【 ダイトウオオコウモリ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

日本の生き物の絶滅危惧は現在進行形で進んでいます。環境省レッドリスト2018

 「絶滅危惧種」。
 最近は池の水を抜く番組とが、芸能人グループがいろんなところでいろいろやる番組とかで耳にしたことがあるかもしれません。
 簡単に言えば、絶滅した、絶滅しそうな、絶滅するかもしれない生き物のリストです。

絶滅危惧IA類(CR)ダイトウオオコウモリ〈南大東島〉

 おおもとは、国際自然保護連合(IUCN)が作成したリストで、生息の状況によって様々な階級(カテゴリ)に分かれています。
 これは世界規模のものなので、日本にいない生き物も含まれていますし、日本で絶滅しかけていたとしても、他の国に大量にいればリストの段階も絶滅から遠かったりします。
 そのため、日本在来の生き物を対象としたレッドリストを環境省が作っています。
 また都道府県レベルでも自治体がつくっていますし、市町村レベルで作っているところもあります。

絶滅危惧IB類(EN)イヌワシ〈天王寺動物園〉

 ただ、それぞれが独自の基準を持ち、環境省とはちがう名称や階級を使う自治体もあったりして、統一がとれていません。
 そのうえ、なかなか更新されない自治体も少なくありません。
 そのような状態なので、日本では環境省のレッドリストがもっと現状を反映しているかもしれません。

絶滅危惧IB類(EN)アカウミガメ〈海遊館〉

 環境省は1991年に最初のレッドリストを公表し、6~10年間隔で公表されています。
 2012年の第4次レッドリストは2015年、2017年と短い間隔で改訂されています。
 そして、なんと、今年、3回めの改訂がされ、環境省レッドリスト2018年が公表されました。
 絶滅危惧種が41種増え、合計3,675種を数えます。

絶滅危惧II類(VU)オオサンショウウオ〈京都水族館〉

 環境省のホームページによると、生き物の生息環境の悪化が激しく、全体を改訂してからでは対応できないので、順次改訂していくようです。
 つまり、日本の生物はどんどん絶滅に向かって進んでいる最中なので、とにかくまとめられたところから出していくので、注意してね。ということでしょう。
 地方自治体のレッドリストの更新が多くの場合滞っている現状では、環境省の改訂は大切な情報になると思います。
 そのため常に改訂がされていないか注意が必要となります。

絶滅危惧IA類(CR)アユモドキ〈琵琶湖博物館〉

 「絶滅危惧種は、去年確認したからだいじょうぶ!」と思っていたら、2018年の最新版の確認を。
 もしかしたら、ランクが上がっているかもしれません。

■参考外部リンク■
環境省_環境省レッドリスト2018の公表について

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 環境省レッドリスト2018環境省レッドリストレッドリストダイトウオオコウモリイヌワシアカウミガメオオサンショウウオアユモドキ

関連記事
スポンサーサイト



theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

昼はめんどくさい? おおきなこうもり 南大東島


 数年前。

 沖縄県の太平洋上の孤島、南大東島(みなみだいとうじま)に行きました。
 (すぐとなりに北大東島があるので本当は「孤島」ではありません)


 南大東島は沖縄県の島で、人が住んでいる北大東島、無人島の沖大東島と大東諸島をつくっています。

 沖縄の中心地の沖縄島の周囲にはいくつもの離島がありますが、それらはみんな沖縄島が見えるほどの近くにあります。

 しかし沖縄島から400キロも離れた大東島は、100年前までは無人島。
 サンゴ礁が隆起してできた周囲が21キロの島にはほかの沖縄とはちょっとちがった歴史と自然を持っています。


 その島で出会いました。

 子猫くらいの大きさで木にぶら下がっている生き物に。



日の丸展望台から見た南大東島
日の丸展望台から見た南大東島
昔は密林に覆われていた島も今は一面のサトウキビ畑になっています。




 小さな島内を探検している最中、小さな石灰岩(せっかいがん)の山に登ったところで体が少し黄色い狐みたいな猿みたいな生き物が木にいっぱいぶら下がっていました。

 ダイトウオオコウモリ(大東大蝙蝠)です。

 出会ったのはもちろん昼間です。
 明るいです。
 空が見えます。

 実はダイトウオオコウモリは昼でも洞窟に入らないコウモリなのです。



木にぶら下がっているダイトウオオコウモリ
木にぶら下がっているダイトウオオコウモリ




 こちらに気付いたオオコウモリはどんどん奥の方へ逃げていきます。

 でも、なんとなくめんどくさそうです。

 昼間も外にいるといっても基本夜行性。
 だから動くのいやなのでしょうか。



こっちを見ているダイトウオオコウモリ
こっちを見ているダイトウオオコウモリ




 こちらからは何もできないほどの遠くでギロリとにらんでいます。

 めんどくさくても、危機には敏感なようです。



 ダイトウオオコウモリは環境省のデッドデータブック(RDB)では「絶滅危惧ⅠA類」、沖縄県でも同じ「絶滅危惧ⅠA類」指定されています。

 この「絶滅危惧IA類」は、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」のことです。



■外部リンク■
オオコウモリの世界へようこそ
南大東島ホームページ


南大東島の人と自然(南大東島シリーズ1)

新品価格
¥2,640から
(2020/11/15 22:22時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ダイトウオオコウモリクビワオオコウモリオオコウモリコウモリ南大東島沖縄

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS