【 コメツブツメクサ】

[カテゴリ リスト] 【表示記事リスト】
ビオトープ
┃《ビオトープとは
山・森・里山
川・湖・池
海岸・干潟・海
公園・緑地・田畑
都市
野鳥・鳥
モズ
哺乳類
爬虫類・両生類
恐竜と化石爬虫類

節足動物
甲虫
昆虫(甲虫以外)
甲殻類
虫(節足動物以外)
その他の海の動物
草花
野菜・食用作物
お茶
樹木
花木
果物・実
紅葉・黄葉・褐葉
コケ・シダ
その他植物について
微生物・菌類・細菌 等
地衣類
博物館・植物園・催事 等
季節
本・DVD・物語・伝承
架空・神話・創作
語彙集
フィールドワーク
リンク
ブログのご利用について

〔関連タグ リスト〕
 ·下赤阪の棚田2016  ·下赤阪の棚田2016/6  ·6月の下赤阪の棚田の植物  ·果実/SA-tanada  ·乾果/SA-tanada  ·裂開果/SA-tanada  ·豆果/SA-tanada  ·クサイ  ·コメツブツメクサ  ·イヌガラシ  ·下赤阪の棚田2016  ·下赤阪の棚田2016/6  ·6月の下赤阪の棚田の植物  ·ハハコグサ  ·オノマンネングサ  ·コモチマンネングサ  ·コメツブツメクサ  ·イヌガラシ  ·イヌマキ  ·黄色い花/SA-tanada  ·下赤阪の棚田2015  ·下赤阪の棚田2015/05  ·5月の下赤阪の棚田の植物  ·コメツブツメクサ  ·チチコグサ  ·タンポポ  ·ヘビイチゴ  ·クサイチゴ  ·集合果/SA-tanada  ·果実/SA-tanada  ·下赤阪の棚田2015  ·下赤阪の棚田2015/05  ·5月の下赤阪の棚田の植物  ·コモチマンネングサ  ·オノマンネングサ  ·オヘビイチゴ  ·コメツブツメクサ  ·イヌガラシ  ·ウマノアシガタ  ·カキノキ

〔よりぬきタグ〕 ◊巨古老樹◊金剛◊恐竜◊高野◊棚田◊錦織

棚田のいきもの 2016年6月初旬の裂開果

 6月の下赤阪の棚田ビオトープ。
 果実が増えてきました。
 4月にあれだけ花が咲きはじめていましたから。
 草本は果実の実るのがはやいですね。


植物界 被子植物門
果実 タグ:下赤阪の棚田の果実
〉乾果 かんか:汁気の少ない果実 タグ:乾果
〉〉裂開果 れっかいか:熟すと割れる乾果 タグ:裂開果
〉〉〉豆果 1部屋で左右に割れる裂開果

コメツブツメクサ(米粒詰草)
Trifolium dubium

双子葉植物綱
マメ目
マメ科
シャジクソウ属
一年草
ヨーロッパ~西アジア原産
タグ:コメツブツメクサ

よく似たコメツブウマゴヤシとのわかりやすいちがい。
咲き終わっても長い間花弁が残っています。

シロツメクサのほうが似ています。

シロツメクサ(白詰草)
Trifolium repens

双子葉植物綱
マメ目
マメ科
シャジクソウ属
多年草
ヨーロッパ原産
別名:クローバー
タグ:シロツメクサ

豆果となっていますが、花弁が残っているので、ちがうように見えます。

〉〉〉豆果
果実 〉乾果 〉〉裂開果
〉〉〉蒴果 さくか:放射状に分かれる裂開果

クサイ(草藺)Juncus tenuis

単子葉植物綱
イグサ目
イグサ科
イグサ属
多年草
タグ:クサイ

イネ科やカヤツリグサ科に似ていますが、花が集まった小穂(しょうすい)は作らず、一つづつ咲きます。

さらに花被片を持っているなど、見た目ほど近い種類ではないようです。

〉〉〉蒴果
果実 〉乾果 〉〉裂開果
〉〉〉角果 かくか:2部屋の裂開果
〉〉〉〉長角果 ちょうかくか:長い角果

イヌガラシ(犬芥子)
Rorippa indica

双子葉植物綱
アブラナ目
アブラナ科
イヌガラシ属
多年草
タグ:イヌガラシ

水田雑草の一つ。

果実はタネツケバナのようにまっ須津ではなく、弓なりに少し曲がります。

〉〉〉〉長角果
〉〉〉角果
〉〉裂開果
〉乾果
果実
植物界 被子植物門

 今回は裂開果。
 熟すと開いて中の種をこぼす実です。
 ということは、紹介した実すべてまだ熟していないということですね。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016  下赤阪の棚田2016/6  6月の下赤阪の棚田の植物  果実/SA-tanada  乾果/SA-tanada  裂開果/SA-tanada  豆果/SA-tanada  クサイ  コメツブツメクサ  イヌガラシ 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

棚田のいきもの 2016年6月初旬の黄色い花

 田植えが始まった6月の下赤阪の棚田ビオトープ。
 黄色い花は、意外とキク科は少なかったりしました。


黄色い花 タグ:下赤阪の棚田の黄色い花
植物界
被子植物門 双子葉植物綱

ハハコグサ(母子草)
Gnaphalium affine

キク目
キク科
ハハコグサ属
越年草
別名:ごぎょう
タグ:ハハコグサ

花弁のない舌状花だけの小さい花。
咲いているように見えませんが、咲いています。

春の七種の「ごぎょう」です。

セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)Taraxacum officinale

キク目 キク科 タンポポ属
多年草
ヨーロッパ原産
要注意外来生物
日本の侵略的外来種ワースト100
タグ:セイヨウタンポポ

オノマンネングサ(雄の万年草)Sedum lineare

ユキノシタ目 ベンケイソウ科 マンネングサ属
多年草
タグ:オノマンネングサ

多肉植物のベンケイソウの仲間。

多肉植物というとサボテンというイメージがあるかもしれませんが、こんな普通っぽい植物もあります。
もちろん多肉植物の特徴は持っています。

コモチマンネングサ(子持ち万年草)Sedum bulbiferum

ユキノシタ目 ベンケイソウ科 マンネングサ属
越年草
タグ:コモチマンネングサ

ベンケイソウ科の特徴は「CAM型光合成」。

夜の間に二酸化炭素をとりこんで炭酸水素イオンにつくりかえて貯めこみ、昼間にそれを使って光合成します。

どうしてこんなめんどくさいことをするのかというと、昼間に二酸化炭素を取り込むと、そのかわりに水がどんどん逃げていってしまうため。
普通の植物は根からどんどん水を吸い上げるのでなんともありませんが、これが砂漠のような乾燥した場所だとたいせつな水がなくなってしまいます。

ということで乾燥地に適応した植物です。

CAM型光合成を行う植物は、「CAM植物」と呼ばれます。

コメツブツメクサ(米粒詰草)
Trifolium dubium

マメ目
マメ科
シャジクソウ属
一年草
ヨーロッパ~西アジア原産の帰化植物
タグ:コメツブツメクサ

小さいので見逃してしまいますが、結構あちこちに生えていたりします。

イヌガラシ(犬芥子)Rorippa indica

アブラナ目 アブラナ科 イヌガラシ属
多年草
タグ:イヌガラシ

十字花と細長い長角果はアブラナ科の特徴。

道端よりも草木が多いところの草地で見かけるような気がします。

被子植物門 双子葉植物綱
植物界
裸子植物門 マツ綱

イヌマキ(犬槇)Podocarpus macrophyllus の雄花

マツ目 マキ科 マキ属
常緑高木
タグ:イヌマキ

垣根代わりに植えられているようです。

西に開けた石垣の上に並んでいるので、稲を西風から守る防風林かもしれません。

裸子植物門 マツ綱
植物界
黄色い花

 ベンケイソウ科の花が咲いてました。
 日本のようなところでは、CAM植物は分が悪いと思います。
 棚田の周りでは、わりと水分が多いので、なかなか生き残るのは難しいように思います。
 それでも生き残っているのですから、なにか理由があるのでしょう。

タグ♦ 下赤阪の棚田のいきもの目次

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会
ACRES_棚田の主な役割と「百選」の選定方法

日本の野草300 冬・春 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,296から
(2016/6/25 23:28時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2016  下赤阪の棚田2016/6  6月の下赤阪の棚田の植物  ハハコグサ  オノマンネングサ  コモチマンネングサ  コメツブツメクサ  イヌガラシ  イヌマキ  黄色い花/SA-tanada 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 5月下旬の果実編

 5月下旬の下赤阪の棚田ビオトープ。

 田植えの前に、すでにたくさんの花が咲いています。

 たくさんの花が咲いているということは、果実もたくさんできているはず。

 ということで、果実編です。


田起こしが終わった棚田と中学校

植物界 被子植物門 双子葉植物綱
果実
〉乾果 かんか:汁気の少ない果実
〉〉裂開果 れっかいか:熟すと割れる乾果
〉〉〉豆果 とうか:1部屋で左右に割れる裂開果
コメツブツメクサ(米粒詰草)Trifolium dubium
マメ目 マメ科 シャジクソウ属
一年草
ヨーロッパ~西アジア原産の帰化植物
タグ:コメツブツメクサ
咲き終わっても花弁が残るのがコメツブツメクサの特徴。

花のよく似たコメツブウマゴヤシ特別することができます。

果実が花弁に包まれているところは、同じシャジクソウ属のシロツメクサと似ています。
シロツメクサ(白詰草)
Trifolium repens
マメ目
マメ科
シャジクソウ属
多年草
ヨーロッパ原産の帰化植物
別名:クローバー
タグ:シロツメクサ
ヤハズエンドウ
(矢筈豌豆)
Vicia sativa ssp. nigra
マメ目
マメ科
ソラマメ属
越年草
別名:カラスノエンドウ(烏野豌豆)
タグ:ヤハズエンドウ
〉〉〉豆果
果実 〉乾果 〉〉裂開果
〉〉〉角果 かくか:2部屋の裂開果
アメリカフウロ
(あめりか風露)
Geranium carolinianum
フウロソウ目
フウロソウ科
フウロソウ属
越年草
北アメリカ原産の帰化植物
タグ:アメリカフウロ
〉〉〉角果
〉〉裂開果
果実 〉乾果
〉〉閉果 へいか:熟しても割れない乾果
〉〉〉痩果 そうか:皮と種がわかれない閉果
チチコグサ(父子草)Gnaphalium japonicum
キク目 キク科 ハハコグサ属
多年草
タグ:チチコグサ
ウラジロチチコグサに似ていますが、花期が春頃ですので、チチコグサとしました。
タンポポ(蒲公英)Taraxacum
キク目 キク科 タンポポ属
多年草
タグ:タンポポ
タンポポは花が咲いているときは総苞片の反り方で在来種と外来種を“とりあえず”区別することができます。

ただここまでになると、ちょっとわかりません。
〉〉〉痩果
〉〉裂開果
〉乾果
果実
〉偽果 ぎか:子房や果皮以外が大きくなった果実
〉〉イチゴ状果 :大きくなった花托に痩果がついた偽果
ヘビイチゴ(蛇苺)Potentilla hebiichigo
バラ目 バラ科 キジムシロ属
多年草
タグ:ヘビイチゴ
「○○イチゴ」と言われる一般的なバラ科植物の果実は大きく2種類にわかれます。

一つは果物とした食べるイチゴ(オランダイチゴ)のように、大きくなった花托(花の根元の部分)に痩果がたくさんついた集合果。
もう一つは、小さな液果があつまった集合果。

ヘビイチゴは身近なイチゴと同じ花托が大きくなった集合果。

ところが、名前に「ヘビ」や「イヌ」がつく植物は役に立たないといわれるように、おいしくはないそうです。
〉〉イチゴ状果
〉偽果
果実
〉集合果 しゅうごうか:複数の果実があつまった果実
〉〉核果の集合果
クサイチゴ(草苺)Rubus hirsutus
バラ目 バラ科 キイチゴ属
落葉小低木
別名:ワセイチゴ
タグ:クサイチゴ
こちらはヘビイチゴとちがって液果が集まった集合果。

つぶつぶがいっぱいあるところは同じですが、よく見るとちがっていることがわかります。

こちらは名前に「ヘビ」も「イヌ」もついていないように、食用になります。

ただ、濃い味ではなく、好みは分かれそうです。
〉〉核果
果実 〉集合果
〉〉痩果の集合果
ウマノアシガタ(馬の足形)Ranunculus japonicus
キンポウゲ目 キンポウゲ科 キンポウゲ属
多年草
タグ:ウマノアシガタ
うろこ状の一つ一つが果実です。

よく似た集合果の植物にキツネノボタンがありますが、果実かた飛び出しているトゲの先が曲がっています。
ウマノアシガタはまっすぐ。
>> 痩果
> 集合果
果実
植物界 被子植物門 双子葉植物綱

 いろいろな植物の、いろいろな種類の果実がたくさんあります。

 でも、人間が美味しく食べられるものは、あまりなさそうです。

タグ♦ 下赤阪の棚田の果実 5月の下赤阪の棚田の植物

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015  下赤阪の棚田2015/05  5月の下赤阪の棚田の植物  コメツブツメクサ  チチコグサ  タンポポ  ヘビイチゴ  クサイチゴ  集合果/SA-tanada  果実/SA-tanada 

関連記事

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

下赤阪の棚田の2015年 5月下旬の黄色い花編


 まだ田植えがはじまっていないとはいえ、5月の棚田ビオトープは花盛り。

 今月はちょっと長く続くかもしれません。

 ということで、今回は黄色い花だけです。


あとは水をいれるだけ?の5月下旬の下赤阪の棚田

植物界
黄色い花
被子植物門 双子葉植物綱
コモチマンネングサ(子持ち万年草)Sedum bulbiferum
ユキノシタ目 ベンケイソウ科 マンネングサ属
越年草
暑く乾燥気味のところに適応したベンケイソウ科。

棚田とはいえ、道路周辺など乾燥気味のところもあります。

ですが、普通の草に混ざって生えていました。

はっきりとした黄色ととんがり系の花弁がきれいです。
オノマンネングサ(雄の万年草)Sedum lineare
ユキノシタ目 ベンケイソウ科 マンネングサ属
多年草
タグ:オノマンネングサ
こちらは今年もアスファルトに積もった草の中から生えていました。

こっちのほうがベンケイソウらしい環境かもしれません。

見た目はコモチマンネングサとよく似ていますが、葉の形がちがいます。
オヘビイチゴ(雄蛇苺)Potentilla anemonifolia
バラ目 バラ科 キジムシロ属
多年草
タグ:オヘビイチゴ
「イチゴ」がついていますが、キジムシロ属。

果実は痩果が固まったおいしくなさそうな見た目ですし、食べません。
コメツブツメクサ(米粒詰草)Trifolium dubium
マメ目 マメ科 シャジクソウ属
一年草
ヨーロッパ~西アジア原産の帰化植物
タグ:コメツブツメクサ
よく似た花に同じマメ科のコメツブウマゴヤシがあります。

コメツブツメクサは、同じシャジクソウ属のシロツメクサと同じように花が咲き終わっても散らず、しおれたまま下を向いてついています。

托葉も楕円形(コメツブウマゴヤシは線形)。
イヌガラシ(犬芥子)Rorippa indica
アブラナ目 アブラナ科 イヌガラシ属
多年草
タグ:イヌガラシ
見ての通り十字花に長角果はアブラナ科。

タネツケバナなどに似てますが、こちらの花は黄色。
ウマノアシガタ(馬の足形)Ranunculus japonicus
キンポウゲ目 キンポウゲ科 キンポウゲ属
多年草
タグ:ウマノアシガタ
キンポウゲ科らしいキラキラ光を反射する花弁。

光があたっていると、ちょっと写真が撮りにくい。

花弁は5枚ですが、八重咲きになったものがキンポウゲ。
カキノキ(柿の木)Diospyros kaki の両性花
ツツジ目 カキノキ科 カキノキ属
落葉低木
タグ:カキノキ
冬には濃いオレンジ色になってよく目立つカキも、花はこんなに目立ちません。
しかも決して小さくはありません。

5月から6月にかけて、カキノキがあったら見上げてみてください。

カキの花が咲いているかもしれません。
被子植物門 双子葉植物綱
黄色い花
植物界

 バラ科、マメ科、アブラナ科、キンポウゲ科と白い花もある植物です。

キンポウゲ科以外は下赤阪の棚田でも咲いているものばかり。

白と黄色の花が多いのは、薄い色で光をよく反射するからでしょうか。

タグ♦ 下赤阪の棚田の黄色い花 下赤阪の棚田の2015年

■参考外部リンク■
下赤阪の棚田 | 千早赤阪村観光協会


田んぼの生き物400 (ポケット図鑑)

新品価格
¥1,080から
(2015/6/5 21:36時点)

››この記事のはじめに戻る‹‹

タグ: 下赤阪の棚田2015  下赤阪の棚田2015/05  5月の下赤阪の棚田の植物  コモチマンネングサ  オノマンネングサ  オヘビイチゴ  コメツブツメクサ  イヌガラシ  ウマノアシガタ  カキノキ 

関連記事

theme : 山野草
genre : 趣味・実用

二十四節気・七十二候
プロフィール

ノート

Author:ノート
都会の植え込みから自然あふれる山まで。
新米ビオトープ管理士でフィールドワーカーのノートが生き物たちとの出会いを書いています。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Yahoo!天気・災害
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
bk1
リンク
動物プロダクション サイエンスとゆかいな仲間たち
けろんの100円で昆虫採集!
相生山からのメッセージ
ななこの『生き物のお世話』ブログ
雑記帳~身の回りの出来事やら自然やら~
とある昆虫研究者のメモ
ACTOW
徳川広和・恐竜・古生物・模型・フィギュア作品ギャラリー
コトラ&ミーのこんにちは ご近所さん
すみれ奏へようこそ
そぞろ歩き
デジカメ・昆虫・写真
くろねこのチラシの裏
どくだみ荘日乗
故郷の廃家
とらログ
ようこそ大阪市立自然史博物館へ
インターネットミュージアム
いきもの を ぱちり!
管理画面
Amazon
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最近記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる