバチ

 温暖化を利用したツマアカクモバチに負けて数を減らすのか。
 自然破壊で巣が作れなくなって、開発に負けて数を減らすのか。
 それとも里山の保護運動が功を奏してツマアカクモバチを圧倒するほど数を増やすのか。

 どちらが勝ったにしても、アシダカグモの気持ちは晴れないでしょう。
 かといって、共存されても同じことのはず。
 アシダカグモの憂鬱はまだまだ続きそうです。

タグ♦ クモ ハチ

ハチハンドブック

新品価格
¥1,512から
(2015/8/2 21:47時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: スギハラクモバチコアシダカグモアシダカグモクモバチハチクモ狩蜂

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

巨大蜘蛛の受難 あるいは 大きな蜘蛛の憂鬱 その1 ツマアカクモバチ

 里山を歩いていると、生き物たちのダイナミックな姿と出会います。
 知識として知っていることであっても、実際に目にすると驚きや発見があり、理解が深まります。

この記事にはクモの画像があります。


 ある日のこと。
 厚く積もった落ち葉の上を、長い足がいくつもあるものがこちらに向かってとびはねて近づいてきます。
 まるで映画「エイリアン」の寄生体を産み付けるフェイスハガーのよう。
 大きさは全然ちがいますが。

 幸いにも小フェイスハガーは顔に飛びついてくることはありませんでした。
 近づいてみてみると、フェイスハガーの正体は、日本最大級のクモのアシダカグモ。
 アシダカグモは主に家にいる外来種。
 里山で出会ったのでその仲間のコアシダカグモでしょう。


足を広げたフェイスハガー状態のコアシダカグモ

 ただ、アシダカグモはさっきまで飛び跳ねていたのにぴくりとも動きません。
 と思っていたら、アシダカグモの隣に黒いハチが。
 お腹の先がオレンジ色のツマアカクモバチ。
 名前のようにクモの狩蜂です。
 自分より大きなアシダカグモは幼虫の餌。
 成虫は花の蜜を食べます。


自分より大きいクモを引っぱるツマアカクモバチ

 よく「熱帯性のハチで、奄美大島が北限」とか「最近の温暖化の影響で北上している」というような文を見かけますが、結構昔から本州南部にいたようにも感じます。
 実際、三重県や高知県のレッドリストに記載されているようです。
 最近北上してきたのなら、レッドリストには記載されないでしょう。
 でも、温暖化で南からやってきたのが本当なら、コアシダカグモにとってはとんでもない迷惑なことです。
 真実は、どうなのでしょうか。

タグ♦ クモ ハチ

クモハンドブック [ 馬場友希 ]

価格:1,620円
(2015/7/31 20:30時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツマアカクモバチコアシダカグモアシダカグモクモバチハチクモ狩蜂

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

初夏の六甲山のハチボール


 ゴールデンウイークの六甲山の尾根の道路。

 最高峰のちょっと南西。

 有馬温泉へ抜ける紅葉谷道に入った所で、ぶんぶんと虫の羽音、それも蜂の羽音が聞こえました。
紅葉谷道の六甲側入り口
紅葉谷道の六甲側入り口



この記事にはミツバチの画像があります。





 スズメバチだとちょっとやっかいかも、と思ったら、飛んでいるのは小さな蜂。
 ミツバチ?

 よく見ると道の脇の木の幹が膨らんでます。

 数多くのミツバチが集まって団子になっているのです。
 いや、団子というよりボールです。

 色がちょっと黒っぽ感じがする野生のミツバチ。
 このミツバチはニホンミツバチ(日本蜜蜂)。
 昔から日本にいる在来種です。

 普通、花の蜜を集めるために飼われているのは外来種のセイヨウミツバチ(西洋蜜蜂)。



ハチでふくらんだ木
ハチでふくらんだ木




 このニホンミツバチの塊は、女王蜂を守るために働き蜂がボールになっているもので、「分封蜂球(ぶんぽうほうきゅう)」と言います。
 どうしてそんなことになっているかというと、新しい女王蜂が誕生したので、女王蜂が働き蜂を引き連れて巣から出てきたのです。
 これを「分封(ぶんぽう)」といいます。

 巣から出てきたのは古い女王。
 およそ半分の働きバチを連れて出てくるそうです。

 今は働き蜂を四方八方へ派遣して、新しい巣になる場所を探しているところ。



集まっているニホンミツバチ
集まっているニホンミツバチ




 たくさんのミツバチが集まっている様子を怖く感じる人も少なくないと思いますが、ニホンミツバチは自分から人を刺すことはほとんどないと言われます。

 ですから道端でミツバチの塊を見つけてもそっとしておいてあげてください。
 新しい巣の場所が見つかるまでの短い間のことですから。



◆タグ ニホンミツバチ 六甲山の昆虫 六甲山 ◆

■外部リンク■
神戸・六甲山系の森林(神戸市と六甲山系の自然のHP)


最高級天然100%、ニホンミツバチの蜂蜜「百花の恵」 和蜂蜜 270g(あづみ)

価格:3,000円
(2013/5/19 00:54時点)

巣箱:石田式 ニホンミツバチ捕獲箱(兼飼育箱)【本格派向け】

価格:8,400円
(2013/5/19 00:55時点)

ニホンミツバチの飼育法と生態 [ 吉田忠晴 ]

価格:2,100円
(2013/5/19 00:57時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニホンミツバチ六甲山の昆虫六甲山ミツバチハチ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

とっても不思議な寄生蜂のこともわかる「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」


 ハチばかりが集まった自然史博物館の「のぞいてみようハチの世界」。

 身近なハチから聞いたこともないハチまでいっぱい集まっています。



この記事にはハチの画像があります。




館企画の特別展恒例入り口垂幕「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」
館企画の特別展恒例入り口垂幕
「のぞいてみようハチの世界
〈自然史博物館〉」

 「ハチ」と聞いて花の蜜を集めるミツバチや、獰猛(どうもう)な肉食のスズメバチを思い浮かべる人も少なくないと思います。

 しかしハチは葉っぱを食べるハチや昆虫などを狩って幼虫の餌にするカリバチ、そして他の虫などに寄生するキセイバチなどものすごく多様化しています。



 寄生バチは昆虫などの節足動物(せっそくどうぶつ)に寄生するので、普通それほど大きくありません。

 中にはハチとは思えないほどの小さなものもいます。

 それだけでなく、寄生した虫(宿主(しゅくしゅ))を操って(寄主操作(きしゅそうさ))、自分にとって得するように行動させるハチもいます。

 その様子が映像で展示されているのはサムライコマユバチとクモヒメバチ。

 宿主が特異な行動をする様子が映像で流されています。



イモムシに寄生するヒメバチやマユコバチの標本「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」
イモムシに寄生するヒメバチやマユコバチの標本
「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」




 自分が得するように宿主を操る寄生虫は幾つか知られていますが、ハチにもそういうものがいるというのは驚きました。

 なんて頭のいいハチなんでしょう。

 と思わずいってしまいますが、こういう時はファーブルさんの言葉を思い出します。

 どんなに驚くような行動をする昆虫であっても、それはただ単に本能のまま、決められた手順で行動しているだけ。
 途中まで進んでしまったら、もう元には戻れません。



寄生蜂を使って害虫を駆除するための天敵製剤「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」
寄生蜂を使って害虫を駆除するための天敵製剤
「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」




 ですからこういった寄生バチも「こうすれば得するに違いない」と思って動いているのではなく、訳もわからず決められて行動を行なっているだけでしょう。

 しかしよく考えると、何も考えないでこれだけ巧妙に動けるというのは、ある意味考えて動いていることよりもおどろくべきことなのかもしれません。



 そんなふしぎなハチがいっぱいの「のぞいてみようハチの世界」は大阪の自然史博物館で2012年10月14日まで開催中です。



■外部リンク■
第43回特別展 のぞいてみようハチの世界|大阪市立自然史博物館
ようこそ大阪市立自然史博物館へ


◆関連タグ◆ 〔のぞいてみようハチの世界〕 〔ハチ〕 〔寄生〕
       〔自然史博物館〕


H-09 はじめてのかんたん昆虫標本セット

新品価格
¥1,280から
(2012/10/2 23:18時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: のぞいてみようハチの世界ハチ寄生寄生動物寄生昆虫

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

身近なミツバチの知らない姿もわかる「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」


 大阪市の長居(ながい)公園にある大阪市立自然史博物館で開かれている「のぞいてみようハチの世界」。

 見たことも聞いたこともないような珍しい世界中のハチが展示されています。

 もちろん身近なハチについての展示もあります。



特別展恒例の階段看板その2「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」
特別展恒例の階段看板その2
「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」




 身近なハチというとミツバチ。
 蜂蜜(はちみつ)を集めてくれるハチです。

 地球上最も繁栄している生物と言われながら、哺乳類のように家畜化された種がほとんどいない昆虫のなかで、数少ない家畜化されたものの一つです。



 ハチを使っての花の蜜集めは、四角い巣箱を利用した養蜂(ようほう)をイメージするかもしれません。
 しかしこれはセイヨウミツバチを使ったヨーロパの養蜂で、日本での伝統的な養蜂はちょっとちがいます。

 中をくりぬいた丸木を山において、そこに日本在来種のニホンミツバチを住まわせるのです。

 今でも行われていますが数は少なく、日本の蜂蜜生産のほとんどはセイヨウミツバチを使った四角い巣箱のようです。



日本式養蜂箱(丸太くり抜きタイプ)「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」
日本式養蜂箱(丸太くり抜きタイプ)
「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」




 養蜂の歴史は古く、蜂蜜が人間にとって重要なものだったことがわかります。

 それもそのはず、花の蜜は蜂蜜ほど甘くありません。
 ミツバチが濃縮しているからこそカビが生えないだけの甘さになるのです。

 ミツバチがいなければ、あのように甘い蜜は食べることできなかったでしょう。



花の蜜ではなくアブラムシなどがだす甘い汁を集めた甘露蜜「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」
花の蜜ではなくアブラムシなどがだす甘い汁を集めた甘露蜜
「のぞいてみようハチの世界〈自然史博物館〉」




 小さなミツバチもすごい!ってことがわかる「のぞいてみようハチの世界」は2012年10月14日まで開催しています。



■外部リンク■
第43回特別展 のぞいてみようハチの世界|大阪市立自然史博物館
ようこそ大阪市立自然史博物館へ


ミエリツィア オレンジのハチミツ 400g

新品価格
¥1,100から
(2012/8/19 00:27時点)

ネクターフロー ハチミツ アカシア 250g

新品価格
¥791から
(2012/8/19 00:28時点)

クローバークレストブランド はちみつ(クリーム状) 454g

新品価格
¥750から
(2012/8/19 00:29時点)

ユウキ食品 マヌカはちみつ 500g

新品価格
¥2,079から
(2012/8/19 00:29時点)

◆関連タグ◆ 〔のぞいてみようハチの世界〕 〔ハチ〕 〔ミツバチ〕
       〔自然史博物館〕


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: のぞいてみようハチの世界ハチ大阪市立自然史博物館ミツバチ

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

恐竜時代のハチだっています!「のぞいてみようハチの世界(自然史博物館)」


 大阪の長居(ながい)公園にある自然史博物館で2012年10月14日まで開かれている「のぞいてみようハチの世界」。

 なんとハチに特化した特別展です。

 ハチだけで~。
 と思わず言ってしまいそうですが、それができてしまうのです。



この記事にはハチの化石の画像があります。





 「ハチ」と呼ばれるのは膜翅目(まくしもく)の昆虫群。

 膜翅目は別名「ハチ目」とも呼ばれますがアリも含まれています。
 広い意味では、「アリ」も「ハチ」です。

 「(もく)」というのはいきものの分類では結構大きな区分けで、この一つ上は「(こう)」になります。
 ハチ目の上は昆虫綱。
 簡単に言うと、「目」は昆虫の中の最初の分類ということになります。

 ハチ目には13万もの種が含まれています。
 ほとんどが「ハチっぽい」姿ですが、その生活の様子は千差万別。
 ものすごく多様化され、中には信じられないような職人的な技を見せてくれるものもいます。



特別展恒例の階段看板
特別展恒例の階段看板




 今のハチの標本が中心ですが、化石も展示されています。
 幅の広い展示ははさすが自然史博物館。

 ハチの登場は古く、恐竜が繁栄した中生代(ちゅうせいだい)にはすでに現れていました。

 三畳紀(さんじょうき)の中期(2億2千万年前)の化石が最も古い確実な「ハチ」と言われています。

 三畳紀中期は恐竜が出現したと考えられている時代です。



中国で見つかったジュラ紀のナギナタハバチの1種の化石「のぞいてみようハチの世界(自然史博物館)」
中国で見つかったジュラ紀のナギナタハバチの1種の化石
「のぞいてみようハチの世界(自然史博物館)」




 その後、恐竜の時代になる直前のジュラ紀の初期(約1億8千万年前)には20科以上のハチが現れました。

 「科」というのは簡単に言えば「目」の一つ下の分類です。
 ハチがこの時期にすでに多様化していたことがうかがえます。

 そして白亜紀(はくあき)(約1億年前)には今のハチの殆どの種類が現れました。



ジュラ紀のキバチの化石「のぞいてみようハチの世界(自然史博物館)」
ドイツで見つかったジュラ紀のキバチの化石
「のぞいてみようハチの世界(自然史博物館)」




 白亜紀の頃には花を咲かせる被子植物(ひししょくぶつ)が増えてきたので、花の(みつ)を食べる花蜂(はなばち)もこのころ誕生したかもしれません。

 その後、白亜紀末期に大絶滅が起こり、中生代が終わります。

 それでも多様性を失わず、植物や動物の種類の変化も寒冷化する気候の変化も乗り越え、現在繁栄しているハチ。

 その凄さを時間を超えて知ることができる「のぞいてみようハチの世界」です。



白亜紀前期の被子植物アルカエフルクトゥス・シネンシス復元模型「恐竜は花を見たか?(福井県立恐竜博物館 2009年)」
こんな花に中生代の花蜂が飛んできていたのでしょうか
白亜紀前期の被子植物アルカエフルクトゥス・シネンシス復元模型
「恐竜は花を見たか?(福井県立恐竜博物館 2009年)」
※「のぞいてみようハチの世界」では展示されていません。




井藤漢方 純粋蜂蜜100% 1kg

新品価格
¥499から
(2012/8/7 00:11時点)

レンゲ印 カナダ産純粋はちみつ 500g

新品価格
¥695から
(2012/8/7 00:11時点)

純粋はちみつポリ 1kg

新品価格
¥705から
(2012/8/7 00:12時点)

■外部リンク■
第43回特別展 のぞいてみようハチの世界|大阪市立自然史博物館
ようこそ大阪市立自然史博物館へ


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: のぞいてみようハチの世界ハチ大阪市立自然史博物館中生代ジュラ紀

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる