【 ノゲシ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·下赤阪の棚田2016  ·下赤阪の棚田2016/4  ·4月の下赤阪の棚田の植物  ·果実/SA-tanada  ·乾果/SA-tanada  ·シダ/SA-tanada  ·タネツケバナ  ·ノゲシ  ·イノモトソウ  ·スギナ  ·下赤阪の棚田2015  ·下赤阪の棚田2015/02  ·ノゲシ  ·コオニタビラコ  ·ナズナ  ·ススキ  ·2月の下赤阪の棚田の植物  ·角果/SA-tanada  ·ロゼット/SA-tanada  ·分裂した葉rosette/SA-tanada  ·下赤阪の棚田の2014年  ·2月の下赤阪の棚田の植物  ·ノアザミ  ·オニノゲシ  ·ノゲシ  ·ヨモギ  ·ウマノアシガタ  ·下赤阪の棚田201402  ·ロゼット/SA-tanada  ·分裂した葉rosette/SA-tanada  ·12月の下赤阪の棚田の植物  ·ノゲシ  ·オニノゲシ  ·ハルジオン  ·ヒメジョオン  ·オオハルシャギク  ·セイタカアワダチソウ  ·下赤阪の棚田2013  ·下赤阪の棚田201312  ·棚田の植物1312

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

棚田のいきもの 2016年4月中旬の乾果とシダ

 たくさんの花が咲きはじめた4月の下赤阪の棚田ビオトープ。
 でもまだ咲き始めで、実のほうは少ないようです。


植物界 被子植物門
果実 タグ:下赤阪の棚田の果実
〉乾果 かんか:汁気の少ない果実 タグ:乾果
〉〉裂開果 れっかいか:熟すと割れる乾果 タグ:裂開果
〉〉〉角果 かくか:2部屋の裂開果
〉〉〉〉長角果 ちょうかくか:長い角果

タネツケバナ(種漬花)
Cardamine scutata

双子葉植物綱
アブラナ目
アブラナ科
タネツケバナ属
越年草
タグ:タネツケバナ

よく似た植物にミチタネツケバナがあります。

水路や結構湿ったところに生え、細長い棒のような果実が四方八方に広がるのがタネツケバナ。

〉〉〉〉長角果
〉〉〉角果
〉〉裂開果
果実 〉乾果
〉〉閉果 へいか:熟しても割れない乾果 タグ:閉果
〉〉〉痩果 そうか:皮と種が分かれない閉果

ノゲシ(野芥子)
Sonchus oleraceus

双子葉植物綱
キク目
キク科
ノゲシ属
越年草
ヨーロッパ原産の史前帰化植物?
別名:ハルノノゲシ
タグ:ノゲシ

綿毛はタンポポみたいですが、もっともふもふです。

オニノゲシ(鬼野芥子)Sonchus asper

双子葉植物綱 キク目 キク科 ノゲシ属
越年草
ヨーロッパ原産
タグ:オニノゲシ

セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)
Taraxacum officinale

双子葉植物綱
キク目
キク科
タンポポ属
多年草
ヨーロッパ原産
要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:セイヨウタンポポ

〉〉〉痩果
〉〉閉果
〉乾果
果実
植物界 被子植物門
隠花植物
植物界 シダ植物門

イノモトソウ(井の許草)
Pteris multifida の栄養葉

シダ綱
ウラボシ目
イノモトソウ科
イノモトソウ属
常緑性

葉っぱが切れ込まない系のシダ。

これは光合成をして栄養をつくる葉で、胞子ができる葉はもっと細くなります。

スギナ(杉菜)Equisetum arvense
トクサ綱 トクサ目 トクサ科 トクサ属
夏緑性
タグ:スギナ

つくしの「親」。

というか、つくしは胞子をつくって飛ばす器官で、こちらは光合成をする器官。

植物界 シダ植物門
隠花植物

 まだまだ実が少ないのに、しっかりキク科は実をつくっていました。
 しかも外来種。
 だてに異国で勢力を広げていません。
 もっとも、それができなければ日本上陸は失敗しているはずですね。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016  下赤阪の棚田2016/4  4月の下赤阪の棚田の植物  果実/SA-tanada  乾果/SA-tanada  シダ/SA-tanada  タネツケバナ  ノゲシ  イノモトソウ  スギナ 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 2月下旬の実・ロゼット編


 2月下旬の下赤阪の棚田。

 まだまだ冬という感じですが、植物たちは確実に春に向かって動き始めまていました。

 でも、ロゼット状態で暖かくなるのをじっと待っているものも、います。




緑の絨毯を敷いたようになっている2月の下赤阪の棚田




すでに紹介している生き物については、一部画像や説明等を省いていますので、
画像や説明等のあるページへのリンクをつけています。
タグ:2月の下赤阪の棚田の植物



植物界 被子植物門
果実 〉乾果 かんか:汁気の少ない果実
〉〉裂開果 れっかいか:熟すと割れる乾果
〉〉〉角果 かくか:熟すと左右に分かれる裂開果
双子葉植物綱
ナズナ(薺)Capsella bursa-pastoris
フウチョウソウ目 アブラナ科 ナズナ属
越年草
短角果
別名:ペンペングサ
タグ:ナズナ
アブラナ科は果実が細長い長角果が多いのですが、軍配型の短い角果が特徴です。

緑色ですから、まだ熟していないようです。
タネツケバナ(種漬花)Cardamine scutata
フウチョウソウ目 アブラナ科 タネツケバナ属
越年草
長角果
タグ:タネツケバナ

長角果が多いアブラナ科の中でも細長いのがタネツケバナ。

熟すとちょっとした衝撃で種をあちこちに飛ばします。
双子葉植物綱
〉〉〉角果
〉〉裂開果
果実〉乾果
〉〉閉果 へいか:熟しても割れない乾果
〉〉〉穎果 えいか:痩果よりも皮と種が密着した閉果
単子葉植物綱
ススキ(芒,薄)
Miscanthus sinensis
イネ目 イネ科 ススキ属
多年草
タグ:ススキ
フワフワした感じがするのは、風に乗って飛ぶように綿毛がついているため。

実の本体はイネ科らしい硬い殻に覆われた穎果です。
単子葉植物綱
>>>穎果
>>閉果
果実 > 乾果
植物界 被子植物門



植物界 被子植物門
ロゼット
葉の形 ≫ 切れ込み(長い葉)
双子葉植物綱
ノゲシ(野芥子)Sonchus oleraceus
キク目 キク科 ノゲシ属
越年草
ヨーロッパ原産の史前帰化植物?
別名:ハルノノゲシ
タグ:ノゲシ
「ケシ」とついていますが、ケシ科ではなくキク科。

外来種のキク科らしく?ちょっと痛そうな葉です。
オニタビラコ(鬼田平子)Youngia japonica
キク目 キク科 オニタビラコ属
一年草
タグ:オニタビラコ
タンポポのような切れ込みの葉ですが、一番先の葉が大きいのが特徴。

タンポポよりも小さな黄色い花が咲きます。
コオニタビラコ(小鬼田平子)Lapsana apogonoides
キク目 キク科 ヤブタビラコ属
越年草
タグ:コオニタビラコ
春の七種の「ほとけのざ」

オニタビラコよりも小さなロゼット。

湿り気のあるところを好みます。
双子葉植物綱
葉の形 ≫ 切れ込み(長い葉)
ロゼット
葉の形 ≫ へら形 葉の先が太く根本が細い長い葉
双子葉植物綱
ハハコグサ
(母子草)
Gnaphalium affine
キク目
キク科
ハハコグサ属
一年草
タグ:ハハコグサ

こちらも春の七種、「ごぎょう」

灰緑色で、綿毛があって、もさもさって感じでまとまっているロゼットがハハコグサの特徴。
双子葉植物綱
葉の形 ≫ へら形
ロゼット
植物界 被子植物門



 まだ花も咲き始めたばかりなので果実は少なめ。

 ロゼットはまだ集中して探していないので少ないですが、もちろんもっといっぱいあります。

 それは3月に。



タグ♦ 下赤阪の棚田の2015年 果実 ロゼット

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


身近な草木の実とタネハンドブック

新品価格
¥1,944から
(2015/3/29 20:11時点)

野草のロゼットハンドブック

新品価格
¥1,296から
(2015/3/29 20:11時点)

日本の野草300 冬・春 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,296から
(2015/3/29 20:12時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015  下赤阪の棚田2015/02  ノゲシ  コオニタビラコ  ナズナ  ススキ  2月の下赤阪の棚田の植物  角果/SA-tanada  ロゼット/SA-tanada  分裂した葉rosette/SA-tanada 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2014年 2月下旬のロゼット/深く切れこんだ葉編


 少しずつ暖かくなってきた大阪南部の下赤阪の棚田。

 花も減って寂しくなった棚田ビオトープ。

 しかしいち早く成長するために虎視眈々と暖かくなるのを待っているのがロゼット。
 草が茎を短くして、葉を地面に広げた状態のこと。

 よく見ると、棚田の畦(あぜ)や斜面のあちこちで葉を広げていました。




まだ寒々としている2月の下赤阪の棚田




 1月のロゼットは、棚田の畦の特定の場所のロゼットを調べたものですが、今回は目についたものだけを取り上げました。



葉の形 » 深く切れ込む
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
キク目
ノアザミ(野薊)
キク目 キク科 アザミ属
多年草

「アザミ」の語源は古語の「あざむ」からという説があります。
「あざむ」には「びっくりする」という意味があります。

葉茎花とトゲだらけ。
知らずに触ると「いたっ」っと驚くことからなのでしょう。

オニノゲシ(鬼野芥子)
キク目 キク科 ノゲシ属
越年草
ヨーロッパ原産の帰化植物

名前に「オニ」が付く植物は、名前の元になるマイナス要素が強い場合がありますが、オニノゲシもその一つ。
言うまでもなく、痛そう!

ノゲシ(野芥子)?
キク目 キク科 ノゲシ属
越年草
ヨーロッパ原産の史前帰化植物?
別名:ハルノノゲシ

見ての通りオニノゲシほどは痛くなさそう。

オニノゲシ同様名前に「ケシ」がつきますが、ケシ科ではなくキク科です。
ヨモギ(蓬)
キク目 キク科 ヨモギ属
多年草
別名:モチグサ(餅草)

お餅にも入れる山菜で、かつモグサにもなる薬草。

さらにアスファルトの隙間にも生えるなかなか強靭な雑草です。
キンポウゲ目
ウマノアシガタ(馬の足形)
キンポウゲ目 キンポウゲ科 キンポウゲ属
多年草

はじめはバラ科のノイチゴ系だと思ったのですが、よく見ると小さい葉が集まった複葉ではなく、深く切れ込んだ葉。

調べ直してウマノアシガタで落ち着きました。

葉の形 » 深く切れ込む


ロゼットの葉の形の分類は『野草のロゼットハンドブック』『日本の野草300』(共に文一総合出版)等を参考にさせていただきました。



 今回は深く切れ込んだ葉のロゼットのみを集めました。

 この「深く切れ込んだ葉」ですが、アザミの仲間のようなものならわかりやすいのですが、ヨモギやウマノアシガタとクローバーやノイチゴ類の葉とのちがいはわかりにくいかもしれません。

 葉の切れ込みが軸(葉軸)まで続いているかどうかで区別しました。
 軸に届く前に隣の葉とくっついている場合が「深い切れ込み」です。

 ですから、ヨモギやウマノアシガタは「深く切れ込んだ葉」になります。

 ただこれはIWO(いきもの は おもしろい!)の分類で、学術的に決められた分類ではありません。



 深く避けた葉のロゼットは、アザミ属とノゲシ属のものが目立ちました。

 もちろんキク科のロゼットはまだまだあります。

 それらは次回に。



タグ♦ ロゼット 下赤阪の棚田の2014年  下赤阪の棚田 

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田の2014年  2月の下赤阪の棚田の植物  ノアザミ  オニノゲシ  ノゲシ  ヨモギ  ウマノアシガタ  下赤阪の棚田201402  ロゼット/SA-tanada  分裂した葉rosette/SA-tanada 

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

金剛山が育む棚田の生き物 下赤阪の棚田2013年12月下旬 その1 キク目キク科編


 大阪で一番高いところがある金剛山の麓に広がる棚田群。

 その中にあるのが日本の棚田百選に選ばれた下赤阪の棚田。

 稲刈りも終わり、虫の姿もまばらになった12月下旬に、棚田がつくりだすビオトープで出会った生き物たちです。




年末の下赤阪の棚田




田んぼの生き物400 [ 関慎太郎 ]

価格:1,050円
(2014/1/4 00:28時点)


掲載ページ数は文一総合出版『ポケット図鑑 田んぼの生き物400』初版第1刷のものです。




植物界 被子植物門 双子葉植物綱
キク目 キク科
ムカシヨモギ属
ハルジオン(春紫苑)
キク目 キク科 ムカシヨモギ属
多年草
北アメリカ原産の帰化植物


ヒメジョオンとよく似ています。
ちがいはツボミが下を向く傾向が強いこと。
葉の付け根が広がり茎を巻くようになること。
そして5月から7月に花が咲くこと。

ということで、ハルジオンとしてはちょっと早めの開花になりますので、まちがいかもしれません。

ヒメジョオン(姫女苑)
キク目 キク科 ムカシヨモギ属
一年草
掲載:P302

ハルジオンとちがいツボミが上を向いていて、葉の付け根がすぼまっているのがヒメジョオン。

花が咲くのは6月から10月頃。
ということで、こちらも花期がずれています。


ノゲシ属
ノゲシ(野芥子)
キク目 キク科 ノゲシ属
越年草
史前帰化植物?
別名:名ハルノノゲシ,ケシアザミ,

花期は3月ごろからということなので、ちょっと早いのでちがうかもしれません。
しかし花期がちがうものばかりで、まちがいだらけ?

名前に「ケシ」とついていますが、見た通りキクの仲間です。


オニノゲシ(鬼野芥子)
キク目 キク科 ノゲシ属
越年草
ヨーロッパ原産

「鬼野芥子」の名前の通りに葉、茎、萼(がく)までトゲトゲ。

キク科外来植物の例にもれず日当たりの良い空き地や草地、つまり人間の手が入った場所を好むようです。

あちこちトゲトゲですが、ノゲシ同様きれいな花です。


コスモス属
オオハルシャギク(大春車菊)
キク目 キク科 コスモス属
一年草
メキシコ原産の園芸植物


別名の「コスモス」のほうが有名。

棚田を見に来た人の目を楽しませるために種がまかれているようです。

センダングサ属
コセンダングサ(小栴檀草)
キク目 キク科 センダングサ属
一年草
北アメリカ原産の帰化植物

種はひっつきむしになります。
見ての通り小さくて細いのでたくさんつくと厄介です。

外来生物法の要注意外来生物に指定されています。


アキノキリンソウ属
セイタカアワダチソウ(背高泡立草)
キク目 キク科 アキノキリンソウ属
多年草
北アメリカ原産の帰化植物
掲載:P307


空き地など人の手が入ったところによく生えます。

まとまって生えているのをよく見かけますが、それはほかの植物が生えないような物質を出しているから(アレロパシー)です。

エゾコウゾリナ属
ブタナ(豚菜)?
キク目 キク科 エゾコウゾリナ属
多年草
ヨーロッパ原産


ロゼット状に広がった葉の中心から花茎を伸ばして咲くのでタンポポのようです。
しかし花茎が分かれて複数の花がさくのところがタンポポとちがいます。
葉の鋸歯もタンポポほど大きくはないようです。

コウゾリナ属
コウゾリナ(剃刀菜)?
キク目 キク科 コウゾリナ属
越年草

あいかわらす図鑑の花期とは違っていますが、見た目がよく似ていますので、コウゾリナとしました。


オニタビラコ属
ヤクシソウ(薬師草)
キク目 キク科 オニタビラコ属
越年草
別名:ニガミグサ


ここにかぎらずヤクシソウを見かけるときは斜面が多いような気がします。
種はタンポポのように綿毛がついてますから斜面に落ちることもあると思いますが、何か斜面だと得することがあるのでしょうか。



 雪も降り始める冬。

 昆虫は姿を隠し、花の種類も減ってきました。

 そんな中で、キク科の植物が目立ってきました。
 しかも外来種の割合が高い。



 もともとキク科の外来種は、人の手が加わって荒れた地面にいち早く進出してきますが、これも日本の冬など物ともしないタフさのためからかもしれません。

 それでは日本の植物は弱いのかというと、冬にドタバタしてエネルギーを使うよりも、秋に地面の上に葉を広げたロゼット状態になってエネルギーを貯めておいて、暖かくなったら一気に成長してやろうと作戦なのでしょう。

 ただ、同じように春がくるのを待っている外来種もありますから、春先の競争は熾烈なものなのでしょう。



◆タグ 下赤阪の棚田 田んぼ ビオトープ 田んぼの生き物 ◆

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 12月の下赤阪の棚田の植物  ノゲシ  オニノゲシ  ハルジオン  ヒメジョオン  オオハルシャギク  セイタカアワダチソウ  下赤阪の棚田2013  下赤阪の棚田201312  棚田の植物1312 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる