【 チャバネセセリ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

下赤阪の棚田の2014年 9月下旬のチョウ目編


 実りの秋と同時に、花の秋の下赤阪の棚田ビオトープ。

 花が多いと当然チョウも多くなります。



この記事にはの画像があります。






嶽山を望む“裏棚田”




下赤阪の棚田の生き物の追いかけも季節を一巡りしました。
すでに紹介している生き物については、画像や説明等を省いているものもあります。
画像や説明等のあるページのタグリンクを名前につけていますので、そちらをご覧ください。



動物界
節足動物門
昆虫綱 新翅節
内翅上目 チョウ目
タテハチョウ科
ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)Argyreus hyperbius のオス
チョウ目 タテハチョウ科 ツマグロヒョウモン属

翅を閉じても開いてもきれいなチョウ。

タテハチョウ科の特徴は、前肢が味覚センサーに特化し、通常は折りたたまれていて4本脚に見えること。

4本脚に見えたら、タテハチョウの仲間です。
きっと。

ヒカゲチョウ(日陰蝶)Lethe sicelis
チョウ目 タテハチョウ科 ヒカゲチョウ属

翅に黒丸があるのはジャノメチョウの印。

そして脚が片側2本なのはタテハチョウの印。

ジャノメチョウの仲間は、タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科というグループをつくっています。

チョウ目 タテハチョウ科 ウラナミジャノメ属


こちらもジャノメチョウ。

翅を開いていると黒丸は合計6つですが、閉じると合計12個。

倍になりますが、一度に見られるのは片面の6個。
同じ数です。

なんか意味あるのかな?
サカハチチョウ(逆八蝶)Araschnia burejana 夏型
チョウ目 タテハチョウ科 サカハチチョウ属

名前の由来は、漢字を見て、画像を見ればわかるように、翅の白い線を逆向きの「八」の字にみたてたもの。

これは夏型。

春型は全体に模様が入って逆「八」はそれほど目立ちません。

翅の傷み具合からすると、いろいろあったようです。

チョウ目 タテハチョウ科 キタテハ属

頭を下にしてぶら下がっていますが、実はクモに捕まっています。

蝶や蛾の幼虫は成長するたびに形や模様が変わることがよくあります。

このトゲトゲをたくさんつけたのは2回脱皮した3齢幼虫。

夏型の成虫もいました。
タテハチョウ科
動物界 節足動物門 昆虫綱 新翅節 内翅上目 チョウ目
セセリチョウ科
チョウ目 セセリチョウ科 チャバネセセリ属

幼虫は稲の害虫。

イチモンジセセリとちがい、翅の白点の並びが丸くなっています。
ダイミョウセセリ(大名挵)Daimio tethys 関西型
チョウ目 セセリチョウ科 ダイミョウセセリ属


チャバネセセリと同じセセリチョウ科ですが、こちらは翅を開いてとまります。

これは関西型。
関東型は後翅の白い模様がもっと不明瞭になります。
セセリチョウ科
動物界 節足動物門 昆虫綱 新翅節 内翅上目 チョウ目
その他の科
フクラスズメ(脹雀)Arcte coerula
チョウ目 ヤガ科 フクラスズメ属


フクラスズメの幼虫の模様にはバリエーションが豊富なようですが、これとピタリと合うものはありませんでした。

ちがうイモムシの可能性があります。
チョウ目 マダラガ科 Pidorus属

その他の科
内翅上目 チョウ目
昆虫綱 新翅節
節足動物門
動物界



 今まで出会ったチョウで感じることは、ジャノメチョウの種類が多いこと。

 ジャノメチョウの幼虫というと、レッサーパンダ顔。

 たくさんいるはずですが、まだ出会っていません。

 来年は幼虫探しをしてみようかな、とか考えてます。



タグ♦ 下赤阪の棚田の2014年 下赤阪の棚田

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 9月の下赤阪の棚田の動物下赤阪の棚田の2014年下赤阪の棚田201409ツマグロヒョウモンヒカゲチョウサカハチチョウヒメウラナミジャノメチャバネセセリダイミョウセセリ昆虫/SA-tanada

関連記事
スポンサーサイト



theme : 山野草
genre : 趣味・実用

しまった! 犯人を逃したっ!! プランター稲


 プランター稲も穂が垂れてきました。

 そんなある日。

 稲の葉の上に薄茶色の何かがひっつているのを見つけました。


この記事にはイモムシなどの画像があります。




 よく見ると、チョウのサナギの殻のようです。

 稲の葉の上のチョウのサナギの殻。

 チャバネセセリにちがいありません。


稲の葉の上のチャバネセセリと思われるサナギの殻
稲の葉の上のチャバネセセリと思われるサナギの殻

稲の葉を食べるチャバネセセリの幼虫
稲の葉を食べるチャバネセセリの幼虫

見た目は地味なチャバネセセリの成虫
見た目は地味なチャバネセセリの成虫


 チャバネセセリの幼虫が稲についているのは知っていましたし、目についた時には駆除するようにしていました。

 しかし忙しさのせいにして害虫捜索に時間を割かなかったので、成虫になられてしまいました。

 のこ1匹のチャバネセセリの成虫は、メスだった場合は**この卵を産みます。
 そして生まれた幼虫がまたバケツ稲の葉を食べるとすると……

 しかし、幸か不幸か目立って葉がなくなった、ということはありません。

 すくなくとも1匹は羽化させましたが、食害が目立っていないので、駆除した成果はあるのでしょう、きっと。




◆タグナビ◆ 〔チャバネセセリ〕 〔プランター稲〕 〔害虫〕


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: チャバネセセリ害虫プランター稲バケツ稲バケツ稲2011プランター稲2011プランター稲の害虫

関連記事

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

チャバネセセリとイチモンジセセリ。稲の害虫はどっち?


 田んぼの近くを歩いていると、茶色い翅を三角に畳んだ小さな地味な蝶を見つけました。

 もしや。
 バケツ稲の大敵チャバネセセリかもしれません。

 しかしこの姿、田んぼのないところでもよく見かけます。

 それはイチモンジセセリ。


この記事にはチョウイモムシの画像があります。




 チャバネセセリとイチモンジセセリはよく似ています。

 しかし、よく見るとすぐわかるちがいもあります。

 何かにとまって翅をたたんだ時、横から見ます。

 すると茶色の翅に白い斑点がいくつか並んでいます。

 そう、その斑点がまっすぐ並んでいたら、名前の通りイチモンジセセリ(一文字セセリ)、まるく弧を描くように並んでいるとチャバネセセリ(茶羽セセリ)。

 もしバケツ稲の近くでよく似た蝶を見かけたときは、じっくり翅の斑点を確認してみましょう。

 丸く並んでいれば、チャバネセセリ。
 イネの害虫です。

 そしてまっすぐ並んでいたら、イチモンジセセリです。


翅の白い斑点が丸く並ぶ<br>チャバネセセリ
翅の白い斑点が丸く並ぶ
チャバネセセリ
翅の白い斑点がまっすぐ並ぶ<br>イチモンジセセリ
翅の白い斑点がまっすぐ並ぶ
イチモンジセセリ



 しかしイチモンジセセリだとしても安心はできません。

 イチモンジセセリの幼虫が食べるのはイネ科の植物。

 そう、バケツ稲の害虫かもしれませんから。


稲の葉を食べているバケツ稲の敵のチャバネセセリの幼虫
稲の葉を食べているバケツ稲の敵のチャバネセセリの幼虫


◆タグナビ◆ 〔チャバネセセリ〕 〔稲〕 〔バケツ稲〕 〔害虫〕



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: チャバネセセリイチモンジセセリ害虫イモムシ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

バケツ稲に敵がやってきた!




花盛りのバケツ稲
花盛りのバケツ稲

 花盛りのバケツ稲。
 といっても稲には花弁がないので地味ですが。

 そんな地味な稲にもとうとうやってきました。

 それは。

 害虫です。


この記事にはバッタイモムシの画像があります。




害虫その一。


 ショウリョウバッタ(精霊飛蝗)。

 頭からおしりの先までとんがったバッタです。

 大きな体の上にジャンプしてさらに翅で飛ぶので大食漢でしょうきっと。

 写真を撮ってる最中に逃げていきました。


バケツ稲とショウリョウバッタ
バケツ稲とショウリョウバッタ



害虫その二。


 チャバネセセリ(茶羽セセリ)の幼虫。


バケツ稲と幼虫
バケツ稲と幼虫



 翅を閉じると三角になる茶色い蛾のような蝶です。

 植物というのは、動物にとっては決して効率のいい食べ物ではありません。
 大量に食べても消化できるのはほんのわずか。
 よく消化するためには長い消化器官が必要になります。

 ですのでチョウやガの幼虫のイモムシやケムシは大きな体でめいいっぱい葉っぱを食べ、糞をたくさんします。

 このチャバネセセリの幼虫も大食漢で、みるみる稲の葉を食べていてしまいます。

 アオムシによくあるパターンで活動は夜が中心のようで、昼間は自分が出した糸で葉をまるく綴じて筒にして、その中で休むようです。

 しかしちょうどいい緑色のからだは、保護色になって昼間でも見つけにくくなっています。


 大きな頭は平たくなって左右に線がはいり、シンプルなデザインのヒーローのようですが、稲の葉を食べる害虫です。


チャバネセセリの幼虫の“顔”
チャバネセセリの幼虫の“顔”



 とりあえず目に付くと処分していますが、一か所に大量の卵を産む性質のようで、とってもとってもキリがありません。

 害虫が来るんだから天敵はこないのかなぁ、と思う今日この頃です。



 しかしお茶のアブラムシの経験から、天敵は害虫がやたらと増えない限りやってこないし、全滅させる前にどこか行ってしまうものです。

 天敵に頼らず、自分の手で取り除くのが一番確実なのです……


◆タグナビ◆ 〔害虫〕 〔バケツ稲〕



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 害虫ショウリョウバッタチャバネセセリバケツ稲バケツ稲2011プランター稲の害虫

関連記事

theme : バケツ稲
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる