【 ノアザミ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

冬に咲いてたアザミは、なぞのアザミ

 12月下旬。

 11月に続いてまたアザミが咲いていました。


 今度もノアザミのように見えます。

アザミ

 初夏に咲くノアザミが冬にも咲くのでしょうか。
 それとも、ちがうアザミでしょうか。
 アザミは種類が多いので、もっと知識が必要です。

野草図鑑 新装版

新品価格
¥1,359から
(2021/12/30 00:03時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アザミノアザミ冬の花赤紫の花冬のアザミ

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

冬に咲いてたノアザミによく似たこのアザミは、なにアザミ?

 11月下旬。
 アザミが咲いていました。


 花の色は赤紫で、広がりながらもみんな上の方を向いています。

 総苞片は下が広がり壺型。
 トゲは寝てています。


 上の葉は切れ込みが深く、下の葉は切れ込みが浅い。

下の葉(左下)と上の葉(右上)

 葉の付け根は茎を巻いています。


 ということで、このアザミは、ノアザミ?
 ただ、ノアザミが咲くのは夏。
 11月下旬は秋を通り越して冬。
 いくらなんでもはずれすぎ。

 アザミは種が多いことでも有名。
 このアザミはなにアザミ?

街で見かける 雑草・野草図鑑

新品価格
¥1,650から
(2021/12/1 22:26時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アザミノアザミ冬の花赤紫の花冬のアザミ

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

棚田のいきもの 2016年6月初旬の閉果

 熟しても割れない果実、閉果。
 下赤阪の棚田ビオトープでは、キク科やイネ科の綿毛で遠くまで飛んで行く実が目立ちました。


植物界 被子植物門
果実 タグ:下赤阪の棚田の果実
〉乾果 かんか:汁気の少ない果実 タグ:乾果
〉〉閉果 へいか:熟しても割れない乾果 タグ:閉果
〉〉〉痩果 そうか:皮と種が分かれない閉果

ハハコグサ(母子草)Gnaphalium affine

双子葉植物綱 キク目 キク科 ハハコグサ属
越年草
別名:ごぎょう
タグ:ハハコグサ

花弁がない黄色い花が咲くハハコグサ。

葉や茎に短い毛が生えています。
果実にも毛(冠羽)がついていますが、どことなく遠慮気味に感じます。

ノアザミ(野薊)
Cirsium japonicum

双子葉植物綱
キク目
キク科
アザミ属
多年草
タグ:ノアザミ

アザミもタンポポのように果実には毛(冠羽)がついています。

ただ、タンポポのような軸はなく、果実に直接毛が生えています。

オニノゲシ(鬼野芥子)Sonchus asper

双子葉植物綱 キク目 キク科 ノゲシ属
越年草
ヨーロッパ原産
タグ:オニノゲシ

名前のように葉はトゲトゲで見るからに痛そう。

ところが果実につく毛(冠羽)はふわふわです。

〉〉〉痩果
果実 〉乾果 〉〉閉果
〉〉〉穎果 えいか:痩果よりも皮と種が密着した閉果

カモジグサ(髢草)Elymus tsukushiensis var. transiens

単子葉植物綱 イネ目 イネ科 エゾムギ属
多年草
タグ:カモジグサ

よくある雑草ですが、似たのも多かったりします。

果実の割に長くてうねってるノギがあります。

チガヤ(茅萱)Imperata cylindrica

単子葉植物綱 イネ目 イネ科 チガヤ属
多年草
タグ:チガヤ

ホソムギ(細麦)Lolium perenne 花後

単子葉植物綱 イネ目 イネ科 ドクムギ属
多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
タグ:ホソムギ

イヌムギ(犬麦)
Bromus catharticus

単子葉植物綱
イネ目
イネ科
スズメノチャヒキ属
多年草
花期:4~7月
6月の果実
南アメリカ原産
タグ:イヌムギ

〉〉〉穎果
〉〉閉果
〉乾果
果実
植物界 被子植物門

 外来種が半分以上。
 きっと春に咲いていち早く種をたくさんつくり、あちこちに仲間を増やしていこうと言う作戦なのでしょう。
 小さな痩果や穎果が多いのは、荷物など色んな物に紛れ込みやすく、つぶれにくく、乾燥にも強いからかもしれません。
 外来種として長年生き続けているのも、ちゃんと理由があります。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法

棚田学入門

新品価格
¥2,484から
(2016/7/8 23:25時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016下赤阪の棚田2016/66月の下赤阪の棚田の植物果実/SA-tanada乾果/SA-tanada閉果/SA-tanadaハハコグサカモジグサノアザミオニノゲシ

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

棚田のいきもの 2016年2月上旬の乾果

 真冬の2月の下赤阪の棚田ビオトープ。
 花が少ないということは、当然実も少なくなります。

緑の絨毯を敷いたような棚田の流れ

植物界 被子植物門
果実 タグ:下赤阪の棚田の果実
〉乾果 かんか:汁気の少ない果実 タグ:乾果
〉〉裂開果 れっかいか:熟すと割れる乾果 タグ:裂開果
〉〉〉角果 かくか:2部屋の裂開果
〉〉〉〉長角果 ちょうかくか:長い角果

タネツケバナ(種漬花)
Cardamine scutata

双子葉植物綱
アブラナ目
アブラナ科
タネツケバナ属
越年草
タグ:タネツケバナ

細くて熟していないようですが、熟してもこれくらい。

中には小さなタネがたくさん入っていて、ちょっとしたことで破裂してタネをそこら中に飛ばします。

〉〉〉〉長角果
果実 〉乾果 〉〉裂開果〉〉〉角果
〉〉〉〉短角果 たんかくか:短い角果

ナズナ(薺)Capsella bursa-pastoris

双子葉植物綱 フウチョウソウ目 アブラナ科 ナズナ属
越年草
別名:ペンペングサ
タグ:ナズナ

〉〉〉〉短角果
〉〉〉角果
果実 〉乾果 〉〉裂開果
〉〉〉蓋果 がいか:上部が蓋のように取れる裂開果

オオバコ(大葉子)
Plantago asiatica

双子葉植物綱
シソ目
オオバコ科
オオバコ属
多年草
タグ:オオバコ

〉〉〉蓋果
〉〉裂開果
果実 〉乾果
〉〉閉果 へいか:熟しても割れない乾果 タグ:閉果
〉〉〉痩果 そうか:皮と種が分かれない閉果

ノアザミ(野薊)
Cirsium japonicum

双子葉植物綱
キク目
キク科
アザミ属
多年草
タグ:ノアザミ

枯れた花弁が残っていて帽子のようです。

とれてもタンポポのように丸くはなりません。

タンポポ(蒲公英)Taraxacum

双子葉植物綱
キク目
キク科
タンポポ属
多年草
タグ:タンポポ

在来種のタンポポと外来種のタンポポがありますが、花が咲いていないとわからないほどよく似ています。

多分セイヨウタンポポだと思いますが、よくわかりません。

オニノゲシ(鬼野芥子)
Sonchus asper

双子葉植物綱
キク目
キク科
ノゲシ属
越年草
ヨーロッパ原産
タグ:オニノゲシ

〉〉〉痩果
果実 〉乾果 〉〉閉果
〉〉〉穎果 えいか:痩果よりも皮と種が密着した閉果

ススキ(芒,薄)
Miscanthus sinensis

単子葉植物綱
イネ目
イネ科
ススキ属
多年草
タグ:ススキ

よく似た植物に水辺を好むオギがあります。

ちがいの一つは、果実にまっすぐ伸びたひげ(ノギ)があるかないか。あればススキ。

〉〉〉穎果
果実 〉乾果 〉〉閉果
〉〉〉堅果 けんか:木質化した果皮に種子が覆われた閉果

クヌギ(櫟)
Quercus acutissima

双子葉植物綱
ブナ目
ブナ科
コナラ属
落葉高木
タグ:クヌギ

まだどんぐりが残っていました。

〉〉〉堅果
〉〉閉果
〉乾果
果実
植物界 被子植物門

 こんな状況でも、やっぱりキク科はほかより多い!
 そして、地味にアブラナ科もタネをつくりはじめました。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016下赤阪の棚田2016/22月の下赤阪の棚田の植物果実/SA-tanada乾果/SA-tanada堅果/SA-tanadaノアザミタンポポススキクヌギ

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 1月中旬のロゼット編


 植物は枯れ、葉を落とす冬。

 でも冬だから見られるものもあります。

 その一つが、ロゼット。

 植物が茎を伸ばさず葉を地面にはりつけるように広げた状態のこと。

 金剛山の麓の下赤阪の棚田でも、たくさんのロゼットが春がくるのを待っています。

 その中で、毎年ウツボグサが咲く場所のロゼットです。




複雑に入り組んだ下赤阪の棚田




すでに紹介している生き物については、一部画像や説明等を省いていますので、
画像や説明等のあるページへのリンクをつけています。
タグ:1月の下赤阪の棚田の植物



ロゼット
葉の形 ≫ 切れ込み(長い葉)
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
ノアザミ(野薊)Cirsium japonicum
キク目 キク科 アザミ属
多年草
タグ:ノアザミ
花はきれいですが全体がトゲトゲに覆われたアザミ。

ロゼットにもその片鱗が見えます。

葉の縁のギザギザ(鋸歯)も痛そうです。
ヒレアザミ(鰭薊)Carduus crispus
キク目 キク科 ヒレアザミ属
一年草
史前帰化植物? ヨーロッパから東アジア原産
こちらも痛そうです。

ノアザミに似ていますが、葉の切れ込みが浅いのが特徴。
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
葉の形 ≫ 切れ込み(長い葉)
ロゼット
葉の形 ≫ へら形 葉の先が太く根本が細い長い葉
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
コウゾリナ(剃刀菜)Picris hieracioides ssp. japonica
キク目 キク科 コウゾリナ属
越年草
タグ:コウゾリナ
ロゼットはつるっとした感じですが、成長するとトゲだらけになります。

アザミほどで痛そうではありませんが。
ハルジオン(春紫苑)Erigeron philadelphicus
キク目 キク科 ムカシヨモギ属
多年草
北アメリカ原産の帰化植物
要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:ハルジオン
ヒメジョンによく似た外来種の雑草。

名前のように春に咲くため、ロゼットで暖かくなるのを待っているようです。
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
葉の形 ≫ へら形
ロゼット
葉の形 ≫ 披針形 根元側が広く先に向かって細くなる葉
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
ウツボグサ(靫草)Prunella vulgaris ssp. asiatica
シソ目シソ科 ウツボグサ属
多年草
別名:夏枯草(かこそう)
タグ:ウツボグサ
晩春から初夏に咲く野草。

漢方では「夏枯草(かこそう)」と呼ばれています。

七十二候登場する「乃東(だいとう)」のこととされていますが、何故か季節が合いません。

謎の多い?植物です。
いや謎が多いのは七十二候の方ですね。
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
葉の形 ≫ 披針形
ロゼット



 ウツボグサが生える狭い範囲だけですので、種類はとても少なくなりました。

 2015年のロゼットは、また別に行う予定です。



タグ♦ 下赤阪の棚田の2015年 ロゼット

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


楽天ブックス

野草のロゼットハンドブック [ 亀田竜吉 ]

価格:1,296円
(2015/3/13 23:17時点)

Amazon

野草のロゼットハンドブック

新品価格
¥1,296から
(2015/3/13 23:19時点)

honto



野草のロゼットハンドブック
亀田 龍吉 (著)
税込価格:1,296円

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田2015/01ノアザミヒレアザミコウゾリナハルジオンウツボグサ1月の下赤阪の棚田の植物ロゼット/SA-tanada

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2014年 2月下旬のロゼット/深く切れこんだ葉編


 少しずつ暖かくなってきた大阪南部の下赤阪の棚田。

 花も減って寂しくなった棚田ビオトープ。

 しかしいち早く成長するために虎視眈々と暖かくなるのを待っているのがロゼット。
 草が茎を短くして、葉を地面に広げた状態のこと。

 よく見ると、棚田の畦(あぜ)や斜面のあちこちで葉を広げていました。




まだ寒々としている2月の下赤阪の棚田




 1月のロゼットは、棚田の畦の特定の場所のロゼットを調べたものですが、今回は目についたものだけを取り上げました。



葉の形 » 深く切れ込む
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
キク目
ノアザミ(野薊)
キク目 キク科 アザミ属
多年草

「アザミ」の語源は古語の「あざむ」からという説があります。
「あざむ」には「びっくりする」という意味があります。

葉茎花とトゲだらけ。
知らずに触ると「いたっ」っと驚くことからなのでしょう。

オニノゲシ(鬼野芥子)
キク目 キク科 ノゲシ属
越年草
ヨーロッパ原産の帰化植物

名前に「オニ」が付く植物は、名前の元になるマイナス要素が強い場合がありますが、オニノゲシもその一つ。
言うまでもなく、痛そう!

ノゲシ(野芥子)?
キク目 キク科 ノゲシ属
越年草
ヨーロッパ原産の史前帰化植物?
別名:ハルノノゲシ

見ての通りオニノゲシほどは痛くなさそう。

オニノゲシ同様名前に「ケシ」がつきますが、ケシ科ではなくキク科です。
ヨモギ(蓬)
キク目 キク科 ヨモギ属
多年草
別名:モチグサ(餅草)

お餅にも入れる山菜で、かつモグサにもなる薬草。

さらにアスファルトの隙間にも生えるなかなか強靭な雑草です。
キンポウゲ目
ウマノアシガタ(馬の足形)
キンポウゲ目 キンポウゲ科 キンポウゲ属
多年草

はじめはバラ科のノイチゴ系だと思ったのですが、よく見ると小さい葉が集まった複葉ではなく、深く切れ込んだ葉。

調べ直してウマノアシガタで落ち着きました。

葉の形 » 深く切れ込む


ロゼットの葉の形の分類は『野草のロゼットハンドブック』『日本の野草300』(共に文一総合出版)等を参考にさせていただきました。



 今回は深く切れ込んだ葉のロゼットのみを集めました。

 この「深く切れ込んだ葉」ですが、アザミの仲間のようなものならわかりやすいのですが、ヨモギやウマノアシガタとクローバーやノイチゴ類の葉とのちがいはわかりにくいかもしれません。

 葉の切れ込みが軸(葉軸)まで続いているかどうかで区別しました。
 軸に届く前に隣の葉とくっついている場合が「深い切れ込み」です。

 ですから、ヨモギやウマノアシガタは「深く切れ込んだ葉」になります。

 ただこれはIWO(いきもの は おもしろい!)の分類で、学術的に決められた分類ではありません。



 深く避けた葉のロゼットは、アザミ属とノゲシ属のものが目立ちました。

 もちろんキク科のロゼットはまだまだあります。

 それらは次回に。



タグ♦ ロゼット 下赤阪の棚田の2014年  下赤阪の棚田 

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田の2014年2月の下赤阪の棚田の植物ノアザミオニノゲシノゲシヨモギウマノアシガタ下赤阪の棚田201402ロゼット/SA-tanada分裂した葉rosette/SA-tanada

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

金剛山が育む棚田の生き物 下赤阪の棚田2013年7月その2


 梅雨明けの大阪府千早赤阪村の棚田。

 日本の棚田百選にも選ばれた下赤阪の棚田。

 稲も育ち水面も見えなくなって太陽の光を独り占めしているようです。



2013年7月の下赤阪の棚田
※画像スライドできます ⇒⇒



 そんな7月の棚田で出会った生き物の植物編です。

 文一総合出版の『ポケット図鑑 田んぼの生き物400』を中心に調べてみました。



田んぼの生き物400 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,050から
(2013/7/22 20:58時点)


掲載ページ数は文一総合出版『ポケット図鑑 田んぼの生き物400』初版第1刷のものです。




被子植物門
双子葉植物綱

アジサイ(紫陽花)

ミズキ目
アジサイ科
アジサイ属

用水路に生えていました。
全体が装飾花ですから園芸用のアジサイでしょう。


ウメ(梅)

バラ目
バラ科
サクラ属

棚田にできない斜面には里山としていろいろな役に立つ木が植えられています。
もちろん食用でしょう。


カキノキ(柿の木)

カキノキ目
カキノキ科
カキノキ属


まだ小さい柿の実。
緑色なので目立ちません。

地面に落ちていた柿の実。
実よりも大きい萼(がく)の形は確かに柿。
甘柿か渋柿かはわかりません。


クヌギ(櫟、椚、橡)

ブナ目
ブナ科
コナラ属


幹を切り取りシイタケを育てる榾木(ほだぎ)や木炭の原料などに使います。
下赤阪の棚田のクヌギは太い幹が人の背丈ほどで途切れ細いひこばえがいっぱい出ています。
これは枝を切り取った後にはえた新しい幹で、10年くらいでまた原料になります。
この変わった姿のクヌギを「台場クヌギ」と呼ぶ地域もあります。

まだイガイガの殻斗(かくと)ばかり目立つクヌギのどんぐり。
里山に多い樹木です。


チャノキ(茶の木)

ツバキ目
ツバキ科
ツバキ属

今でこそペットボトルでかんたんにかえますが、昔のお茶は高級品。
そこで家のまわりに植えて自家用の番茶を作ってたりしました。
今でも農家の垣根や、昔集落があった山間部などではお茶の木をよく見かけます。
下赤阪の棚田のお茶は今は雑草のような感じですが、むかしは自家用の番茶になっていたのでしょう。


カラムシ(苧)

イラクサ目
イラクサ科
カラムシ属

現在は雑草ですが、江戸時代には繊維をとるためにあちこちに植えられていたのかもしれません。


コマツナギ(駒繋)

マメ目
マメ科
コマツナギ属

掲載:P241

実は落葉小低木。
草のように見えているのは毎年刈り込まれているためかもしれません。


シロツメクサ(白詰草)

マメ目
マメ科
シャジクソウ属

掲載:P242

まるで在来種のようによく見かけますが、外来植物です。


ノアザミ(野薊)

キク目
キク科
アザミ属

掲載:P301

アザミは種類が多いので、ちょっと自信がありません。


ヒメジョオン(姫女苑)

キク目
キク科
ムカシヨモギ属

掲載:P302

よく似た植物にハルジオンがありますが、蕾が上を向いていて、葉の付け根が茎を巻いていないのでヒメジョオンとしました。
蕾が下を向いて葉の付け根が茎を巻いていたらハルジオンです。




単子葉植物綱

ヤブカンゾウ(藪萱草)

キジカクシ目
ススキノキ科
ワスレグサ属

ユリ科だとは思いますが、花が枯れていたのでまちがっているかもしれません。




シダ植物門

スギナ(杉菜)

トクサ綱
トクサ目
トクサ科
トクサ属

掲載:P176

山菜で有名なツクシの本体です。
そして根絶が難しい雑草としても有名です。


オシダ科のシダ?

シダ綱
ウラボシ目
オシダ科

オシダ科のシダだと思いますが、シダの区別はまだまだ苦手です。




 ざっと歩いただけでこれだけ見つかりました。

 注意深く歩いていると、もっとたくさんの草花や木が見つかったことでしょう。

 平らな田んぼと畦だけの平地の田んぼとちがい、斜面がいっぱいあるので棚田ビオトープには生き物いっぱいです。



◆タグ 下赤阪の棚田 田んぼ ビオトープ ◆

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部



動物から植物まで
田んぼの生き物大集合!

田んぼの生き物400 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,050から
(2013/7/22 21:03時点)


シダ専門の図鑑

シダハンドブック

新品価格
¥1,260から
(2013/7/22 22:40時点)


炎天下の棚田では
水分補給が必須

ZOJIRUSHI ステンレスマグ 340ml ライム SM-PA34-GR

新品価格
¥2,073から
(2013/7/22 22:49時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 7月の下赤阪の棚田の植物果実/SA-tanadaシダ/SA-tanadaシロツメクサカキノキコマツナギノアザミヒメジョオン下赤阪の棚田2013下赤阪の棚田201307

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS