【 タンポポ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

知るからはじめる外来生物~未来へつなぐ地域の自然~〈大阪市立自然史博物館〉外来種はなぜ悪い?

 もともと日本にはいなくて、人間が持ち込んできた外来種。
 それがどうやら悪者らしいということは、テレビ番組などで有名になってきたと思います。
 じゃあ、具体的になにがどうわるいのか?

 もちろん、外来生物展ではそれが展示されています。


 入り口から入ってすぐ、「2.外来生物問題」でわかりやすくまとめられています。


 「最初に少数の外来生物を放すだけで、増加して生態系に大きな影響を与えることがあります。個人が簡単に大きな影響を与えうる。簡単にできてしまう身近な自然破壊、それが外来生物問題です。」

在来の生態系への影響

 在来の生き物を食べる

ヌートリアに食べられる希少種のイシガイ類

 在来の生き物の食べ物やすみ場所がなくなる

流れの緩い河川の水面に群落を作り
光が当たらなくなった水中・水底の環境をすっかりかえてしまうホテイアオイ

 在来の生き物と交配して遺伝的な系統が失われる

在来種のタンポポと外来種が交配してできた雑種のタンポポ
雑種の花粉が受粉すると在来種のタネが雑種になってしまいます

生活や経済への影響

 農業や漁業に被害が起きる

アライグマに食べられた瓜
外来生物によって新しい農業被害が出ています

 人の健康に被害が起きる

有毒クモのセアカゴケグモ
大阪では普通に見かけるようになりました

 もっと具体的に何が起こっているかは、ぜひ会場で見てください。

■参考外部リンク■
知るからはじめる外来生物|大阪市立自然史博物館 #外来生物展
大阪市立自然史博物館

最新 日本の外来生物

新品価格
¥4,180から
(2020/7/22 21:57時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヌートリアホテイアオイタンポポアライグマセアカゴケグモ外来種知るからはじめる外来生物外来生物展大阪市立自然史博物館

関連記事
スポンサーサイト



theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

真冬に咲いていた白いタンポポ

 タンポポはだいたい春から初夏にかけて咲きます。
 ところが、真冬の1月に咲いていました。
 しかも白いタンポポ。
 おそらくシロバナタンポポ。

シロバナタンポポ

 シロバナタンポポ。
 白花蒲公英。
 Taraxacum albidum

ちょっと総苞片が反りすぎ?
白花蒲公英

 普通のタンポポと同じように3月くらいから5月くらいまで咲きます。
 ただ、冬に咲くこともあるそうです。

Taraxacum albidum

 寒いからか花が開いていません。
 これでは種ができないのでは。
 と思っていたら、ちゃんと実がなっていました。

ほとんどが飛んでいったあとでした

 タンポポらしく、なかなかしたたかです。

タンポポハンドブック

新品価格
¥1,350から
(2020/1/6 22:28時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: シロバナタンポポタンポポ冬の花白い花

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

『タンポポハンドブック』でいろいろたんぽぽさがし

タンポポハンドブック

新品価格
¥1,350から
(2017/4/18 23:02時点)

 毎年春になるとスミレと並んで気になるのが、タンポポ。
 それも、在来種タンポポと外来種タンポポとその雑種の勢力図。
 今年は待望の『タンポポハンドブック』の出版で、楽しくなりました。

 ということで、『タンポポハンドブック』で最近写したタンポポ写真の分類を。

在来種 カンサイタンポポ

花の集まり(頭状花序)の下にある葉(総苞片)が反り返らずにピタリとひっついているのが多くの在来種の特徴。
カンサイタンポポは、近畿より西に分布して、外側の総苞片(外片)が内側の総苞片(内片)の半分以下。






在来種 ケンサキタンポポ?

外片はない片の半分より長く、ちょっとふわっとした感じでゆるく内片を覆います。
ちょっとゆるいカンサイタンポポのように見えますが、とりあえずケンサキタンポポ(仮)。



外来種 セイヨウタンポポ

外片が大きく反り返っているのが特徴。
反り返り方にはいろいろあり、花の柄(花柄)につくほど反り返ります。
とすると、これはちがうかも?




雑種の3倍体タンポポ?

在来種のタンポポとセイヨウタンポポが交配した雑種。
外片が反らない在来種タンポポと、思いっきり反り返るセイヨウタンポポの両方の遺伝子があるためか、横方向に開きます。
ただ、外見での区別は難しく、遺伝子を見なければはっきりとしたことはわからないようです。




 『タンポポハンドブック』で紹介されている在来種のタンポポは30種。
 近畿地方でも数種が分布しています。
 カンサイタンポポ以外の在来種もあるはず。
 まだタンポポの季節は続きます。
 『タンポポハンドブック』を手にして、出会えるかな?

タンポポハンドブック

新品価格
¥1,350から
(2017/4/18 23:02時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: タンポポカンサイタンポポケンサキタンポポセイヨウタンポポ3倍体雑種タンポポ春の花黄色い花キク科の花タンポポハンドブック

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

タンポポは思っている以上にいろいろあります。そんな時には『タンポポハンドブック』!

 タンポポ。
 身近な野草の一つ。
 そして、昔から日本にあった「在来種」と、最近外国からやってきた「外来種」があり、最近在来種が減って外来種が増えてる、ともいわれます。
 在来種と外来種のちがいは、花の下にある緑色の総苞片(そうほうへん)が反り返っているか、いないか。
 ところが!


 タンポポの種類は在来種と外来種の2つ、ではありません。
 在来種はいくつもあり、しかも地域ごとに種が違い、それも種によって分布の範囲が違っていたりと、とても複雑。
 外来種だって複数あります。
 じつは、タンポポの世界はとても複雑だったのです。

タンポポハンドブック

新品価格
¥1,350から
(2017/3/1 20:55時点)

 そんなタンポポ世界への心強いガイドが『タンポポハンドブック』!
 文一総合出版のハンドブックシリーズの最新刊。
 雑種も含めおよそ30種のタンポポが載っています。
 見分けるポイントになる総苞片の索引表、そして綿毛のついた「タネ」の一覧もあります。
 みんな同じ見えるタンポポも、こんなにちがいがあったとは!
 もちろん、タンポポについての説明や、タンポポに似た植物も載っています。

 ということで、錦織公園へ行ってきました。

 まだタンポポの季節にはちょっと早いようですが、桜木の里の東側の日当たりのいいところで咲いていました。


 さあ、総苞片は?


 反り返っていません。
 在来種です、
 しかし、大阪で咲く在来種は数種類あります。
 このタンポポの特徴は。

 外側の総苞片(外片)は、内側の総苞片(内片)の半分よりずっと短い。
 総苞片の先の突起(角状突起)が小さい。
 そして大阪で咲いている。
 たくさん咲いているので、見てみると、みんな特徴は同じ。


 ここで『タンポポハンドブック』登場。
 調べてみると、カンサイタンポポがぴったり。
 ここはカンサイタンポポだらけのようです。
 ただ、角状突起がちょっと大きいのもあります。
 『タンポポハンドブック』によると、中にはそういうのもあるようなので、カンサイタンポポでしょう。
 きっと。


 タンポポの花の季節はこれから。
 しばらくは『タンポポハンドブック』の出番は続きます。

タンポポハンドブック

新品価格
¥1,350から
(2017/3/1 21:31時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カンサイタンポポタンポポタンポポハンドブックハンドブック(文一総合出版)春の花黄色い花錦織公園

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

棚田のいきもの 2016年2月上旬のロゼットの分裂した葉

 花じゃなく実じゃなく、ロゼットだらけの2月の棚田ビオトープ。
 最後は分裂した葉です。
 まわりが切れ込んだ葉ですが、ギザギザ(鋸歯)との境目はちょっと曖昧。
 葉の中心まで切れ込んでいるのはもちろん分裂。
 とがるのではなく切れ込んでいるのは分裂。
 それでも境界は曖昧です。


ロゼット > 分裂した葉
円裂形の葉 周囲が切れ込んだ円形の葉
双子葉植物綱

ゲンノショウコ(現の証拠)Geranium thunbergii

フウロソウ目 フウロソウ科 フウロソウ属
多年草
タグ:ゲンノショウコ

秋に赤い花と白い花を咲かせるゲンノショウコ。

よく効く薬草というのが名前の由来。

ロゼットはほかのフウロソウ属に似ています。

アメリカフウロ(あめりか風露)Geranium carolinianum

フウロソウ目 フウロソウ科 フウロソウ属
越年草
北アメリカ原産の帰化植物
タグ:アメリカフウロ

花もゲンノショウコに似ていますが、ロゼットの葉はもっと良く似ています。

ゲンノショウコより細かく別れ、切れ込みが深いのが特徴。

双子葉植物綱
円裂形の葉
ロゼット > 分裂した葉
分裂形の葉 側脈の間で切れ込んだ葉
双子葉植物綱

ヨモギ(蓬)Artemisia indica var. maximowiczii

キク目 キク科 ヨモギ属
多年草
タグ:ヨモギ

お灸に使うもぐさの原料。

草餅(よもぎ餅)の原料でもあります。

そしてどこにでも生える結構強い雑草。

双子葉植物綱
分裂形の葉
ロゼット > 分裂した葉
羽状形の葉 側脈が切れ込んだ長い葉
双子葉植物綱

コオニタビラコ(小鬼田平子)Lapsana apogonoides

キク目 キク科 ヤブタビラコ属
越年草
タグ:コオニタビラコ

春の七種のほとけのざ。

この葉の雰囲気はコオニタビラコ。

でもコオニタビラコは小さな葉がたくさん並びます。

小さな葉があまり発達しなかったら、こんな感じのような気がします。
大きさもそんな感じですし。

オニタビラコ(鬼田平子)Youngia japonica

キク目 キク科 オニタビラコ属
一年草
羽状深裂形
タグ:オニタビラコ

春の七種のコオニタビラコの大きい版。

ですが、コオニタビラコはヤブタビラコ属。

よく似ていますが、羽状の小さい羽片が重なるようになっているのが特徴。

あと小さいトゲがあることも。

ノアザミ(野薊)Cirsium japonicum

キク目 キク科 アザミ属
多年草
羽状形
タグ:ノアザミ

初夏から夏にかけて赤紫色の花を咲かせます。

アザミの名に恥じないトゲトゲだらけの葉。

羽状に分裂した葉がさらにトゲトゲ感を増しています。

ヒレアザミ(鰭薊)Carduus crispus

キク目 キク科 ヒレアザミ属
一年草
羽状形
史前帰化植物? ヨーロッパから東アジア原産
タグ:ヒレアザミ

「ヒレ(鰭)」の名前に相応しくないトゲトゲ葉。

花が咲くともっとトゲトゲ葉がでてきます。

タンポポ(蒲公英)Taraxacum

キク目 キク科 タンポポ属
多年草
羽状形
タグ:タンポポ

日本のタンポポか外国のタンポポか、ロゼットではわかりません。

羽状の先頭がほかの葉とあまり変わらない大きさなのが特徴。

オオアレチノギク(大荒地野菊)Conyza sumatrensis

キク目 キク科 イズハハコ属
越年草
羽状形
南アメリカ原産の帰化植物

花に気づいたことがありません。

キク科特有の花びらがついた舌状花があつまっているのですが、花弁が小さく開くこともないので気付かなかったのかもしれません。

ノゲシ(野芥子)Sonchus oleraceus

キク目 キク科 ノゲシ属
越年草
羽状形
ヨーロッパ原産の史前帰化植物?
別名:ハルノノゲシ
タグ:ノゲシ

オニタビラコに似ていますが、もっと大きなロゼットです。

トゲトゲした感じでこちらのほうが「オニ(鬼)」がふさわしいと思います。

葉を見るとアザミのようですが、花は黄色です。

オニノゲシ(鬼野芥子)Sonchus asper

双子葉植物綱 キク目 キク科 ノゲシ属
越年草
羽状浅裂形
ヨーロッパ原産
タグ:オニノゲシ

「ノゲシ」といってもケシではありません。キクの仲間です。

見るからに痛そうな過剰トゲトゲは、見た目の通り外来種。

マメカミツレ(豆加密列)Cotula australis

キク目 キク科 タカサゴトキンソウ属
一年草
オーストラリア原産

名前のようにカミツレ(カモミール)に似ていますが、地面を這うような形であまり立ち上がりません。

花も小さく黄緑色。

咲いているのがわかりにくいので、あまり気付かないかもしれません。

双子葉植物綱
羽状形の葉
ロゼット > 長い葉

 やっぱり羽状に分裂した葉はキク科ばかり。
 しかも結構外来種が多かったりします。
 そしてアザミ科などトゲだらけのものも少なくありません。
 草食動物対策のようですが、刺が細かいと虫対策にもなるそうです。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次
■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016下赤阪の棚田2016/22月の下赤阪の棚田の植物ロゼット/SA-tanada分裂した葉rosette/SA-tanadaマメカミツレゲンノショウコタンポポオオアレチノギクヒレアザミ

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

棚田のいきもの 2016年2月上旬の乾果

 真冬の2月の下赤阪の棚田ビオトープ。
 花が少ないということは、当然実も少なくなります。

緑の絨毯を敷いたような棚田の流れ

植物界 被子植物門
果実 タグ:下赤阪の棚田の果実
〉乾果 かんか:汁気の少ない果実 タグ:乾果
〉〉裂開果 れっかいか:熟すと割れる乾果 タグ:裂開果
〉〉〉角果 かくか:2部屋の裂開果
〉〉〉〉長角果 ちょうかくか:長い角果

タネツケバナ(種漬花)
Cardamine scutata

双子葉植物綱
アブラナ目
アブラナ科
タネツケバナ属
越年草
タグ:タネツケバナ

細くて熟していないようですが、熟してもこれくらい。

中には小さなタネがたくさん入っていて、ちょっとしたことで破裂してタネをそこら中に飛ばします。

〉〉〉〉長角果
果実 〉乾果 〉〉裂開果〉〉〉角果
〉〉〉〉短角果 たんかくか:短い角果

ナズナ(薺)Capsella bursa-pastoris

双子葉植物綱 フウチョウソウ目 アブラナ科 ナズナ属
越年草
別名:ペンペングサ
タグ:ナズナ

〉〉〉〉短角果
〉〉〉角果
果実 〉乾果 〉〉裂開果
〉〉〉蓋果 がいか:上部が蓋のように取れる裂開果

オオバコ(大葉子)
Plantago asiatica

双子葉植物綱
シソ目
オオバコ科
オオバコ属
多年草
タグ:オオバコ

〉〉〉蓋果
〉〉裂開果
果実 〉乾果
〉〉閉果 へいか:熟しても割れない乾果 タグ:閉果
〉〉〉痩果 そうか:皮と種が分かれない閉果

ノアザミ(野薊)
Cirsium japonicum

双子葉植物綱
キク目
キク科
アザミ属
多年草
タグ:ノアザミ

枯れた花弁が残っていて帽子のようです。

とれてもタンポポのように丸くはなりません。

タンポポ(蒲公英)Taraxacum

双子葉植物綱
キク目
キク科
タンポポ属
多年草
タグ:タンポポ

在来種のタンポポと外来種のタンポポがありますが、花が咲いていないとわからないほどよく似ています。

多分セイヨウタンポポだと思いますが、よくわかりません。

オニノゲシ(鬼野芥子)
Sonchus asper

双子葉植物綱
キク目
キク科
ノゲシ属
越年草
ヨーロッパ原産
タグ:オニノゲシ

〉〉〉痩果
果実 〉乾果 〉〉閉果
〉〉〉穎果 えいか:痩果よりも皮と種が密着した閉果

ススキ(芒,薄)
Miscanthus sinensis

単子葉植物綱
イネ目
イネ科
ススキ属
多年草
タグ:ススキ

よく似た植物に水辺を好むオギがあります。

ちがいの一つは、果実にまっすぐ伸びたひげ(ノギ)があるかないか。あればススキ。

〉〉〉穎果
果実 〉乾果 〉〉閉果
〉〉〉堅果 けんか:木質化した果皮に種子が覆われた閉果

クヌギ(櫟)
Quercus acutissima

双子葉植物綱
ブナ目
ブナ科
コナラ属
落葉高木
タグ:クヌギ

まだどんぐりが残っていました。

〉〉〉堅果
〉〉閉果
〉乾果
果実
植物界 被子植物門

 こんな状況でも、やっぱりキク科はほかより多い!
 そして、地味にアブラナ科もタネをつくりはじめました。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016下赤阪の棚田2016/22月の下赤阪の棚田の植物果実/SA-tanada乾果/SA-tanada堅果/SA-tanadaノアザミタンポポススキクヌギ

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

棚田のいきもの 2016年2月上旬の白~黄色い花

 一年を通して生き物の姿を見続けている下赤阪の棚田。
 農林水産省の日本の棚田百選に選ばれている棚田です。

 平地と丘陵ばかりの大阪に棚田というのは不思議な気がします。
 しかし、北東南と3方を山に囲まれていますので、今でも棚田は残され、2箇所が棚田百選に選ばれています。
 その一つが、大阪の南東部、金剛山地と和泉山脈に囲まれた大阪唯一の村、千早赤阪村にある下赤阪の棚田です。

 毎月行っていてもいつも新しい生き物との出会いがある、生き物の多様性に富んだ場所です。
 ですが、毎月というのはちょっと大変。
 もう何巡もしましたので、今年は1ヶ月おきを基本にして、内容を充実させる方に力を入れることにしました。
 ということで、2016年最初は2月からです。

田起こし前で緑色の下赤阪の棚田

白い花 タグ:下赤阪の棚田の白い花
植物界 被子植物門
双子葉植物綱

タネツケバナ(種漬花)Cardamine scutata

双子葉植物綱 アブラナ目 アブラナ科 タネツケバナ属
越年草
タグ:タネツケバナ

ちょっと湿り気のあるところを好むタネツケバナ。

道端など乾燥気味のところにもよく似た花が生えますが、そちらはおそらくミチタネツケバナ。
小さな葉の形が丸くなっていればミチタネツケバナの方。

花の形は春の七種のナズナにも似ていますが、タネツケバナは実が棒状になっているのですぐわかると思います。

ナズナ(薺)
Capsella bursa-pastoris

フウチョウソウ目
アブラナ科
ナズナ属
越年草
別名:ペンペングサ
タグ:ナズナ

春の七種の「なずな」。

コハコベ (小繁縷)
Stellaria media

ナデシコ目
ナデシコ科
ハコベ属
越年草
北アメリカ原産
タグ:コハコベ

春の七種の「はこべら」。

クサイチゴ(草苺)
Rubus hirsutus

バラ目
バラ科
キイチゴ属
落葉小低木
別名:ワセイチゴ
タグ:クサイチゴ

ウメ(梅)Prunus mume の白梅
バラ目 バラ科 サクラ属
落葉高木
タグ:ウメ

棚田の所々で咲いている白梅。

近寄れないところで咲いているので品種はわかりませんが、よく栽培されている南高(なんこう)かもしれません。

双子葉植物綱
植物界 被子植物門
単子葉植物綱

スイセン(水仙)Narcissus
の八重咲き品種

クサスギカズラ目
ヒガンバナ科
スイセン属
多年草
タグ:スイセン

スイセンの八重咲は、外側の花弁が増えたものと、内側の筒状の花びらが増えたものがありますが、これはどちらでしょうか。

単子葉植物綱
植物界 被子植物門
白い花
黄色い花 タグ:下赤阪の棚田の黄色い花
植物界 被子植物門 双子葉植物綱

カンサイタンポポ(関西蒲公英)Taraxacum japonicum

キク目 キク科 タンポポ属
多年草
タグ:カンサイタンポポ

花の下の総苞片(そうほうへん)が反り返ってないので在来種のタンポポ。

セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)Taraxacum officinale

キク目 キク科 タンポポ属
多年草
ヨーロッパ原産
要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:セイヨウタンポポ

総苞片が反り返っているので外来種のタンポポ。

ただし、遺伝子が混ざっているものもあるので単純に見た目で決めることはできません。
でも反っていたら、純粋な在来種でないということは、言えるかもしれません。

ソシンロウバイ(素心蝋梅)Chimonanthus praecox f. concolor

クスノキ目 ロウバイ科 ロウバイ属
落葉低木
タグ:ソシンロウバイ

花弁が透けて、まるで蝋細工のように見えることが由来と言われています。

数多くの品種の中でも、本当に蝋細工ような薄い黄色のソシンロウバイがよく植えられています。

植物界 被子植物門 双子葉植物綱
黄色い花

 一年でもっとも債務時期ということで、さすがに花は減っています。
 でもそうなると、やっぱり外来種が目立ってきます。
 見知らぬ土地で増え続けているだけのことはあります。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次
■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016下赤阪の棚田2016/22月の下赤阪の棚田の植物白い花/SA-tanada黄色い花/SA-tanadaタネツケバナスイセンソシンロウバイタンポポナズナ

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS