【 ニホンミツバチ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

「特別展 昆虫」〈大阪市立自然史博物館〉にで、で、で、で、でっかい虫っ!

 大阪市立自然史博物館で開催中の「特別展 昆虫」。
 タイトルのように「昆虫」という大きなくくりの展示がいっぱい。

全体について書いたのはこちら
「特別展 昆虫」〈大阪市立自然史博物館〉は、む、む、む、む、むしだらけっ!

この記事にはの画像があります。


あと650m

 専門的な展示ばかりでなく、小さな子供も楽しめる展示もあります。
 そのひとつが、でっかい昆虫。
 大きさは2メートルくらい。
 日本の昆虫を30~200倍に拡大した模型です。
 記念写真ポイントにもなっています。

 最初は200倍のニホンミツバチ。
 日本在来種のミツバチです。
 普通、はちみつとして売られているものは日本では外来種となるセイヨウミツバチが集めたもの。
 どちらもよくにていますが、野原で見かけるのは、セイヨウミツバチのほうが多いような気がします。


 ミツバチは後脚に花粉を串団子みたいにしてつけるのですが、左右で花粉の有りバージョンと無しバージョンに分けられています。

ニホンミツバチ

 そして30倍のオオムラサキ。
 日本の国蝶とされています。
 にもかかわらず、いまだ野原で見たことはありません。
 見るのは昆虫館だけ。

オオムラサキ

 オオムラサキなどタテハチョウ科の特徴は前脚が折りたたまれ、胸にピタリとひっついて、4本脚のように見えること。
 この超巨大オオムラサキは前脚がちょっと浮いていて、ちょっとヘンに感じます。
 ただ、ピタリとひっついていると本当に4本脚に見えてしまうので、あえて浮かして6本脚ですと、とわかるようにしているのかもしれません。


 45倍のミンミンゼミ。
 東京の博物館ではじまったからでしょう。
 最初からここでやっていたならクマゼミになったかも?


 セミの仲間は背中にかっこいい模様がよくあります。
 クマゼミは翅の筋が黄緑色できれいなのですが、背中はちょっと地味。
 ミンミンゼミのほうが背中の模様はかっこいいので、よかったかな?

ミンミンゼミ

 最後は30倍のオオクワガタ。
 ノコギリでもミヤマでもなくオオクワガタ。
 日本最大のクワガタムシなので、2メートルの大きさも違和感がない?

オオクワガタ

 大顎の先トンガリと内側のトンガリ(内歯)がかっこいい。


 超巨大昆虫はこれで終わりですが、いろんな虫の本物の昆虫標本がたくさんあります。
 これだけたくさんの昆虫を一度に見られる機会はそんなにないと思います!

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 特別展昆虫大阪市立自然史博物館ニホンミツバチオオムラサキミンミンゼミオオクワガタ

関連記事
スポンサーサイト



theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

「特別展 昆虫」〈大阪市立自然史博物館〉は、む、む、む、む、むしだらけっ!

 大阪にやってきました、昆虫展。
 去年、夏はいつも恐竜か絶滅動物をやっているイメージがある東京の国立科学博物館で意表をついて開催された「特別展 昆虫」です。

この記事にはの画像があります。


 大阪市立自然史博物館の夏の特別展です。
 今回もブロガー招待に当選できました。
 大阪市の南部にある長居公園内の博物館から棟続きのいつもの会場です。

地下鉄で来きたときのたぶん最初の看板
長居公園

 科学博物館のときから、なんとひねりもなにもないつかみどころのないタイトルだと思っていました。
 しかし。
 もう「昆虫」としか言い表せないほど、多岐にわたる切り口で無数の「昆虫」が展示されています。

入口にはでかいロゴ
昆虫展

1.昆虫とは

 会場に入ってすぐ目につくのが、2メートルの巨大昆虫。
 もちろん、今も昔もこんなでかい昆虫はいません。
 30倍から200倍に拡大された昆虫の模型がドン、ドン、ドン、ドンと置かれています。

超巨大昆虫がいくつも!

 大きくなって見やすいだけでなく、気がつかなかった発見があります。
 ニホンミツバチの200倍模型を見ていた子供さんが、「ハチはこんなに毛がはえてるの!」と驚いていました。
 そう、実は昆虫はけっこうけむくじゃらなのです。
 そうでないのもいますが。

200倍のニホンミツバチ
ニホンミツバチ

 ただ、こんなに大きな模型を見てしまうと、奥にある2億年以上昔の最大の昆虫と言われる超巨大トンボのメガネウラの復元模型がなんか小さく感じてしまうのが、ちょっと残念。

拡大しなくてもでかい!メガネウラ
メガネウラ

 展示は昆虫の模型や化石、標本だけではありません。
 昆虫の出現時期の巨大年表や昆虫の分類表なども見ることができます。

恐竜が絶滅するころには昆虫の目(もく)が出揃っていました

恐竜出現より前に完全変態の昆虫は出現していました

2.昆虫の多様性

 科学博物館では展示されていなかった、自然史博物館所蔵の大阪の昆虫が展示されています。

大阪の昆虫が環境ごとに並んでいます

 今話題の「赤いクワガタ」という不本意な名前で呼ばれているツチハンミョウの仲間のヒラズゲンセイも見られます。
 クワガタの仲間でないのはもちろん、ハンミョウの仲間でもないというややこしい昆虫です。

最近話題の平頭芫青(ヒラズゲンセイ)
ヒラズゲンセイ

 長期間の開催のためか、生きているものはほとんどなく、標本が基本。
 でも、そのためいろいろな展示が可能になっています。
 たとえば世界のカブトムシを大きさの順に丸く並べたもの。

大きいカブトはよく見ますが小さいカブトは珍しいかも
カブトムシ

 世界のクワガタムシ版も。

ギラファは長い!
クワガタムシ

 ほかにチョウもあります。

 日本にいるのはちょっと地味なのばかりですが、外国では名前以上のわけのわからない形をしたものがたくさんいるツノゼミ。
 アブラムシのようにとても小さいので、みんな拡大された写真がついています。
 ブログやツイッターで書かれているように、虫メガネが必要かも。

小さすぎて虫メガネがあったほうがいいかものツノゼミ
ツノゼミ

3.昆虫の生態

 怒涛のような展示の3分の2ほど過ぎたころにあるのが、2017年の生物学賞を受賞することになった昆虫標本。
 その賞は、あのイグノーベル賞。
 そう、雌雄の生殖器が逆転したというものすごく変わった昆虫、トリカヘチャタテ。

ちいさなトリカヘチャタテ

 そしてイグノーベル賞の賞状レプリカ。


 アリやシロアリの巣に入り込む昆虫がいるのですが、そんな変わった昆虫がマンガで紹介されています。
 アリは仲間以外を巣に入れません。
 ちがう種類の昆虫はもちろん、同じ種類でもちがうファミリーのアリなら攻撃します。
 なのに、ちゃっかり巣に入り込むアリでない昆虫たち。
 その方法も様々。

マンガでわかりやすく解説

4.昆虫の能力

 ここはパネル展示が中心ですが、昆虫の飛ぶための筋肉のちがいや足の構造などがわかります。

昆虫の飛ぶ筋肉の付き方

5.昆虫研究室

 となりには採集や標本作成などの研究コーナー。


 続いて標本壁。
 壁が様々なコレクションの標本で埋め尽くされています。


 いろいろな昆虫標本を間近でたくさん見ることができます。
 ここにも小さな昆虫がありますので、やっぱり虫メガネはあったほうがいいかも。
 ただ上の方は見上げるばかりでよく見えませんし、小さいのはあるのか無いのかわかりません。
 もはや斬新なデザインの壁。
 ここは標本をアートとしても楽しむ場なのかもしれません。

 最後はモルフォ蝶などの構造色を応用した様々な商品の展示など。

 そして、あえて飛ばしていましたが、途中には科学博物館でも話題になった「Gの部屋」も。


 もちろん「ゴキブリ」です。
 よく見ると形はゴキブリですが、「思っていたのとちがう」ゴキブリがいろいろ展示されています。
 そしてなにより、ここでは生体展示がされています!
 「G」が苦手な方は素通りしましょう。

 会場入口の前には、いつもと同じようにオリジナルグッズコーナー。
 おすすめは、図録。
 展示のカタログ的な意味もありますが、なにより昆虫の出現時期に分類、体の作りや機能に飛び方など、展示されているさまざなま昆虫学の情報が詰まっています。
 これだけの内容が2000円で1冊にまとまっているなんて、ほかにはないのでは?


 ただただ展示されているのが小さな昆虫。
 全体ではとんでもない数になります。
 一度と言わず二度三度と足を運びたくなる昆虫展。
 いや、何度も行かなければ見られないほどすごい量の昆虫がいます。

■参考外部リンク■
特別展 昆虫 | イベント | 関西テレビ放送 カンテレ
大阪市立自然史博物館

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 特別展昆虫大阪市立自然史博物館ニホンミツバチメガネウラヒラズゲンセイカブトムシクワガタムシツノゼミトリカヘチャタテイグノーベル賞

関連記事

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

下赤阪の棚田の2014年 4月上旬の動物編


 続いてきた4月の下赤阪の棚田の生き物も、これで最後。

 暖かくなってきましたが、棚田ビオトープのいきものにとっては冬と春の間のような時期。

 動物も少し増えてきました。




スポーツ公園から見た4月の棚田




動物界
脊索動物門
鳥綱
スズメ目
モズ(百舌,百舌鳥,鵙)Lanius bucephalus のオス
スズメ目 モズ科 モズ属
スズメより大きい
漂鳥

スズメ目の猛禽。
※「猛禽」には諸説あり。

季節で住む場所を変える漂鳥ですす。
百舌鳥太郎も畑に来るのは子育ての間だけ。

ここでは一年中見かけます。
同じモズなのかどうかはわかりませんが。
ツグミ(鶇)Turdus naumanni
スズメ目 ツグミ科 ツグミ属
ハトより小さい
冬鳥

愛称「つぐみん」。

冬鳥ですが、晩春までいるのんびり屋さんです。
ムクドリ(椋鳥)Sturnus cineraceus
スズメ目 ムクドリ科 ムクドリ属
スズメより大きい
留鳥

なんかかっこよく写ったムクドリ。

なんか顔が白っぽい。
スズメ目
動物界 脊索動物門 鳥綱
キジ目
キジ(雉子,雉)Phasianus versicolor のオス
キジ目 キジ科 キジ属
カラスより大きい
留鳥

よく鳴き声を聞きますが、めったに姿は見せません。

メスはもっと姿を見せません。
キジ目
鳥綱
動物界 脊索動物門
哺乳綱
ネズミ目
ハタネズミ(畑鼠)Microtus montebelli の巣穴?
ネズミ目 ネズミ科 ハタネズミ属

大きさからネズミが作った穴かな、と思います。

田んぼなのでハタネズミにしました。
大きさもそれくらいですし。
ネズミ目
哺乳綱
脊索動物門
動物界
節足動物門
昆虫綱 ここからは虫の画像があります。【虫の部分をとばす】
チョウ目

嶽山方向の棚田

モンシロチョウ(紋白蝶)Pieris rapae
チョウ目 シロチョウ科 モンシロチョウ属

蝶の代名詞のようなチョウ。

菜の花も咲いていたのでたくさん飛んでいましたが、じっとしてくれないのでなかなか写真が取りにくい蝶です。
ベニシジミ(紅小灰蝶)Lycaena phlaeas
チョウ目 シジミチョウ科 ベニシジミ属

アカタテハに似ていますが、シジミチョウですので、親指の爪くらいの小さい蝶です。
テングチョウ(天狗蝶)Libythea celtis の幼虫
チョウ目 タテハチョウ科 テングチョウ属

成虫の頭が尖っているのが名前の由来。

その幼虫のイモムシです。

タグ♦ テングチョウ
チョウ目
動物界 節足動物門 昆虫綱
甲虫目
ナナホシテントウ(七星天道)Coccinella septempunctata
甲虫目 テントウムシ科 コッキネラ属

テントウムシを代表する虫。

背中に「●」が7つあるので「七星」ですが、一番頭に近いところの一つが左右の翅に分かれているので本当は「八星」?

緑の葉っぱに赤い体なのでよく目につきます。
甲虫目
動物界 節足動物門 昆虫綱
ハチ目
ニホンミツバチ(日本蜜蜂)Apis cerana japonica
ハチ目 ミツバチ科 ミツバチ属

普通のはちみつを集めるのはセイヨウミツバチ。
外来種です。

これは体が黒っぽいのでニホンミツバチだと思います。
在来種です。
ハチ目
昆虫綱
節足動物門
動物界



 田んぼにはまだ水が入っていませんので、田んぼの動物の多くはまだ姿を見せていません。

 昆虫も越冬してきたもの中心で、まだまだ本番ではないようです。



タグ♦ 2014年4月の下赤阪の棚田 下赤阪の棚田

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 4月の下赤阪の棚田の動物ハタネズミモンシロチョウテングチョウニホンミツバチ下赤阪の棚田の2014年下赤阪の棚田201404鳥/SA-tanada哺乳類/SA-tanada昆虫/SA-tanada

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

初夏の六甲山のハチボール


 ゴールデンウイークの六甲山の尾根の道路。

 最高峰のちょっと南西。

 有馬温泉へ抜ける紅葉谷道に入った所で、ぶんぶんと虫の羽音、それも蜂の羽音が聞こえました。
紅葉谷道の六甲側入り口
紅葉谷道の六甲側入り口



この記事にはミツバチの画像があります。





 スズメバチだとちょっとやっかいかも、と思ったら、飛んでいるのは小さな蜂。
 ミツバチ?

 よく見ると道の脇の木の幹が膨らんでます。

 数多くのミツバチが集まって団子になっているのです。
 いや、団子というよりボールです。

 色がちょっと黒っぽ感じがする野生のミツバチ。
 このミツバチはニホンミツバチ(日本蜜蜂)。
 昔から日本にいる在来種です。

 普通、花の蜜を集めるために飼われているのは外来種のセイヨウミツバチ(西洋蜜蜂)。



ハチでふくらんだ木
ハチでふくらんだ木




 このニホンミツバチの塊は、女王蜂を守るために働き蜂がボールになっているもので、「分封蜂球(ぶんぽうほうきゅう)」と言います。
 どうしてそんなことになっているかというと、新しい女王蜂が誕生したので、女王蜂が働き蜂を引き連れて巣から出てきたのです。
 これを「分封(ぶんぽう)」といいます。

 巣から出てきたのは古い女王。
 およそ半分の働きバチを連れて出てくるそうです。

 今は働き蜂を四方八方へ派遣して、新しい巣になる場所を探しているところ。



集まっているニホンミツバチ
集まっているニホンミツバチ




 たくさんのミツバチが集まっている様子を怖く感じる人も少なくないと思いますが、ニホンミツバチは自分から人を刺すことはほとんどないと言われます。

 ですから道端でミツバチの塊を見つけてもそっとしておいてあげてください。
 新しい巣の場所が見つかるまでの短い間のことですから。



◆タグ ニホンミツバチ 六甲山の昆虫 六甲山 ◆

■外部リンク■
神戸・六甲山系の森林(神戸市と六甲山系の自然のHP)


最高級天然100%、ニホンミツバチの蜂蜜「百花の恵」 和蜂蜜 270g(あづみ)

価格:3,000円
(2013/5/19 00:54時点)

巣箱:石田式 ニホンミツバチ捕獲箱(兼飼育箱)【本格派向け】

価格:8,400円
(2013/5/19 00:55時点)

ニホンミツバチの飼育法と生態 [ 吉田忠晴 ]

価格:2,100円
(2013/5/19 00:57時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ニホンミツバチ六甲山の昆虫六甲山ミツバチハチ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな みつばちのはばたき いちめんのなのはな


 金剛山が雪に覆われる一方、梅どころか桜まで咲き始めている長居(ながい)植物園

 その一角に一面菜の花がさいているところがあります。


いちめんのなのはな[長居植物園]
いちめんのなのはな[長居植物園]



 ストックヤードとハーブ園にはさまれたところ、ライフ・ガーデンすべて菜の花のみです。

 ただし、名札には「ハナナ」。

 実は「菜の花」は「アブラナ」のこと。

 ハナナとアブラナはどちらも同じアブラナ属ですが、ちがう種類になるようです。
 ただ「菜の花」は専門用語ではありませんので、ハナナも「菜の花」と言ってしまいましょう。


ハナナの花[長居植物園]
ハナナの花[長居植物園]



 一面の菜の花というと、詩人の山村暮鳥(やまむらぼちょう)の「風景」。

 ひらがなで書かれた「いちめんのなのはな」という言葉が何度も何度も繰り返されます。

 その中に「かすかなるむぎぶえ」「ひばりのおしやべり」「やめるはひるのつき」の三つの言葉が入り、平板なリズムにアクセントをつけています。

 声に出すよりも目で読むほうが楽しめる詩かもしれません。


都市の中のハナナ[長居植物園]
都市の中のハナナ[長居植物園]



 長居植物園の菜の花はこの詩ほどの広さはありませんが、しゃがんで視線を菜の花と同じにすると、一面の菜の花、一面の黄色になります。

 残念ながらここには麦は植えられてなくて、ヒバリもいなくて、月も出ていません。

 でも、暖かさのあまり冬ごもりの場所から抜け出してきたニホンミツバチが花から花へと花粉にまみれながら飛び回っていました。


ハナナとニホンミツバチ[長居植物園]
ハナナとニホンミツバチ[長居植物園]



■外部リンク■
大阪市立長居植物園

■山村 暮鳥 作「風景」
図書カード:風景青空文庫 Aozora Bunko


◆タグナビ◆ 〔長居植物園〕




Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索
キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 長居植物園ハナナ菜の花春の花黄色い花山村暮鳥ニホンミツバチ植物園

関連記事

theme : 草花
genre : 趣味・実用

桃の花とミツバチ〈大阪城公園 桃園〉

今回はミツバチの記事です。
ミツバチの画像もあります。
ミツバチが苦手な方は【記事の下へ】をクリックしてください。
記事の下にジャンプします。



大阪城の桃の花


 そろそろ桜が咲き始めた大阪城公園。

 桜の前には桃の花が咲きます。
 大阪城公園の北側の北外堀と寝屋川(ねやがわ)第二寝屋川(だいにねやがわ)に挟まれたところに桃園(とうえん)があります。

 十日ほど前の桃園です。
 もうハチが飛び回っていました。
 きっと冬眠していたはたらきバチが暖かくなって動き始めたのでしょう。

関白(花桃)とミツバチ
関白(花桃)とミツバチ




二つのミツバチ


 日本には大きく分けて2種類のミツバチがいます。

 一つはセイヨウミツバチ。
 名前のようにヨーロッパのミツバチで、花の蜜を集めるために明治時代に日本に持ち込まれました。

 もう一つはニホンミツバチ。
 名前の通り日本に昔からいるミツバチです。

 ニホンミツバチも蜂蜜を採るのに使われていましたが、セイヨウミツバチの方が大量に蜜を集めるということで、今ではほとんど使われなくなったそうです。

 ということは、桃の花にいるミツバチはセイヨウミツバチでしょうか。

寒緋(花桃)とミツバチ
寒緋(花桃)とミツバチ




どっちのミツバチ?


 まちがいなく日本にいるミツバチはセイヨウミツバチの方が多いでしょう。
 でもセイヨウミツバチは人間に管理されている虫の家畜です。
 それにヨーロッパにはミツバチの天敵のスズメバチがいないため、対スズメバチの戦術がなく巣が襲われると全滅することもあります。

 そういうわけで、あまり野生化していないそうです。

 そしてミツバチを見かけたのは、人が多くて花が少ない都市の真っ只中。
 どう考えても養蜂業者(ようほうぎょうしゃ)が近くにいるとは思えません。

 となると、ニホンミツバチでしょうか。

 大阪城公園にはニホンミツバチが生きていける程度の自然は残っていそうです。


セイヨウミツバチとニホンミツバチのちがいは?


 セイヨウミツバチとニホンミツバチのちがいは何でしょうか。

 その第一は腹の色のようです。
 セイヨウミツバチは黄色く、ニホンミツバチは黒っぽい。

 と書かれているブログやホームページは多いのですが、わかりやすく写真が並んでいるのはなかなか見つかりません。

 しかたないのでいろいろなページの画像を見比べてみると、ハチの腹の最初のほうが黄色なのがセイヨウミツバチ。
 黒いのがニホンミツバチのようです。

 ということは、大阪城公園桃園を飛び回っていたミツバチは、ニホンミツバチのようです。

矢口(花桃)とニホンミツバチ(多分)
矢口(花桃)とニホンミツバチ(多分)



■外部リンク■
 昆虫の写真が豊富な図鑑サイト
 ●昆虫エクスプローラ
  ┣セイヨウミツバチ
  ┗ニホンミツバチ



■外部リンク■
 ●大阪城公園



■記事リンク■ [昆虫]



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ミツバチニホンミツバチ寒緋(桃)関白(桃)矢口(桃)大阪城公園ハチ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS