【 スズメより大きい鳥】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

北の国へ帰る途中に一休み? ○連雀

 4月下旬。
 公園でレンジャクを見ました。
 レンジャクというと、ヒレンジャクかキレンジャク。
 どちらも冬鳥。
 これから中国東北部やシベリア東部へ向かう途中なのでしょう。

ヒレンジャク

 ヒレンジャクとキレンジャクはよく似ていて、ヒレンジャクのほうがちょっと大きいようですが、並んでなければわからないでしょう。
 かんたんなのは尾羽根の先端。
 赤ければヒレンジャク(緋連雀)、黄色ければキレンジャク(黄連雀)。
 わかりやすい名前です。

緋連雀

 ということで、ヒレンジャクです。

Bombycilla japonica

 レンジャクというとヤドリギ。
 その実が好物。
 レンジャクたちがヤドリギを広げていると言われます。
 ここでは、ヤドリギはまだないようです。
 一時的な休憩所なのでしょう。

スズメより大きい鳥

ヒレンジャク
緋連雀
Bombycilla japonica
スズメ目 レンジャク科 レンジャク属の冬鳥
スズメより大きい鳥

フィールド図鑑 日本の野鳥 第2版

新品価格
¥4,180から
(2021/5/9 23:31時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ヒレンジャクレンジャク冬鳥春の鳥スズメより大きい鳥

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

金剛山の谷筋で出会った鳥はカワガラス! と思ったらミソサザイ?

 いろいろな野鳥が住み着いている金剛山。
 なかなか写真が撮れない鳥がいます。
 カワガラス。

 スズメよりちょっと大きいくらいの黒い鳥。
 山の渓流に住み、川の流れの中に歩いて入っていき、川底の虫などを食べます。
 谷筋の道を歩いていると、こちらの気配を先に察知して逃げていきます。

 ある日。
 いつもは遠くの藪の中に入っていって見失ってしまいますが、今回はちょっと離れた藪だったのでカメラを向けました。
 いました!
 しかし、すぐ奥の方へ飛んでいき、数枚しか写せませんでした。

 家に帰って確認してみると。
 薄暗い林の中なので手ブレばかり。


 金剛山にはカワガラスににている鳥がいます。
 ミソサザイ。
 カワガラスなのか、ミソサザイなのか確認が必要です。
 それぞれの特徴を照らし合わせてみます。

 お腹側にうっすら模様があります。
 これはミソサザイの特徴。
 でも、ネットで画像検索してみると、このような模様のあるカワガラスもいます。


 目の色。
 黒のようです。
 黒はミソサザイの色。
 カワガラスは赤。
 でも、黒っぽく見えることもあるようです。

 足の色。
 指は黒いようです。
 黒いのはカワガラス。
 ミソサザイは茶褐色。
 でも、黒く見えるのもいるようです。

 他にもくちばしの色など。
 どちらの鳥も同じ向きの画像が見つからないので決め手に欠けます。

 最初はカワガラスと思っていたのが、だんだんミソサザイのような気がしてきました……

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カワガラスミソサザイ留鳥スズメより大きい鳥スズメより小さい鳥金剛山の鳥金剛山

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの 芝生の上で何かを叫んだ野鳥

 何年か前の2月。
 芝生の上でセグロセキレイがなにか主張していました。

セグロセキレイ

 黒いハクセキレイに似ていますが、黒い顔に白い眉が特徴。

日本の鳥300 改訂版 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,320から
(2020/2/19 22:51時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: セグロセキレイセキレイスズメより大きい鳥留鳥

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの 北の国からやってきた赤い鳥 べにましこ?

 2013年の冬。
 金剛山の赤い鳥。

ベニマシコ

 ベニマシコ。
 紅猿子。
 Uragus sibiricus
 スズメ目アトリ科ベニマシコ属。
 大阪では冬鳥。
 スズメくらいの大きさの鳥。

紅猿子
Uragus sibiricus

 夏にはもっと赤くなるようですが、そのころには北海道や東北に行って金剛山では見ることができません。
 残念。

追記 20200129

 ところが、公開後、オオマシコのメスではないかという指摘をいただきました。
 実はベニマシコとするには少し違和感があったので、調べ直してみました。

 正直、手元の図鑑やネットの画像を見比べてみても、どちらにも似ているようで、どちらともちがうところもあり、ゲシュタルト崩壊を起こしてしまいました。
 ただ、オオマシコの日本での分布は本州中部以北となっています。
 金剛山は大阪と奈良にまたがる山で、標高は1000mほど。
 分布域からすると、オオマシコではなさそうです。
 ただ、金剛山の野鳥で調べてみると、わりと普通にやってきているようです。
 すっかり忘れていましたが、このブログでも過去にオオマシコとして記事にしていました。
 ということで、オオマシコとして訂正します。

 オオマシコ。
 大猿子。
 Carpodacus roseus
 スズメ目 アトリ科 マシコ属。
 大阪では冬鳥。
 スズメより大きい鳥。

決定版 日本の野鳥650

新品価格
¥4,400から
(2020/1/4 23:27時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: オオマシコ冬鳥渡鳥スズメより大きい鳥金剛山の鳥冬の金剛山金剛山

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

今年最初のツバメかな 玄鳥至

 冬鳥を見に恒例の日本一古い溜池の狭山池へ行きました。
 4月になってソメイヨシノも見頃。
 暖かくなって冬鳥は少ないかもしれません。

 「池」といいつつ、実はダムカードもある「ダム湖」。
 周囲には遊歩道があり、歩く人やランニングをする人がいます。
 池を見ながら歩いていると、目の前をすっと横切る黒い影が。

春の狭山池の上空を飛ぶ黒い影
狭山池

 ツバメです。

地面すれすれを飛ぶツバメ
ツバメ

 ツバメは渡り鳥。
 日本で繁殖するために春にやってきて秋に帰る夏鳥。
 昔から季節の移り変わりの目印にされていました。


 1年を72に区切って季節の移り変わりを表す七十二候にも、4月初旬に「玄鳥至(つばめきたる)」、9月中旬に「玄鳥去(つばめさる)」があります。
 今年はじめてツバメを見たのがちょうど「玄鳥至」の間。
 なんて偶然なんでしょう。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツバメスズメより大きい鳥渡鳥夏鳥狭山池の鳥狭山池玄鳥至七十二候

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

春になったらカワセミの恋の季節のはじまり

 公園を歩いていると、古い自転車のブレーキのような音が聞こえてきました。
 カワセミです。
 池の方をよーく見てみます。
 カワセミは「清流の宝石」と呼ばれることがありますが、池や町中の川にもいますし、鮮やかな色も緑の葉の中では保護色になることもあります。
 魚を狙うため石の上や枝の上によくとまりますので、いそうなところを目を凝らして見ます。
 いました!

 どうも魚をくわえているようです。


 でも、なんかヘンです。
 カワセミは、つかまえた魚を石や枝に叩きつけてぐったりさせて飲み込みます。
 でも、このカワセミはそのような素振りは見せません。
 枝にとまって、じっとくわえているだけ。


 見ていると、また古自転車のブレーキ音をたてながら、飛んでいきました。
 魚をくわえたままのようです。


 ということは、行き先はメスのところ。
 魚はプレゼント、求愛給餌でしょう。

 ところが、彼らの姿を探しているうちに、鳴きながらどこかに飛んでいってしまいました。
 失敗でしょうか?

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カワセミスズメより大きい鳥

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

金剛山の沢筋の黒い鳥はミソサザイ?それともカワガラス?


 紅葉にはちょっと早い10月の金剛山。

 大阪と奈良の境にある1125mの山です。

 沢筋を下山していると、黒くて小さい鳥が飛んでいきました。

 金剛山で黒くて小さい鳥というと、ミソサザイかカワガラス。

 鳥は下流へ飛んでいったので下って行くと。

 いました。

 沢の中に突き出た花崗岩(かこうがん)の上にとまっています。



カワガラスかミソサザイと思しき黒い鳥
カワガラスかミソサザイと思しき黒い鳥




 下山方向なので近づいていくと、また下流に向かって飛んでいきます。

 まるで道案内をしてくれているよう。
 昆虫の斑猫(はんみょう)のようです。

 逃げないように陰から見ていると、鳥はそのまま流れの中にささっと入っていきます。

 飛び込むのではなく、歩いて入っていきます。

 こんなことをするのは、カワガラス。

 ぽってりとした丸い感じの体もカワガラスの特徴。



流れの中を歩くカワガラス
流れの中を歩くカワガラス




 カワガラスと思しき鳥は、谷筋を歩いているとよく出会います。

 しかし、人影を見るとすぐ逃げていってしまい、見えるのは飛んで行く影だけ。

 まともに写った写真を撮ったことはほとんどありません。

 それがミソサザイとちがうところ。

 ミソサザイもそんなに写真に撮りやすいわけではありませんが、何枚か撮ったことがあります。



カワガラス(河烏,川鴉)
スズメ目 カワガラス科 カワガラス属
留鳥
スズメより大きい

カワガラス(河烏,川鴉)



 この沢は幅が狭い上に、両側が切れ込んでいるところ。
 さらに曲がりくねっていて、ちょっと行けばこちらの姿は見えなくなります。

 それでカワガラスも安心するのでしょう。

 残念なのは、この日はちょっとハードな道を行く予定だったので高倍率のカメラを持っていなかったこと。

 手元の光学5倍のカメラでは、なかなかきれいに写すことはできませんでした。

 とはいえ、カワガラスらしい流れの中に潜っていく姿を見ることができたのは、幸運でした。



 今年もカワガラスらしい姿を見せてくれることを願ってます。



タグ カワガラス 金剛山の鳥 金剛山

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カワガラス金剛山の鳥金剛山の脊椎動物野鳥スズメより大きい鳥

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる