【 ツチイナゴ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

棚田のいきもの 2016年8月初旬の蛹にならない昆虫

 今回は、下赤阪の棚田ビオトープの昆虫を蛹にならないのとなるのに分けました。
 実は、蛹にならない昆虫の中には、羽をたためないもの、交尾器が発達したものといろいろなタイプがあります。
 蛹になる昆虫に対して数が少ないのでひとまとめにしてしまいそうですが、実は結構多様な昆虫があるのです。

この記事にはの画像があります。



動物界 節足動物門
六脚亜門 昆虫綱 タグ:棚田の昆虫
旧翅節 翅をたためない昆虫
トンボ目 タグ:下赤阪の棚田のトンボ目

ウスバキトンボ(薄羽黄蜻蛉)Pantala flavescens

動物界 節足動物門 昆虫綱
トンボ目 トンボ科 ウスバキトンボ属
タグ:ウスバキトンボ

シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)
Orthetrum
albistylum speciosum

トンボ目
トンボ科
シオカラトンボ属
タグ:シオカラトンボ

右は未成熟雄。
下はメス。

色と模様は似ていますが、腹部後端の形がちがいます。

オスは小さな突起が2つひっつき、メスはそれが離れています。

トンボ目
旧翅節
六脚亜門 昆虫綱
新翅節 翅をたためる昆虫
多新翅上目 交尾器が未発達の昆虫

ツチイナゴ(土蝗,土稲子)Patanga japonica の幼虫

バッタ目 イナゴ科 ツチイナゴ属
タグ:ツチイナゴ

左はツチイナゴ緑型幼虫? 右はツチイナゴ褐色型幼虫

幼虫も成虫も複眼の下に涙のような線があるのが特徴ですが、この角度ではわかりません。

多新翅上目
六脚亜門 昆虫綱 新翅節
外翅上目 交尾器が発達して蛹にならない昆虫

ハリカメムシ(針亀虫)?
Cletus rusticus

カメムシ目
ヘリカメムシ科
Cletus属
タグ:ハリカメムシ

ハリカメムシの名前の由来はわかりません。
体が針のように細いのではなく、肩のところのトゲが針のように尖っていることからじゃないかな、と思います。

体が針のように細いのは、イトカメムシの仲間です。

外翅上目
新翅節
六脚亜門 昆虫綱
動物界 節足動物門

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

日本の昆虫1400 (1) チョウ・バッタ・セミ (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,296から
(2016/10/8 23:46時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016下赤阪の棚田2016/88月の下赤阪の棚田の動物シオカラトンボツチイナゴハリカメムシ昆虫/SA-tanada旧翅節/SA-tanada多新翅上目/SA-tanada

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 9月中旬のトンボとバッタとカメムシの仲間編

 花がいっぱいの9月の下赤阪の棚田。
 虫もいっぱいです。

この記事にはの画像があります。



稲の向こうに見える上のほうの棚田

動物界
節足動物門 昆虫綱 タグ:下赤阪の棚田の昆虫
旧翅節 トンボ目
アカトンボ(赤蜻蛉)
トンボ目 トンボ科
タグ:アカトンボ

アカネ属のトンボの総称。
または秋に赤くなるトンボの総称。

種類が多く、見分けるのもむずかしいので、遠くを飛びまわっている状態ではわかりません。
オオシオカラトンボ(大塩辛蜻蛉)
Orthetrum triangulare melania のオス
トンボ目 トンボ科 シオカラトンボ属
タグ:オオシオカラトンボ
シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)
Orthetrum albistylum speciosum
トンボ目 トンボ科 シオカラトンボ属
タグ:シオカラトンボ
旧翅節 トンボ目
節足動物門 昆虫綱
新翅節
多新翅上目 バッタ目
コバネイナゴ(小翅稲子)
Oxya yezoensis
バッタ目
バッタ科
イナゴ属
タグ:コバネイナゴ

頭の先からお腹まで黒っぽい線が入っているのが特徴。

名前のように翅が短く、お腹の端くらいまでしかありません。
ツチイナゴ(土蝗,土稲子)Patanga japonica
バッタ目 イナゴ科 ツチイナゴ属
タグ:ツチイナゴ
目のところに涙のような下向きの線が入るのが特徴。

幼虫は可愛い緑色ですが、成虫は緑色型と茶色型があります。
ショウリョウバッタ
(精霊蝗虫)
Acrida cinerea
バッタ目
バッタ科
ショウリョウバッタ属
タグ:ショウリョウバッタ
セスジツユムシのメス
(背条露虫・背筋露虫)
Ducetia japonica
バッタ目
キリギリス科
ツユムシ属

オスメスともあなたから背中に線があります。

オスは橙色の線、メスは乳白色の線があります。

夜行性。
多新翅上目 バッタ目
節足動物門 昆虫綱 新翅節
外翅上目 カメムシ目
ツマグロオオヨコバイ
(褄黒大横這)
Bothrogonia ferruginea
カメムシ目
オオヨコバイ科
Bothrogonia属

名前の由来は翅の先が黒いこと。

でも頭ニアたくさんある目のような黒い点の方が印象に残ります。
ハリカメムシ(針亀虫)Cletus rusticus
カメムシ目 ヘリカメムシ科 Cletus属
ホソハリカメムシに似ています。

ハリカメムシのほうが胸の左右に飛び出したトゲが大きいようですが、これはちょっとわかりにくい。

翅の先に見える菱型の部分の色が濃いのでハリカメムシとしました。
多新翅上目 バッタ目
新翅節
節足動物門 昆虫綱 
動物界

 花がたくさんなので花に集まる虫も増えるのは当然。
 そして卵で冬をこす虫たちが成虫になって目立つところに現れてきたようです。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次
■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田2015/099月の下赤阪の棚田の動物アカトンボコバネイナゴセスジツユムシツマグロオオヨコバイハリカメムシツチイナゴ昆虫/SA-tanada

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2014年 10月上旬の昆虫編


 10月、稲刈りの頃の棚田ビオトープの生き物の動物。

 その昆虫編です。

 稲刈りといっしょに棚田の生き物たちもも冬への準備が始まりました。

 昆虫たちと出会えるのも、そろそろおわり?



この記事には昆虫の画像があります。






立体的に交わる下赤阪の棚田




下赤阪の棚田の生き物の追いかけも季節を一巡りしました。
すでに紹介している生き物については、画像や説明等を省いているものもあります。
画像や説明等のあるページのタグリンクを名前につけていますので、そちらをご覧ください。



動物界
節足動物門 昆虫綱
新翅節
多新翅上目
バッタ目 イナゴ科 ツチイナゴ属

複眼の下にある涙型の模様が特徴のツチイナゴ。

成虫はバッタらしい緑色タイプとこの茶色のタイプがあります。

多新翅上目
動物界 節足動物門 昆虫綱 新翅節
内翅上目
チョウ目
タテハチョウ科
チョウ目
タテハチョウ科
テングチョウ属

頭の先端に角のようなものがあるチョウ。

この突起はパルピ(下唇髭)という器官で、匂いを感じることができるらしいので、鼻という見立ては悪くないようです。
チョウ目 タテハチョウ科 ツマグロヒョウモン属

マリーゴールドが大好きなチョウ。

この蝶が吸蜜しなければ受粉できないと聞いたことがありますが、真偽は不明。

チョウ目 タテハチョウ科 キタテハ属

翅の裏側を見ると「黄立羽」というより「木立羽」といった感じのチョウ。

翅の表の基本的なデザインはヒョウモンチョウと同じですが、なんかちょっとちがう感じがするのがキタテハ?

チョウ目 タテハチョウ科 コジャノメ属

ジャノメチョウの仲間はみんなよく似ていますが、目玉模様(眼状紋)の数や大きさ位置で区別ができます。

でも種類が多いので、出会った時は写真を撮っておきましょう。

タテハチョウ科
動物界 節足動物門 昆虫綱 新翅節 内翅上目 チョウ目
その他の科
チョウ目
ヤガ科
フクラスズメ属

この日はフクラスズメの幼虫が大発生していました。
チョウ目 シジミチョウ科 ベニシジミ属

その他の科
チョウ目
動物界 節足動物門 昆虫綱 新翅節 内翅上目 
その他の目
タマバエ科の虫嬰 アカネツボミフクレフシ
ハエ目 タマバエ科

寄生している虫を取り囲むように植物が異常発達したものが虫嬰(ちゅうえい)・虫瘤(むしこぶ)。

寄生する虫によって虫嬰の形も変わり、植物の種類と合わせると虫の種類を絞り込めます。

これは寄生蝿がつくった虫嬰と思われます。

これはアカネの虫嬰です。
甲虫目 ハムシ科 ウリハムシ属

その他の目
内翅上目
新翅節
節足動物門 昆虫綱
動物界



 これからしばらくは出会える昆虫は減っていくでしょうが、成虫で冬越しするものも少なくありません。

 注意深く見ていれば、まだまだ昆虫たちと出会えるかもしれません。



タグ♦ 下赤阪の棚田の2014年 下赤阪の棚田

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


日本の昆虫1400 (1) チョウ・バッタ・セミ (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,296から
(2014/12/18 23:39時点)

田んぼの生き物400 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,080から
(2014/12/18 23:41時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田の2014年下赤阪の棚田20141010月の下赤阪の棚田の動物ツチイナゴテングチョウツマグロヒョウモンキタテハヒメジャノメタマバエ昆虫/SA-tanada

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

大きなため池の光明池のいきものたち 動物編

 大阪の南部、大阪二つ目の政令指定都市の堺市ととなりの和泉市(いずみし)にまたがる大きなため池の光明池(こうみょういけ)
 大阪で3番目の大きさの溜め池に行ってきました。

光明池



今回は池や森の生き物の記事です。
の画像もあります。
が苦手な方は【記事の下へ】をクリックしてください。
記事の下にジャンプします。




不毛の池? 豊饒の池?


 名前は世界的宝物庫の正倉院(しょうそういん)ができるきっかけをつくり、王羲之(おうぎし)楽毅論(がっきろん)」の臨書(りんしょ)で有名な光明皇后(こうみょうこうそう)の名前に由来しています。

 というと1000年以上の歴史があり、行基(ぎょうき)空海(くうかい)が作った溜め池……のよう気がしますが、できたのは1936年。昭和11年のことです。

 ということだからでしょうか周囲はコンクリートできれいに固められ芦原もほとんど無く、そのうえ夏に雨がほとんど降らなかったためか池の水は減っていて、何も無い土の地面ばかり目立っていました。
 水辺の鳥は期待できそうにありません。

 と書いてしまうと生き物観察の不毛地帯かと思われてしまうかもしれませんが、池の南側が光明池緑地公園として整備され、一部には小さいですが豊かな森も残されているので、そこはいっぱい生き物がいそうです。

 ということで、今回は池の周りで出会ったいきものたちの動物編です。

北の本堤防から見た水位が下がった光明池
北の本堤防から見た水位が下がった光明池




池にいた鳥たち



鵜飼に使われないほうのカワウと水辺ならどこにでもるアオサギ
鵜飼に使われないほうのカワウと水辺ならどこにでもるアオサギ




森にいた鳥たち



近くで聞くと木をつつく音が結構大きいコゲラ
近くで聞くと木をつつく音が結構大きいコゲラ



図鑑にも下からの写真がないので自信が無いホオジロ?
図鑑にも下からの写真がないので自信が無いホオジロ?




蝶蛾たち



いっぱいいた森のコミスジ
いっぱいいた森のコミスジ



花壇のアオスジアゲハ
花壇のアオスジアゲハ



花壇のアカタテハ
花壇のアカタテハ



花壇のオオスカシバ
花壇のオオスカシバ



 森にもヤマトシジミらしき蝶などいっぱいいましたが、やはり花がかたまって咲いている花壇の方が写真は撮りやすいようです。


緑地公園の虫たち



大きく長いショウリョウバッタ
大きく長いショウリョウバッタ



心なしかスリムなのでチョウセンカマキリ?
心なしかスリムなのでチョウセンカマキリ?



緑色のトノサマバッタ
緑色のトノサマバッタ



巣をつくってないナガコガネグモ
巣をつくってないナガコガネグモ

 どうして「昆虫たち」と書かなかったかというと、六脚亜門(ろっきゃくあもん)昆虫綱(こんちゅうこう)ではなく鋏角亜門(きょうかくあもん)のこのクモがいたからです。


森のあちこちにいたツチイナゴの幼虫
森のあちこちにいたツチイナゴの幼虫



 もう秋ですのでバッタとカマキリとクモの季節のようです。


■外部リンク■
いずみ観光ナビ|観光:和泉市の観光スポット・公園 16.光明池緑地
/ KOMYOIKE PARK



◆記事ナビ◆ [環境・公園・山・川 ・海等]




Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 光明池カワウコミスジアオスジアゲハアカタテハオオスカシバショウリョウバッタトノサマバッタナガコガネグモツチイナゴ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS