【 ソメイヨシノ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

染井吉野と大島桜が並んで咲いていました。

 桜の花の季節です。

 染井吉野が満開です。

 そのなかにわずかに白い花が。
 いや。ほのかに黄緑がかって見えます。
 大島桜です。


 大島桜の花の色は白ですが、咲きながら若葉を出します。
 花と若葉が重なり、遠目には淡い黄緑色に見えます。


 淡いピンク色の染井吉野と淡い黄緑の大島桜。
 わずかな色のちがいが桜の花のアクセント。
 きれいです。


 惜しむらくは、手にしたコンデジではこのちがいを目で見えるように表せないこと。
 自然はその場で見るのが一番。

サクラハンドブック

新品価格
¥1,320から
(2022/4/6 23:33時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ソメイヨシノオオシマザクラ春の花ピンク色の花白い花

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

どうしてサクラがキノコに覆われたのかを考えてみると?

 赤いキノコと出会った同じ日、キノコだらけの木がありました。


 樹皮からサクラ、おそらくソメイヨシノ。
 キノコはシロハカワラタケ?
 幹の下の方からキノコは生えていますが、上の方の枝には緑の葉がついているので、まだ枯れてはいません。
 でも、幹にキノコが付きはじめているので、遠くない未来に枯れてしまうでしょう。

Trichaptum elongatum

 キノコに覆われた木をどう見るか。
 それは立場で変わるでしょう。

 木の側から見ると、キノコに木が蝕まれているので、サクラを助けるためにキノコを駆除しなければ。
 となるかもしれません。
 キノコの側から見ると、朽ちかけた木を土に返すことができる。
 となるかもしれません。

 人間とは随分ちがいますが、木にも病原菌などから体を守る仕組みがあります。
 健康ならば普通キノコは生えません。
 弱ってくると、キノコを防げなくなってきます。
 キノコで弱ったのか、弱ったのでキノコが生えたのか。

シロハカワラタケ

 キノコに覆われたサクラのまわりを見てみます。
 すぐとなりにはアラカシ。
 反対にヤマモモ。

 アラカシは幹を伸ばし、上の方で枝を広げてサクラを日陰にしています。
 ヤマモモはアラカシほど高くはありませんが、密に枝を伸ばして、まるで壁のようにサクラを圧迫しています。
 どういう経緯でこんな狭い範囲に3種類の木が育つことになったのかはわかりません。
 ただ、育つためには太陽の光がたくさん欲しいサクラに対して、ちょっとくらい日陰でもガンガン成長していくアラカシとヤマモモ。
 この3種が並んで生えていればサクラはアラカシとヤマモモに負けてしまうのは当然。

白歯瓦茸

 キノコに覆われたサクラをまわりの木々も含めた「環境」でみると、アラカシとヤマモモに邪魔をされて弱ったところにキノコがやってきた。
 ように見えます。

 ということは。
 サクラについたキノコを駆除するのではなく、もっと前にアラカシとヤマモモの成長を抑える.かべきだったでしょう。
 大切なことは、日々木が育っている環境を観察し、悪くなる前に早めに対処すること。


 生き物は、樹木だけ、チョウだけ、鳥だけ、と特定の種類だけで生きていることはありません。
 もっと多くの生き物、目に見えない生き物も含めて、多数の生き物とそれらを包む環境のもとで複雑な関係を結んで生きています。
 キノコに覆われたサクラも、サクラとキノコだけの関係だけではなく、となりのアラカシやヤマモモとの関係の結果、キノコとの関係ができたのかもしれません。
 生き物のことを知るためには、広い視野と深い観察と多くの知識のもとに、豊かな想像力を働かせることが必要になる、と感じます。

シロハカワラタケ
白歯瓦茸
Trichaptum elongatum
坦子菌門 ハラタケ綱 タマチョレイタケ目 タマチョレイタケ科 シハイタケ属

しっかり見わけ観察を楽しむ きのこ図鑑

新品価格
¥1,430から
(2021/9/20 00:23時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: シロハカワラタケソメイヨシノ白いキノコタマチョレイタケ

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

満開の桜と花吹雪を静かに鑑賞できるのはめずらしいこと?

 今年も桜の季節です。


 ソメイヨシノが広場を囲むように植えられているところ。
 入口にロープが張られ看板が。
 シートを敷いての飲食が禁止とのこと。
 立ち入りは禁止されていません。

 ベンチにすわっていると、静かです。
 人も少なく、みんな静かにしています。

 ここは丘に囲まれた盆地のようになっているところ。上の方を風がわたっていくと、はらはらと花弁が舞います。
 花吹雪。




 今年は静かに花吹雪が舞っていました。


 人々が集まって大騒ぎができないような社会に変わりました。
 でも、大騒ぎをしても、静かでも、桜の美しさは変わりません。

 一昨年までま集まっていた人たちは、それに気づいていないような気がします。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ソメイヨシノ春の花ピンク色の花花吹雪桜吹雪花見

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの キツツキが甘味好きでもいいじゃないか!

 数年前の4月。
 桜の花を見に行ったとき。
 いろいろな鳥たちもやってきていました。
 ただ、鳥たちの目的は花見ではありません。
 蜜です。

 スズメ、メジロ、ヒヨドリなんかが定番です。
 ところが、違う鳥が。

 コゲラです。

コゲラ
小啄木鳥

 コゲラは小さなキツツキで、身近にいます。
 公園や街路樹をつついていますが、音が小さいので、だれも気づかなかったりします。
 キツツキですから木の中にいる虫を食べるのですが、蜜の誘惑には逆らえなかったようです?

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: コゲラキツツキスズメくらいの大きさの鳥留鳥ソメイヨシノ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

大島桜と染井吉野 ふたつのさくらの花がならんでいました。

 桜といえばソメイヨシノ。
 沖縄はヒカンザクラ、北海道はエゾヒガン、静岡県河津町はカワヅザクラ。
 地域によっていろいろあるとおもいます。
 でも日本中で公園や街路に最も植えられている桜といえば、ソメイヨシノでしょう。
 きっと。


 お馴染みの錦織公園のそのものずばりの「桜木の里」も、ソメイヨシノが一面植えられています。
 4月初旬。
 谷を覆うような桜色の海の中に、ぽつりぽつりと白いところが。
 オオシマザクラです。


 エドヒガンとともにソメイヨシノの「親」になった桜。
 と言われていますが、遺伝情報を調べてみるとそんな単純なものではないようです。


 親子関係にあるとは思えない白いオオシマザクラと桜色のソメイヨシノがならんでいると、2つの個性が並び立つようで、なんかいい感じです。

 ただ、デジカメでは目で見たほどのちがいがでないのが残念。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オオシマザクラソメイヨシノ春の花白い花ピンク色の花

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

淡紅色の桜と白い桜


 3月下旬。

 お花見の錦織公園。

 大阪南東部にある里山公園です。

 園内各所にさまざまな桜がありますが、名所のひとつが桜木の里。

 谷を囲むようにソメイヨシノが植えられています。



桜木の里の東
桜木の里の東




 満開のソメイヨシノの淡紅色の中で、白い桜が咲いています。

 それはオオシマザクラ。

 日本の野生種の桜です。



左がソメイヨシノで右がオオシマザクラ
左がソメイヨシノで右がオオシマザクラ




 うっすらと赤いソメイヨシノと、白いのがオオシマザクラ。

 花が散り始めてから赤い葉が出てくるソメイヨシノに対してに、咲いているうちに緑色の葉が出てくるのがオオシマザクラ。

 ですから、散るほどに赤くなるソメイヨシノに対して、満開をすぎるころにはほんのりと緑がかって見えます。



ソメイヨシノの花
ソメイヨシノの花

オオシマザクラの花
オオシマザクラの花




 桜と言ってもたくさんの種類があります。

 近所の桜もよく見ると、思ってた桜とちょっとちがうかもしれません。



タグ♦  錦織公園

■参考外部リンク■
錦織公園 | 大阪府富田林市 大阪府営公園


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ソメイヨシノオオシマザクラ春の花ピンク色の花白い花錦織公園

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

今年の“顔おちば”エヴァンゲリオン編


 虫食いの跡がまるで顔のようになっている“顔おちば”。

 今回はエヴァンゲリオンに見えるような気がするものを集めてみました。



 エヴァンゲリオンは人類の進化をテーマにした作品のタイトルで、登場する人型の兵器の名前でもあります。

 その顔に似たものを選びました。



零号機
「一つ目」の零号機、つまり「0号機」。

オレンジ色の物があればよかったのですが、そもそも中央に穴が空いているものがほとんどないのでしかたありません。
零号機
初号機
主人公が操縦する「二つ目」の初号機、つまり「1号機」。

正面から見るとエラが張って三角に見えるのでポプラかナンキンハゼであればもっとそれらしかったかも。

葉の先の尖っているところを頭の1本角に見立てました。

青い落葉はないので赤で我慢。
初号機
弐号機
「四つ目」の弐号機、つまり2号機。

コチラは赤い色でぴったりなのですが、落葉はちょっと上下の目が離れすぎ。
弐号機
3号機
1-2-4ときて、次は八つ目かと思わせて、実は「二つ目」の3号機。

落葉の「目」が大きかったりして似ていませんが、勢いで3号機にしました。
3号機



 似ているかどうかはともかく、何かに見立てるのも“顔おちば”のおもしろいところです。



タグ♦ 顔おちば 紅葉

■参考外部リンク■
エヴァンゲリオン 公式サイト


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 顔おちば紅葉ソメイヨシノエヴァンゲリオン

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS