【 スズメ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

『とりぱん』17巻 存在感が薄くなったような気がしたら、つぐみん大爆発!

 特定の主人公的な鳥がいるのではなく、いろんな鳥が次々と登場するとりぱん。
 身近な野鳥の行動を描いたマンガです。
 今回も遅れて紹介です。

最新刊

とりぱん(18) (ワイドKC モーニング)

新品価格
¥669から
(2016/3/13 22:13時点)

 毎回毎回出てくる鳥もいれば、たまにしか出てこない鳥もいます。
 そして、突然目立ってくる鳥も。
 16巻に続いてシメが登場。
 太いクチバシを持つので、もちろん小さな実の殻を割って食べます。
 ということで、別名「羽の生えたハムスター」。
 たしかに大きさやズングリしたところはぴったりかもしれません。
 でも、ハムスターよりも迫力がありますが。

草食なのになんか強そうなシメ

 キツツキなのにアカゲラやアオゲラとちがって出番が少ないコゲたん(コゲラ)や、かわいいみそちー(ミソサザイ)も登場。
 そして“最強生物”エナガヒナ登場!
 エナガ自体がもうかわいいのに、ヒナの破壊力はハンパじゃない。
 実物はまだ見たことはありませんが、錦織公園にあれだけエナガがいるのですから、エナガヒナもいるはずです。
 乱暴キャラのヒヨドリだけでなく、愛されキャラのつぐみん大ピンチ。

親でもかわいいエナガ

 それに危機を感じたのか、ツグミのつぐみんが大増殖。
 ヘタレキャラとして揺るがぬ地位を築いたはずのつぐみんに新キャラ登場。
 よわみんとつよみん。
 それにべつみんによそみん、とつぐみんだらけ。
 やっぱりつぐみんはとりぱんの主人公! みたいな鳥です。
 冬しかやってこないのに。

人間を見て固まってるツグミのつぐみん

 野鳥エッセイマンガのとりぱん。
 いつもは作者の住むところの野鳥ですが、時々旅行編があります。
 17巻では京都へ行きます。
 洛中(市街)からちょっと離れた伏見のお稲荷さん。
 とりぱんで伏見のお稲荷さんとくるときっとあれが登場すると思うかもしれません。
 そう、焼き鳥です。

稲の大敵のスズメ

 お稲荷さんは稲の神様。
 実った稲穂を食べるスズメを逆に食べてしまえ!というのがはじまり、とも言われます。
 ですから、食べるのはニワトリじゃなくてスズメ。
 それがどうだったのかは、『とりぱん』17巻で。

Amazon

とりぱん(17) (ワイドKC モーニング)

新品価格
¥669から
(2016/3/13 21:58時点)

楽天

とりぱん(17) [ とりのなん子 ]

価格:668円
(2016/3/13 22:00時点)

ハイブリッド総合書店honto


とりぱん 17 (ワイドKCモーニング)
とりの なん子 (著)
669円


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: とりぱんシメエナガつぐみんスズメとりのなん子

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2014年 1月中旬の動物編


 1年のはじまりの1月。

 収穫が終わった棚田はひっそりとして田植えが始まるのを待っています。

 稲と稲を育てる水に集まってきた動物たちも、今は一休み。

 そんな1月の棚田でであった動物たちです。



この記事にはの画像があります。






1月のちょっとさみしい下赤阪の棚田



 一年で最も寒い1月。

 12月には姿を見なくなっていた虫たちですが、この日は姿を見ることができました。

 冬の寒い時期、虫の多くは卵や蛹で冬を越しますが、成虫のまま冬を越すものもいます。

 そういった昆虫は、真冬でも暖かくなると動き始めることがあります。



動物界
節足動物門
昆虫綱
キタキチョウ(北黄蝶)
チョウ目 シロチョウ科 キチョウ属


一見花弁(はなびら)のように見えますが、チョウの翅(はね)です。

キチョウは秋に誕生した成虫は越冬をします。
これもそういった秋型の成虫と思われます。

しかし、こんな気温がそのまま影響してしまうようなところで春まで越冬するのでしょうか。

もっとも、こんな大きな羽を持っていたら土にもぐったり石の下に潜り込んだり、木の皮の下にもぐりこんだりはできないでしょうが。

ナミホシヒラタアブ(並星扁虻)?
ハエ目 ハナアブ科 フタホシヒラタアブ属


ヒラタアブの仲間はよく似ていますので、間違っている可能せもあります。

花アブの仲間は成虫で越冬するものが多いのか、真冬でも暖かかったら花にとまっているのを見かけます。

ムモントックリバチ(無紋徳利蜂)?の巣
ハチ目 ドロバチ科

ほかの昆虫などを捕まえて幼虫の食べ物にするカリバチの中で、巣をドロで作るものをドロバチといいます。
トックリバチがよく知られています。

平らな壁面に泥を盛り上げて徳利のような口を持つ巣をつくっているので、ムモントックリバチとしました。




脊索動物門
鳥綱
スズメ目
スズメ(雀)
スズメ目 スズメ科 スズメ属
留鳥


田んぼといえばスズメというイメージがあるのですが、意外とここでは目にしません。
目にすることがあってもすぐどこかに飛んでいってしまいます。

今回はじめてスズメの写真を撮ることができました。

ハクセキレイ(白鶺鴒)
スズメ目 セキレイ科 セキレイ属
留鳥


黒い背に白い腹でセグロセキレイのようですが、白地に黒い過眼線(目のところを通る線)がありますので、ハクセキレイです。

黒いハクセキレイはセグロセキレイとよく似ていますので、注意が必要です。

ホオジロ(頬白)
スズメ目 ホオジロ科 ホオジロ属
冬鳥


冬にしかやってこない冬鳥ですが、冬の下赤阪の棚田のでは1番多く見かけける鳥です。

ただ、いつも遠くの木の枝の間に隠れていますので、よく見えません。

このように、いつも数羽で群れをつくっています。

ハシボソガラス(嘴細烏)
スズメ目 カラス科 カラス属
留鳥


下赤阪の棚田でいつも見かける鳥といえば、カラス。

人里を好むと言われるように、棚田周辺に多くのカラスが住んでいます。



 冬の棚田はお休みです。

 水も止められていますので、出会える動物は鳥ばかり。
 と思っていたら、昆虫とも出会えました。

 何もいないように見えても、実は見えないところでじっと春がくるのも待っているようです。



◆タグ 下赤阪の棚田 田んぼ ビオトープ 田んぼの生き物 ◆

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部


日本の昆虫1400 (1) チョウ・バッタ・セミ (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,050から
(2014/2/3 22:30時点)

日本の昆虫1400 (2) トンボ・コウチュウ・ハチ (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,050から
(2014/2/3 22:30時点)

日本の鳥300 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,050から
(2014/2/3 22:31時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田の2014年下赤阪の棚田2014011月の下赤阪の棚田の動物キタキチョウナミホシヒラタアブムモントックリバチスズメハクセキレイ鳥/SA-tanada昆虫/SA-tanada

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

パークスガーデン ビルの上の冬のビオトープの鳥たち


 今では当たり前のようになっている屋上緑化。
 建物の屋上で様々な植物を育てます。

 その大規模になったもの、屋上庭園。

 「屋上庭園」と呼ばれる施設は昔からありましたが、多くは植木鉢などに植えられた植物を並べたようなものだったようです。

 それが軽い人工土壌の開発などで、まるで地上の公園や植物園のように木々に覆われた“土”の空間がビルの上にも作られるようになりました。

 そんな屋上庭園の一つが大阪難波のパークスガーデン。



年中花が咲いてる7階花壇
年中花が咲いてる7階花壇




 大阪や日本の在来種にこだわらず、世界中の様々な種類の植物が植えられていますので、厳密にはビオトープとは言いにくかもしれません。

 しかし、10年をすぎた屋上庭園は木々も育ちビオトープとしての風格を持ってきています。



8階で咲いている極楽鳥花(ストレリチア)
8階で咲いている極楽鳥花(ストレリチア)




 都会のビルの屋上では、さすがに哺乳類や爬虫類両生類の生き物はやってきていないようですが、鳥たちはやってきています。

 淀川が近い梅田地域と違い、緑の少ない難波地域では、鳥たちにとっては数少ない緑でしょう。

 花も少なくなり、木々が葉を落とす冬ですが、それでも鳥たちはやってきていました。



日陰の落ち葉の上では保護色のスズメ
日陰の落ち葉の上では保護色のスズメ




目の周りの白がよく目立つメジロ
目の周りの白がよく目立つメジロ




黙っているとカッコいい?ヒヨドリ
黙っているとカッコいい?ヒヨドリ




 この日出会ったのはこの3種。

 どれもめずらしくもない鳥たちです。

 しかしこういった当たり前の鳥たちが来なくて、一体どんな鳥が来るのでしょう。

 あちこち移動する鳥が来てくれてこそ、いろいろな生き物がやってきて、ビオトープになっていきます。



8階の池にいるメダカ
8階の池にいるメダカ




 パークスガーデンを管理している人たちが、鳥たちに対してどのように考えているのかはわかりません。

 植えられている植物を見ていると、鳥を呼ばないように考えられているような気もしないわけではありませんが、パークスガーデンが難波近辺の鳥たちが集まるビオトープになればいいな。

 と密かに思っています。



◆タグ パークスガーデン ビルのビオトープ ◆

■参考外部リンク■
なんばパークス-PARKS GARDEN|TOP


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: パークスガーデンスズメメジロヒヨドリビオトープビルのビオトープ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

100円ショップでスズメ対策の結果は? プランター稲2013


 今年もスズメの襲撃を受けたプランター稲

 あわててスズメ対策として、100円ショップで買ってきた台所の三角コーナー用の網をつなぎあわせて稲を覆いました。



三角コーナーネットで防御したプランター稲
三角コーナーネットで防御したプランター稲




 その結果。

 このプランターはスズメの巡回コースになっていて、毎日数回スズメが来るようです。

 その時によりスズメの数が変わるので、複数のグループがやってきているのかもしれません。



 スズメは離れたところに止まり、しばらく網をかぶせた稲を見ています。

 時にはじっと見つめるように。



網をかぶせたプランター稲をじっと見つめるスズメ
網をかぶせたプランター稲をじっと見つめるスズメ




 時には体を乗りだすように。



網をかぶせたプランター稲を体を乗りだしてみるスズメ
網をかぶせたプランター稲を体を乗りだしてみるスズメ




 一生懸命何かを考えているようです。

 でもすぐ植木鉢の周りをグルグル回りはじめます。

 稲に興味がなくなったようにも見えますし、考えがまとまらず混乱しているようにも見えます。
 自分の理解と脳力を超えた状況に現実逃避をしているようにも見えます。



 そうやってウロウロしてから飛び去ります。

 理由はわかりませんが稲に近づこうとしないので成功です。

 ただスズメのなにか思い悩んでいるような様子を見るとちょっと気になります。

 毎日のように(見ていな時間を考えると毎日何度も?)やってきて、同じことをやっているので、スズメも3歩あるくと、いやスズメは歩かないので3回跳ねると忘れてしまうのでしょうか。

 そこまで心配する必要はなさそうです。



◆タグ プランター稲2013 バケツ稲 プランター稲  ◆

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: プランター稲2013バケツ稲プランター稲スズメプランター稲の防鳥プランター稲の登熟

関連記事

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

冬の長居植物園の大池にいた鳥たち 地面に立っていたり木や草にとまっていた鳥編


 大阪市のの南にある1974年に開園した大阪市立長居植物園(ながいしょくぶつえん)

 広い植物園の真ん中にある大池に集まる鳥たちの「地面に立っていたり木や草にとまっていた鳥編」です。


水に浮かんでいた鳥編




●コウノトリ目 サギ科

アオサギ(蒼鷺)
コウノトリ目 サギ科 アオサギ属
カラスよりずっと大きい
留鳥
柵に止まって何かを考えているように見えるアオサギ
柵に止まって何かを考えているように見えるアオサギ
小魚がいる水場ならどこにでもいるなサギ。
結構大きい。


コサギ(小鷺)
コウノトリ目 サギ科 シラサギ属
カラスより大きい
留鳥
冬羽のコサギ
冬羽のコサギ
アオサギと同じように小魚がいて水場ならどこにでもいるようなサギ。
ただちょっとちがうところは浅瀬が必要なこと。

名前の通り結構小柄。

池の浅瀬を歩いていたり陸に上がったりしていました。





●スズメ目

スズメ(雀)
スズメ目 スズメ科 スズメ属
大きさ:14.5センチ
留鳥
葦にとまりながら寒くて丸くなっているスズメ
葦にとまりながら寒くて丸くなっているスズメ
水場かどうかは関係なく、人間の生活圏によくいる鳥。


ハクセキレイ(白鶺鴒)
スズメ目 セキレイ科 セキレイ属
スズメより大きい
漂鳥
冬羽のハクセキレイ
冬羽のハクセキレイ
夏羽みたいなハクセキレイ
夏羽みたいなハクセキレイ
上のハクセキレイと同じところにいたので(つがい)でしょうか。

普通、夏羽(なつばね)では頭が黒く冬羽(ふゆばね)はグレイになります。
どうして今頃くらい頭のハクセキレイがいるのかはわかりません。
体が灰色なのでセグロセキレイではないと思います。

橋の上からハスの茎まで、水辺は好きですが、あまり水の中には入っていかないような気がします。


ハシボソガラス(嘴細烏)
スズメ目 カラス科 カラス属
50センチ
留鳥
これだけ見てると特に嘴が細く感じないハシボソガラス
これだけ見てると特に嘴が細く感じないハシボソガラス
よく見かけるカラスにはほかにハシブトガラスがいます。
名前の通りくちばしがぷクリとふくらんでいて、頭と(くちばし)の境が段になっています。
ハシボソガラスの方は、頭から嘴はスムースに連なって見えます。

田畑があるような場所を好み、ビルが並ぶような都市は好きではなく、そういうところで見かけるのはハシブトガラスのことが多いようです。





●ペリカン目

カワウ(川鵜)
ペリカン目 ウ科 ウ属
カラスより大きい
留鳥
婚姻色のカワウ
婚姻色のカワウ
全身真っ黒の鳥ですが、繁殖期なので頭が白くなっています。

水に浮かんで泳ぐこともできますが、カモ類とちがって水から出ている時間も結構あります。
特に冬は水から出ている姿をよくみます。





●ブッポウソウ目

カワセミ(川蝉,翡翠)
ブッポウソウ目 カワセミ科 カワセミ属
スズメより大きい
留鳥
カワセミのメス
カワセミのメス
言わずと知れた青い構造色がきれいな鳥。
下の(くちばし)にオレンジ色の部分があるのでメス。
オスの嘴は上も下も黒。

水辺の鳥の中でカメラおじさんを一番集める鳥。
ところによっては長いレンズの高価なカメラをつけた大きな三脚を並べて近寄れないこともあります。
カワセミには罪はありません。





 渡り鳥が多かった水に浮かぶ鳥に対して、留鳥(りゅうちょう)ばかりの立ったりとまったりすする鳥たち。
 それだけでなく数も水に浮かぶ鳥の方が多いような気がします。

 そのちがいがどこにあるのかわかりませんが、単純に池のまわりや浅瀬の面積よりも水面の面積の方がはるかに多いので、多くの鳥の居場所があるというのは、単純すぎるでしょうか。



 池以外にも森があるのがこの植物園。
 森には森を好む鳥がやってきます。

 森の鳥と水辺の鳥の両方が楽しめるのが、長居植物園。

 そして併設している博物館に行ったらいろいろな、動植物の標本までみることができます。

 自然を楽しみながら知識も増やせるおもしろいところです。



■外部リンク■
大阪市立長居植物園


市街地から山・川・海の日本の野鳥約240種掲載。
携帯に便利な文庫本サイズ。
野鳥 新ヤマケイポケットガイド 吉野 俊幸著
山田 智子著
税込価格:¥1,260
出版:山と溪谷社
発行年月:2010年7月


◆関連タグ◆ 〔冬の長居植物園の大池の鳥〕
       〔水辺の鳥〕 〔冬の鳥〕 〔長居植物園〕


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 冬の長居植物園の大池の鳥水辺の鳥冬の鳥長居植物園アオサギスズメコサギハクセキレイカワウカワセミ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

い~い砂だな スズメの砂あび



砂の上きもちいいな~
砂の上きもちいいな~




 スズメが砂浴びしています。

 体についた寄生虫を落とすためとかいわれていますが、よくわかりません。

 理由はどうであれ、気持ちよさそうです。



砂浴びきもちいいな~
砂浴びきもちいいな~




 写真はおなじみ長居(ながい)植物園。入り口を入ってまっすぐ、大池の手前にある植え込みの根元。

 乾いた砂が好きなスズメは、こういう雑草が生えていない植え込みのある辺りや、砂場をよく選びます。



頭も砂の中~
頭も砂の中~




 もし砂に意味不明のお茶碗くらいの丸い凹みがあったら、スズメの砂浴び場かもしれません。



植え込みの土の上の意味不明のお茶碗くらいの丸い凹み
植え込みの土の上の意味不明のお茶碗くらいの丸い凹み




タグ♦ スズメ 長居植物園

■参考外部リンク■
大阪市立長居植物園



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: スズメ砂浴び長居植物園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

すずめひな

 スズメの親子。
 5月の奈良公園。

 あちこちに雛を引っ張りまわし時おりエサをやっています。

 巣立ちももうすぐでしょう。

ちょうだいちょうだいをする子スズメにエサをあげる親スズメ
ちょうだいちょうだいをする子スズメにエサをあげる親スズメ



 スズメのヒナのことを野鳥マンガ『とりぱん』著者のとりのなん子さんは「ウスダルマ」と呼びました。
 まだ顔の模様がはっきりとついていないからだとか。

 確かにスズメの顔にある黒い部分がまだぼんやりとしています。
 背中と羽のスズメ模様も薄く、その上きれいに羽をそろえてたためないので、とても間が抜けた後姿です。

 でもそこがかわいかったりします。

親スズメ(上)の背中と子スズメ(下)の背中
親スズメ(上)の背中と子スズメ(下)の背中



 写真を撮ってから半月。
 もう大人と同じ姿になったでしょうか。

◆記事ナビ◆ 〔スズメ〕 〔ひな〕 〔奈良公園〕 〔とりぱん〕

■外部リンク■
 奈良公園管理事務所/奈良県公式ホームページ



Yahoo! JAPAN


Google
WWW を検索 いきもの は おもしろい! を検索

キッズgoo

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: スズメひな奈良公園

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる