【 ダイヤモンドトレール】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

冬の日差しが入る杉の林の林床のひかる綿毛 きっこうはぐま

 12月。
 大阪の東から南へ走る山地山脈の尾根をつなぐダイヤモンドトレールの薄暗い杉林の中を歩いていると、道端に光るものが。

 どうやら草の実の綿毛が、斜めから差し込む冬の陽に照らされていたようです。

キッコウハグマ

 綿毛はタンポポよりちょっとかたそう。

亀甲白熊

 葉はロゼット状に地面から直接生えています。
 中央から茎を伸ばしてそこにたくさんの花がならんでいます。

 よく見かけるカシワバハグマのようですが、葉が小さく、花の茎も短い。

Ainsliaea apiculata

 この植物はおそらくキッコウハグマ。
 キク科の多年草。
 秋の花も終わり、地上部分は枯れ、綿毛のついた果実を残すだけになったようです。
 太陽の高さが低い冬だからこそ杉林の林床

キッコウハグマ
亀甲白熊
Ainsliaea apiculata
キク目 キク科 モミジハグマ属の多年草

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: キッコウハグマ冬の実ダイヤモンドトレール

関連記事
スポンサーサイト



theme : 山野草
genre : 趣味・実用

道端のキノコとやさしさ ダイヤモンドトレールのあかやまどり

 秋のダイヤモンドトレール。
 大阪と奈良・和歌山の境にある金剛山地と和泉山脈の尾根をつなぐ50キロ近くある山道。

 木の階段に、キノコが3本。
 赤い茶色の傘と黄色く太い軸。
 多分、アカヤマドリ。

赤山鳥

 まだ成長途中でですが、ときには開いた傘が30センチくらいの大きさになることも。

アカヤマドリ

 階段の陰になっていますが、ここはよく人が通る道。
 大丈夫でしょうか。

 この日は同じ道を往復するピストン。
 帰りに同じところを歩くと。

 小さいキノコが転がっていました。
 誰かが折ったのか、足が当たったのか。
 登山する人が皆自然に興味を持ち、大切にする、というわけがありません。
 ときに、登山道周辺でキノコや植物が伐られて転がっているのを目にします。

Leccinum extremiorientale

 今回は、2本も残っているので運悪く足が当たって折れてしまったのでしょう。

アカヤマドリ
赤山鳥
Leccinum extremiorientale
担子菌門 真正担子菌綱 イグチ目 イグチ科 ヤマイグチ属

きのこの教科書 観察と種同定の入門

新品価格
¥2,420から
(2020/9/18 22:07時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アカヤマドリキノコ秋のキノコ赤いキノコイグチ科ダイヤモンドトレール

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

およそ2年ぶりのセンチコガネだ!

 9月初旬の金剛山地の低山。
 ひさしぶりにセンチコガネに会いました。

この記事にはの画像があります。


 登山道に転がったまま動かなかったので、死んでいると思いました。
 いろいろと写真を撮っていると、急にあわてたように動きはじめました。

いかにも踏んでくださいと言わんばかりのセンチコガネ

 さっきトレールランニングの人が走っていったのでびっくりして死んだふりをしたのでしょう。
 踏まれなくて、よかった。


 道の外に逃がしました。

頭の土で汚れてるところが半円形なのでセンチコガネ

 去年は山で一度も出会わなかったので、ひさしぶりのセンチコガネ。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: センチコガネ 糞虫 和泉山脈 ダイヤモンドトレール

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの とりのうんちとおもったらトリノフンダマシ

 数年前の夏の二上山。
 もうどういういきさつで写したのかまったく思い出せません。

この記事にはクモの画像があります。


 葉の裏についたゴミのようなもの。


 アカイロトリノフンダマシのメス。
 クモです。

 近縁で属名にもなっているトリノフンダマシは、漢字では「鳥の糞騙し」。
 鳥の糞にそっくり。

 でも、こちらは鳥の糞に見えるような見えないような。
 というか、トリノフンダマシ以外はトリノフンと言うより、ツルッとした三角っぽいクモ?

アカイロトリノフンダマシ

 トリノフンダマシが鳥の糞に擬態したから、と言われることもあります。
 でも、ほとんどが鳥の糞っぽくありませんし、実は夜行性でひるは葉の裏にいます。
 ということは、トリノフンダマシが鳥の糞に見えるのは、ただの偶然?

 いきものはおもしろい!

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アカイロトリノフンダマシトリノフンダマシクモ二上山ダイヤモンドトレール擬態

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

春分に 姿を隠す 冬菫

 12月に咲いているスミレと出会った場所。
 3ヶ月後の春分の頃、同じ道を通りました。
 平地ではそろそろスミレが咲きはじめるころ。
 標高800メートル弱ですが、ツボミくらいは出ているでしょうか。


 ところが。

 ありません。
 見当たりません。
 消えてしまいました。
 ツボミどころか葉もなにもありません。
 春に咲くのがスミレなのに。
 いったいどうしたのでしょうか。

 ここは標高800メートルの尾根。
 今年は暖かかったとはいえ、1月2月には氷点下が毎日続くこともあるでしょう。
 12月はまだまだ寒さも序の口。
 咲いた後、寒くなって地上に出ている部分を枯らし、土の中で暖かくなるのを待っているのでしょう。

 冬菫を見たあたりをじっくり探してみると、やっと咲いているスミレを見つけました。
 この小さな1輪だけ。
 ほかは葉も出ていません。



 もう少し暖かくなるのを待っているようです。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: スミレ春の花紫色の花ダイヤモンドトレール

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その78 竹内山の北のダイヤモンドトレールの竹内峠-平石峠の標章の山桜

 大阪・奈良・和歌山の山々をつなぐダイヤモンドトレール。
 竹内峠から南の竹内山へ向かう途中のヤマザクラ
 その少し手前にも大きなヤマザクラがあります。

 道が少し平らになっているところで左に竹内峠、右に平石峠の標章があり、その後ろに立っています。

竹内山の北のダイヤモンドトレールの竹内峠-平石峠の標章の山桜
(2018年4月)

 竹内山麓のヤマザクラ(仮)とちがい、赤い新葉がたくさん出ているのでこちらはヤマザクラでしょう。


 ここは古代からの巡礼の道。
 このヤマザクラはタネから自然に育ったものか、それとも何かの目印に植えられたものか。
 その由来を調べることはできませんでした。

 今は少ししか見かけないヤマザクラですが、スギが植林される前にはもっとたくさんのヤマザクラが生えていたかもしれません。
 ただ、大都市の大坂に近いことから、薪などに使うため江戸時代末期には禿山だったかもしれませんが。

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自基準で選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 竹内峠平石峠標章の山桜巨樹・古樹・老樹ヤマザクラ春の花白い花ダイヤモンドトレール

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

巨樹・古樹・老樹 その77 四等三角点竹内山の北のダイヤモンドトレールの仮山桜

 金剛山地から和泉(いずみ)山脈までつなぐおよそ50kmのダイヤモンドトレール、通称「ダイトレ」。
 どうやらその基本は修験道(しゅげんどう)の巡礼道のようで、あちこちに経塚があります。
 ダイトレの北部にある山、二上山(にじょうざん)。
 その南には唯一の地上で交差する国道166号線。
 日本で最古の国道といわれる竹内(たけのうち)街道。
 そこからさらに南に下っていくと地図に名前が載っていないちいさな竹内山があります。
 その頂きに向かう上りに、大きな桜の木があります。

四等三角点竹内山の北のダイヤモンドトレールの仮山桜
(2018年4月)

竹内峠側から

 年老いた木で樹皮が鱗のようで桜らしさがありません。
 花は上の方で咲き、見上げるので萼が見えません。
 しかし、白い花びらに、少しでている新しい葉が濃い赤。
 おそらく、ヤマザクラ。


 どうしてここにあるのかはわかりません。
 そもそも、ここが巡礼の道そのものだったのかもわかりません。
 まわりは杉の植林。
 にもかかわらず残っているのは、なにかいわれがあるのか、それとも風格に山主が切るべきでないと感じたのか。
 それともその両方?

四等三角点竹内山の北のダイヤモンドトレールの仮山桜
(2018年4月)

竹内山側から

巨樹(大きな木)・古樹(樹齢の高い木)・老樹(年老いて見える木)」とはIWO(いきもの は おもしろい!)が以下の独自基準で選んだものです。
1.一般に「巨樹」「古樹」「老樹」と認知されている樹木
2.その場所や地域の中で見た目が「巨樹」「古樹」「老樹」を感じさせる樹木
3.見た目が小さくてもその種として「巨樹」「古樹」「老樹」な樹木
4.地域の自然を愛する組織や団体などが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木
5.その他IWOが「巨樹」「古樹」「老樹」と認めた樹木

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 竹内山の仮山桜巨樹・古樹・老樹ヤマザクラ春の花白い花ダイヤモンドトレール竹内山

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS