【 ハコベ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

春の七種は食べるだけじゃなくて探してみるのもおもしろいかも


 1月7日は七草粥の日。

 正しくは「七種(ななくさ)の節句(せっく)」。

 七草粥(ななくさがゆ)を食べて無病息災(病気も災いもないこと)を願います。



 七種、七種類の草はこのように歌われています。


「芹(せり)、薺(なづな)、御行(ごぎょう)、繁縷(はこべら)、仏座(ほとけのざ)、菘(すずな)、蘿蔔(すずしろ)、これぞ七種(ななくさ)」


 もしかしたら全部聞いたことがない植物かもしれません。

 ということで確認するため、この時期には七種を展示している大阪の錦織公園(にしこおりこうえん)の河内の里に行ってみました。



お正月モードの錦織公園の河内の里
お正月モードの錦織公園の河内の里




 河内の里の里の家に通じる小さな橋の上に7つのプランターが並べら、それぞれに七種が1種類づつ植えられています。



和名:セリ(芹)
セリ目 セリ科 セリ属
多年草

芹(せり)
水辺を好みます。
河内の里の田んぼや錦織公園の近くの田圃にも生えています。


和名:ナズナ(薺)
フウチョウソウ目 アブラナ科 ナズナ属
越年草

薺(なずな) 薺(なずな)
実の形が三味線のバチに似ていることから「ペンペングサ」と呼ばれるようになった、といわれています。
空き地や畑の畦などによく生える草です。
実ができていればわかりやすいと思います。


和名:ハハコグサ(母子草)
キク目 キク科 ハハコグサ属
越年草

御形(ごぎょう)
葉には短く白い毛が生えていて、白っぽく見えます。
春には舌状花がない小さくて黄色い花を咲かせます。


和名:ハコベ(繁縷)
ナデシコ目 ナデシコ科 ハコベ属
越年草

繁縷(はこべら)
普通の雑草ですが、コハコベなど他のハコベ属の種類とよく似ています。


和名:コオニタビラコ(小鬼田平子)
キク目 キク科 ヤブタビラコ属
越年草

仏の座(ほとけのざ)
ロゼット状のときは、タンポポなどほかのキク科とよく似ています。

和名が「ホトケノザ」という植物がありますが、そちらはシソ科。
春の七草の「仏の座」とはちがいます。


和名:カブ(蕪)
フウチョウソウ目 アブラナ科 アブラナ属
一年草・越年草

菘(すずな)
古くから野菜として食べられていましたが、中国から伝わった外来種と考えられています。
野生化はしていないようでうですので、意外と弱いのでしょうか。


和名:ダイコン(大根)
フウチョウソウ目 アブラナ科 ダイコン属
一年草・二年草

蘿蔔(すずしろ)
古くから食べられていますが、こちらも外来種。
野生種が見られないのはカブと同じ。
昔から食べられているようですので、野菜化が著しくて自然に生きる力が弱くなっているのかもしれません。




 ということで、セリ、カブ、ダイコン以外は今では雑草としても生える植物。
 いや、セリも水辺で見かける雑草のひとつ。

 逆に雑草で見かけないのはカブとダイコンだけ。

 近所に畑や田圃があったらのぞいてみると、カブとダイコン以外の五草と出会えるかもしれません。



 ところで、春の七種を食べる1月7日は本当は旧暦。

 2014年は2月6日。

 まだ一ヶ月先です。



◆タグ 春の七種 山菜 錦織公園 ◆

■参考外部リンク■
大阪府営 錦織公園


ローカロぞうすい紀州梅入り海藻七草のぞうすい【5食】【ローカロ生活正規品】【RCP】

価格:980円
(2014/1/7 21:13時点)

アマノフーズ フリーズドライ 雑炊 おかゆ 4種類16食セット

新品価格
¥2,646から
(2014/1/6 22:29時点)

アヲハタ 白がゆ 250g×8個

新品価格
¥960から
(2014/1/6 22:29時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 春の七種春の七草セリナズナハハコグサハコベコオニタビラコカブダイコン錦織公園

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

春の七種はどこへ?


 「春の七種」。

 1月7日に7種の野菜が入ったお(かゆ)の「七種粥(ななくさがゆ)」を食べて一年の「無病息災(むびょうそくさい)」を願う習慣です。

 その七種は「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、しずしろ」の七種類。

 「すずな」はカブ、「すずしろ」はダイコン。どちらも野菜です。
 「せり」は食品として売っていることもありますが、雑草としても生えています。
 残りの4種類は普通は食べない雑草です。



 ということで、新年早々錦織公園へ行って見ました。

 ダイコンとカブが雑草として生えてることは無いでしょうが、残りの5種類の雑草を探すためです。

 錦織公園には「河内の里」と呼ばれるところがあり、昔の河内地区の農家と里山が再現されています。


錦織公園の河内の里の里の家
錦織公園の河内の里の里の家



 そこでは里で栽培されていた野菜や草花を数多く育てています。

 ミツマタやコウゾのような和紙の原料やお茶の木、田んぼもありますし、畑では年中何かが植えられています。

 ですから春の七種があるかもしれません。



 しかし、畑は何も植えられていないか、冬野菜が少し植えられているだけ。

 と思っていたら、里の家につながる小さな橋の上に大きな鉢が7つ。

 もしや……

 春の七種でした。

 正月休みの間の冷え込みでちょっと調子が悪くなっていたようですが、ちゃと七種そろっていました。



芹(せり)

セリ(芹)
セリ目 セリ科 セリ属
多年草
芹(せり)
水辺を好みます。
水辺どころか水の中から生えていることもあります。


薺(なずな)

ナズナ(薺)
フウチョウソウ目 アブラナ科 ナズナ属
一年草(越年草)
薺(なずな)
別名に「ペンペングサ」や「シャミセングサ」があります。
実の形が三味線の撥に似ていることから「ぺんぺんぐさ」と呼ばれるようになった、といわれています。
空き地や畑の畦などによく生える草です。


御形(ごぎょう)

ハハコグサ(母子草)
キク目 キク科 ハハコグサ属
一年草(越年草)
御形(ごぎょう)
「オギョウ」と呼ばれます。
葉には短く白い毛が生えていて、白っぽく見えます。
春には小さくて黄色い花を咲かせます。


繁縷(はこべら)

ハコベ(繁縷)
ナデシコ目 ナデシコ科 ハコベ属
一年草(越年草)
繁縷(はこべら)
これもよく見かける雑草です。
河内の里の小川の石垣に少しだけ生えていました。


仏の座(ほとけのざ)

コオニタビラコ(小鬼田平子)
キク目 キク科 ヤブタビラコ属
一年草(越年草)
仏の座(ほとけのざ)
ロゼット状のときは、まるでタンポポです。


菘(すずな)

カブ(蕪)
フウチョウソウ目 アブラナ科 アブラナ属
一年草・越年草
菘(すずな)


蘿蔔(すずしろ)

ダイコン(大根)
フウチョウソウ目 アブラナ科 ダイコン属
一年草・二年草
蘿蔔(すずしろ)





 新春に食べる春の七種ですが、食べる草というだけあって、秋の七草とちがって見た目は雑草のようでした。

 しかし、その中に野菜のカブとダイコンが入っているのが謎です。



■外部リンク■
大阪府営 錦織公園


◆関連タグ◆ 〔春の七種〕 〔錦織公園〕


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 春の七種春の七草セリナズナハハコグサハコベコオニタビラコカブダイコン錦織公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

真冬に食べる春の七種 本当は?

咲くやこの花館で展示されていた春の七種。
ただし撮影は1月中ごろですので、今も展示されているかは不明です。

(せり)(セリ)
せり[咲くやこの花館]
せり[咲くやこの花館]
(なずな)(ナズナ)
なずな[咲くやこの花館]
なずな[咲くやこの花館]
御形(ごぎょう)(ハハコグサ)
ごぎょう(ハハコグサ)[咲くやこの花館]
ごぎょう(ハハコグサ)
[咲くやこの花館]
繁縷(はこべら)(ハコベ)
はこべら(ハコベ)[咲くやこの花館]
はこべら(ハコベ)
[咲くやこの花館]
(ほとけ)()(コオニタビラコ)
ほとけのざ(コオニタビラコ)[咲くやこの花館]
ほとけのざ(コオニタビラコ)
[咲くやこの花館]
(すずな)(カブ)
すずな(カブ)[咲くやこの花館]
すずな(カブ)[咲くやこの花館]
蘿蔔(すずしろ)(ダイコン)
すずしろ(ダイコン)[咲くやこの花館]
すずしろ(ダイコン)[咲くやこの花館]


 「春の七種」。

 1月7日の人日(じんじつ)節句(せっく)に7種の野菜が入ったお(かゆ)の「七草粥(ななくさがゆ)」を食べて「無病息災(むびょうそくさい)」を願う習慣です。

 「無病息災」というのは、病気をしないで健康にすごすことです。

 今のような薬や医療が発達していなかった昔は、一年間病気をしないことは今以上に切実な願いでした。

 七草粥を食べるときの気持ちも今とはちょっとちがっていたかもしれません。


 この春の七種は順番に並べて歌のように口ずさんで覚えることがあります。


せりなずな
ごぎょうはこべらほとけのざ
すずなしずしろ
はるのななくさ


 これに漢字を当てはめ、名前ごとに隙間を変えるとこうなります。




御形
繁縷
仏の座

蘿蔔
春の七草


 聞いたことの無い名前が多いかもしれませんがこれは昔の呼び名、今の呼び名で言うとこうなります。


セリ
ナズナ
ハハコグサ
ハコベ
コオニタビラコ
カブ
ダイコン


 これで知っている植物が増えたことと思います。


 しかし、なぜ2月になった今頃春の七種なのでしょうか。


 「春」とついていますがまだまだ寒い1月に食べるよりも、春になりつつある梅の時期に食べてみようということ?


 半分正解です。


 実は、2011年2月9日は、旧暦では1月7日。

 そう、本当は今日が春の七種を食べる七草粥の日です。

 道端ではなかなか見かけることが無い春の七種。


 1月にはスパーの店頭に並ぶこともありますが、さあ、今スーパーに並んでいるでしょうか?



◆記事ナビ◆ 〔春の七種〕 〔山菜〕

■外部リンク■
咲くやこの花館公式ホームページ




Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索
キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 春の七種春の七草山菜セリナズナハハコグサハコベコオニタビラコカブダイコン

関連記事

theme : 草花
genre : 趣味・実用

春の七種は七種の草


 1月7日は「七草粥(ななくさがゆ)」を食べる日です。

 「七草粥」は「春の七種(ななくさ)」と呼ばれる7種類の植物を入れたお粥です。
 この七草粥をたべると邪気(じゃき)を払い万病(まんびょう)を除くといわれていて、呪術(じゅじゅつ)的な意味合いのある古くからの習慣です。

 「春の七種」を入れますが、草の方は「七」ではなく「七」というところがおもしろいところです。


 この春の七種は次の七つ。

 せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな しずしろ

 聞いたことの無い名前が多いかもしれませんがこれは昔の呼び名、今の呼び名で言うとこうなります。

セリ ナズナ ハハコグサ ハコベ コオニタビラコ カブ ダイコン

 これで知っている植物が増えたことと思います。


 カブとダイコンは野菜で今でもよく食べられます。
 セリも野菜として食べられていますが、残りの4種類は簡単に言うと雑草で、野菜売り場に並ぶのは春の七種の季節くらいです。
 セリは野菜売り場に並びますが、雑草としても生えていますので、ダイコン・カブと雑草4種類の中間の七種かもしれません。


芹(せり)

セリ(セリ)
セリ科
多年草
左側の大きなギザギザのついた葉が先から1枚・2枚・2枚とついているのがセリ
左側の大きなギザギザのついた葉が先から1枚・2枚・2枚とついているのがセリ
まわりにはハコベがいっぱいあります。


薺(なずな)

ナズナ(薺)
アブラナ科
一年草(越年草)
いっぱい生えているナズナ
いっぱい生えているナズナ
ちょうど今咲いているナズナの花
ちょうど今咲いているナズナの花
別名:ペンペングサ、シャミセングサ
実の形が三味線の撥に似ていることから「ぺんぺんぐさ」と呼ばれるようになった、といわれています。


御形(ごぎょう)

ハハコグサ(母子草)
キク科
一年草(越年草)


「ごぎょう」の画像

Yahoo! JAPAN




繁縷(はこべら)

ハコベ(繁縷)
ナデシコ科
一年草(越年草)
ひょろひょろとした感じのハコベの茎
ひょろひょろとした感じのハコベの茎
ちょうど今頃咲いているハコベの花
ちょうど今頃咲いているハコベの花
これもよく見かける雑草です。


仏の座(ほとけのざ)

コオニタビラコ(小鬼田平子)
キク科
一年草(越年草)


「ほとけのざ」の画像

Yahoo! JAPAN



タンポポのような花が春の七草のホトケノザ。
花が紫色のはシソ科のホトケノザ。


こちらは現在「ホトケノザ」と呼ばれる植物。
春の七草の「ホトケノザ」ではありません。

ホトケノザ(仏の座)

シソ科
一年草・越年草
春の七草の「ほとけのざ」とは似ていない新ホトケノザ 春の七草の「ほとけのざ」とは似ていない新ホトケノザ
田んぼから空き地公園、植え込みのところま、であちこちでよく見かける雑草です。


菘(すずな)

カブ(蕪)
アブラナ科
一年草・越年草


「すずな」の画像

Yahoo! JAPAN




蘿蔔(すずしろ)

ダイコン(大根)
アブラナ科
一年草・二年草
まだまだ小さいダイコン
まだまだ小さいダイコン
これはサトイモを収穫したあとの11月の種をまいたのでまだ小さく根もふくらんでいません。
種類によりますが、9月くらいに巻いていれば、今頃は普通の大きさのダイコンに育っているはずです。




 ということで、雪の積もっていない地域では探せばダイコンとカブ以外の「春の五種」は見つけることができるかもしれません。

 ナズナは「ぺんぺん草」と呼ばれるようにわりとどこにでも生える植物ですが、残り4種類をよく目にするところがあります。

 それは、田んぼです。

 もちろん田んぼにもナズナは生えていますので、運がよければ5種類の春の七種を一箇所でみつけることができるかもしれません。


 ポイントは、昔からある古い田んぼ。


 ちなみに、七草粥は本来旧暦(きゅうれき)の1月7日に食べるもの。
 今の1月7日のおよそ1ヵ月後です。

 2011年の今年は2月9日が本来の?春の七種の日です。


◆記事ナビ◆ [草花]



Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索
キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 春の七種春の七草セリナズナハコベホトケノザダイコン

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS