【 センチコガネ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

金剛山で今年最後のセンチコガネ(多分)

 晩秋の金剛山。

 仁王立ちのサワガニと出会ったあと。
 「山頂」でまた出会いが。

この記事にはの画像があります。


 山頂で出会ったのは虫。
 コガネムシの仲間。
 センチコガネ。

 センチコガネは体がキラキラ光るきれいな虫。
 構造色なので、見る角度によって色が微妙にかわります。


 センチコガネは近寄るといつも逃げようとします。
 走って逃げるか、飛んで逃げるか。
 でも、このセンチコガネは逃げません。

Phelotrupes laevistriatus

 だからたくさん写真を撮りました。

雪隠黄金虫

 センチコガネはときには風景が映るほどきらきら。
 でも、食べ物はうんち。
 うんちを食べるのでフンコロガシといわれることがありますが、うんちはころがさず引きずります。

雪隠金亀子

 冬は冬眠するので暖かければ11月でも出会うことがあります。
 でも、今年最後のセンチコガネでしょう。

センチコガネ

センチコガネ
雪隠金亀子、雪隠黄金虫
Phelotrupes laevistriatus
コウチュウ目 カブトムシ亜目 コガネムシ上科 センチコガネ科 オオセンチコガネ属

甲虫 (新装版山溪フィールドブックス)

新品価格
¥1,760から
(2020/10/28 22:30時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: センチコガネコガネムシ糞虫金剛山の昆虫金剛山

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

2020年の最初のセンチコガネ

 初夏を迎え、2020年の最初のセンチコガネ。

 センチコガネは動物のうんちを食べるので掃除屋と呼ばれることもあります。
 キラキラ光る体がきれいな甲虫で、特にオオセンチコガネは地域よって色が変わるなど人気があります(のはずです)。

この記事にはの画像があります。


 場所は旗尾岳。
 大阪府河内長野市の低山。
 ここでも何度か出会っています。

センチコガネ

 出会ったのは、頭についている平らな盾のようなものが半円形なのでセンチコガネ。
 台形っぽかったらオオセンチコガネ。


 だいたい大阪南部の山で出会うのはセンチコガネ。

 オオセンチコガネは紀伊山地や奈良公園、京都まで行かないと出会ったことがほぼありません。

 今年もいろいろなところでセンチコガネたちと出会えますように。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: センチコガネ糞虫旗尾岳金剛山地

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

およそ2年ぶりのセンチコガネだ!

 9月初旬の金剛山地の低山。
 ひさしぶりにセンチコガネに会いました。

この記事にはの画像があります。


 登山道に転がったまま動かなかったので、死んでいると思いました。
 いろいろと写真を撮っていると、急にあわてたように動きはじめました。

いかにも踏んでくださいと言わんばかりのセンチコガネ

 さっきトレールランニングの人が走っていったのでびっくりして死んだふりをしたのでしょう。
 踏まれなくて、よかった。


 道の外に逃がしました。

頭の土で汚れてるところが半円形なのでセンチコガネ

 去年は山で一度も出会わなかったので、ひさしぶりのセンチコガネ。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: センチコガネ 糞虫 和泉山脈 ダイヤモンドトレール

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

2018年と2017年のセンチコガネのまとめ

 2019年になったということで、一年の間に出会ったセンチコガネのまとめです。

この記事にはの画像があります。


 2018年は。
 実は0。
 山には何度も行っていたのですが、なぜか0。
 理由はわかりません。
 金剛山地・和泉山脈からセンチコガネがいなくなったのではないと思いますが。

 次はまとめなかった2017年。
 この年は3箇所で出会いました。
 ちょっと少なめのような気がします。

金剛山4月

センチコガネ

紀見峠8月

 これは遺体です。



頭の平らなところ(頭楯)が半円形なのがセンチコガネ

旗尾岳10月



頭の平らなところ(頭楯)が半円形なのがセンチコガネ

 相変わらず大阪周辺の山ではセンチコガネだけ。
 やはりオオセンチコガネは紀ノ川を越えた和歌山や、奈良盆地を越えた春日山までいかなければ出会いないようです。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: センチコガネ糞中金剛山紀見峠旗尾岳甲虫

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

11月中旬の金剛山 冬のセンチコガネ

 動物のうんちを食べて片付けてくれる、と言われるセンチコガネ。
 汚いものを食べますが、見た目はきらきらきれいです。

この記事にはの画像があります。


 身近なセンチコガネには、センチコガネとちょっと大きなオオセンチコガネがいます。
 どちらもよく似た生態なのですが、場所によってセンチコガネのほうが多かったり、オオセンチコガネのほうが多かったりすます。
 金剛山地とそこに連なる和泉山脈はセンチコガネが多いところ。

 暦の上では冬。
 10月中旬の金剛山のセンチコガネ。


 金剛山地の南西ではいろいろな色のセンチコガネがいますが、この黒っぽいのがセンチコガネの基本色。
 金剛山周辺ではこの色ばかりです。


 センチコガネは成虫で冬を越すので、11月でも暖かいと出てきます。
 ただ、暖かいと言っても気温は10℃くらいですが。
 長い冬を乗り越えるために、少しでもたくさん食べておこうと思っているのかもしれません。

頭(頭楯)が半円形なのでセンチコガネ

ファーブル昆虫記〈1〉ふしぎなスカラベ (集英社文庫)

新品価格
¥810から
(2016/11/14 21:55時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: センチコガネセンチコガネ(種)金剛山

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

ちっちゃなちっちゃな富士山のいろいろセンチコガネ

 秋のちっちゃいちっちゃい富士山、大阪府河内長野市の旗尾岳近くのセンチコガネ。
 みんな一箇所にいました。
 ということは、大きなうんちがあったはずですが、見当たりません。
 きっとセンチコガネが食べてしまったのでしょう。

この記事にはの画像があります。


 同じ所にいたのに、色はいろいろ。
 中にはオオセンチコガネの青緑色(ルリセンチ)や緑色(ミドリセンチ)にそっくりのも。









 もちろん、部頭にある頭楯が半円形なのを確認しているので、オオセンチコガネじゃなくて、センチコガネ。


 センチコガネというと、図鑑などでは黒~濃紺系が基本のようです。
 実際、金剛山地や和泉山脈の中心部、そして六甲山では黒系。
 ところが、金剛山以西の金剛山地は色のバリエーションが豊富。
 旗尾岳は金剛山地の西のはずれの北のはずれ。
 理由はよくわかりませんが、なんか不思議です。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: センチコガネ糞虫旗尾岳金剛山地センチコガネ(種)

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

ダイヤモンドトレール西端のセンチコガネ

 センチコガネ。
 哺乳動物のうんちを食べる糞虫(ふんちゅう)の仲間。
 よく「フンコロガシ」と呼ばれますが、フンコロガシ(スカラベ)はコガネムシ科タマオシコガネ属。
 センチコガネはセンチコガネ科センチコガネ属。
 例えて言うなら、クワガタムシ(クワガタムシ科)を指さして、カブトムシ(コガネムシ科)というようなもの。
 ちょっと変ですね。
 なにより、センチコガネは糞を丸めて転がしたりはしませんから。

この記事にはの画像があります。


 同じセンチコガネ属にオオセンチコガネがいます。
 色と大きさがちょっとちがうくらいで、食べ物も生態もよく似ています。
 ところが、なにかちがいがあるようで、所によってオオセンチコガネが多かったり、センチコガネが多かったりします。
 たとえば、奈良公園や高野山はオオセンチコガネが圧倒的に多いですが、金剛山地~紀伊山脈ではセンチコガネばかり。

 ということで、9月のはじめ頃の金剛山地の西端、中葛城山(なかかつらぎさん)と紀見峠(きみとうげ)の間で出会ったセンチコガネです。


センチコガネにはいろいろな色があります


 センチコガネとオオセンチコガネのわかりやすい違いは頭の先の平らなところの頭楯(とうじゅん)。
 ここがきれいな半円形ならセンチコガネ。
 ちょっと台形っぽかったらオオセンチコガネ。


頭の先に向かって丸くなっているのでセンチコガネ

昆虫はすごい [ 丸山宗利 ]

価格:842円
(2016/9/24 21:19時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: センチコガネ糞虫ダイヤモンドトレール中葛城山紀見峠金剛山地

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる