【 タツナミソウ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

棚田のいきもの 2016年4月中旬の赤~褐色~赤紫~紫~青紫~青い花

 花の種類も増えてきた4月の下赤阪の棚田ビオトープ。
 赤から青と色の幅が広くなったので、花の種類も幅広くなっています。


赤い花 タグ:下赤阪の棚田の赤い花
植物界 被子植物門
双子葉植物綱

スイバ(蓚,酸い葉)Rumex acetosa の雄花

ナデシコ目 タデ科 スイバ属
多年草
別名:スカンポ
タグ:スイバ

ギシギシとよく似ていますが、花は赤色(ギシギシは緑)。
葉も茎につくのは柄がなく茎を抱くようになっています。

花は小さくても「花びら」がついています。

オトメフウロ(乙女風露)
Geraniumu dissectum

フウロソウ目
フウロソウ科
フウロソウ属
一年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
タグ:オトメフウロ

ヤマツツジ(山躑躅)Rhododendron kaempferi var. kaempferi

ツツジ目 ツツジ科 ツツジ属
半落葉低木
タグ:ヤマツツジ

葛城山の山頂で有名なヤマツツジ。
山だった頃の名残でしょうか、所々で咲いていました。

双子葉植物綱
植物界 被子植物門
単子葉植物綱

スズメノヤリ(雀の槍)
Luzula capitata
の雌性期

イネ目
イグサ科
スズメノヤリ属
多年草
タグ:スズメノヤリ

スズメシリーズの一つ。

オシベとメシベが別々に成熟する花。
写真のようにメシベを先にだして、その後オシベを出します。

単子葉植物綱
植物界 被子植物門
赤い花
褐色の花
植物界 被子植物門 単子葉植物綱

スズメノカタビラ(雀の帷子)Poa annua

イネ目 イネ科 イチゴツナギ属
一年草・越年草

これもスズメシリーズ。

「帷子」は裏のない服や、麻や苧麻(からむし)でできた服のことなどで、時代により意味はかわってきました。

どの意味にしろ、作りの簡単な衣服ということは共通しているようですが、どうみてもスズメの服にはみえません。

というとで、由来は謎です。

植物界 被子植物門 単子葉植物綱
褐色の花
赤紫色の花 タグ:下赤阪の棚田の赤紫色の花
植物界 被子植物門 双子葉植物綱

ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)Vicia sativa ssp. nigra

マメ目 マメ科 ソラマメ属
越年草
別名:カラスノエンドウ(烏野豌豆)
タグ:ヤハズエンドウ

どこにでも生える結構しぶとい雑草。

「カラスノエンドウ」のほうが有名かも。
スズメノエンドウやカスマグサなどがあるんですから、こちらも和名はスズメノエンドウでよかったのに。

ゲンゲ(紫雲英,翹揺)Astragalus sinicus

マメ目 マメ科 ゲンゲ属
越年草
中国原産
別名:レンゲソウ(蓮華草),レンゲ
タグ:ゲンゲ

田んぼに緑肥がわりに種がまかれるゲンゲ。

でも、畦で咲いていました。
ということは、以前緑肥に使っていたのが野生化したのでしょう。

ホトケノザ(仏の座)
Lamium amplexicaule

シソ目
シソ科
オドリコソウ属
越年草
タグ:ホトケノザ

小さなオドリコソウって感じの花ですが、田畑や道端にも生えるかなりの雑草。

春の七種の「ほとけのざ」とは別。

ヒメオドリコソウ
(姫踊り子草)
Lamium purpureum

シソ目
シソ科
オドリコソウ属
越年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
タグ:ヒメオドリコソウ

ノアザミ(野薊)
Cirsium japonicum

キク目
キク科
アザミ属
多年草
タグ:ノアザミ

ムラサキケマン(紫華鬘)Corydalis incisa

ケシ目 ケマンソウ科 キケマン属
二年草
別名:ヤブケマン
タグ:ムラサキケマン

距がある花。

まだ自然が残っているようなところに生える雑草。

植物界 被子植物門 双子葉植物綱
赤紫色の花
紫色の花 タグ:下赤阪の棚田の紫色の花
植物界 被子植物門 双子葉植物綱

スミレ(菫)
Viola mandshurica

キントラノオ目
スミレ科
スミレ属
多年草
別名:マンジュリカ
タグ:スミレ

スミレ属の総称の「スミレ」と紛らわしいので、学名から「マンジュリカ」と呼ばれることもあります。

スミレの中では結構逆境に強いようで、アスファルトの隙間から生えてるのをよく見かけます。

タチツボスミレ(立坪菫)
Viola grypoceras

キントラノオ目
スミレ科
スミレ属
多年草
タグ:タチツボスミレ

身近でよく見るスミレの一つ。

山野の周辺で人の手が入ったところでよく見ます。

タツナミソウ(立浪草)
Scutellaria indica

シソ目
シソ科
タツナミソウ属
多年草
タグ:タツナミソウ

色形とシソ科らしい花。

シソ科の野草としては花はちょっと大きめですが、丈は低くヒザ下。

うっかりすると見逃してしまうかもしれません。

カキドオシ(垣通し)Glechoma hederacea ssp. grandis

シソ目 シソ科 カキドオシ属
多年草

こちらも丈は低いのですが、タツナミソウよりも大きい花。

斜面に生えていたので今まで気づきませんでした。

トキワハゼ(常磐爆)
Mazus pumilus

シソ目
ハエドクソウ科
サギゴケ属
一年草
タグ:トキワハゼ

よく似たムラサキサギゴケの花は2センチほど。

こちらは半分の1センチほど。

カスマグサ(かす間草)
Vicia tetrasperma

マメ目
マメ科
ソラマメ属
蔓性越年草
タグ:カスマグサ

名前の由来は、花がカラスノエンドウ(ヤハズエンドウ)とスズメノエンドウの間の大きさだから。

といっても、スズメノエンドウよりちょっと大きいくらいですが。

ハルジオン(春紫苑)
Erigeron philadelphicus

キク目
キク科
ムカシヨモギ属
多年草
倒披針形
北アメリカ原産の帰化植物
要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:ハルジオン

植物界 被子植物門 双子葉植物綱
紫色の花
青紫色の花 タグ:下赤阪の棚田の青紫色の花
植物界 被子植物門
双子葉植物綱

ヤグルマギク(矢車菊)Centaurea cyanus

キク目 キク科 ヤグルマギク属
ヨーロッパ原産。
別名:矢車草(やぐるまそう)
一年・越年草

観賞用に植えられていると思います。

すっくと立ち上がって鮮やかな花はよく目立ちます。

双子葉植物綱
植物界 被子植物門
単子葉植物綱

ムスカリ(Muscari英)
Muscari neglectum

キジカクシ目
キジカクシ科
ムスカリ属
多年草
園芸植物
別名:ブドウヒヤシンス

丈の低い花ですが、毎年同じ所で咲くので結構強いような気がします。

とはいえ、どんどん増えていくことはあまり得意でないようです。

単子葉植物綱
植物界 被子植物門
青紫色の花
青い花 タグ:下赤阪の棚田の青い花
植物界 被子植物門 双子葉植物綱

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)
Veronica persica

シソ目
オオバコ科
クワガタソウ属
越年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
別名:瑠璃唐草
タグ:オオイヌノフグリ

キュウリグサ(胡瓜草)
Trigonotis peduncularis

キク目
ムラサキ科
キュウリグサ属
二年草
タグ:キュウリグサ

植物界 被子植物門 双子葉植物綱
青い花

 紫色の花が他よりも多かったのが特徴。
 赤紫から青紫まで含めると「紫系」はもっと増えます。
 昆虫は人間に見えない紫外線で花の蜜の場所をみつけるといわれます。
 紫系の色が多いのは、それと関係があるのかもしれません?

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016  下赤阪の棚田2016/4  4月の下赤阪の棚田の植物  茶色い花/SA-tanada  赤紫色の花/SA-tanada  紫色の花/SA-tanada  スズメノカタビラ  カキドオシ  ヤグルマギク  タツナミソウ 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2014年 5月下旬の赤~紫色~青い花編


 暦の上では夏を迎えた5月の下赤阪の棚田。

 田んぼに水を入れる入水はまだですが、水路には水が流れ始め、少しづつ棚田の雰囲気が変わってきました。

 田んぼビオトープのはじまりです。


 そんな初夏の下赤阪の棚田で出会った赤い花から青い花編です。




まわりでは緑が濃くなってきた5月の下赤阪の棚田




下赤阪の棚田の生き物の追いかけも季節を一巡りしました。
すでに紹介している生き物については、説明やコメントを省いているものもあります。
説明のあるページのタグリンクをつけていますので、そちらをご覧ください。



赤い花・ピンク色の花・赤紫色の花
植物界 被子植物門
双子葉植物綱
フウロソウ目
オトメフウロ(乙女風露)Geraniumu dissectum
フウロソウ目 フウロソウ科 フウロソウ属
一年草
ヨーロッパ原産の帰化植物

アメリカフウロウに似ていますが、薄赤紫の花弁と同じ色の葯(花粉があるところ)ということで、オトメフウロとしました。

アメリカフウロと同じように帰化植物です。
ヨーロッパ原産だから「ヨーロッパフウロ」はダメだったのでしょうか。

ムラサキカタバミ(紫片喰、紫酢漿草)Oxalis corymbosa
フウロソウ目 カタバミ科 カタバミ属
多年草
南アメリカ原産の帰化植物
要注意外来生物

元々は園芸植物として持ち込まれたものが野生化したようです。

たしかにカタバミヨリも花は大きくきれいです。

フウロソウ目
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
その他の目
カラスノエンドウ
(烏野豌豆)
Vicia sativa ssp. nigra
マメ目
マメ科
ソラマメ属
越年草
別名:ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)

タグ♦ カラスノエンドウ
ノアザミ(野薊)Cirsium japonicum
キク目 キク科 アザミ属
多年草

アザミの種類を見つけるのにはいつも苦労しますが、ノアザミのロゼットがあったのでノアザミとしました。
ホトケノザ
(仏の座)
Lamium amplexicaule
シソ目
シソ科
オドリコソウ属
越年草

タグ♦ ホトケノザ
アレチギシギシ(荒地羊蹄)Rumex conglomeratus
タデ目 タデ科 ギシギシ属
多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物

葉っぱはギシギシを飲ものですが、花がなんかちがう植物のよう。

ギシギシ属にしては派手な花だなぁと思ったら、外来種でした。
ユウゲショウ
(夕化粧)
Oenothera rosea
フトモモ目
アカバナ科
マツヨイグサ属
多年草
アメリカ大陸原産の帰化植物

タグ♦ ユウゲショウ
モチツツジ(黐躑躅)Rhododendron macrosepalum
ツツジ目 ツツジ科 ツツジ属
落葉(半落葉)低木

名前の由来は萼(がく)などにネバネバしている毛があることから。

ですから「“餅”ツツジ」じゃなくて「“黐”ツツジ」。
「黐」は「とりもち(鳥黐)」のことです。

ネバネバにはよく小さな虫がひっついていてモウセンゴケのようですが、花を食べに来る虫を捕まえるためと言われています。
その他の目
双子葉植物綱
植物界 被子植物門
単子葉植物綱
ニワゼキショウ(庭石菖)Sisyrinchium rosulatum
キジカクシ目 アヤメ科 ニワゼキショウ属
一年草
北アメリカ原産の帰化植物

丈は低いものの、すっくと立つ姿はアヤメ科。

道端や芝地など結構普通にはえています。

丈が低いので刈り込まれるところを好むようです。
チガヤ(茅萱)Imperata cylindrica
イネ目 イネ科 チガヤ属
多年草

“花”は白い綿毛が目立ちますが、花柱が細長く赤っぽい色をしているので、咲いているときは赤く見えます。

昔はまださやの中にある花穂をおやつとして食べていたそうです。

単子葉植物綱
植物界 被子植物門
赤い花・ピンク色の花・赤紫色の花



青い花・水色の花・紫色の花
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
シソ目
シソ科
タツナミソウ(立浪草)Scutellaria indica
シソ目 シソ科 タツナミソウ属
多年草

シソ科特有の唇形花。

シソ科にはよく似た花が多いですが、青紫の花が葉より上に伸び上がって咲くのが特徴です。

キランソウ
(金瘡小草)
Ajuga decumbens
シソ目
シソ科
キランソウ属
多年草
別名:ジゴクノカマノフタ,コウボウソウ,

タグ♦ キランソウ
シソ科
植物界 被子植物門 双子葉植物綱 シソ目
オオバコ科
ツタバウンラン(蔦葉海蘭)Cymbalaria muralis
シソ目 オオバコ科 ツタバウンラン属
一年草・多年草
ヨーロッバ原産
別名:海蘭葛(うんらんかずら),蔦唐草(つたからくさ)

名前のように葉がツタに似ています。
大きさはこちらのほうがずっと小さいですが。

花には細長い距がついています。

オオイヌノフグリ
(大犬の陰嚢)
Veronica persica
シソ目
オオバコ科
クワガタソウ属
越年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
別名:瑠璃唐草

タグ♦ オオイヌノフグリ
オオバコ科
植物界 被子植物門 双子葉植物綱 シソ目
ハエドクソウ科
トキワハゼ
(常磐爆)
Mazus pumilus
シソ目
ハエドクソウ科
サギゴケ属
一年草

タグ♦ トキワハゼ
ハエドクソウ科
シソ目
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
キク目
キュウリグサ
(胡瓜草)
Trigonotis peduncularis
キク目
ムラサキ科
キュウリグサ属
二年草

タグ♦ キュウリグサ
キク目
植物界 被子植物門 双子葉植物綱
青い花・水色の花・紫色の花



 下赤阪の棚田のいきものも一巡。

 でもはじめて出会う花もありました。

 う~ん、まだまだチェックが甘いのですね。

 これからもまだ新しい出会いがあるでしょう。



タグ♦ 下赤阪の棚田の2014年 下赤阪の棚田

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部

要注意外来生物リスト : 植物(一覧)[外来生物法]


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 5月の下赤阪の棚田の植物  ムラサキカタバミ  アレチギシギシ  モチツツジ  タツナミソウ  ツタバウンラン  下赤阪の棚田の2014年  下赤阪の棚田201405  赤紫色の花/SA-tanada  青紫色の花/SA-tanada 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる