【 シロツメクサ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·下赤阪の棚田2015  ·下赤阪の棚田2015/07  ·7月の下赤阪の棚田の植物  ·ガクアジサイ  ·シロツメクサ  ·ヤマノイモ  ·ウマノアシガタ  ·カゼクサ  ·ヤブカンゾウ  ·下赤阪の棚田2015  ·下赤阪の棚田2015/05  ·5月の下赤阪の棚田の植物  ·ソバ  ·ジャガイモ  ·ウツギ  ·ハルジオン  ·シロツメクサ  ·ニワゼキショウ  ·白い花/SA-tanada  ·下赤阪の棚田の2014年  ·下赤阪の棚田201408  ·カヤツリグサ  ·カゼクサ  ·スベリヒユ  ·シロツメクサ  ·ノブドウ  ·棚田  ·下赤阪の棚田  ·夏の実  ·7月の下赤阪の棚田の植物  ·果実/SA-tanada  ·シダ/SA-tanada  ·シロツメクサ  ·カキノキ  ·コマツナギ  ·ノアザミ  ·ヒメジョオン  ·下赤阪の棚田2013  ·下赤阪の棚田201307  ·クローバー  ·シロツメクサ  ·白い花  ·春の花  ·夏の花

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

下赤阪の棚田の2015年 7月中旬の白・黄色橙色・赤い花編

 田植えが済んでひと月ほどたった下赤阪の棚田ビオトープ。
 稲の成長ははやく、もう田んぼは水面が見えなくなっています。
 イネに関係した虫たちにとってはこの変化は大きいでしょうが、草花たちはマイペースのようです。


すっかりイネが伸びた7月中旬の下赤阪の棚田

植物界
白い花
被子植物門
双子葉植物綱
シロツメクサ(白詰草)
Trifolium repens
マメ目
マメ科
シャジクソウ属
多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
別名:クローバー
タグ:シロツメクサ

マメ科の花っぽくありませんが、一つ一つじっくり見ると、ちゃんとマメ科の特徴の蝶形花です。
トウバナ(塔花)
Clinopodium gracile
シソ目
シソ科
トウバナ属
多年草
タグ:トウバナ
ヒメジョオン(姫女苑)
Erigeron annuus
キク目
キク科
ムカシヨモギ属
越年草
北アメリカ原産の帰化植物
要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:ヒメジョオン
ガクアジサイ(額紫陽花)
Hydrangea macrophylla f. normalis
ミズキ目 アジサイ科 アジサイ属
落葉低木
アジサイというと大きな花が丸く集まった花というイメージがあるかもしれませんが、大きな花はまわりだけというのが本来の姿。

よく見るアジサイは品種改良された園芸種です。
双子葉植物綱
被子植物門
単子葉植物綱
ヤマノイモ(山の芋)Dioscorea japonica の雄花
ユリ目 ヤマノイモ科 ヤマノイモ属
蔓性多年草
タグ:ヤマノイモ
ナガイモによく似たヤマノイモです。

丸いのは雄花。雌花は小さいですが花被片があります。

ヤマノイモは、地上部は冬には枯れますが、地面の下の芋、茎につくむかごそしてタネと3つの方法で増えます。

ということで、里山ではわりとよく見かける植物です。
単子葉植物綱
被子植物門
白い花
植物界
黄色い花
被子植物門 双子葉植物綱
ウマノアシガタ(馬の足形)Ranunculus japonicus
キンポウゲ目 キンポウゲ科 キンポウゲ属
多年草
タグ:ウマノアシガタ
キラキラ輝く黄色い花びらが特徴のウマノアシガタ。

八重咲のものが「キンポウゲ」。

金剛山はよく見ますが、ここではまだ見ていません。
イヌガラシ(犬芥子)
Rorippa indica
アブラナ目
アブラナ科
イヌガラシ属
多年草
タグ:イヌガラシ
ハキダメギク(掃溜菊)
Galinsoga quadriradiata
キク目
キク科
コゴメギク属
一年草
タグ:ハキダメギク
被子植物門 双子葉植物綱
黄色い花
植物界
橙色の花
被子植物門 単子葉植物綱
ヤブカンゾウ(藪萱草)
Hemerocallis fulva var. kwanso
キジカクシ目 ススキノキ科 ワスレグサ属
多年草
カンゾウ(ワスレグサ)の仲間には似ているものが多いのですが、八重咲きなのでヤブカンゾウとしました。
被子植物門 単子葉植物綱
橙色の花
植物界
赤い花
被子植物門
双子葉植物綱
オオハルシャギク
(大春車菊)
Cosmos bipinnatus
キク目
キク科
コスモス属
一年草
メキシコ原産の園芸植物
別名:コスモス
タグ:オオハルシャギク
オトメフウロ(乙女風露)
Geraniumu dissectum
フウロソウ目
フウロソウ科
フウロソウ属
一年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
タグ:オトメフウロ
ユウゲショウ(夕化粧)
Oenothera rosea
フトモモ目
アカバナ科
マツヨイグサ属
多年草
アメリカ大陸原産の帰化植物
タグ:ユウゲショウ
双子葉植物綱
被子植物門
単子葉植物綱
カゼクサ(風草)Eragrostis ferruginea
イネ目 イネ科 スズメガヤ属
多年草
タグ:カゼクサ
花弁がないので地味な花が多いイネ科の中で、花らしく見える花のひとつです。
単子葉植物綱
被子植物門
赤い花
植物界

 ハキダメギクの花弁は白ですが、管状花の黄色いところのほうがよく目立つので、今回は黄色としました。
 花のつくりは一様でありません。
 「花の色」を1色で表すとなると、これが結構難しかったりします。
 ということは、人によって何色にするかが変わるということ。
 図鑑ではさらっとやってるようですが、色の表現はなかなか難しいのです。

タグ♦ 下赤阪の棚田 下赤阪の棚田の2015年
■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015  下赤阪の棚田2015/07  7月の下赤阪の棚田の植物  ガクアジサイ  シロツメクサ  ヤマノイモ  ウマノアシガタ  カゼクサ  ヤブカンゾウ 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 5月下旬の白い花編


 5月になって花も虫もだいぶん騒がしくなってきた下赤阪の棚田ビオトープ。

 主人公のイネの登場を前にして、だいぶんさわがしくなってきました。




入水を今や遅しと待っている5月下旬の下赤阪の棚田




すでに紹介している生き物については、一部画像や説明等を省いていますので、
画像や説明等のあるページへのリンクをつけています。
まとめて見るタグ:5月の下赤阪の棚田の植物



植物界
白い花
被子植物門
双子葉植物綱
ハルジオン(春紫苑)
Erigeron philadelphicus
キク目
キク科
ムカシヨモギ属
多年草
北アメリカ原産の帰化植物
要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:ハルジオン
シロツメクサ(白詰草)
Trifolium repens
マメ目
マメ科
シャジクソウ属
多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
タグ:シロツメクサ
ソバ(蕎麦)Fagopyrum esculentum
タデ目 タデ科 ソバ属
一年草
原産地:中国南部地域?
タグ:ソバ
おそばの原料になるソバです。

秋にも紹介したことがありますが、ソバは短期間で成長するので年に2回から3回収穫することができます。

荒れた土地でも育ち、水も少なくていいので田んぼを作れないところでよくつくられました。

ここでも救荒作物として作られていたかもしれませんが、今は嗜好品としての意味合いが大きいと思います。

数が少ないので、去年育てたソバの取り残しが芽を出したのかもしれません。
ジャガイモ(馬鈴薯)Solanum tuberosum
ナス目 ナス科 ナス属
一年草
南アメリカ原産の食用作物
タグ:ジャガイモ
フライドポテトに使われる野菜のジャガイモです。

ナス科なのでほかのナス科植物と同じような花。

色は白が多いようですが、淡紫のものもあります。
ウツギ(空木)Deutzia crenata
バラ目 アジサイ科 ウツギ属
落葉低木
別名:ウノハナ(卯の花)
タグ:ウツギ
あまり大きくならないこと、白い花がきれいなことなどから庭木や公園木としてよく植えられます。

名前の由来は茎の中心が空洞になっていること。

でも、枯れて切られた枝がなければ、わかりません。
双子葉植物綱
白い花 植物界 被子植物門
単子葉植物綱
ニワゼキショウ(庭石菖)
Sisyrinchium rosulatum
キジカクシ目
アヤメ科
ニワゼキショウ属
一年草
北アメリカ原産の帰化植物
タグ:ニワゼキショウ
単子葉植物綱
被子植物門
白い花
植物界



 入水の直前のようでした。

 まだ田んぼには水がないというのに、草花は盛んに咲いています。

 ということは、イネはスロースターター?

 というか、熱帯の植物だったからでしょう。



タグ♦ 下赤阪の棚田 下赤阪の棚田の2015年

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


絵解きで調べる田んぼの生きもの (miniこのは)

新品価格
¥972から
(2015/6/2 22:27時点)

田んぼの生き物400 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,080から
(2015/6/2 22:27時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015  下赤阪の棚田2015/05  5月の下赤阪の棚田の植物  ソバ  ジャガイモ  ウツギ  ハルジオン  シロツメクサ  ニワゼキショウ  白い花/SA-tanada 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2014年 8月中旬の果実・植物編


 8月の棚田ビオトープの生き物。

 冬はまだ先ですが、もう実をつけはじめている植物もあります。




雲と空と山と下赤阪の棚田




下赤阪の棚田の生き物の追いかけも季節を一巡りしました。
すでに紹介している生き物については、画像や説明等を省いているものもあります。
画像や説明等のあるページのタグリンクを名前につけていますので、そちらをご覧ください。



植物界
果実
被子植物門
単子葉植物綱 イネ目
カヤツリグサ科
イネ目 カヤツリグサ科 カヤツリグサ属
一年草

イネ科に似ています。

古い分類体系のクロンキスト体系ではイネ科はカヤツリグサ目に含まれますが、今のAPG体系ではイネ目にカヤツリグサ科が含まれていますので、近い植物のようです。

イネ科との違いは、茎の断面が三角形になっていること。

ということで、葉の配列も“3”になるものが多いのが特徴です。
カヤツリグサ科
果実 被子植物門 単子葉植物綱 イネ目
イネ科
カゼクサ(風草)Eragrostis ferruginea
イネ目 イネ科 スズメガヤ属
多年草


まるで花火のように果実が広がっています。

風が吹くと大きくゆれます。

名前の由来はそこから?
イネ目 イネ科 エノコログサ属
一年草

イネ目 イネ科 ヒエ属
一年草

イネ科
単子葉植物綱 イネ目
果実 被子植物門
双子葉植物綱
マメ目
マメ科
シャジクソウ属
多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物

実の見た目はあまりマメ科っぽくありません。
ブドウ目
ブドウ科
ノブドウ属
蔓性落葉低木

まだまだ熟していません。

熟すときれいな青紫色になります。
双子葉植物綱
被子植物門
果実
植物界
その他植物
被子植物門
双子葉植物綱
スベリヒユ(滑莧)Portulaca oleracea
ナデシコ目 スベリヒユ科 スベリヒユ属
多年草

人間の生活圏の土があるところならどこでも生えるような雑草の一つ。

ベンケイソウ科の多肉植物のようなちょっと厚ぼったい葉が特徴。

でもナデシコ目スベリヒユ科。

双子葉植物綱
その他植物 被子植物門
単子葉植物綱
ヤマノイモ科 ヤマノイモ属
多年草

もうむかごがついていました。

単子葉植物綱
被子植物門
その他植物
植物界



 イネ目の雑草が盛んに実をつけています。

 まだ温かいうちに種を落とし、秋に芽を出し、春になると一気に成長する気なのでしょう。

 さすがプロの雑草です。



タグ♦ 下赤阪の棚田の2014年 下赤阪の棚田

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部


カヤツリグサ科ハンドブック

新品価格
¥1,350から
(2014/9/27 21:53時点)

イネ科ハンドブック

新品価格
¥1,728から
(2014/9/27 21:54時点)

日本の野草300 夏・秋 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,080から
(2014/9/27 21:56時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田の2014年  下赤阪の棚田201408  カヤツリグサ  カゼクサ  スベリヒユ  シロツメクサ  ノブドウ  棚田  下赤阪の棚田  夏の実 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

金剛山が育む棚田の生き物 下赤阪の棚田2013年7月その2


 梅雨明けの大阪府千早赤阪村の棚田。

 日本の棚田百選にも選ばれた下赤阪の棚田。

 稲も育ち水面も見えなくなって太陽の光を独り占めしているようです。



2013年7月の下赤阪の棚田
※画像スライドできます ⇒⇒



 そんな7月の棚田で出会った生き物の植物編です。

 文一総合出版の『ポケット図鑑 田んぼの生き物400』を中心に調べてみました。



田んぼの生き物400 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,050から
(2013/7/22 20:58時点)


掲載ページ数は文一総合出版『ポケット図鑑 田んぼの生き物400』初版第1刷のものです。




被子植物門
双子葉植物綱
アジサイ(紫陽花)
ミズキ目
アジサイ科
アジサイ属

用水路に生えていました。
全体が装飾花ですから園芸用のアジサイでしょう。


ウメ(梅)
バラ目
バラ科
サクラ属

棚田にできない斜面には里山としていろいろな役に立つ木が植えられています。
もちろん食用でしょう。


カキノキ(柿の木)
カキノキ目
カキノキ科
カキノキ属


まだ小さい柿の実。
緑色なので目立ちません。

地面に落ちていた柿の実。
実よりも大きい萼(がく)の形は確かに柿。
甘柿か渋柿かはわかりません。


クヌギ(櫟、椚、橡)
ブナ目
ブナ科
コナラ属


幹を切り取りシイタケを育てる榾木(ほだぎ)や木炭の原料などに使います。
下赤阪の棚田のクヌギは太い幹が人の背丈ほどで途切れ細いひこばえがいっぱい出ています。
これは枝を切り取った後にはえた新しい幹で、10年くらいでまた原料になります。
この変わった姿のクヌギを「台場クヌギ」と呼ぶ地域もあります。

まだイガイガの殻斗(かくと)ばかり目立つクヌギのどんぐり。
里山に多い樹木です。


チャノキ(茶の木)
ツバキ目
ツバキ科
ツバキ属

今でこそペットボトルでかんたんにかえますが、昔のお茶は高級品。
そこで家のまわりに植えて自家用の番茶を作ってたりしました。
今でも農家の垣根や、昔集落があった山間部などではお茶の木をよく見かけます。
下赤阪の棚田のお茶は今は雑草のような感じですが、むかしは自家用の番茶になっていたのでしょう。


カラムシ(苧)
イラクサ目
イラクサ科
カラムシ属

現在は雑草ですが、江戸時代には繊維をとるためにあちこちに植えられていたのかもしれません。


コマツナギ(駒繋)
マメ目
マメ科
コマツナギ属

掲載:P241

実は落葉小低木。
草のように見えているのは毎年刈り込まれているためかもしれません。


シロツメクサ(白詰草)
マメ目
マメ科
シャジクソウ属

掲載:P242

まるで在来種のようによく見かけますが、外来植物です。


ノアザミ(野薊)
キク目
キク科
アザミ属

掲載:P301

アザミは種類が多いので、ちょっと自信がありません。


ヒメジョオン(姫女苑)
キク目
キク科
ムカシヨモギ属

掲載:P302

よく似た植物にハルジオンがありますが、蕾が上を向いていて、葉の付け根が茎を巻いていないのでヒメジョオンとしました。
蕾が下を向いて葉の付け根が茎を巻いていたらハルジオンです。




単子葉植物綱
ノカンゾウ(野萱草)?

ユリ目
ユリ科
ワスレグサ属

ユリ科だとは思いますが、花が枯れていたのでまちがっているかもしれません。




シダ植物門
スギナ(杉菜)
トクサ綱
トクサ目
トクサ科
トクサ属

掲載:P176

山菜で有名なツクシの本体です。
そして根絶が難しい雑草としても有名です。


オシダ科のシダ?

シダ綱
ウラボシ目
オシダ科

オシダ科のシダだと思いますが、シダの区別はまだまだ苦手です。




 ざっと歩いただけでこれだけ見つかりました。

 注意深く歩いていると、もっとたくさんの草花や木が見つかったことでしょう。

 平らな田んぼと畦だけの平地の田んぼとちがい、斜面がいっぱいあるので棚田ビオトープには生き物いっぱいです。



◆タグ 下赤阪の棚田 田んぼ ビオトープ ◆

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田(11月にはライトアップ)千早赤阪村ホームページ
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法
一般社団法人 地域環境資源センター 農村環境部



動物から植物まで
田んぼの生き物大集合!

田んぼの生き物400 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,050から
(2013/7/22 21:03時点)


シダ専門の図鑑

シダハンドブック

新品価格
¥1,260から
(2013/7/22 22:40時点)


炎天下の棚田では
水分補給が必須

ZOJIRUSHI ステンレスマグ 340ml ライム SM-PA34-GR

新品価格
¥2,073から
(2013/7/22 22:49時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 7月の下赤阪の棚田の植物  果実/SA-tanada  シダ/SA-tanada  シロツメクサ  カキノキ  コマツナギ  ノアザミ  ヒメジョオン  下赤阪の棚田2013  下赤阪の棚田201307 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

双葉、ひとつ葉、三つ葉



三つ葉のクローバー


 クローバー([英語]Clover)、またはシロツメグサ(白詰草)といえば葉っぱは3枚、特別に4枚。
 4枚のときは「四つ葉のクローバー」といって幸運のしるしになったりします。

 多くの場合、勝手に生えている雑草になるでしょう。

 そんなクローバーはマメ科の植物です。

 豆というと、大きな子葉と双葉が特徴です。
 クローバーはどうでしょうか。

まだまだ小さいクローバー
まだまだ小さいクローバー




まざりこんでいた


 鉢植えには畑の土を調整した土をよく使うのですが、畑に雑草として生えているクローバーの種が混ざってしまうようで、まいた種よりも先に芽を出していることがあります。

 初めは何かわからなかったのですが、それが成長していくにつれ、クローバーだとわかりました。


わかりませんでした


 なぜ最初はわからなかったかというと。

 まず最初に出てくる葉は双葉です。
 茎から伸びた葉柄の先に3枚の葉がついた「三つ葉」ならばすぐわかります。

 しかし短い茎からのびた細い柄の葉柄の先にはたった1枚の葉しかありません。
 切れ目のないまるい葉です。
 それが左右にひとつずつ。

双葉のクローバー
双葉のクローバー



 どう見てもクローバーではありません。三つ葉の一つ分としてみたならよく似ていますが、三つ葉は一つの葉柄の先についていますから、まったくちがって見えます。


いよいよ?


 そしていよいよ本葉、でしょうか。

 次に出てくる葉も三つ葉ではありません。

 たった1枚。長い葉柄の先についているのはたった1枚の葉。双葉の一つ分です。。
 昔に学校で教わった順でいえば、これが本葉のはず。でも、まだ三つ葉ではありません。

本葉?のクローバー
本葉?のクローバー



 そして次に出てくるのが。


次は?


 やっと三つ葉です。1本の葉柄の先についているのは三つの葉です。
 これから後はずっと三つ葉です。
 運がいい時以外は三つ葉です。

 もうクローバーです。

やっと三つ葉が出たクローバー
やっと三つ葉が出たクローバー




クローバーはおもしろい!


 三つ葉のクローバーも、葉柄につくのは最初は一つ葉。
 それが双葉隻葉となって、やっと三つ葉になります。
 なかなかおもしろいですね。


 四つ葉のクローバーは見つけると幸せになるといいますが、双葉のクローバーやひとつ葉のクローバーはどうなるのでしょか。

草花のほかの記事は カテゴリ[草花]


キッズgoo





››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: クローバー  シロツメクサ  白い花  春の花  夏の花 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる