【 スズメくらいの鳥】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

古い写真の中からみつけたいきもの 近くで見るとなかなかかっこういいカヤクグリ

 大分むかしの比叡山のカヤクグリ。


 茶色で地味な鳥。
 のように見えますが、茶色系で統一された模様。
 目に黒い線が入る鳥が多い中、白い線が流れるように目を囲んでにらんでいるよう。
 かっこういいな。

 カヤクグリ。
 茅潜。
 Prunella rubida
 スズメ目 イワヒバリ科 カヤクグリ属。
 スズメくらいの大きさ。
 漂鳥。

見たくなる! 日本の野鳥420

新品価格
¥1,848から
(2020/2/22 22:24時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: カヤクグリ漂鳥スズメくらいの鳥比叡山

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの 小さくてかっこういい! それが五十雀

 2012年の年末の金剛山。
 12月も20日をすぎると山頂は氷に覆われていました。

 そこにやってきたゴジュウカラ。
 好きな鳥です。

ゴジュウカラ

 ゴジュウカラ。
 五十雀。
 Sitta europaea
 スズメ目ゴジュウカラ科ゴジュウカラ属。
 スズメくらいの大きさの鳥。
 金剛山では留鳥のようです。

五十雀
Sitta europaea

 体は丸いのに細いクチバシから尾までの流れるような形。
 体を上下に分ける色もなんか早そう。
 派手な模様ではありませんが、かっこういい鳥です。


 平らなところだけでなく、木の幹を垂直方向に行ったり来た入りして、樹皮のすき間などにタネを押し込んで蓄えるなど、可愛い鳥でもあります。

ひと目で見分ける287種 野鳥ポケット図鑑 (新潮文庫)

新品価格
¥737から
(2019/12/22 22:12時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ゴジュウカラ留鳥スズメくらいの鳥金剛山の鳥金剛山

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

逃げ回る鳥を写すのは難しい。けどおもしろい!

 冬になって初めての金剛山。
 冬鳥と出会いました。

 群れで行動し、こちらの様子を見て木々の枝の向こうに隠れています。
 なかなかコンデジで写せません。
 それでもなんとか写したら。
 どうやらアトリ。

オス
アトリ

メス?

 漢字では花鶏。
 Fringilla montifringilla
 鳥綱スズメ目アトリ科アトリ属。
 スズメくらいの大きさの冬鳥。

 金剛山では2回め。
 また会えたらいいな。

フィールド図鑑 日本の野鳥

新品価格
¥4,180から
(2019/12/18 23:42時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アトリ冬鳥スズメくらいの鳥金剛山の鳥金剛山

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

木の幹にピタリとはりつきかけまわる 五十雀

 金剛山のゴジュウカラ(五十雀)。
 スズメ目ゴジュウカラ科ゴジュウカラ属の留鳥。


 雀くらいの大きさの鳥で見かけるのは、山。
 いつも1羽で行動しています。

ゴジュウカラ

 おもしろいのは、木の幹にぺたりと張り付き、さささささっと幹の上を走るところ。
 時には木の皮の裂け目に種を押し込んだりします。
 食べ物を隠しているといわれます。

五十雀

 まち中では出会うことがありませんが、おもしろくて、かわいい野鳥です。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ゴジュウカラスズメくらいの鳥金剛山の鳥金剛山の脊椎動物金剛山

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの 3サメビタキはややこしい!

 ずいぶんまえ。
 9月の奈良公園。
 写真を見返していたら、鳥が写っていました。


 遠くだったので小さいですが、拡大してみると。
 背中の色は焦茶色? 灰色?


 左右の羽(三列風切羽)の縁が白くなっています。
 丸い頭のクチバシは小さく尖っています。

 調べてみると、サメビタキの仲間のようです。
 可能性があるのが、サメビタキ、コサメビタキ、エゾビタキ。
 この3サメビタキはよく似ています。

 奈良公園のサメビタキは目の周りの白い輪(アイリング)は薄いというより無いみたい。
 でも、鼻の白いところはちょっと色がついてるよう。

 横から見た感じでは、白い腹の濃い褐色の縦斑は多そう。

エゾビタキ

 たたんだ羽の初列風切羽根は尾羽根の先の近くまで届いています。

 コサメビタキかエゾビタキか悩むところですが、風切羽の長さからエゾビタキとしました。

エゾビタキ(蝦夷鶲)Muscicapa griseisticta
スズメ目 ヒタキ科 サメビタキ属
スズメくらい
旅鳥

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: エゾビタキサメビタキ旅鳥スズメくらいの鳥奈良公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

きれいな鳥には理由がある? 相思鳥

 初夏の金剛山。
 いろいろな鳥がきれいな声でさえずっています。
 そんな鳥の一つ。
 ソウシチョウ(相思鳥)。

ソウシチョウ

 きれいですが、あまり日本の鳥らしくない微妙な色合い。
 それもそのはず、中国南部からインド北部の原産。
 鳴き声がきれいということで、江戸時代頃から飼われていたようです。
 ただ、野生化しているソウシチョウが見つかったのは1931年。昭和になってから。


 戦後ペットとして大量に輸入され、一部の飼い主や業者が無責任に放鳥、日本中で野生化というお決まりのパターン。
 現在は外来生物法で特定外来生物に指定。
 これは許可なく販売や飼育はもちろん、譲り渡すことも捕まえたのを別の場所に放すのもすべて禁止されます。
 違反すると懲役3年以下、もしくは300万円以下の罰金。
 法人の場合は1億円以下の罰金。
 とても重い罪になります。

ソウシチョウもヒゲの鳥

 外来生物が定着するということは、その分在来の生物の数が減ること。
 場合によっては地域的に絶滅することもあります。
 取り返しの付かないことになるかもしれません。
 野生化してから重い罰則を作るのではなく、そもそも問題になる前にペットに規制をかけるべきではないか、という気がします。

■参考外部リンク■
生態系被害防止外来種ピックアップ | 日本の外来種対策 | 外来生物法
ソウシチョウ / 国立環境研究所 侵入生物DB

外来鳥ハンドブック

新品価格
¥1,512から
(2017/6/3 22:15時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ソウシチョウ特定外来生物外来生物法金剛山の鳥金剛山の動物スズメくらいの鳥ヒゲの鳥

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

アトリと迷子のカワラヒワ?

 数日前。
 草が刈られた地面の上でカワラヒワがなにかついばんでいました。
 こちらに気づいてみんな近くの木へ飛び移っていきます。
 その鳥たちをよく見たら、明らかにカワラヒワでない鳥が。

左がカワラヒワで右の2羽がカワラヒワでない鳥

 カワラヒワは暗い緑色で「きれい」とは言いがたい色をしていますが、羽を広げると鮮やかな黄色が見えます。
 たしかにカワラヒワはいます。
 ところが白いお腹、黒い羽には赤い線、肩は赤く頭が黒い鳥がいます。
 アトリのようです。

冬鳥のアトリ

 アトリ(獦子鳥,花鶏)はスズメ目 アトリ科 アトリ属のスズメくらいの大きさの鳥。
 カワラヒワ(河原鶸)はスズメ目 アトリ科 ヒワ属。
 ちょっと遠い親戚くらいの関係。
 ちがう種類の鳥たちが一緒に群れをつくることを混群といいますが、アトリとカワラヒワも混群になっているようです。

しばらくするとまた降りてきてついばみはじめました

 カワラヒワはいつも大勢で群れていますので、この混群はそこにアトリが混ざったもの。
 と思ったのですが、よく見るとアトリばかり。
 アトリの中にちょっとだけカワラヒワが混ざったようです。
 迷子のカワラヒワ?

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アトリ冬鳥冬の鳥スズメくらいの鳥

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる