【 ニリンソウ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

今年はちょっと早く咲きはじめました ヤマシャクヤク(牧野富太郎さん)

 今年は春になってから暖かく、花々がいつもより早く咲きはじめています。

 春の大型連休が始まる頃の金剛山というと、カタクリは終わり、フデリンドウは盛りをすぎ、ニリンソウやイチリンソウはが咲きはじめ、ヤマシャクヤクはつぼみはまだ固そうな状態。

 ところが今年はフデリンドウもニリンソウも見頃。
 そしてヤマシャクヤクも日当たりの良いところは見頃。
 咲くのが早い!

一面のニリンソウ
ニリンソウ

 低山とは言え気象の影響は受けやすく、毎年花の時期はちょっとしたことで変わります。
 それが自然なのでしょう。

ヤマシャクヤク
山芍薬

 ヤマシャクヤクの学名はPaeonia japonica
 そこに命名者の情報を加えるとPaeonia japonica (Makino) Miyade et Takeda。
 ここにも「(Makino)」とあります。

ヤマシャクヤク

 ヤマシャクヤクを命名した人は牧野富太郎さん。
 朝ドラらんまんの主人公のモデルの方です。

ヤマシャクヤク
山芍薬
Paeonia japonica (Makino) Miyade et Takeda
ユキノシタ目 ボタン科 ボタン属
多年草

この花なに?がひと目でわかる! 散歩の山野草図鑑

新品価格
¥264から
(2023/5/2 00:27時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマシャクヤクニリンソウ春の花白い花金剛山の花金剛山牧野富太郎

関連記事
スポンサーサイト



theme : 山野草
genre : 趣味・実用

今年は思いもよらない自然の変化 春の大型連休終盤の金剛山の花

 今年の春の大型連休は花が足踏みしていた金剛山。
 大型連休終盤に満開と思っていたヤマシャクヤクは、ほとんど咲いていませんでした。
 残念。

山芍薬
ヤマシャクヤク

 そして大型連休前に咲き始め、満開を過ぎていると思っていたニリンソウが2輪咲いていて満開。

ニリンソウ

 さらにこの頃いつも咲いている幹の上のテンナンショウは、やっと葉が出たところ。

テンナンショウ

 大型連休はじめの冷え込みが影響したのでしょう。
 ちょっとしたことで毎年花の時期が変わる。
 山の自然はおもしろい。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヤマシャクヤクニリンソウテンナンショウ属白い花春の花金剛山の花金剛山

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

いちめんの白い花のじゅうたん 金剛山の二輪草

 春の大型連休の金剛山は花の季節。
 いろいろな種類の花が咲きますが、一番の人気はニリンソウ(二輪草)かもしれません。

 今年は冬が暖かく、去年のように花が早まるかと思ったのですが、大型連休のはじめの冷え込みのせいか、例年に近いような気がします。
 なのでニリンソウの見頃は大型連休後半のようです。

金剛山

 ニリンソウは名前のように茎の先に2輪咲きますが、同時には咲きません。
 1輪が遅れて咲きます。
 ですから見頃は咲きはじめではなく、2輪咲きそろったとき。

ニリンソウ

 金剛山では、いろいろな谷でニリンソウが咲いていますが、ここまで一面覆われているところは知りません。


 谷沿いにニリンソウが続くので、 多くの人が見に来ていても、まるで誰もいないような写真を写せるところもあります。


 大型連休が終わればブナなどの落葉樹が葉を伸ばし、あたりは暗くなり、ニリンソウは一年の眠りにつきます。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニリンソウ白い花春の花キンポウゲ科の花金剛山の花金剛山

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

2017年の春の大型連休とその後の金剛山のニリンソウの花

 春の大型連休の金剛山で「花」といえば、やっぱりニリンソウ。
 もちろん他にもいろいろな花が咲きますが、ニリンソウほど一面を埋め尽くして咲く花はないでしょう。

名前のように2輪咲いているニリンソウ
ニリンソウ

 ニリンソウ(二輪草)はキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。
 茎の先に花を二輪咲かせることが名前の由来。


 まだまだ寒いうちから葉を広げ、落葉樹が葉を広げる前に花を咲かせて、種を作って、夏には枯れ、何もなかったように落ち葉に埋もれていきます。
 春の一種だけ現れる植物なので、春植物(スプリング・エフェメラル)とよばれます。


 ニリンソウですが、同時に咲きません。
 最初に1輪だけ咲き、その後追いかけるように2輪目が咲きます。
 ですから、見頃は2輪そろって咲いたとき。


 今年は3月末の大雪のため咲くのが少し遅れてしまいました。
 大型連休を過ぎてもまだニリンソウは咲いていましたが、ここもあと1ヶ月もすればニリンソウが咲いていたとは思えないほど落葉が一面を覆う薄暗い林床になってしまいます。


 ニリンソウで有名なのはカトラ谷ですが、他でもニリンソウは見ることができます。
 同じ金剛山でも環境によって咲く時期は変わってきます。
 5月中旬。
 カトラ谷はもう終わりかけですが、まだなんとか見頃のところも。
 開花が遅かった今年ならでは。


 いつもとちょっとちがう花の時期。
 新しい発見もありました。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニリンソウ春の花春植物スプリング・エフェメラル金剛山の花金剛山の植物金剛山白い花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

晩春の金剛山の白い谷 二輪草と一輪草の谷

 ゴールデンウイークの金剛山は花の季節。
 いろいろな花が咲きはじめますが、そのひとつがニリンソウ(二輪草)。
 この花を見るために多くの人は北西面のカトラ谷を目指します。

カトラ谷のニリンソウの涸沢
カトラ谷

 実は、その途中にはイチリンソウ(一輪草)が咲いています。

カトラ谷のイチリンソウ

 ニリンソウもイチリンソウもキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。
 イチリンソウ属は学名では「Anemone」。
 「アネモネ」です。
 園芸植物のアネモネはヨーロッパ原産。
 同じイチリンソウ属でもかなり派手。

 ニリンソウの由来は、名前のように1本の茎の先に2輪の花が咲くことが由来。
 ただ同時に咲かないので、咲きはじめは“イチリンソウ”。

2輪咲いたニリンソウ
ニリンソウ

 となると、イチリンソウの由来は予想通り、1本の茎に1輪しか咲かないため。
 ちなみに、サンリンソウもあります。

1輪咲きのイチリンソウ
イチリンソウ

 どちらもよく似ていますが、イチリンソウのほうが大きな花。
 そして葉の切れ込みも深くなります。

 どちらも落葉樹が葉を茂らせる前に花を咲かせて、種ができると枯れてしまう春植物(スプリング・エフェメラル)。
 一面のニリンソウも、夏にはなにもなかったかのような落ち葉の積もった薄暗い林床になってしまいます。

大鳥居下のモミジ谷支流の涸沢のニリンソウ

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニリンソウイチリンソウ春植物春の花白い花金剛山の花金剛山キンポウゲ科の花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

金剛山のゴールデンウイークは後半も花の季節 カトラ谷のニリンソウ


 カタクリの花がピークを超えたゴールデンウイークはじめの金剛山山頂付近。

 それから一週間。

 カタクリの花はほとんど終わりましたが、ニリンソウが満開を迎えていました。

 いつもならもう少し早い満開ですが、今年は3月の大雪と、4月の雪が影響したのか、ちょっと遅めになっています。



一面に咲いている金剛山カトラ谷のニリンソウ
一面に咲いている金剛山カトラ谷のニリンソウ




 ニリンソウはキンポウゲ科の多年草で、落葉樹が葉を茂らせる前に葉を伸ばし、花を咲かせる春植物(スプリング・エフェメラル)の一つ。

 春植物は、落葉樹林の林床(木々の下の地面)に生える植物で、落葉樹が葉を広げる前、林床に光が当たる間に成長する植物のことです。

 カタクリも春植物の一つです。



ニリンソウ(二輪草)
Anemone flaccida
双子葉植物綱 キンポウゲ目 キンポウゲ科 イチリンソウ属
多年草

キンポウゲ科特有の質感の花びら
キンポウゲ科特有の質感の花びら




谷筋からしゃがんで見ると白い絨毯のよう
谷筋からしゃがんで見ると白い絨毯のよう




 金剛山には一面にニリンソウが生える「お花畑」は何箇所かありますが、一番有名なのがカトラ谷源流。

 水の流れが地面の下に潜り見えなくなった涸沢(かれさわ)になったところにあります。

 まわりはブナやイヌブナなどの落葉樹に覆われた谷ですが、尾根筋に近いところなので広い斜面になっています。



落葉樹林の中のニリンソウ
落葉樹林の中のニリンソウ




花が光を集めるように伸び上がる
花が光を集めるように伸び上がる




 地面の凹凸を覆うように一面ニリンソウが白い花を咲かせています。



絨毯のように地面を覆うニリンソウ
絨毯のように地面を覆うニリンソウ




 よく見るとニリンソウの中にキンキエンゴサクが細長い距(きょ)がある薄紫色の花を咲かせています。



キンキエンゴサク(近畿延胡索)
Corydalis lineariloba var. papillingera
双子葉植物綱 ケシ目 ケマンソウ科 キケマン属
多年草

一見シソ科にも見えますが距があるケシ科のキンキエンゴサク
一見シソ科にも見えますが距があるケシ科のキンキエンゴサク




 そしてまだ花を咲かせていないもののカワチブシが葉を伸ばしています。

 そして離れたところではヤマシャクヤクも咲きはじめていました。



ヤマシャクヤク(山芍薬)
Paeonia japonica
双子葉植物綱 ユキノシタ目 ボタン科 ボタン属
多年草

過剰に八重化していないシンプルなところが魅力のヤマシャクヤク
過剰に八重化していないシンプルなところが魅力のヤマシャクヤク




 まだまだ金剛山の花の季節は続きます。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 金剛山の花初夏の花金剛山ニリンソウキンキエンゴサクヤマシャクヤク春植物

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

金剛山のゴールデンウイークは花の季節 ちはや園地のカタクリ


 4月下旬から5月上旬のゴールデンウイーク。

 または春の大型連休。

 奈良県と大阪府にまたがる金剛山は花の季節になります。



カタクリ(片栗)
単子葉植物綱 ユリ目 ユリ科 カタクリ属
多年草




 今年の4月下旬をを代表するのはカタクリ。

 落葉樹が葉を落としている間に花を咲かせる春植物(スプリング・エフェメラル)の一つ。



金剛山のカタクリ




珍しい白花のカタクリ?



 金剛山には、ちはや園地のように植栽されているところの他に、いくつもの自生地があります。

 中には登山道のすぐ脇にはえていたり。

 カタクリは花を咲かせるために7年以上かかります。

 そういう場所では足下に注意してください。



エンレイソウ(延齢草)
単子葉植物綱 ユリ目 ユリ科 エンレイソウ属
多年草




 まるで葉っぱの真ん中から咲いているようにみえる面白い花。

 実は茎の先から直接葉が生えていて、その真中から花柄が伸びているのです。

 そして地味な花に見えるのは花弁がないため。

 ほかのエンレイソウ属には花びらがあります。



ヤマブキ(山吹)
双子葉植物綱 バラ目 バラ科 ヤマブキ属
落葉低木




 登山口などではヤマブキが咲いています。

 文字通りの山吹色が緑によく映えます。



ヤマルリソウ(山瑠璃草)
双子葉植物綱 シソ目 ムラサキ科 ルリソウ属
多年草




 小さな小さな花も咲いています。

 ヤマルリソウ。

 ちょっと造花っぽい瑠璃色の花が特徴です。



スズシロソウ(蘿蔔草)
双子葉植物綱 フウチョウソウ目 アブラナ科 ヤマハタザオ属
多年草




 見ての通りのアブラナ科の花。

 スズシロソウ。

 金剛山にはほかにカワチスズシロソウがあります。

 こちらは絶滅危惧II類。



花の文化園で咲いていたカワチスズシロソウ



 カワチスズシロソウはスズシロソウの変種で、よく似ています。

 金剛山で出会ったのはあちこちで咲いていましたので、スズシロソウでまちがいないでしょう。

 きっと。



シハイスミレ(紫背菫)?
双子葉植物綱 スミレ目 スミレ科 スミレ属
多年草




 もちろんスミレも咲いています。

 葉の基部が深く切れ込んで左右の葉が重なっていますが、側弁に毛がなく上弁が反り返っていますのでシハイスミレ?

 ちがうような気がします。



ヒトリシズカ(一人静)
双子葉植物綱 コショウ センリョウ科 チャラン属
多年草




 同じチャラン属に「フタリシズカ」があります。

 そちらは穂状花序が(すいじょうかじょ)ふたつ。

 こちらはひとつなので「ヒトリシズカ」。

 金剛山にはフタリシズカもありますが、この日のルートでは出会いませんでした。



シロバナネコノメソウ(白花猫の目草)
双子葉植物綱 ユキノシタ目 ユキノシタ科 ネコノメソウ属
多年草




 沢沿いを好む植物。

 画像ではオシベがよく目立つ可愛い花ですが、丈も低く小さい花ですから、見過ごしてしまうかもしれません。



ニリンソウ(二輪草)
双子葉植物綱 キンポウゲ目 キンポウゲ科 イチリンソウ属
多年草




 水越峠(みずこしとうげ)の登山口で咲いていたニリンソウ。

 同じ所から2輪の花が咲くのが名前の由来。

 ところがなぜか同時には咲きません。

 ということで、まだ“イチリンソウ”状態。

 ちなみに、「イチリンソウ」は同じキンポウゲ科イチリンソウ属のちがう種類の植物です。



 まだまだお花畑のニリンソウやクリンソウ、ヤマブキソウが待っています。

 トリカブトもあちこちで葉を広げて茎を伸ばす準備をしていました。

 金剛山の花の季節はもう少し続きます。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 金剛山の花晩春の花金剛山カタクリエンレイソウヤマルリソウスズシロソウヒトリシズカシロバナネコノメソウニリンソウ

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS