【 タカアシガニ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

海遊館の大水槽のとなりの深海の生き物 タカアシガニとオオグソクムシ


 もう説明の必要のないほど有名な水族館。海遊館。

 開館した1990年から大水槽で泳ぐジンベイザメがシンボルになっています。



1990年開館の海遊館
1990年開館の海遊館




 その後日本各地に大水槽を持つ水族館が開館しましたが、それでも多くの人を惹きつけ、なんと入場者の過半数がリピーター。

 ただ、展示が魚や海獣といった脊椎動物が中心で、ナマコやエビ・カニのような無脊椎動物の展示が少ないことが、ちょっと不満。

 それでもまた来たくなるので、この思い切りが海遊館の魅力なのでしょう。



海遊館の大水槽を泳ぐジンベイザメともっと大きなイワシ(の群れ)
海遊館の大水槽を泳ぐジンベイザメともっと大きなイワシ(の群れ)




この記事にはカニダンゴムシの仲間の画像があります。





 海遊館の数少ない無脊椎動物の中でも興味を引くのが「日本海溝」にいます。

 その名のとおり、日本の太平洋沿岸の深海に住む生き物が集められています。

 もちろん魚もいるのですが、目を引くのは今生きている節足動物の中で最大のタカアシガニ(高脚蟹)。

 成長すると3mを超える大きさにまでなる超巨大ガニです。

 といってもほとんどは脚の長さで、体は40cmくらいですが、目の前で動いている姿を見ると、結構迫力があります。



巨大節足動物の海遊館のタカアシガニ
巨大節足動物の海遊館のタカアシガニ




 3mの大きさがあると言われつつも体は40cm。

 体の大きさではもっと大きい50cmもあるといわれるのがダイオウグソクムシ(大王具足虫)。
 しかし住んでいるのは日本から遠く離れた大西洋周辺ですが、日本の近くにも同じスナホリムシ科の生き物がいます。

 それが海遊館にもいるオオグソクムシ(大具足虫)。



向こうを向いてしまった海遊館のオオグソクムシ
向こうを向いてしまった海遊館のオオグソクムシ




 ダイオウグソクムシが「大王具足虫」だから「王具足虫」かとおもったら「オオグソクムシ」。
 「オウグソクムシ」ではありません。

 ダイオウグソクムシより小さいとはいえ、大きさは15cm。

 見た目の通りダンゴムシやワラジムシとおなじ等脚目(ワラジムシ目)です。

 なかなかかわいい深海ダンゴムシです。


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 海遊館水族館タカアシガニオオグソクムシ甲殻類深海生物

関連記事
スポンサーサイト



theme : 水族館・動物園
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS