【 サルスベリ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

地上9階の梅田の新しいビオトープ グランフロント大阪


 2013年4月26日に大阪駅の北側で開業したグランフロント大阪。

 「最後の大物商業施設」と呼ばれるだけあってマスコミなどでは日本初出店などのテナントを中心に紹介されています。




梅田スカイビル側から見たグランフロント大阪




 もちろん、このブログで日本初出店のショップを紹介するわけではありません。

 グランフロントは北館と南館の2つの建物にわかれますが、両館とも9階に屋上庭園が作られています。




南館9階の屋上庭園のサルスベリ




 丈の低い草から大きな木までいろいろな種類が植えられています。

 ただ、オープン後3カ月余りということで、木はまだまだ枝葉も少なく、炎天下の屋上には木陰はほとんどないという状態です。

 しかし、何年か後には成長して空中の森が現れることでしょう。




南館の屋上庭園の”将来の森”




 多くの植物には名札がつき、樹木は季節を通して花が楽しめるように配慮されているようです。

 この日も草むらの中からキリギリスの鳴き声が聞こえて来ましたので、すでにビオトープになりはじめているのかもしれません。




南館のシマトネリコのプレートと


南館のシマトネリコの花




 ただ、まわりに遮るものがあまりないビルの9階。

 地上100メートルを超えるタワーから離れると、海の方からの風がそのまま吹き抜けていきます。

 植物には決していい環境とはいえないでしょう。

 将来JR梅田駅跡地に大きなビルが建てばいくらかはましになると思いますが、それまで無事樹木が育っていくかちょっと心配の9階屋上庭園です。




北館の将来の森




9月が楽しみな北館のキンモクセイ




今年はちょっと残念そうな北館の以呂波紅葉




来年の春が楽しみなな北館の啓翁桜




風が抜けていく北館の草原



 日本以外の地域の植物も植えられているので「ビオトープ」と呼ぶのは正しくないかもしれません。

 でも、このまま多くの植物が育ち、周辺から日本にに住む生き物たちがいろいろやってきて、「新しいビオトープ」になるかもしれません。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: グランフロント梅田ビオトープビルのビオトープシマトネリコイロハモミジキンモクセイサルスベリ

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

夏。今年も百日紅の季節です。


 暑い夏。

 水が乏しくなるこの季節にも咲く花があります。

 百日紅。

 よみは「ひゃくにちこう」。

 またの名は「サルスベリ」。



長居植物園のピンク色の百日紅の花
長居植物園のピンク色の百日紅の花




 樹皮がめくれやすくてつるつるした表面から、木のぼりの上手なサルも滑ってしまうことが名前の由来と言われています。

 本当にサルが滑るのかどうかはわかりませんが、確かにそんな名前も納得しまう姿です。

 しかし、真夏、まぶしい青空を背景に濃いピンク色の花を咲かせている姿を見ると、「もうちょっとほかになかったのかなぁ」と思います。



長居植物園の白い百日紅の花
長居植物園の白い百日紅の花




 サルスベリは中国原産の植物で、中国名は「百日紅(バイリホン)」。
 夏の暑い時期に長い間花を咲かせていることが名前の由来です。

 日本でもサルスベリを漢字で書くときは「猿滑」よりも「百日紅」のほうがよく目にします。


 それなら、名前も「ひゃくにちこう」にしたらいいのに。

 毎年、夏に花を見るたびにそう思います。



百日紅と長居公園の花と緑と自然の情報センター
百日紅と長居公園の花と緑と自然の情報センター




››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: サルスベリ百日紅夏の花ピンク色の花白い花

関連記事

theme : 樹木・花木
genre : 趣味・実用

百日紅と真鶸

サルスベリの花(8月)
サルスベリの花(8月)

サルスベリの紅葉(11月)
サルスベリの紅葉(11月)

 夏にきれいな紅色の花を咲かせていたサルスベリ。

 秋には深紅の紅葉を見せてくれたサルスベリ。

 今はその名の由来となったつるつるした樹皮を見せているだけです。

 と思っていたら花を咲かせた枝の先に黒いつぶつぶが。


 サルスベリノ実です。


 ある晴れた日。

 小鳥が何羽もサルスベリにとまっていました。
 実を食べています。

 大きさ色あい群れになって木の実を食べているからカワラヒワでしょう。

 カメラを持ってサルスベリへ。

 カワラヒワは雀と同じくらいすぐ逃げます。
 そっと近づかなければなりません。

サルスベリの実を食べている小鳥
サルスベリの実を食べている小鳥


 でもサルスベリの実を食べるのに一生懸命なのか、意外と逃げません。
 このチャンスを逃さないようにシャッターを押します。

 写しながらモニタで確認していると、カワラヒワというのはちょっと変です。

ちょっとカワラヒワとはちがう小鳥
ちょっとカワラヒワとはちがう小鳥


 カワラヒワは背中もお腹も茶色、場合によっては黒っぽく見えます。

 しかしこの鳥のお腹は白と黄色です。
 さらにカワラヒワの羽にある黄色い部分がありません。
 逆に頭のところにモヒカンのような黒い帯があります。

頭にモヒカンのような黒い帯がある小鳥
頭にモヒカンのような黒い帯がある小鳥


 大きさや嘴の太さ、全体の雰囲気はカワラヒワですが、色と模様がちがいます。


 部屋に戻って調べてみると、どうやらマヒワ(真鶸)のようです。

サルスベリの実をついばむマヒワ
サルスベリの実をついばむマヒワ


 冬鳥のようなので、長い旅をしてきてサルスベリの実をいっぱい食べているのでしょうか。


 みんなで忙しく食べている姿をしばらく眺めていました。



マヒワ(真鶸)

スズメ目アトリ科カワラヒワ属
スズメくらいの大きさ
冬鳥
左:マヒワ♂(多分) 右:マヒワ♀(多分)
左:マヒワ♂(多分) 右:マヒワ♀(多分)


カワラヒワ(河原鶸)

スズメ目アトリ科
スズメくらいの大きさ
留鳥
コンクリートの上のカワラヒワ(7月)
コンクリートの上のカワラヒワ(7月)
全体的に黒っぽい中に羽の明るい黄色と、目隠しのような目のところの黒い線(眼線)が特徴。




サルスベリの実
サルスベリの実
サルスベリの種
サルスベリの種



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: マヒワサルスベリカワラヒワ冬の鳥冬鳥冬の実茶色い実スズメくらいの鳥渡り鳥

関連記事

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

都会のビルの屋上の植物園 なんばパークス[パークスガーデン]


なんばパークス


 都会にはいっぱいビルがあります。
 古いビル新しいビル、歴史のあるビル、凝ったデザインのビル。

 そんな中で好きなビルの一つがなんばパークス。
 ミナミの中心ターミナル、南海電鉄の難波駅に隣接してあります。

 今は無きプロ野球球団南海ホークスのホームグラウンド大阪球場の跡地に建てられたビルです。
 というとかなり古いビルかと思われるかもしれませんが、大阪球場の解体がはじまったのは1998年。その後に建てられたのですから、海遊館や梅田スカイビルよりも新しいビルです。

難波駅側から見たなんばパークス
難波駅側から見たなんばパークス



キャニオンストリートと段丘緑地

パークスガーデンから見たキャニオンストリート
パークスガーデンから見た
キャニオンストリート

 なんばパークスの特徴のひとつは、難波駅からつながる2階がそのままビルを二分して突きぬけていることです。
 トンネルになっているのではありません。
 キャニオンストリートと呼ばれる2階の通路が深い峡谷の底のように左右にビルを分断しているのです。
 しかも曲線を多用したデザインは、入り口から出口が見えないようになっていて、名前の通り水が枯れた峡谷のようです。

 そしてビル自体も難波駅側から1階ごとの階段状になっています。
 つまり3階4階と各階に緑地が作られそれが屋上まで続いているのです。
 しかも各階ごとにテーマがあり緑地の形もちがっています。

 これが草木ではなく、稲が植えられているとすると、見事な棚田になったでしょう。

パークスガーデンの百日紅と隣接するパークスタワー
パークスガーデンの百日紅と隣接するパークスタワー



本家ヨーロッパではクリスマスツリーに使われるパークスガーデンのドイツトウヒ
本家ヨーロッパでは
クリスマスツリーに使われる
パークスガーデンのドイツトウヒ

パークスガーデンの300種
70,000株


 その緑地も、単なる屋上緑化というのではありません。
 パークスガーデンと呼ばれ、2階から9階まで段丘状になったビルの屋根には、多くの植物が植えられ、公園になっているのです。

 植物に囲まれた回廊のようなところ、里山の林のようなところ、緑の公園のベンチのようなところ、ちょっと開けた広場のようなところ、花がいっぱい咲いている花壇のようなところ、といろいろなタイプの緑地があります。

 植えられている植物も日本の里山の樹木から外国の園芸植物までおよそ300種7万株と豊富で、季節季節の花が楽しめるように工夫されています。

 屋上緑地や公園ではなく、まるで植物園のようです。

サルスベリの園芸種のパークスガーデンのチカソー
サルスベリの園芸種のパークスガーデンのチカソー



屋上回遊公園


 難波駅から続く2階から階段を上っていくと、となりのパークスタワー以外見えるのは植物と空ばかりでまるで緑地公園の中の丘を登っていくようです。

 しかし振り返ると難波駅とその上にそびえ立つスイスホテル。ここは都市の真ん中なのです。

 視線を戻すと、いろいろな植物が植えられ花が咲く緑地。

 世界的大都市の東京都心は、皇室関係の巨大な用地や、利用できないので木を植えるしかない急斜面が多いので、都市化を進めても必然的に緑が多く残ります。
 しかし人が住みやすく利用できる平野ばかりの大阪では都市化が進むとどうしてもまとまった緑が少なくなってしまいます。

 そういう大阪には、このような屋上回遊公園がよく似合うと思います。

パークスガーデンの森と店と阪神高速とスイスホテル
パークスガーデンの森と店と阪神高速とスイスホテル


.
››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: パークスガーデンなんばパークスサルスベリドイツトウヒチカソービルのビオトープビオトープ

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

処暑。陽気とどまりて、初めて退きやまんとすればなり



暑さが止む頃


 二十四節気(にじゅうしせっき)の秋の二つ目の節気です。
 読みは「しょしょ」。
 暑さが止むという意味だそうです。

 昼間は相変わらずの暑さでも、夜は涼しくなったり、暑さがやわらぐ瞬間が出てくるころ。

 またこの頃は台風襲来が特別多い特異日にもなっています。

やっと咲き始めたサルスベリ
やっと咲き始めたサルスベリ




暑さも


 日本にはこういう慣用句もあります。

 「暑さ寒さも彼岸(ひがん)まで」

 彼岸(ひがん)は秋分と立春を中心とした前後3日の一週間のことです。
 ということで本格的に暑さがやわらぐまでは、あと一月ほどありそうです。
 まだまだ暑い日は続きそうです。


秋のはじまり


 高原や高緯度の地域ではお盆も過ぎて確実に夏の終わりと秋の訪れを感じるようになってきたと思います。

 平野部では夜が心なしか涼しくなってきたとはいえ、まだまだ生き物は夏の装いのものが多いように感じます。

 体で感じることができる秋がはじまるには、まだ少し時間が必要なようです。

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 処暑二十四節気サルスベリ

関連記事

theme : 雑学・情報
genre : 学問・文化・芸術

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS