【 ササグモ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
紅葉・黄葉・褐葉
果物・実
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について


〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

下赤阪の棚田の2015年 5月下旬のチョウ目・クモ目・脊椎動物編

 はじめてやあまり出会いのなかった生き物ばかりで長くなった5月の下赤阪の棚田ビオトープの生き物たちの紹介も、これでおわり。

 いろいろな種類の生き物がいます。

この記事にはの画像があります。



中学校側から見た黒い土が見えている棚田

動物界
節足動物門
六脚亜門 昆虫綱 新翅節 内翅上目
キムジシロナミシャク Asthena corculina
チョウ目 シャクガ科 Asthena属
銀地に波模様のガ。

感じ方は人それぞれですが、こんな“きれい”なガも少なくありません。

幼虫はミズキを食べます。

ということは、この棚田の何処かにミズキがあるのかも。
ヒメヤママユ Saturnia jonasii jonasii
チョウ目 ヤママユガ科 Saturnia属
毛が伸びる前の小さなクスサンかと思ったら、ちがう種類でした。

舗装道路の上を歩いていたのですが、葉を食べつくして新しい食べ物をさがしている途中?

成虫はいかにも「蛾」らしいガ。
六脚亜門 昆虫綱 新翅節 内翅上目
動物界 節足動物門
鋏角亜門 クモ綱
チュウガタシロカネグモ Leucauge blanda
クモ目 アシナガグモ科 シロカネグモ属
シロカネグモの仲間は、銀色の腹部が特徴。

種類によっては、イカやタコのように色を変えることができるのもいるそうです。

横に倒れたような水平な巣をつくるのもシロカネグモの仲間の特徴です。
ササグモ(笹蜘蛛)Oxyopes sertatus の幼体
クモ目 ササグモ科 ササグモ属
タグ:ササグモ
巣を張らないクモ。

もちろん食べるのはほかの虫。

ですからササの葉以外にもいます。

というか、ササ以外で見かけることのほうが圧倒的に多いクモ。
鋏角亜門 クモ綱
節足動物門
動物界
脊索動物門 脊椎動物亜門
鳥綱
キジ(雉子,雉)Phasianus versicolor のオス
キジ目 キジ科 キジ属
カラスより大きい
留鳥
タグ:キジ
棚田では鳴き声はよく耳にするキジ。

春には母衣(ほろ)打ちも聞こえていました。

でも姿はあまり見せてくれません。

メスはもっと姿を見せません。
ハシボソガラス(嘴細烏)
Corvus corone
スズメ目
カラス科
カラス属
全長50cm
留鳥
タグ:ハシボソガラス
鳥綱
動物界 脊索動物門 脊椎動物亜門
両生綱
ニホンアマガエル
(日本雨蛙)
Hyla japonica
カエル目
アマガエル科
アマガエル属
タグ:ニホンアマガエル
トノサマガエル(殿様蛙)
Rana nigromaculata
カエル目
アカガエル科
アカガエル属
タグ:トノサマガエル
両生綱
脊索動物門 脊椎動物亜門
動物界

 文字通り出会った生き物ではなく、紹介しているのは写真が撮れたものだけ。

 ということで、動物はどうしても虫が多くなってしまいます。

 でも、種類が多くておもしろいのが虫だったりします。

 田んぼに水が入ると、もっといろいろな虫が増えてきます。

 虫嫌いの人には申し訳ありませんが、楽しみです。

タグ♦ 下赤阪の棚田の昆虫 下赤阪の棚田の2015年

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会

田んぼの生き物400 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,080から
(2015/6/20 20:15時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015下赤阪の棚田2015/055月の下赤阪の棚田の動物キムジシロナミシャクヒメヤママユチュウガタシロカネグモササグモキジ昆虫/SA-tanadaクモ/SA-tanada

関連記事
スポンサーサイト



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

バケツ稲の護り神


 どんどん成長を続けるバケツ稲。

 稲の細長い葉っぱに緑色のクモが。

 前足を広げて稲に集まる虫を待っているようです。


この記事にはクモの画像があります。




 まずは、『野外観察ハンドブック 改訂 校庭のクモ・ダニ・アブラムシ』で調べてみました。

 体の色はちがいますが、模様と稲にいたということからササグモではないかとアタリをつけました。

 そしてネットで調べてみると、どうやらササグモのまだ成長途中のもののようです。



 稲に集まる虫というと、やっぱり害虫が気になります。
 クモはその害虫を食べてくれる益虫です。

 バケツ稲に引き寄せられてきたのか、それともお茶の木などについていてのが移ってきたのかわかりませんが、バケツ稲の守護神として害虫から守ってほしいと思います。


 といっても、小さなウンカならともかく、ショウリョウバッタやチャバネセセリの幼虫から守ってもらえるのでしょうか。


まだ大人になっていないササグモ?
まだ大人になっていないササグモ?



野外観察ハンドブック 改訂
校庭のクモ・ダニ・アブラムシ
浅間 茂共著
石井 規雄共著
松本 嘉幸共著 
税込価格:¥2,000
出版:全国農村教育協会
発行:2002年4月


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: ササグモバケツ稲クモバケツ稲2011

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
フィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
BLOG & NEWS | 動物プロダクション SCIENCE FACTORY ltd.
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる