【 サトイモの花】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

今年はきれいに咲きました。 タルサトイモ2014


 ツイッターで予告していたサトイモの花です。

 サトイモはもちろん煮物にして食べるあのサトイモです。

 樽で育てているので「タルサトモ」。

 いろいろあって樽で育てていますが、畑とちがう狭い環境で育てているからでしょうか、ほぼ毎年花が咲きます。

 去年は蕾(つぼみ)はできたのですが咲かずに終わってしまいましたが、今年は咲きました。



タルサトイモの蕾が現れました
タルサトイモの蕾が現れました




 蕾が現れたといってもまだ仏炎苞(ぶつえんほう)の先だけ。

 「仏炎苞」はサトイモ科の花の特徴で、多くの場合は本当の花を包むように形になります。

 ミズバショウの花の白い部分です。

 右隣のは顔をのぞかせたばかりの葉。

 蕾は葉脈が見えませんので、葉と見分けることができます。



蕾発見3日目
蕾発見3日目




 やっと蕾本体が現れました。

 右側の葉の根元(偽茎)の割れ目からぷっくりとしたものが顔をのぞかせています。

 それが蕾です。

 左側は伸びた葉の葉柄。



仏炎苞も伸びてる6日目
仏炎苞も伸びてる6日目




 蕾は完全に現れています。

 仏炎苞が結構長くなり、左側の葉はすっかり開いています。



花開いた9日目の朝
花開いた9日目の朝




 仏炎苞が割れ、中から花が顔をのぞかせています。

 黄色い棒状のものが花。

 正しくは、棒状の柄の表面に小さな花が並んだもの。

 この様な花は「肉穂花序(にくすいかじょ)」といいます。

 これも仏炎苞と共にサトイモ科の花の特徴。



その夕方
その夕方




 仏炎苞がそりかえっています。

 これが本当の咲いた状態でしょうか。

 今年は今までの中でも一番きれいでは?



ちょっと角度を変えると同じサトイモ科のカラー(オランダカイウ)っぽい?
ちょっと角度を変えると同じサトイモ科のカラー(オランダカイウ)っぽい?




 そして次の日には花はしぼんでしまいます。

 サトイモの花はめったに咲かないだけでなく、寿命も短いのでした。



 さあ、残りの二株は咲くのでしょうか。

 今のところはその気配はありませんが。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: サトイモの花サトイモ科の花タルサトイモ2014タルサトイモサトイモ初秋の花黄色い花仏炎苞肉穂花序

関連記事
スポンサーサイト



theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

今年のサトイモの花は三連星。タルサトイモ2012


 2年ぶりに(つぼみ)を付けたタルサトイモ。
 発見して数日で花を咲かせました。



タルサトイモ2012の花
タルサトイモ2012の花
今年は仏炎苞(ぶつえんほう)の開きがいまいち。

タルサトイモ2012の花のアップ
タルサトイモ2012の花のアップ
黄色い花びらのようなところが葉が変化した(ほう)
サトイモ科の場合は「仏炎苞」と呼ばれることもあります。




 花はたった2日でしぼんでしまいましたが、するとその横にも蕾が。
 同じ株です。

 そしてこちらも咲いたと思ったら、もうひとつ蕾が。



数日後に咲いたタルサトイモ2012の二つ目の花
数日後に咲いたタルサトイモ2012の二つ目の花
こちらの仏炎苞は開きました。




 もちろん3つとも同じ株で、同じ偽茎(ぎけい)(葉が変化して茎のように見えるもの)から出ています。

 葉は普通のサトイモと同じように次から次へと新しい偽茎から出ています。



3つ並んだタルサトイモ2012の花
3つ並んだタルサトイモ2012の花
三つ目がもうすぐ咲きそうです。




 一つの株に3つの花。

 しかも同じ偽茎から連続して。

 サトイモの花自体が珍しいというのに、おもしろい咲き方です。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: タルサトイモタルサトイモ2012サトイモサトイモの花サトイモ科の花黄色い花秋の花

関連記事

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

今年のタルサトイモは花が咲きそうです。タルサトイモ2012


 今年はタルサトイモにつぼみがつきました。

2012年のタルサトイモのつぼみ
2012年のタルサトイモのつぼみ
 2010年以来です。

 前回も9月に咲きました。



 ただ見た目が葉とよく似ているので発見が遅れ、気がついた時には仏炎苞(ぶつえんほう)がこんなに大きくなっていました。



 小さな花の塊を包むように葉が変化した仏炎苞が広がるのがサトイモ科の花の特徴です。

 雪解けの尾瀬の風物詩ミズバショウもサトイモ科ですし、このブログでよく取り上げるマムシグサやテンナンショウもサトイモ科です。

 ほかにもカラーやアンスリウムなど観賞用のものも少なくありません。

 しかしサトイモが観賞用に栽培されているのは、耳にしません。
 クワズイモが観葉植物として使われるくらいです。

 その通りサトイモの花は、地味です。



大きくふくらんだサトイモのつぼみ
大きくふくらんだサトイモのつぼみ




 それでもサトイモの花は楽しみです。
 地味でも珍しいからです。

 花が咲くのが珍しいサトイモですが、実がなるのはもっと珍しいそうです。

 今年は実がなってくれれば。
 とひそかに願っています。



››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: サトイモの花タルサトイモ2012タルサトイモサトイモサトイモ科の花

関連記事

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

サトイモの花の謎が解けた!

仏炎苞が緑のサトイモのツボミ?
仏炎苞が緑のサトイモのツボミ?

めったに咲かない花

 めったに咲かないサトイモの花。
 せっかく咲いたのに開かないまま枯れていってしまいます
 受粉して種を作って新しい世代に引き継いでいくという役割を考えると、虫も風も入らないようなぴたりと閉じた花というのはとても不思議でした。
 何か特殊な受粉方法があるのでしょうか。
 と思っていましたが、この謎が解けました。


3種類の花

 サトイモの花は3つの株がそれぞれ一つずつ付けていました。
 一つはすでに仏炎苞(ぶつえんほう)が枯れていたもの。中を見るために切ってしまいました。
 もう一つは仏炎苞が黄色くなっていたもの。
 そして最後はまだ小さく仏炎苞も緑色のもの。

2日後に仏炎苞が黄色くなったサトイモのツボミ?
2日後に仏炎苞が黄色くなった
サトイモのツボミ?

 サトイモの花に気付いた2日後、最後の花の仏炎苞が黄色くなりました。  それは二つ目と同じですし、きっと一つ目と同じでしょう。  さらに黄色く色が変わった次の日、様子がもっと変わりました。

開いた!

 開きました。
 仏炎苞が開きました。
 サトイモの花が咲いたのです。
 緑色の花柄(かへい)の先のふくらみはまだ緑色のままですが、黄色になった仏炎苞が開き、後に反り返っています。
 仏炎苞の下がとじたままですが、太い肉穂花序(にくすいかじょ)の太い花軸(かじく)を仏炎苞が包んでいるところはミズバショウに似てるいるような気がします。
 いや、マムシグサの仏炎苞を逆向きにしたほうが似ているでしょうか。
 ともあれサトイモ科らしい花です。

そのまた翌日に咲いたサトイモの花
そのまた翌日に咲いたサトイモの花

今までも咲いていた?

 このサトイモは今まで畑で何年も育てていたものです。
 サトイモは種ではなく栄養繁殖器官(えいようはんしょくきかん)のイモで増えるので基本的に親の性質をそのまま受け継いできているはずです。
 ということは今までにも何度か花が咲いていたことがあったのかもしれません。
 しかし葉の大きさに対して花は小さく、色も派手さがありませんので咲いていても気がつかなかったのかもしれません。
 今年花が咲いたのは、夏の記録的な暑さのせいなのか、それとも今まで何度か咲いていたのに気づいていなかっただけなのか、その謎は残っています。

三河の味 国産さといも やわらか煮

価格:450円
(2020/8/5 23:21時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: サトイモタルサトイモ黄色い花秋の花苞の花タルサトイモ2010サトイモの花サトイモ科の花

関連記事

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS