【 シジミチョウ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

冬の蝶 うらぎんしじみ

 12月下旬。
 冷え込んで風が強い日。

この記事にはの画像があります。


 道端のコケの上に小さな蝶が。
 背中に合わせた翅の裏側が少し灰色がかった白。
 ウラギンシジミ。
 シジミチョウの仲間。
 蝶とししては小さい方ですが、シジミチョウとしてはかなり大きい。

ウラギンシジミ

 成虫で冬を越すので葉の裏で休んでいたところ、風に飛ばされてしまったのでしょうか。
 冬を越すとはいえ、寒いと動くのはたいへん。
 飛ぶことができなかったのでしょう。

翅の表に白いところがあるのでメス。オスは赤い。
裏銀小灰蝶

 近くのこんもりとした常緑樹の葉陰にそっと移しました。

 無事冬を越えられればいいのですが。

ウラギンシジミ
裏銀小灰蝶
Curetis acuta paracuta
チョウ目 シジミチョウ科 ウラギンシジミ属

日本チョウ類E図鑑

新品価格
¥1,250から
(2022/12/26 00:24時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ウラギンシジミシジミチョウ冬の虫成虫越冬

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

でも、2回目です。アカシジミ

 久しぶりに出会いました。
 数年ぶり。
 二度目。

この記事にはの画像があります。


 アカシジミ。
 翅が赤い、というかオレンジ色の小さなシジミチョウ。
 シジミチョウの中でもゼフィルスと呼ばれるミドリシジミ亜科というグループの一種。

赤小灰蝶

 ゼフィルスは幼虫が樹木の葉などを食べるシジミチョウのグループで、絶滅危惧種などが多く含まれます。
 ただ、アカシジミは環境省も大阪府も絶滅危惧種ではないようです。
 公園や街路に普通に生えてるコナラやアラカシを食べるからでしょうか。

アカシジミ

 でも、出会ったのはやっと2回目です。

アカシジミ
赤小灰蝶
Japonica lutea lutea
チョウ目 シジミチョウ科 ミドリシジミ亜科 アカシジミ属

美しい日本の蝶図鑑

新品価格
¥2,200から
(2022/6/6 23:42時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: アカシジミゼフィルスシジミチョウ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

3度目の正直 今度こそチョウ?

 9月の低山で出会った小さなチョウ。

この記事にはの画像があります。


 今年は2度もチョウっぽいガのイカリモンガと出会っているので、なんか懐疑的になってしまいます。

 しかし、この小さなチョウの翅にはしっぽのような糸のようなものがついています。
 シジミチョウの仲間にちがいありません。


 シジミチョウで調べた結果、はたして、シジミチョウでした!
 ウラナミシジミ(裏波小灰蝶)。
 ヒメシジミ亜科 ウラナミシジミ属。
 幼虫はマメ科植物の芽や花などを食べるようです。

ウラナミシジミ
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ウラナミシジミシジミチョウ金剛山の虫金剛山

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

古い写真の中からみつけたいきもの すっかりわすれていた虎斑小灰蝶は3割の方

 何年も前。
 六甲山の方へ行った時の写真。

この記事にはの画像があります。


 アジサイに小さなシジミチョウが止まっている写真がありました。
 見たことない縞模様で、後翅には細いしっぽのようなものがついています。
 もしかしてゼフィルス?

虎斑小灰蝶

 ゼフィルスはミドリシジミ亜科の樹上性のシジミチョウの総称。
 希少と言われるものやきれいな種類が多く、人気があります。

トラフシジミ

 調べてみると、このシジミチョウはトラフシジミ(虎斑小灰蝶)。
 ミドリシジミ亜科のチョウです。

 しかし、ゼフィルスではありません。
 日本に生息するミドリシジミ亜科は36種。
 内ゼフィルスは25種。

 どうやら残りの11種(約30%)の方ようです。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: トラフシジミミドリシジミ亜科シジミチョウ六甲山

関連記事

theme : 博物学・自然・生き物
genre : 学問・文化・芸術

古い写真の中からみつけたいきもの 「よく見られる」のにまだ1度しか見たことがないミズイロオナガシジミ

 古い写真を見ていると、思いがけない発見があります。
 写真は写したものの、今ほど知識がなくてスルーしていたり、ほかの写真の方に興味が移ってすっかり忘れていたり。
 今回もそんな写真。

 大阪と奈良・和歌山の府県境にある金剛山地と和泉山脈。
 その尾根筋をつなぐダイヤモンドトレール。
 起点は金剛山地の北端に近い屯鶴峰。
 そこから南にあるのが飛鳥時代の天武天皇の皇子、大津皇子の墓がある二上山。  その間で出会いました。
 見たことがないシジミチョウ。


 ミズイロオナガシジミ(水色尾長小灰蝶)。
 小さなシジミチョウの仲間。
 幼虫が食べるのは、クヌギやコナラのようなブナ科の樹木の葉。
 そのような樹上性のシジミチョウは「ゼフィルス」とよばれ、このミズイロオナガシジミもその1種。


 絶滅危惧種も多く含まれるゼフィルスですが、里山に多く植えられる樹木を食べるためか、もっともよく見られる種類。
 ということですが、今の所見かけたのはこの1回だけ。
 もっとも、ゼフィルィス自体ほかにアカシジミを1回見たことがあるだけですから、「よく見られる」うちに入るのかもしれません。

 ただし、蝶を探していたのではなく、道を歩いていて偶然気づいただけ。
 森に住むゼフィルスとは出会いにくいのでしょう。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ミズイロオナガシジミゼフィルスシジミチョウチョウ昆虫ダイヤモンドトレール金剛山地古い写真から

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

初夏の公園で出会った瑠璃ふたつ

 6月。
 花が一段落して、活動する昆虫の種類が増えてきました。
 そんな中で出会った瑠璃色の虫

この記事にはの画像があります。


ツバメシジミ(燕小灰蝶)のオス

構造色のきれいな翅が白で縁取られて写真の切り抜きのようです。


メスは黒っぽくなり瑠璃色ではありません。
幼虫はシロツメクサやヤハズエンドウなどの葉を食べる普通のシジミチョウ。
でも、小さいので気づかないかもしれません。


ルリチュウレンジ(瑠璃鐫花娘子蜂)

こちらは名前に「瑠璃」がはいっています。


幼虫が葉を食べるハバチの仲間。
葉を食べるハチは意外に感じるかもしれませんが、ハチの古い形を残していると言われます。
チョウの幼虫と同じイモムシ型の幼虫はツツジの葉を食べます。


今とまっているのはツツジ。
産卵の場所を探しているのかもしれません。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ツバメシジミルリチュウレンジシジミチョウハバチ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

じつはもふもふ? のウラギンシジミ

 去年の写真を見ていると、ウラギンシジミがいました。
 めずらしい蝶ではないのですが、翅を広げてとまっていたので写したのを思い出しました。


 ウラギンシジミは名前のように翅の裏が銀色に見えます。
 シジミチョウは翅の長さが1センチ前後の小さい蝶ばかりなのですが、2センチを超えるシロチョウクラスの大きさ。
 知らなければ、シジミチョウとは思わないでしょう。


 そして、銀色の裏に対して表はオレンジと濃い褐色。
 なんかタテハチョウのようです。


 大きさといい、模様といい、シジミチョウらしからぬウラギンシジミ。
 拡大してみると、大きな黒い目にもふもふの結構かわいい顔をしています。
 本当にもふもふなのかは、触ってないのでわかりませんが。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ウラギンシジミシジミチョウチョウ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS