【 ナンバンギセル】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

生き物は季節に敏感です。なんばんぎせる

 公園でナンバンギセルが咲いていました。
 夏日や真夏日が続いていても、秋がもうきています。

南蛮煙管

 ナンバンギセルは一年生の寄生植物。
 この公園では咲く場所がよく変わります。

 毎回毎回タネが飛ばされるのだからちがうところで咲いて当然、とも思いますが、すべてのタネが離れたところへ飛んでいくとは思えません。
 下に落ちるタネもあるでしょう。

ナンバンギセル

 自然の植物の場合、タネの発芽率は高くないでしょうから、数年後にたくさん咲くのか。
 一度咲いた場所には翌年咲かないようになにかの化学物質をだすのか。
 たまたま偶然なのか。
 それとも、実は二年草なのか。

 謎です。

ナンバンギセル
南蛮煙管
Aeginetia indica
ゴマノハグサ目 ハマウツボ科 ナンバンギセル属の一年草寄生植物

ナンバンギセル(南蛮ギセル)

価格:2,640円
(2022/9/1 00:35時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ナンバンギセル秋の花紫色の花赤紫色の花寄生植物

関連記事
スポンサーサイト



theme : 山野草
genre : 趣味・実用

名は体を表しているわかりやすい大南蛮煙管

 岩湧山のオオナンバンギセル。
 山頂の茅場で咲いています。


 最初に見ときの感想が「でかっ!」
 名前の通り大きなナンバンギセル。


 ナンバンギセルと同じように寄生植物。
 一年草なので毎年同じところで咲くとは限りません。
 茅場は麓の集落によった管理されているので、登山道から外れることは禁止されています。
 来年もここで咲いてくれれば。


 ナンバンギセルの場合、環境が悪くなければ、毎年だいたい同じようなところで咲くので、来年の楽しみに。

オオナンバンギセル
大南蛮煙管
Aeginetia sinensis
ゴマノハグサ目 ハマウツボ科 ナンバンギセル属の一年草の寄生植物

ナンバンギセル(南蛮ギセル)

価格:1,320円
(2022/7/31 00:50時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オオナンバンギセルナンバンギセル夏の花赤紫色の花寄生植物

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

今年は当たり年? ナンバンギセル

 秋の花。
 ナンバンギセル。
 ススキなどイネ科植物や一部の単子葉植物に寄生する植物。

ナンバンギセル

 ここは人の手によって持ち込まれたそうです。
 ただナンバンギセルは一年草。
 毎年こぼれたタネから芽を出し、花を咲かせ、タネをつけ、を繰り返していままで代を重ねてきました。

 一年草のためか、数は毎年ちがい、咲く場所もかわります。

南蛮煙管

 今年は。
 びっくりしました。
 とんでもない数が咲いています。
 ススキの根本を隠すくらい。
 それだけでなく、今まで見たこと無いような場所でも咲いています。

Aeginetia indica

 理由はわかりませんが、今年はなぜかナンバンギセルの当たり年のようです。

 ということは、来年はほとんど咲かないのかもしれません。

ナンバンギセル
南蛮煙管、野菰
Aeginetia indica
ゴマノハグサ目 ハマウツボ科 ナンバンギセル属の一年草寄生植物。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ナンバンギセル寄生植物秋の花紫色の花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

やっと出会えた山頂の茅場のなんばんぎせる

 7月下旬の低山。
 茅場でナンバンギセルが咲いていました。

オオナンバンギセル

 ここの茅場はススキ。
 ナンバンギセルが咲いているという話は耳にしますが、茅場はいわば畑のようなもの。
 立ち居入り禁止になっているので、なかなか出会えません。
 たまたま登山道の脇に生えていたので出会うことができました。

 ナンバンギセルには種類があります。
 ナンバンギセルという和名の種類は、花の根本にある葉の萼(がく)の先が尖っています。
 オオナンバンギセルという和名の種類は、萼の先は尖っていません。
 それに名前のように花も花柄も大きめ。

 これは。
 丈は低く茎も細いですが、花は大きめ。
 そして葉緑素がないのでわかりにくいですが、萼の先は丸く尖っていません。
 オオナンバンギセル。

大南蛮煙管

 オオナンバンギセルは一年草。
 来年のことはわかりません。
 落ちたタネがこの場所と相性が良ければ芽を出し咲きますし、そうでなければ生えません。

 ただ、まわりにオオナンバンギセルはこの1本だけ。
 それもちょっと小さめ。
 この場所は、ナンバンギセルにとってギリの環境なのかもしれません。

Aeginetia sinensis

 来年は咲いているでしょうか。

オオナンバンギセル
大南蛮煙管
Aeginetia sinensis
双子葉植物綱 ゴマノハグサ目 ハマウツボ科 ナンバンギセル属
一年草の寄生植物

ナンバンギセル(南蛮ギセル)

価格:1,320円
(2021/7/25 23:53時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オオナンバンギセルナンバンギセル寄生植物夏の花赤紫色の花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

秋彼岸 尾花の陰の思い草 姿見るほど 万葉思う

 9月。
 ナンバンギセルの季節です。

 ナンバンギセル(南蛮煙管、Aeginetia indica)はハマウツボ科ナンバンギセル属の一年草。
 そして寄生植物。
 イネ科の植物に寄生しますが、ススキが定番。

 ススキの根本で咲いていました。

ナンバンギセル

 昔はススキの陰でうつむき加減で咲いている様子を、思い悩む女性の姿のみたてて、「思ひ草」と呼ばれていました。
 和歌にも読まれ、万葉集にも次の歌があります。

第十巻2270
道の辺の尾花が下の思ひ草 今さらさらに何をか思はむ

道端の尾花(おばな/ススキ)の下で咲いている思ひ草(おもいぐさ/ナンバンギセル)のように、いまさら何を思い悩んだりしましょう。

南蛮煙管

 言われてみれば、思い悩んでいるように見えてきます。

■参考外部リンク■
万葉集/第十巻 - Wikisource

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ナンバンギセル秋の花赤紫色の花寄生植物万葉植物万葉集思ひ草

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

今年は大豊作?のナンバンギセル

 お彼岸の錦織公園でナンバンギセル咲いています。


緑色をしていない完全寄生植物のナンバンギセル

 自生していたものか、移植されたものかわかりませんが、今は「自生」状態になっているようです。
 ナンバンギセルはイネ科植物、特にススキに寄生する一年草。
 光合成をしない全寄生植物なので、地面の上に出てくるのは花だけ。
 それもあっという間に種ができて、あっという間に枯れてしまいます。


ササ様のイネ科植物の根元のナンバンギセル

 公園ができた時にはあちこちにススキがあったようですが、遷移が進んですっかりへってしまいました。
 ということで、ナンバンギセルが生えているのはススキがたくさんある河内の里。
 ヒノキ林の下のススキと、畑の前にあるイネ科植物の中。


定番ススキの根本のナンバンギセル

 ヒノキの下のススキの周りには毎年生えていましたが、今年はチジミザサのようなイネ科植物にも生えています。
 ナンバンギセルは一年草。
 毎年生えると同じ所に生えるとは限りませんし、その数も年によって変わります。
 今年のナンバンギセルはたくさん咲いていますが、来年はどうでしょうか。

■参考外部リンク■
錦織公園 | 大阪府富田林市 大阪府営公園

ナンバンギセル 5号浅鉢

価格:1,620円
(2015/9/23 22:45時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ナンバンギセル秋の花紫色の花錦織公園河内の里寄生植物

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

とっても小さな体にきっと秘密がいっぱい ナンバンギセルの種


 9月に咲いていたナンバンギセル

 10月下旬になってもまだ咲いていました。



10月下旬の花は丈が低くなっています
10月下旬の花は丈が低くなっています




 そして9月に咲いていた花はには種ができていました。

 花の根元が大きく膨らんでいます。

 中には裂けて種が見えているものもあります。



種が出来上がったナンバンギセルの実
種が出来上がったナンバンギセルの実




 中にたくさん詰まっているホコリのようなものが種。

 大きさは数分の1ミリ。
 とても小さな種です。

 ちょっと触っただけふわふわと飛んでいきます。

 ヤドリギのように鳥を使うのではなく、風まかせなので、数を多くして確率の低さを補おうというのでしょう。

 ナンバンギセルは自分で栄養をつくれない全寄生植物。

 寄生する(宿主となる)単子葉植物がないと生きていけません。



黄色い小さな粒がナンバンギセルの種
黄色い小さな粒がナンバンギセルの種




 気になるのは種がとてもとても小さいこと。

 これでは中身は胚だけで、成長するための栄養はまったくないでしょう。

 種が落ちた所に寄生に適した単子葉植物がなければ発芽もできないにちがいありません。

 となると、発芽するのは宿主がいるとはっきりした時だけ。
 とりあえず芽を出して探している余裕はないはず。



 宿主が出す物質を感じて発芽するそうですが、それでも1ミリにも満たない種で宿主にたどりつけるのでしょうか。

 よくわかりませんが、きっと何か想像を超えるような秘密があるにちがいありません。



タグ♦ ナンバンギセル ヤドリギ 寄生植物

ナンバンギセル 5号浅鉢

価格:1,620円
(2014/10/29 22:21時点)

秋の山野草 ナンバンギセルの鉢植え

価格:3,860円
(2014/10/29 22:21時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ナンバンギセル寄生植物秋の実紫色の花秋の花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS